李大恩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イ・デウン (李 大恩)
Dae-Eun Rhee
警察野球団 #39
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1989-03-23) 1989年3月23日(29歳)
身長
体重
188 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年
初出場 NPB / 2015年3月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
プレミア12 2015年
イ・デウン
各種表記
ハングル 이대은
漢字 李大恩(李帶溵)
発音: イデウン
英語表記: Rhee Dae-Eun
テンプレートを表示

李 大恩(イ・デウン、韓国語:이대은、1989年3月23日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身のプロ野球選手投手)。

日本球界での登録名は、カタカナ表記のイ・デウン[1]日本野球機構に登録された漢字表記は李 帶溵[2][3]。アルファベットでの表記は多くの李姓が使用する「LEE」ではなく「RHEE」を使用しているが、その理由は李大恩の父親が「LEE」より「RHEE」の方が好きだからという理由で本人も使用している[4]

経歴[編集]

高校卒業後に渡米し、2007年8月にシカゴ・カブスと契約。

2008年に右肘のトミー・ジョン手術を受ける。

2014年はAAA級のアイオワ・カブスで9試合に登板し、3勝2敗、防御率3.75。マイナーでの通算成績は135試合で40勝37敗、防御率4.08。メジャー経験はない。

2014年12月25日日本プロ野球千葉ロッテマリーンズと契約した[5]。背番号は38[1]

2015年、開幕第3戦の福岡ソフトバンクホークス戦で初登板・初先発を果たし6回1/3を4失点で初勝利を挙げた[6]。その後、6月まで6勝を挙げたが[7]、防御率4.57と安定感に欠けたことに加え、6月3日阪神タイガース戦では3回で降板したことなどから[8]6月9日中日ドラゴンズ戦から中継ぎへ転向した[9]

7月23日、2016年のシーズン終了後に2年間の韓国での兵役に就く予定であることが報道された[10]

オフの10月10日に、第1回WBSCプレミア12の韓国代表選手28名に選出されたことが発表された[11]

11月4日、キューバ代表との強化試合で、4回から2番手として登板し、4回2/3をパーフェクトに抑え、韓国代表として初勝利を上げると、11月12日WBSCプレミア12対ベネズエラ戦で代表初先発。5回6安打2失点と好投し、国際大会初勝利を飾った[12]。準決勝の日本戦でも先発した。

2016年は登板数が一軍で3試合に激減。さらに防御率7.20と精彩を欠いてしまったが、二軍ではイースタンリーグ最多勝(10勝)の個人タイトルを受賞した。そして10月4日に兵役のため帰国した[13]ものの、タトゥーのために警察野球団(兵役中のプロ野球選手が所属できる)の入団テストに不合格だった。[14]10月31日、千葉ロッテにより2017年の契約が結ばれないことが発表された[15]。12月2日、自由契約公示された[16]

千葉ロッテ退団後、2016年12月に警察野球団の追加募集に合格し入団。

2017 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選ばれたが大会前の練習試合や国際親善試合に登板しただけで、本大会の1次ラウンドでの登板機会はなかった。

2017年は警察野球団が参加している韓国プロ野球のフューチャースリーグ(二軍のリーグ戦に相当)に出場し、同リーグの北部リーグで最優秀防御率(2.93)の個人タイトルを受賞した。

2018年9月10日、韓国プロ野球新人2次ドラフトにて1巡目でKTウィズより指名される。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから最速155km/hのストレートとフォークボールカーブカットボールを投げる[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ロッテ(NPB) 37 17 0 0 0 9 9 0 4 .500 536 119.2 121 11 63 2 3 106 8 1 63 51 3.84 1.54
2016 3 1 0 0 0 0 0 0 1 .000 25 5 6 1 4 0 1 2 0 0 5 4 7.20 2.00
通算:2年 40 18 0 0 0 9 9 0 5 .500 561 124.2 127 12 67 2 4 108 8 1 67 55 3.97 1.56
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (2015年 - 2017年)
  • 39 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 背番号について”. 千葉ロッテマリーンズ (2015年1月16日). 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ 本来の表記と異なる変換文字を含む選手一覧 日本野球機構
  3. ^ 機種依存文字のため、正確には李帶ウンと表記されている。
  4. ^ スポーツ報知2015年1月28日刊『【ロッテ】新外国人「デウン様」イケメン韓流右腕が女性ファン呼び込む』
  5. ^ 李大恩選手との契約について”. 千葉ロッテマリーンズ (2014年12月25日). 2015年3月25日閲覧。
  6. ^ 【ロッテ】イ・デウン、来日初勝利!ソフトバンクにカード勝ち越し!”. スポーツ報知 (2015年3月29日). 2015年6月24日閲覧。
  7. ^ ロッテ、イ・デウンは「不思議な投手」援護受け6勝”. 日刊スポーツ (2015年5月27日). 2015年6月24日閲覧。
  8. ^ ロッテ、イ・デウン3回ダウン勢い乗れず「悔しい」”. 日刊スポーツ (2015年6月3日). 2015年6月24日閲覧。
  9. ^ ロッテ今季初5連敗…中継ぎ転向のイ・デウンが2失点”. サンケイスポーツ (2015年6月10日). 2015年6月24日閲覧。
  10. ^ スポーツ報知2015年7月24日
  11. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표[リンク切れ] The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  12. ^ イ・デウンがプレミア12初勝利
  13. ^ ロッテのイ・デウン退団か CS構想外れきょう帰国” (2016年10月4日). 2016年10月9日閲覧。
  14. ^ http://www.dailian.co.kr/news/view/595427/?sc=naver
  15. ^ 来季契約について” (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  16. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  17. ^ “ロッテ いい!デウンで6連勝 3位争いついに0差”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年7月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/31/kiji/K20150731010841950.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]