マリオ・サンティアゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・サンティアゴ
Mario Santiago
阪神タイガース #41
px
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区グアヤマ
生年月日 1984年12月16日(30歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト16巡目(全体472位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 KBO / 2012年4月7日
NPB / 2015年5月15日
最終出場 KBO / 2012年10月1日
年俸 1,500万円+出来高[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2013年

マリオ・ホセ・サンティアゴMario Jose Santiago, 1984年12月16日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プエルトリコ出身。2005年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから16位(全体472番目)で指名されプロ入り。

2011年12月に韓国のSKワイバーンズに入団し、2012年に18試合に登板し6勝3敗・防御率3.40の記録を残した[2]が同年オフに退団した。

2013年1月に、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。3月には第3回WBCプエルトリコ代表に選出され[3]、準決勝の対日本戦に先発して4回1/3を3安打無失点に抑え、日本のWBC3連覇を阻んだ。好投の要因には捕手ヤディアー・モリーナの配球を挙げ[4]、自らがSK時代のキャンプで北海道日本ハムファイターズと対戦した経験やスコアラーの情報を元に、配球や投球テンポを工夫したと話した[5][6]。しかし、この試合で右肘の靭帯を損傷し、4月にトミー・ジョン手術を受けた[7]。この結果、レギュラーシーズンではマイナーリーグでも1試合も登板しなかった。

2014年は、どの球団にも所属しなかった。オフに、プエルトリコのウィンターリーグであるリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・ロベルト・クレメンテに参加し、カリビアンシリーズにも出場した。

2015年3月16日に阪神と契約を結び、同日入団会見を行った[8]。背番号は「41」[8]。当時、阪神はマット・マートンランディ・メッセンジャーマウロ・ゴメス呉昇桓とすでに4人の外国人選手がいたが、球団ではこの4選手が離脱した場合などに備えて5人目の外国人選手を調査しており、先発リリーフの両方をこなせる上にWBCなどでの実績もあるサンティアゴが選ばれたものであった[9]。シーズン開幕後は二軍での登板が続いていたが、メッセンジャーが不振のため二軍落ちすると、代わって一軍に昇格[10]。5月15日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で来日初登板初先発し、7回1失点で初勝利を挙げた[11]

プレースタイル[編集]

オーバースローから最速154 km/hのフォーシームと、最速150 km/hのシンカーを投げる[7][12]。シンカーはフォーシームとほとんど球速が変わらずにシュート回転で微妙に落ちる球[2]で、本人は「ハード・シンカー」と表現している[7][12]。この他に変化球として、カーブチェンジアップスライダーを持ち球とする[7][12]

与四死球のうち与死球が多い。マイナーリーグ、教育リーグなど合わせて、通算の与四死球255のうち与死球は約6分の1に当たる51である。奪三振も少なく、SK時代の奪三振率は4.63, マイナーリーグでの自己最高奪三振率は6.59である。

マイナーリーグ、韓国球界のいずれにおいても公式戦で打席に立ったことはなく、来日前にはバントも行ったことはなかった[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 SK 18 18 0 0 0 6 3 0 0 .667 401 95.1 88 6 39 2 5 49 2 1 38 36 3.40 1.33
KBO:1年 18 18 0 0 0 6 3 0 0 .667 401 95.1 88 6 39 2 5 49 2 1 38 36 3.40 1.33

記録[編集]

NPB[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 59 (2012年)
  • 41 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サンティアゴが入団会見「何でもやる」 デイリースポーツ、2015年3月17日。
  2. ^ a b 阪神サンティアゴ初先発&初勝利 虎3位浮上 日刊スポーツ、2015年5月16日。
  3. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト、2015年2月19日閲覧。
  4. ^ プエルトリコ先発投手「日本のプレーは予測していたもの」 スポーツナビ、2013年3月18日。
  5. ^ 阿部ら研究モリーナの配球に完敗/WBC 日刊スポーツ、2014年3月19日
  6. ^ 世界に笑われた“スモールベースボール” 東京スポーツ、2013年3月23日
  7. ^ a b c d 上田雅昭 (2015年3月17日). “超速150キロ!阪神・サンティアゴ、“魔球”ハードシンカー斬りや”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20150317/tig15031705050002-n3.html 2015年3月17日閲覧。 
  8. ^ a b マリオ・サンティアゴ選手入団会見”. 阪神タイガース公式サイト (2015年3月16日). 2015年3月16日閲覧。
  9. ^ 虎“第5の助っ人”サンティアゴ獲り デイリースポーツ、2015年2月25日。
  10. ^ “メッセ代役サンティアゴ 15日中日戦先発有力 第5助っ人に好機”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年5月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/05/12/kiji/K20150512010335210.html 2015年5月15日閲覧。 
  11. ^ a b “阪神・サンティアゴ、来日初登板初勝利「全力で優勝に貢献する」”. サンケイスポーツ. (2015年5月15日). http://www.sanspo.com//baseball/news/20150515/tig15051521280016-n1.html 2015年5月15日閲覧。 
  12. ^ a b c “阪神新助っ人右腕は“侍WBC連覇を阻止した男””. スポーツニッポン. (2015年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/17/kiji/K20150317009995650.html 2015年3月17日閲覧。 
  13. ^ “バント経験なし、構えから…虎 メッセ代役サンティアゴに“弱点””. スポニチ Sponichi Annex. (2015年5月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/05/13/kiji/K20150513010340480.html 2015年5月15日閲覧。 
  14. ^ プロ野球 - 2015年5月15日 中日vs.阪神 成績 スポーツナビ 2015年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]