金城漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金 城漢 (キム・ソンハン)
Kim Sung Han
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 全羅北道群山市
生年月日 (1958-05-18) 1958年5月18日(60歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手投手
プロ入り 1982年
初出場 1982年3月28日
最終出場 1995年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

金 城漢(キム・ソンハン、김성한1958年5月18日 - )は、韓国の元プロ野球選手内野手投手)。

ニックネームアヒルバットを後ろに構え、お尻を突き出した彼の打撃フォームがアヒルのようだと形容された事による。

経歴[編集]

全羅北道群山市出身。群山商業高校、東国大学校を経て1982年KBO創設と共に、ヘテ・タイガースに入団。

ヘテ・タイガース一筋で14シーズンを在籍した。MVP:2回(1985,1988)、本塁打王3回(1985,1988,1989)、打点王2回(1982,1988)、ゴールデングラブ賞:6回(一塁手・1985,1986,1987,1988,1989,1991)など輝かしい成績を残し、走攻守三拍子揃った選手としてヘテ屈指の人気選手となった。

特筆すべきは1982年シーズンである。この年はKBO創設の年という事もあり、各チームとも戦力不足という苦しい台所事情があった。ヘテも僅か14人のミニ選手団で出発したため、金は3番打者としてチームを牽引。捕手以外の全てのポジションを経験し、打率.305、本塁打13本の成績を残した。一方で投手としても26試合に登板し、10勝5敗、防御率2.88の成績を挙げ、10勝10本塁打[1]3割打者10盗塁に打点王[2]と空前絶後の記録を残した。

翌1983年には、チームの前期優勝と韓国シリーズ制覇に貢献。1986年まで投手と野手の二刀流として過ごし、投手としては通算15勝10敗,防御率3.02の成績を残した。1987年より打撃に専念すると、チームの主砲として活躍。1986年~89年の4連覇を含め、チームの7回の優勝に大きく貢献した。1988年にはKBO初の30本塁打をマークして2度目の本塁打王に輝いた。足も速く、1989年には20本塁打20盗塁も達成している。

オールスターゲームには12回出場。1992年にはミスターオールスター(オールスターMVP)に選ばれた。

国際試合では1991年に開催された、第1回日韓プロ野球スーパーゲームにもKBO選抜で選ばれ、3本の本塁打を放った。第1戦で伊良部秀輝ロッテ・オリオンズ)からホームランを打ち、東京ドームでホームランを記録した最初の韓国出身選手にもなっている。その時のバットは、野球殿堂博物館東京ドーム内)に展示されている。

1995年限りで、現役引退。引退時には安打(1389)、塁打(2285)、得点(762)、二塁打(247)の部門でKBO記録を保持していた。これらの記録はいずれも、張鍾勲ピングレ(のちハンファ))によって破られた。

引退後[編集]

引退の翌年である1996年にヘテのヘッドコーチに就任。同年には宣銅烈と共に来日し、コーチ修行のため中日ドラゴンズに在籍。当時の監督だった星野仙一の指導を受けた。2001年よりヘテ(2001年8月より起亜)の第4代監督に就任。しかし、チームを優勝に導く事は出来ず(2002年と2003年シーズンの2位が最高。両年ともプレーオフで敗退している)、2002年終盤には2軍捕手に暴行を加える事件を起こす[3]など散々だった。2004年、シーズン途中の7月26日に成績不振を理由に起亜の監督を解任された。

その後は、母校の群山商業高校の監督(2004年8月~2005年)、韓国のスポーツ専門ケーブルチャンネルのMBC ESPNの解説者を歴任。大宇自動車ティコCMにも出演した。2009年には、WBC韓国代表のヘッドコーチを務め、準優勝に貢献した。

2013年より2014年までハンファ・イーグルスのヘッドコーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
1982 ヘテ 80 318 48 97 17 4 13 69 10 5 9 8 55 7 5 .305 .506 .335 .841
1983 96 339 59 111 20 0 7 40 13 7 38 4 38 7 1 .327 .448 .404 .852
1984 98 365 48 94 16 2 12 41 7 5 39 4 59 6 2 .258 .411 .337 .748
1985 105 400 66 133 29 1 22 75 8 5 42 3 37 6 10 .333 .575 .397 .972
1986 104 404 64 113 16 0 18 57 10 10 32 6 45 8 7 .280 .453 .342 .795
1987 81 306 43 96 22 0 15 46 3 1 30 3 29 5 3 .314 .533 .387 .920
1988 104 404 72 131 12 0 30 89 16 5 31 11 52 4 11 .324 .577 .386 .963
1989 118 414 93 116 18 0 26 84 32 8 84 9 62 7 6 .280 .512 .420 .932
1990 89 331 61 93 17 2 11 49 14 4 39 6 53 4 9 .281 .444 .361 .805
1991 112 411 69 121 25 5 23 83 16 9 51 15 70 7 5 .294 .547 .390 .837
1992 117 410 62 107 18 0 15 59 6 2 37 7 59 9 4 .261 .415 .333 .748
1993 107 362 45 99 23 0 6 52 4 2 27 6 59 12 8 .273 .387 .331 .718
1994 45 157 17 37 10 0 1 14 4 3 9 3 31 0 2 .236 .318 .288 .606
1995 82 229 15 41 4 0 8 23 0 1 15 3 47 9 8 .179 .301 .242 .543
通算:14年 1338 4850 762 1389 247 14 207 781 143 67 483 88 696 91 81 .286 .471 .362 .833
  • 太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]









































W
H
I
P
1982

26 3 1 10 5 1 106.1 88 6 45 6 49 44 34 .667 2.88 4.14 1.25
1983 4 1 1 1 1 0 17.1 13 1 5 1 8 6 4 .500 2.08 4.15 1.04
1985 10 1 0 4 3 1 40.1 35 1 18 1 12 18 15 .529 3.35 2.67 1.31
1986 1 0 0 0 1 0 3.0 2 0 3 0 0 3 3 .000 9.00 0.00 1.67
通 算 41 5 2 15 10 2 167 138 8 71 8 69 71 56 .600 3.02 3.71 1.25

獲得タイトル・受賞経歴[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1982年 - 1995年)
  • 79 (1996年 - 2000年)
  • 70 (2001年 - 2004年)
  • 80 (2009年)
  • 71 (2012年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ KBO唯一の記録であり、KBOより長い歴史を誇るMLBでは1918年ベーブ・ルースボストン・レッドソックス。13勝11本塁打)、NPBでは大谷翔平北海道日本ハムファイターズ2014年に11勝10本塁打、2016年に10勝22本塁打)しか達成していない記録である。
  2. ^ 10盗塁と打点王はルース・大谷とも達成できなかった。
  3. ^ 起亜・金城漢監督、選手暴行の波紋広がる東亜日報2002年9月26日記事。

外部リンク[編集]