オーバースロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーバースローover-throw)とは、野球投手投法の一つである。

オーバースローのフォーム(右投手)

明確な定義はないが、一般にボールが投手のを離れた(リリース)時に、ボールを持つ手が水平面を上回る角度である場合、その投げ方をオーバースローと呼ぶ。日本語では(余り使われないが)上手投げと呼ぶ[1]。オーバースローの中でも、ややが下がり気味のフォームを区別してスリークォーターと呼ぶ場合がある。現在のプロ野球ではへの負担が少ないことなどを理由に、純粋なオーバースローでなく、ややスリークォーター気味に投げる投球フォームが主流である。

オーバースローはほとんどの投手があてはまるため、オーバースローの代表的な投手を挙げることは難しい。

この投法では直球の速度が出やすい。また、腕の角度が上向きであるので、フォークボールカーブのうち縦の回転が強いドロップと呼ばれた縦に変化する球種などが投げやすい。しかしシンカーなどは回転を与え難く投げるのが難しい。

なお、「オーバースロー」を「上手投げ」の意味で用いるのは和製用法であり、英語ではoverarm [overhand, overhanded] pitch [throw]という。英語におけるover-throw暴投を意味する用語である。

米国のバイオメカニクス研究者の定義では、「オーバーハンドとは、(投手を後ろから見た時に)時計の12時の位置からリリースされる投法である。」とされているが、遠心力を効果的に使う為には、利き腕(モーメントアーム)の振りが地面(運動軸)に対して90度を保つように、上体を利き腕と反対方向に大きく倒しながらリリースする事が理想的であるとされている。なお、前述の「やや腕が下がり気味のフォーム」については、「時計の1時から2時の位置からリリースされる投法は、スリークォーター・オーバーハンドである」とされている[2]。MLB史上においては、サンディー・コーファックスフアン・マリシャルボブ・ギブソンなどが、こうしたバイオメカニクスの定義の元における理想的なオーバーハンドのフォームで投球を行っていた。

脚注[編集]

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、56頁。
  2. ^ ジェームス・H・ブラーツ、プレム・P・ゴギア『The Mechanics of Pitching』「ジャーナル・オブ・オーサペディック&スポーツ・フィジカル・セラピー英語版 Vol.9 No.2」1987年8月、64-65頁。

関連記事[編集]