クリス・セドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・セドン
Chris Seddon
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ノースリッジ
生年月日 (1983-10-13) 1983年10月13日(34歳)
身長
体重
193 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 ドラフト5巡目
初出場 MLB / 2007年9月3日
KBO / 2013年3月31日
NPB / 2014年4月9日
CPBL / 2015年4月23日
最終出場 MLB / 2012年10月3日
KBO / 2016年6月9日
NPB / 2014年9月25日
年俸 $ 400,000 (2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ジョン・"クリス"・セドンChristopher Jon "Chris" Seddon , 1983年10月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ノースリッジ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

台湾球界での登録名は「神盾」。

経歴[編集]

デビルレイズ傘下時代[編集]

2001年、MLBドラフト5巡目(全体139位)でタンパベイ・デビルレイズから指名され、7月31日に入団。

2006年AAA級での成績は28試合で9勝9敗、防御率4.72。先発投手を務めていた。

2007年は開幕40人枠入りを果たした。AA級モンゴメリー・ビスケッツでプレー。

マーリンズ時代[編集]

2007年6月13日にウェーバーでフロリダ・マーリンズへ移籍。9月3日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした。

2008年はAAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレー。11月3日にFAとなった。

マリナーズ時代[編集]

2008年12月9日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ。

2009年はAAA級タコマ・レイニアーズでプレー。11月9日にFAとなり、12月6日にマリナーズと再契約。

2010年もAAA級タコマでプレーしていたが、7月15日にメジャー昇格[1]。14試合にリリーフとして登板し1勝0敗、防御率は5.64だった。11月6日にFAとなり、11月23日に再びマリナーズと契約した。

2011年はAAA級タコマでプレーし、メジャーでの登板はなかった。11月2日にFAとなった。

インディアンス時代[編集]

2012年1月9日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[2]。AAA級コロンバス・クリッパーズで20試合に登板し11勝5敗、防御率3.44の成績で、8月5日にメジャー昇格を果たした[3]11月30日にFAとなった。

ワイバーンズ時代[編集]

2012年12月6日韓国野球委員会SKワイバーンズと契約した[4]

2013年は14勝で最多勝のタイトルを獲得。

巨人時代[編集]

2013年12月20日、読売ジャイアンツと契約した[5]

2014年4月9日の広島戦で初登板初先発、9回2死から廣瀬純にタイムリーヒットを打たれ、読売ジャイアンツの外国人選手としては初となる初登板初完封は逃したものの、8回2/3を1失点で来日初勝利をあげた。この試合で記録した15奪三振は初登板でのプロ野球新記録であり、2009年9月5日、当時横浜ベイスターズに所属していたスティーブン・ランドルフが挙げた外国人選手の1試合最多奪三振数に肩を並べるものであった。また、この試合で記録した初登板毎回奪三振もプロ野球史上初の快挙でもある。その後も好投を続けていたものの、5月に突如成績不振に陥り、フレデリク・セペダ加入による外国人枠の関係もあり、2軍に降格した。12月2日、自由契約公示された[6]

Lamigo時代[編集]

2015年4月14日、台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟(CPBL)のLamigoモンキーズと契約を結んだ。

Lamigoでは同年4勝を記録。シーズン途中に、退団した。

ワイバーンズ復帰[編集]

2015年7月9日、SKワイバーンズと契約し2013年以来の復帰となった。SKでは同年7勝を記録。2016年は不振によりシーズン途中の6月21日にウェーバー公示され退団した。

富邦時代[編集]

2017年、台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟(CPBL)の富邦ガーディアンズと契約を結んだ。

富邦では同年2勝を記録。シーズン途中に、退団した。

選手としての特徴[編集]

基本的に平均球速は130km/h前半から中盤、持ち球はスライダー[7]、カーブ[7]チェンジアップ[7]。特にスライダーが決め球となっている。球種は非常に多いうえほとんど同じ投球フォームで投げられるのが強み[7]。クイックモーションに課題がある[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 FLA 7 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 91 17.1 29 2 5 0 1 10 0 0 19 17 8.83 1.96
2010 SEA 14 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 95 22.1 21 4 10 0 0 16 2 0 14 14 5.64 1.39
2012 CLE 17 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 147 34.1 35 2 13 1 0 18 1 0 14 14 3.67 1.40
2013 SK 30 30 1 0 0 14 6 0 0 .700 780 187.1 169 14 73 2 11 160 16 1 65 62 2.98 1.29
2014 巨人 10 10 0 0 0 4 5 0 0 .444 226 52 58 5 20 0 0 37 4 2 27 27 4.67 1.50
2015 Lamigo 10 10 0 0 0 4 1 0 0 .800 238 55.2 61 5 14 0 0 56 6 0 26 22 3.56 1.35
SK 14 14 1 0 0 7 5 0 0 .583 319 74.0 77 12 28 0 5 67 6 0 42 41 4.99 1.42
2016 12 12 0 0 0 5 5 0 0 .500 283 62.0 76 8 17 0 1 43 8 0 52 37 5.37 1.50
MLB:3年 38 6 0 0 0 2 3 0 0 .400 333 74.0 85 8 28 0 1 44 3 0 47 45 5.47 1.53
KBO:3年 56 56 2 0 0 26 16 0 0 .619 1382 323.1 322 34 118 2 17 270 30 1 159 140 3.90 1.36
NPB:1年 10 10 0 0 0 4 5 0 0 .444 226 52 58 5 20 0 0 37 4 2 27 27 4.67 1.50
CPBL:1年 10 10 0 0 0 4 1 0 0 .800 238 55.2 61 5 14 0 0 56 6 0 26 22 3.56 1.35
  • 2016年度シーズン終了時
  • 図中の太字はリーグ最多

タイトル[編集]

KBO
  • 最多勝利(2013年)

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 59 (2007年)
  • 52 (2010年)
  • 44 (2012年)
  • 10 (2013年)
  • 49 (2014年)
  • 23 (2015年4月14日 - 7月8日)
  • 54 (2015年7月15日 - 2016年6月21日)

脚注[編集]

  1. ^ Mariners sign veteran Wright ESPN MLB
  2. ^ Indians ink Seddon to Minor League contract MLB.com
  3. ^ Indians promote LHP Chris Seddon from Triple-A Columbus MLB.com
  4. ^ SK Wyverns Sign Chris Seddon MLB Trade Rumors
  5. ^ 韓国プロ野球で最多勝のセドン投手と契約 巨人球団公式サイト 2013年12月20日配信
  6. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e 首を傾げる巨人のセペダ獲得”. デイリースポーツ. 2014年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]