コンテンツにスキップ

富邦ガーディアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富邦ガーディアンズ
Fubon Guardians
創設 1993年
所属リーグ
中華職業棒球大聯盟
歴代チーム名

本拠地
新荘体育場野球場(2017 - )
収容人員 12,150人
2017-の位置(台湾内)
2017-
2017-
新北市の旗 新北市(2017 - )
永久欠番
39
獲得タイトル
(0回)
リーグ年間優勝(3回)
2004年・2005年・2016年
リーグ優勝(10回)
1998年・2000年前・2003年前・2004年後・2005年後・2010年前・2013年前・2016年後・2016年後
成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(1回)
太字は優勝、斜体は準優勝)
2013
球団組織
オーナー 蔡承儒
運営母体 富邦育樂股份有限公司
監督 丘昌榮
テンプレートを表示
富邦ガーディアンズ
各種表記
繁体字 富邦悍將
簡体字 富邦悍将
拼音 Fùbāng Hànjiāng
注音符号 ㄈㄨˋㄅㄤㄏㄢˋㄐㄧㄤˋ
発音: フーバン・ハンジャン
英文 Fubon Guardians
テンプレートを表示

富邦ガーディアンズ(フーバン・ガーディアンズ、ふほうガーディアンズ、繁体字: 富邦悍將、英語: Fubon Guardians)は、台湾中華職業棒球大聯盟所属のプロ野球チームである。

YouTube
チャンネル
活動期間 2017年3月21日 -
ジャンル 野球
登録者数 約9980人
総再生回数 約336万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2020年8月31日時点。
テンプレートを表示

概要[編集]

1993年から1995年までは俊国ベアーズ[1]1996年前半は興農ベアーズであり、1996年後半から興農ブルズと改称された。

2012年シーズン終了後、親会社(当時)の化学薬品会社「興農」が、経営悪化により球団を売却すると発表し[2]、12月17日、義聯グループが買収しチーム名は「義大ライノズ(義大犀牛)」となった。

2013年前期シーズン、マニー・ラミレスの加入で、台湾プロ野球の観客動員数が大幅に増加し(前期シーズン終了前の6月後半にラミレスは退団)、優勝した。しかし2013年台湾シリーズでは後期シーズン優勝の統一セブンイレブン・ライオンズに4連敗で敗退、前期優勝ということで出場した台湾での2013年のアジアシリーズでも東北楽天ゴールデンイーグルスキャンベラ・キャバルリーに連敗し予選リーグで敗退した。

義大として最後に出場した2016年の台湾シリーズで、前身の興農時代を含め11年ぶり3度目の優勝を果たした。同年11月に富邦グループに買収され、チーム名が現在の「富邦ガーディアンズ(富邦悍将)」となった。本拠地球場も澄清湖棒球場から新荘体育場野球場へ移転した。

歴代監督[編集]

俊国時代
興農時代
義大時代
富邦時代

チーム成績・記録[編集]

興農時代
  • リーグ優勝 6回

(1998年、2000年前期、2003年前期、2004年後期、2005年後期、2010年前期)

  • 年間王者 2回

(2004年、2005年)

義大時代
  • リーグ優勝 2回

(2013年前期 2016年後期)

  • 年間王者 1回

(2016年)

永久欠番[編集]

解消した永久欠番[編集]

在籍選手[編集]

首脳陣[編集]

一軍[編集]

背番号 名前 役職
52 陳金峰 監督
91 丘昌榮 ヘッドコーチ
99 陳連宏 基地統括コーチ
40 郭勇志 投手コーチ
72 垣内哲也 打撃統括コーチ
51 稲田直人 内野守備統括コーチ
68 施金典 内野守備コーチ
8 詹智堯 外野守備コーチ
63 劉家豪 バッテリーコーチ
42 林正豊 ブルペンコーチ
53 杜正文 トレーニングコーチ
92 陳柏穎 トレーニングコーチ

二軍[編集]

背番号 名前 役職
86 郭建霖 監督
88 酒井光次郎 投手コーチ
90 廖剛池 投手コーチ
28 高国輝 打撃コーチ
36 蔡建偉 打撃コーチ
45 葉竹軒 内野守備コーチ
93 徐育澄 外野守備コーチ
20 林琨笙 バッテリーコーチ
27 黄浩然 バッテリーコーチ
47 林屹洲 トレーニングコーチ
79 黄柏揚 トレーニングコーチ

投手[編集]

背番号 選手名 備考
0 ジェイク・ダールバーグ 楽天から移籍
登録名「道鉑戈」
12 江國豪
15 范柏絜 楽天から移籍
16 潘奕誠
17 黄子宸
18 黄保羅 0から背番号変更
19 張奕 2024年ドラフト2位
21 藍愷青
23 ブランドン・ブレナン 新外国人
登録名「布藍登」
24 キーバス・サンプソン 統一から移籍
登録名「戈威士」
25 頼智垣
30 陳韋霖
34 王尉永
38 蘇捷恩 自主培訓選手
41 楊強森 84から背番号変更
44 爾曼羅索普 新入団
48 岳少華
49 江國謙 統一から移籍
50 呉世豪
54 李建勲
57 歐書誠
58 陳聖文
59 陳冠勲
60 曾峻岳
64 ニバルド・ロドリゲス 新外国人
登録名「羅戈」
66 李東洺 「李子強」から改名
70 張瑞麟 現役復帰
71 江少慶
73 林旺煕
74 ジャック・ラボスキー 新外国人
登録名「杰戈」
80 游霆崴
81 陳仕朋
87 エンダーソン・フランコ 登録名「富藍戈」
89 林育辰
94 林栚呈
96 郭泰呈

捕手[編集]

背番号 選手名 備考
10 姚冠瑋
26 蘇煒智
43 豊暐
55 楊皓然 62から背番号変更
61 蕭憶銘
69 張進徳
95 戴培峰

内野手[編集]

背番号 選手名 備考
2 林澤彬 74から背番号変更
3 王勝偉
4 高捷
5 王念好
6 葉子霆
11 蔣智賢
14 王苡丞
19 林岳谷
22 李宗賢
31 黄兆維
32 頼柏均
35 王正棠
46 范國宸
56 陳愷佑
67 辛元旭
78 董子恩
85 劉俊豪
97 池恩齊
99 張育成 2024年ドラフト1位

外野手[編集]

背番号 選手名 備考
1 林哲瑄
7 陳真
9 林莛淯
13 戴云真
29 申皓瑋
33 張冠廷
65 蔡佳諺
76 李祐賢
77 周佳樂
82 孔念恩
83 張宥鈞
98 高國麟

日本のプロ野球との関係[編集]

日本の球団に在籍したことのある主な選手・コーチ

俊国時代[編集]

コーチ
選手

興農時代[編集]

コーチ
選手

義大時代[編集]

コーチ
選手

富邦時代[編集]

コーチ
選手

その他在籍していた選手・コーチ[編集]

俊国時代[編集]

選手

興農時代[編集]

選手

義大時代[編集]

監督・コーチ
選手

富邦時代[編集]

監督・コーチ
選手

脚注[編集]

外部リンク[編集]