李杜軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李 杜軒
Tu-Hsuan Lee
千葉ロッテマリーンズ #67
HAWKS45-Tu-Hsuan Lee.jpg
ソフトバンク時代
(2013年8月7日 福岡ヤフオク!ドーム)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台北市
生年月日 (1988-04-21) 1988年4月21日(31歳)
身長
体重
173 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手二塁手三塁手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2012年6月22日
年俸 500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
WBC 2013年
李 杜軒
各種表記
拼音 Lǐ Dùxuān
発音転記: リ・トゥーシェン
英語名 Lee Tu-Hsuan
各種表記(本名)
繁体字 李秉諺
拼音 Lǐ Bǐngyàn
発音転記: リ・ビンエン
英語名 Lee Bing-Yen
テンプレートを表示

李 杜軒(リー・トゥーシェン、1988年4月21日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手)で、右投げ右打ち。台湾中華民国台北市の出身[2]だが、日本国内の高校へ3年間在学したため、NPBでは日本人選手として扱われている。

高校時代までの本名は李秉諺(リ・ビンエン/Bing-Yen Lee)だったが、2007年福岡ソフトバンクホークス入団を機に李杜軒へ改名[2]登録名は同年のシーズン中のみカタカナのトゥーシェン2008年以降は李杜軒を用いている[注 1]。なお、母国のチャイニーズタイペイ代表として国際大会へ出場する場合には、引き続き李秉諺と名乗っている。

実父は、台湾プロ野球で左腕投手として8シーズン活躍した元プロ野球選手の李杜宏(リ・トゥーフォン)。実母の葉麗珠(イェ・リーツゥー)は、ソフトボールのチャイニーズタイペイ代表選手だった[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福林国小学校入学と同時に野球部へ入ると、「毎日、試合に出たい」という理由で内野手を希望した。6年生の時に全国選抜大会で優勝し、福岡ドームで開催されたアジア杯少年野球大会のチャイニーズタイペイ代表に選出され、3位の成績を残した[2]。二重国中1年時には台北市代表に選出されて全国大会に出場し、優勝技能賞を獲得した[2]

台湾の衛星放送で阪神甲子園球場の高校野球全国大会中継を見たことや、実父が「(杜軒に)世界を見せたい」という教育方針を持っていたことから、中学校からの卒業を機に日本へ語学留学。岡山県共生高等学校に一般の留学生として進学した[3][2]

共生高校では、1年時の春から正三塁手、後に正遊撃手に定着[4]。夏の選手権岡山大会までに、対外試合で10本塁打を放った。1年生対象の大会では、左翼、中堅、右翼方向に打球を飛ばした末に、1試合に3本塁打を記録[2]。さらに、2年時の秋までに対外試合で47本塁打を放ったことから、練習試合でも勝負を避けられるようになった[4]。在学中には、春夏とも全国大会への出場に至らなかった[5]が、日本語検定で3級に認定された[2]

共生高校へ3年間在籍したことによって、NPBの球団に日本人選手扱いで所属できる資格を満たしたため、高校3年生だった2006年の秋にプロ志望届日本学生野球協会へ提出。同年のNPB高校生ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから4巡目で指名されると、契約金4,000万円、年俸540万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は45[6]

ソフトバンク時代[編集]

2007年

ウエスタン・リーグ公式戦で、二塁手や三塁手として30試合に出場。通算51打数で2本塁打、打率.255を記録した。

2008年

ウエスタン・リーグ公式戦53試合に出場。一塁の守備にも就いたが、打率が.189にとどまるなど、打撃不振に陥った。

2009年

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の台湾代表候補に選ばれた[7]ため、2月の春季キャンプ中にオーストラリアでの代表合宿に参加した[8]が、最終メンバーから外れた[9][10]。ウエスタン・リーグ公式戦には、57試合の出場で、3本塁打、打率.241をマーク。7月23日のフレッシュオールスターゲーム札幌ドーム)にも、同リーグ選抜の一員として出場した[11]

2010年

ウエスタン・リーグ公式戦86試合へ出場するとともに、通算301打席でリーグの最終規定打席に到達[12]。打率.289(リーグ4位)、9本塁打(リーグ5位タイ)、47打点(リーグ2位)という好成績を残した[13]。一軍公式戦への出場機会はなかったが、ウエスタン・リーグの公式戦では、外野の守備にも就いている[14]

11月12日から11月27日まで中国広州で行われた第16回アジア競技大会で台湾代表に選出された[15]。11月14日の対パキスタン代表戦で途中出場[16]、11月15日第3戦の対香港代表戦では8番左翼手で先発出場した[17]。また、代表となったことで兵役も免除された[4]

2011年

ウエスタン・リーグ公式戦には98試合へ出場。通算360打席で最終規定打席、二塁手として規定試合数を満たした[18]、打率.298(リーグ3位)、46打点(リーグ3位)の成績を残した[19]が、一軍への昇格は見送られた。

2012年

6月22日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、「8番・一塁手」としてスタメンで一軍公式戦にデビュー[20]。翌23日の同カードでも「7番・一塁手」としてスタメンに起用されると、6回裏1死1・2塁で迎えた第3打席で乾真大から適時二塁打を放ったことによって、一軍公式戦での初安打と初打点を記録した[21][22]。8回裏の第4打席では、四球で出塁した後に本塁へ生還。一軍公式戦初得点を記録するとともに、チームはこの得点で逆転勝利を収めた。6月28日に出場選手登録をいったん抹消されたが、7月17日に再登録。7月18日の対オリックス・バファローズ戦(いずれも福岡Yahoo! JAPANドーム)では、8回裏2死から一軍公式戦で初めて代打に起用されると、高宮和也からのソロ本塁打によって一軍公式戦初本塁打を記録した[23][24][25]。以降の試合でも代打への起用が続いたが、9試合で16打数1安打と振るわず、8月25日以降は一軍から遠ざかった。一軍公式戦全体では、スタメンで8試合に出場。代打では、通算で7打席ながら、打率.667(6打数4安打)、1本塁打、1打点、出塁率.714という好成績を残した。その一方で、シーズン終了後に催された第3回WBCの予選ラウンドには、チャイニーズタイペイ代表の一員[26][27]代表チームの予選突破に貢献した[28]

2013年

第3回WBC本大会の最終メンバーから外れた[29]が、NPBのレギュラーシーズンでは、5月9日から一軍へ昇格[30]5月18日の対阪神タイガース戦(甲子園)では、一軍公式戦で初めて二塁手としてのスタメン起用を果たすと、1本塁打を放つなどの活躍で自身初のマルチヒットを達成した[31][32]。この試合を含むセ・パ交流戦では、他の選手と交互に1番(または2番)打者を任された末に、通算13試合の出場で打率.304(23打数7安打)、2本塁打、5打点をマーク。チーム4度目の交流戦優勝に貢献した[33]7月3日に出場選手登録を抹消されたが、24日の再登録後は、レギュラーシーズンの終了まで一軍に定着。一軍公式戦全体では、スタメンで18試合に出場した。チームで2番目に多い25試合に起用された代打では、打率.200(20打数4安打)、1打点ながら出塁率.360を記録。左投手相手の対戦では、通算64打席で打率.340(53打数18安打)、3本塁打を記録するなど相性が良く、スタメンへの起用も左投手の先発が予告された試合に限られた[4]。その一方で、右投手相手の対戦では、通算で8打数無安打に終わった[34]

シーズン終了後の11月には、台湾で開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」に、チャイニーズタイペイ代表[35]として全3試合に出場[36]。一塁・二塁・三塁を守りながら、2試合にスタメンで出場すると、通算で打率.200(5打数1安打)、1打点、1得点、1四球、1失策を記録した。11月9日の試合では、8回裏に代打で起用されると、日本代表の高木伴(当時はNTT東日本硬式野球部に所属)から適時打を放っている[37][38]

2014年

一軍公式戦には、5月21日から6月1日まで、通算5試合に出場。2試合にスタメンで起用されたが、通算9打数1安打と振るわず、シーズンの大半を二軍で過ごした。ウエスタン・リーグ公式戦では、86試合の出場で打率.263、7本塁打、34打点をマーク。二軍のリーグ優勝で迎えた千葉ロッテマリーンズとのファーム日本選手権10月4日)では、黒沢翔太から勝ち越しのソロ本塁打を放った[39][40]ことによって、優秀選手賞と本塁打賞を獲得した[41]

2015年

レギュラーシーズンの開幕前に左脇腹を痛めたが、4月8日に二軍対三軍の練習試合で実戦へ復帰。しかし、3日後に出場した広島東洋カープとのウエスタン・リーグ公式戦で、守備中に右肩を脱臼した。その後は右肩のリハビリに専念。10月4日に球団から支配下選手契約の解除を通告された[42]が、11月13日には、育成選手としての再契約と、背番号125への変更が発表された[43]

2016年

ウエスタン・リーグ公式戦41試合に出場したが、打率.191と振るわず、10月22日に球団から戦力外通告[44]10月31日にNPBから自由契約選手として公示されて[45]からも、再契約に至らなかった。その一方で、11月下旬から12月中旬まで台湾で催されたアジア・ウィンター・リーグには、台湾アマチュアチームの一員として参加した[46]

台湾・富邦時代[編集]

2017年

中華職業棒球大聯盟(CPBL)富邦ガーディアンズと契約。背番号5を着用したが、二軍公式戦5試合の出場で、打率.200(8打数2安打)という成績を残すにとどまった[47]。練習生としての契約だったため、CPBLの規定に沿って、7月のCPBLドラフト会議で支配下登録を前提に富邦や他球団から指名される可能性もあった。しかし、実際にはどの球団からも指名されず、シーズン途中で退団した。

富邦退団後[編集]

NPBへの復帰を模索。2017年12月に台湾の野球教室へ参加した際に、千葉ロッテマリーンズへの入団交渉に臨んでいることを明らかにした[48]

2018年2月1日から、ロッテの石垣島春季キャンプへ参加。ソフトバンク時代のチームメイトだった大隣憲司、前ベースボール・チャレンジ・リーグ富山サンダーバーズフランシスコ・ペゲーロと共に入団テストを受験した。

ロッテ時代[編集]

上記の入団テストに合格したことから、2018年2月16日付でロッテと正式に契約。2年振りのNPB復帰を果たした[49]。支配下登録選手としての契約で、背番号は67。登録名については、契約の当初リー・トゥーシェンを使用していたが、オープン戦期間中の3月13日からソフトバンク時代の後期と同じ李杜軒へ変更している[50]

2018年

3月17日ZOZOマリンスタジアムで開かれた古巣・ソフトバンクとのオープン戦で、1点ビハインドの9回裏無死1塁から代打に起用。この打席で同点三塁打を記録したことをきっかけに、代打要員として[51]、NPBでは初めての開幕一軍入りを果たした[52]4月6日の対日本ハム戦(東京ドーム)では、9回表の代打起用で2点適時打を放ったことによって、NPBの一軍公式戦では4年振りの安打と打点をマーク[53]。以降の試合でも代打で2安打を放ったが、4月27日付で出場選手登録を抹消された[54]

選手としての特徴[編集]

プロ入り前は背筋力230kgを活かした高校通算53本塁打、打率.525のパワフルな打撃が持ち味だった[6][3]。遠投は110メートル、50メートル走のタイムは6秒3だった[2]。ドラフト指名当時、小川一夫スカウト部長からは「ハンドワークが非常に柔らかい選手。右にも左にも打てる」「長打力や体の強さは井口資仁に匹敵する能力を持っている」と評価されていた[55][4]

ソフトバンク時代の2013年には、当時の二軍打撃コーチ・大道典良から、「チームで数少ない右の長距離打者」と評価されていた[4]。ちなみに、2014年までの8年間には、ウエスタン・リーグで通算打率.271、出塁率.346を記録。35.8打数に1本の割合(1432打数40本塁打)で本塁打を放っていた。その一方で、盗塁成功率は低く、2014年までに通算34回の企図で15回の成功にとどまっていた。同年までの守備率は、一塁手として.988(通算93試合)、二塁手として.978(通算259試合)、三塁手として.950(通算243試合)。2010年のみ、ウエスタン・リーグ公式戦10試合で、左翼の守備に就いた。

人物[編集]

幼少期から台湾の衛星放送でホークス戦の中継を観戦した縁で、ホークスのファンになった[56]

好物はパンケーキで、専門店に足を運ぶほどである[57][58]

ホークス時代の2009年から2014年までは、鳥越裕介内野守備走塁コーチ(当時)の勧め[4]で、ホークスのOBである井口資仁(当時はロッテの内野手)がオフシーズン中に主導していた自主トレーニングに参加[59]。そのトレーニングに同行していた鳥谷敬から、筋力トレーニングへ取り組む姿勢も学んだという[4]。ちなみに井口は、2017年シーズンで現役を引退すると、2018年シーズンからロッテの一軍監督へ就任。鳥越も、一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチとして、ロッテに移籍した。李がロッテとの入団交渉中であることを伝えた台湾の報道では、前述した合同トレーニングや、NPBのオフシーズンに現地で開催する野球教室を通じて井口と親しい関係にあることが取り上げられていた[48][60]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 ソフトバンク 15 33 29 3 6 3 0 1 12 3 0 0 0 0 4 0 0 8 2 .207 .303 .414 .717
2013 43 72 61 9 18 1 0 3 28 10 0 1 1 0 10 0 0 20 2 .295 .394 .459 .853
2014 5 9 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .111 .111 .111 .222
2018 ロッテ 11 18 16 0 3 1 0 0 4 3 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .188 .278 .250 .528
NPB:4年 74 132 115 12 28 5 0 4 45 16 0 1 1 0 16 0 0 42 4 .243 .336 .391 .727
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 外野
















































2012 5 29 1 1 0 .968 - 4 0 6 0 0 1.000 -
2013 5 16 2 0 3 1.000 16 13 22 1 5 .972 - -
2014 2 10 1 0 2 1.000 1 2 4 0 1 1.000 - -
2018 1 7 0 0 0 1.000 - - 1 1 0 0 0 1.000
通算 13 62 4 1 5 .985 17 15 26 1 6 .976 4 0 6 0 0 1.000 1 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (2007年 - 2015年)
  • 125 (2016年)
  • 5 (2017年)
  • 67 (2018年 - )

登録名[編集]

  • トゥーシェン (2007年1月 - 2007年12月11日)[61][62]
  • 李 杜軒 (リー トゥーシェン、2007年12月12日 - 2017年[63]、2018年3月13日 - [64]
  • リー・トゥーシェン (2018年2月16日 - 同年3月12日)[65]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ロッテに入団した2018年は、入団直後に限りリー・トゥーシェンを用いた。

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i ソフトB高校生4巡目李/連載1 2006年12月3日 日刊スポーツ九州
  3. ^ a b ホークス新入団選手情報 | 福岡ソフトバンクホークス
  4. ^ a b c d e f g h 週刊ベースボール速報 野球浪漫2014 李杜軒
  5. ^ 第88回全国高校野球選手権 岡山大会 : nikkansports.com
  6. ^ a b ホークス新入団選手情報 | 福岡ソフトバンクホークス
  7. ^ WBC台湾候補にチェン、林威助らスポニチ Sponichi Annex 2009年1月6日掲載
  8. ^ ソフトバンク李杜軒 WBC台湾合宿へ 2009年2月6日スポニチ
  9. ^ WBC出場チーム 台湾代表 : nikkansports.com
  10. ^ 林威助ら台湾WBC最終メンバー28人発表 2009年2月21日スポニチ
  11. ^ 2009年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  12. ^ 2010年度 ウエスタン・リーグ 個人打撃成績(規定打席以上)
  13. ^ 2010年度 ウエスタン・リーグ リーダーズ(打撃部門)
  14. ^ 2010年度 福岡ソフトバンクホークス 個人守備成績(ウエスタン・リーグ)
  15. ^ 陽 台湾代表入りでダブルV 2010年9月29日 日刊スポーツ
  16. ^ 廣州亞運/陳鏞基轟2分砲 中華11比1大勝巴基斯坦 2010年11月14日 NOWnews 今日新聞
  17. ^ 廣州亞運/中華漸入佳境 提前五局16比0大勝香港 2010年11月15日 NOWnews 今日新聞
  18. ^ 2011年度 ウエスタン・リーグ 個人守備成績(規定以上)
  19. ^ 2011年度 ウエスタン・リーグ リーダーズ(打撃部門)
  20. ^ 成績詳細 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  21. ^ テキスト速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  22. ^ 【ソフトB】李杜軒もプロ初安打 2012年6月23日 日刊スポーツ
  23. ^ テキスト速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  24. ^ 【ソフトB】李杜軒が無我夢中プロ1号 2012年7月18日 日刊スポーツ
  25. ^ パ・リーグ/BLUE BOOK 現役選手初項目(福岡ソフトバンクホークス)
  26. ^ 【ソフトB】陽耀勲、李杜軒が台湾代表 2012年10月30日 日刊スポーツ
  27. ^ ソフトバンクの陽&李 台湾代表でWBC予選に出場 スポニチ Sponichi Annex 2012年10月31日掲載
  28. ^ World Baseball Classic: New Zealand vs. Chinese Taipei at XinZhuang Stadium - Sunday, November 18, 2012 Archived 2012年12月27日, at Archive.is
  29. ^ WBC台湾代表が確定 陽岱鋼らメンバーに「目標は8強」 2013年2月4日スポニチ
  30. ^ 【ソフトB】李「気持ち」初出場で適時打 2013年5月9日 日刊スポーツ
  31. ^ 一球速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  32. ^ 【ソフトB】李2度目のスタメンで1号弾 2013年5月18日 日刊スポーツ
  33. ^ 秋山ソフトB 最多4度目交流戦V!12球団トップ131得点
  34. ^ 【ソフトB】李杜軒“左投手打ち査定” 2013年11月28日 日刊スポーツ
  35. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ チャイニーズ・タイペイ 選手一覧 野球日本代表 侍ジャパン公式サイト 2015年3月29日閲覧
  36. ^ 台湾代表に陽岱鋼ら 11月8~10日侍ジャパンと強化試合 スポニチ Sponichi Annex 2013年10月22日掲載
  37. ^ 【侍ジャパン試合詳細】2回5連打 広島ドラ1大瀬良2回0封 2013年11月9日スポニチ
  38. ^ プロ野球スコア速報 日本対台湾 : nikkansports.com
  39. ^ ソフトB江川、李が連続弾「狙ってました」 2014年10月4日 日刊スポーツ
  40. ^ 2014年度ファーム日本選手権 試合結果
  41. ^ 2014年プロ野球ファーム日本選手権 表彰一覧
  42. ^ http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12574.html
  43. ^ http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12709.html
  44. ^ 来季契約について”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2016年10月22日). 2016年10月28日閲覧。
  45. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  46. ^ 李杜軒”. 中華職業棒球大聯盟. 2016年12月13日閲覧。
  47. ^ 中華職業棒球大聯盟(CPBL)球員個人紀録 李杜軒(富邦二軍)
  48. ^ a b 李杜軒回日職現曙光 井口資仁在羅德
  49. ^ ロッテ入団テスト3選手と契約、大隣「感謝の一言」”. 日刊スポーツ (2018年2月16日). 2018年2月16日閲覧。
  50. ^ ロッテ リー・トゥーシェン登録名「李杜軒」に変更”. 日刊スポーツ (2018年3月17日). 2018年5月9日閲覧。
  51. ^ ロッテ李杜軒“恩返し”同点打 漢字に登録名変更 開幕一軍急浮上”. スポーツニッポン (2018年3月17日). 2018年5月9日閲覧。
  52. ^ 開幕一軍メンバー発表!!”. 千葉ロッテマリーンズ (2018年3月17日). 2018年5月9日閲覧。
  53. ^ ロッテ李杜軒「期待に応えられた」NPB4年ぶり打”. 日刊スポーツ (2018年4月6日). 2018年5月9日閲覧。
  54. ^ パ・リーグ公示”. サンケイスポーツ (2018年4月23日). 2018年5月9日閲覧。
  55. ^ ソフトB、4巡目李に指名あいさつ 2006年9月27日 日刊スポーツ九州
  56. ^ ソフトB4巡目李がジャパンドリーム誓う 2006年9月28日 日刊スポーツ九州
  57. ^ ソフトB李杜軒ケーキ封印、美酒目指す 2014年2月3日 日刊スポーツ
  58. ^ 【ソフトB】柳田暴露…李の体はブヨブヨ 2013年12月14日 日刊スポーツ
  59. ^ ソフトB李杜軒が“井口組”入門 2010年1月4日 日刊スポーツ
  60. ^ 李杜軒明年重返日職? 跟羅德隊有接觸
  61. ^ 選手情報 | 福岡ソフトバンクホークス 2007年3月Internet Archive
  62. ^ トゥーシェン(杜軒)選手、ライバル心を燃やし自主トレに励む 2007年01月14日 デイリーニュース 福岡ソフトバンクホークス
  63. ^ トゥーシェン選手の登録名変更について 2007年12月12日 プレスリリース 福岡ソフトバンクホークス
  64. ^ “ロッテ リー・トゥーシェン登録名「李杜軒」に変更”. 日刊スポーツ. (2018年3月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803130000369.html 2018年5月1日閲覧。 
  65. ^ “ロッテ、入団テスト合格の3人と正式契約 大隣は背番号「55」で再出発”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). (2018年2月16日). https://www.baseballchannel.jp/npb/44093/ 2018年5月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]