日本語検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本語検定
英名 The Japanese Language Examination
略称 語検
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 日本語
試験形式 筆記
認定団体 特定非営利活動法人 日本語検定委員会
後援 文部科学省読売新聞社
認定開始年月日 2007年
等級・称号 1級 - 7級
公式サイト https://www.nihongokentei.jp
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

日本語検定(にほんごけんてい)は、特定非営利活動法人日本語検定委員会が主催する、日本語知識と運用能力を測定する検定である。2007年から、概ね6月11月の年2回実施されており、受検者数は年間およそ10万人。同種の検定では、受検者数は最大規模である。2011年7月に文部科学省の後援を受けた。

概要[編集]

特長[編集]

  • 日本語の総合力を測定する。
    漢字や語彙など特定の領域に限定せず、日本語の総合的な運用能力を測る。そのため、6つの領域から幅広く出題している。
    【1.敬語 2.文法(言葉のきまり) 3.語彙 4.言葉の意味 5.表記 6.漢字】
  • 生活場面を想定した問題で、実感をもって取り組むことができる。
    小学生から大人までを対象とする日本語検定では、各級受検者の世代や社会的な役割を想定し、出題内容をそれぞれの生活場面に合わせている。
  • 得意な領域・不得意な領域がわかり、自分の日本語を見直すきっかけになる。
    受検者一人ひとりに作成される個人カルテ(成績表)には、小問ごとの正誤のほか、領域別得点率なども記される。これによって、自分の得意な領域やのばす必要のある領域がわかり、自分自身の日本語を見直すことができる。

受検級[編集]

1級を受検するためには2級の認定が必要であったが、2013年8月にその条件が撤廃された。受検時間が異なる級であれば併願受検も可能。

受検級の目安
各級のレベル 受検の目安 検定時間 受検料
1級 社会人上級レベル 社会人・大学生 60分 6300円
2級 大学卒業~社会人中級レベル 社会人・大学生・高校生 60分 5300円
3級 高校卒業~社会人基礎レベル 社会人・大学生・高校生・中学生 60分 3800円
4級 中学校卒業レベル 大学生・高校生・中学生 50分 2500円
5級 小学校卒業レベル 中学生・小学校高学年・小学校中学年 50分 1800円
6級 小学校4年生レベル 小学生 50分 1800円
7級 小学校2年生レベル 小学校中学年・小学校低学年 50分 1800円

認定の基準[編集]

得点率に応じて、各級2種類の認定がある。但し、6領域をバランスよく得点することが必要で、得点率が一定の基準に満たない領域がある場合には認定されない(7級を除く)。

総合得点率 領域別得点率 認定
1級 80%程度以上 50%以上 1級
70%程度以上 準1級
2級 75%程度以上 2級
65%程度以上 準2級
3級 70%程度以上 3級
60%程度以上 準3級
4級 70%程度以上 4級
60%程度以上 準4級
5級 70%程度以上 5級
60%程度以上 準5級
6級 70%程度以上 6級
60%程度以上 準6級
7級 70%程度以上 領域なし 7級
60%程度以上 準7級

関連項目[編集]

外部リンク[編集]