岡山県共生高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県共生高等学校
岡山県共生高等学校
過去の名称 新見女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人天真学園
設立年月日 1951年昭和26年)
創立者 小林景一郎
小林真寿江
共学・別学 男女共学
設置学科 普通科
高校コード 33521F
所在地 718-0011
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

岡山県共生高等学校(おかやまけんきょうせいこうとうがっこう)は、岡山県新見市にある私立男女共学高校である。

学科[編集]

普通科 - 定員100名(受験内容はコースにより異なる)

  • アドバンスコース(特別進学) 少人数クラス・7校時及び土曜日授業・予備校の衛星授業・インターネット学習プログラム・勉強合宿等を行い、海外からの留学生はこのコースに属している。3ヶ月から1年の留学制度を設けており、独自の奨学制度あり。
  • チャレンジコース(進学) 基礎学力、英検漢検秘書検などに力を入れ、進学と就職双方に向けたコース。
  • コミュニケーションコース(看護福祉) 新見公立短期大学、及び吉備国際大学短期大学部との連携教育を実施、大学教授の授業を受けられ、看護・福祉方面の学校への進学コース。

沿革[編集]

  • 1951年4月 - 岡山県公認を得て、小林景一郎、真寿江、阿哲高等技芸学校創立。
  • 1954年 - 新見市発足に合わせ、新見高等技芸学校に改称。
  • 1969年4月 - 学校法人名が新見女子専門学園となる。新見女子高等学校並びに新見准看護婦学校併設認可。
  • 1973年4月 - 衛生看護科設置。
  • 1980年4月 - 全日制に移行。
  • 1991年4月 - 普通科設置。
  • 1996年4月 - 男女共学へ移行。法人名が天真学園。校名が岡山県共生高等学校となる。

出身著名人[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]