きゃりーぱみゅぱみゅ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

きゃりーぱみゅぱみゅ
Japan Expo」にて(2012年フランスパリ
基本情報
別名
  • きゃりー
  • きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ
生誕 (1993-01-29) 1993年1月29日(31歳)
出身地 日本の旗 日本 東京[1][2]
ジャンル
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 2009年 -
レーベル
配偶者 葉山奨之(2023年 - )
事務所 アソビシステム
共同作業者
公式サイト きゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルホームページ

きゃりーぱみゅぱみゅ1993年平成5年〉1月29日 - )は、日本タレント女性歌手ファッションモデル

正式名はきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ[8]。所属芸能事務所アソビシステム[9]。音楽出版活動に関しては芸映と業務提携をしている[10]血液型はB型[11]。身長は158cm。略称はKPP、旧称及び愛称はきゃりー[注釈 1]。公式ファンクラブは「KPP CLUB」。夫は俳優葉山奨之

概要

東京出身。2009年(平成21年)に原宿で撮影したストリートスナップで『KERA』に初登場し、読者モデルとしての活動を開始する。

2010年(平成22年)に歌手活動を開始し、2011年(平成23年)7月16日にYouTube上で公開したメジャー・デビュー・シングル収録曲「PONPONPON」のMVが世界的な注目を集めた。以降「つけまつける」「ファッションモンスター」「にんじゃりばんばん」など多数のヒット作を発表。

原宿青文字系ファッションの魅力を分かりやすく凝縮した独自のファッションセンスと、音楽、MVなどのパフォーマンスで世界中にファンを獲得し、支持を集めている[12]

2022年(平成24年)4月16日、23日には、アメリカ最大規模の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」への出演が発表された[13]

来歴

初期のキャリア:モデル、音楽活動開始

きゃりーぱみゅぱみゅは1993年(平成5年)1月29日[1][2]東京都田無市[注釈 2]で誕生した[1][2][14]。幼少期は、母親から門限を課されるなど厳しく躾けられて育った[15]。母親の実家がある薩摩川内市[16]、子供の頃は車で毎年行っていた[17][18][注釈 3]

中学時代の部活は陸上部[20]。高校時代は門限設定のほか化粧の禁止や携帯電話の使用制限なども課されていたという[21]

高校在学中に、モデル業を開始。原宿ストリートファッションに特化した「青文字系」の雑誌を中心に活動[22]。2009年(平成21年)の秋にファッション雑誌『KERA』のストリートスナップに初登場、その後、専属モデルとしてスカウトされ、同誌や『Zipper』などの雑誌を舞台に読者モデルとして活動[23]。2010年(平成22年)3月に『HR』創刊第1号のスナップページに掲載され、続く2号で早くも単独表紙を飾ることとなった[24]。2012年(平成24年)にはオリコンスタイル発表「好きな読者モデル」のランキングにて益若つばさ小森純をおさえ1位にランクイン[25]。『Zipper』誌では、同年から2014年(平成26年)にかけて3年連続で創刊記念号の表紙に登場するなどしている[26]

音楽活動始動のきっかけが訪れたのは高校卒業を間近に控えていた時期[27]。進路が未定で「ふらふら」していた当時、自身も愛聴していた「Perfume」の音楽プロデューサーにあたる中田ヤスタカとクラブイベントで偶然出会い、そして同人から歌手デビューを勧められたことがきっかけであったという[28]。2010年(平成22年)3月30日、エイベックス主宰の高校生シンガーによるプレデビュー企画『HIGHSCHOOLSINGER』から、「きゃりー」名義で「ミラクルオレンジ」という楽曲をリリース。

2011-2012年:『もしもし原宿』、『ぱみゅぱみゅレボリューション』

2011年(平成23年)、5月にワーナーミュージック・ジャパンからのデビューを発表[29]。6月、自身の完全監修によるスタジオジブリカバーコンピレーション・アルバム『きゃりーぱみゅぱみゅのジブリセット』を発売[30]。そして8月発売のミニ・アルバム『もしもし原宿』でメジャー・デビュー[31]。発売に先駆けて「iTunes」よりリード曲「PONPONPON」が世界23カ国で配信された[32]。同曲は「iTunes」のフィンランドベルギーのエレクトロランキングにて、日本人アーティスト最高位となる首位を獲得[33]2011年(平成23年)10月10日に「カミスン!」に初出演し、初めてテレビ番組で「PONPONPON」を披露した[34]。この当時はまだ評価が定まっておらず、当時の水準からして余りの奇抜な表現に、賛否両論が巻き起こった[35]。12月には米国・ロサンゼルスで開催されたイベント「ルネブティックワールドデビューパーティー」に出演、初の海外ライブを行った[36]

2012年度「沖縄国際映画祭」のステージで歌うきゃりーぱみゅぱみゅ[37]

デビュー・ミニ・アルバム『もしもし原宿』に続くCDシングル「つけまつける」を2012年(平成24年)1月に発売[38]。この楽曲は邦楽アーティスト史上最多の73カ国で先行配信された[39]。週間オリコンチャートで初登場7位を記録したほか、「iTunes Store」のエレクトロニックソングチャートにおいて、フィンランドで1位、ベルギーで3位、さらに米国の同エレクトロニックアルバムチャートで邦楽アーティスト史上最高位の2位を記録した[40]。2月に初のワンマンライブ「もしもしクアトロ」を東京・渋谷CLUB QUATTROで行い、2枚目のCDシングル「CANDY CANDY」を発売すると、6月における初の全国ツアーの開催を発表[41]。3月には「沖縄国際映画祭」のイベントステージに出演[42]。「つけまつける」と「CANDY CANDY」に加えデビュー・ミニ・アルバム『もしもし原宿』収録曲にあたる「きゃりーのマーチ」を披露し、同映画祭期間中の全ステージで最大の集客を記録した[43]。5月には1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』を発売[44]。オリコンCDアルバム週間ランキング初登場2位[45]。さらに、同デイリーチャート1位、「iTunes」総合チャート1位、米国、フランス、ベルギーの各エレクトロニックチャートで1位を獲得[46]。20万枚超のロングセラーを記録していた8月に至り、同アルバムの「子供向け版」にあたる特価盤を期間限定で発売するに至った[47]

2012年度「Japan Expo」のステージに歌うきゃりーぱみゅぱみゅ[48]

先立つ7月にはフランス・パリにて開催された「Japan Expo」のイベント「HARAJUKU KAWAii!!!!」のライブステージに出演、ヨーロッパへの初進出を果たしていた[49]。ライブは初日に8000人、2日目に5000人、あわせておよそ1万3000人の集客数を記録、これは同年の「Japan Expo」最大の観客動員数であった[50]。同年末、動画共有ウェブサイト「YouTube」の2012年(平成24年)に投稿された動画の再生回数ランキングの発表において、「CANDY CANDY」のMVが邦楽アーティスト最上位となる全世界2位にランクインした[51]。同時期歌ネットの発表による「2012年・歌詞閲覧・年間総合ランキングTOP50」で「つけまつける」が1位にランクイン[52]。デビュー・ミニ・アルバムの『もしもし原宿』が「ミュージック・ジャケット大賞」を受賞[53]。そして年末恒例の音楽賞「第54回日本レコード大賞」の特別賞を受賞[54]。大晦日には『第63回NHK紅白歌合戦』でNHK紅白歌合戦に初出場[55]。「紅白2012きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」と題して「ファッションモンスター」と「つけまつける」の2曲を披露した[56]。インターネット調査会社・マクロミル発「2012年の流行に関する調査」によれば、1000名を対象とした同調査の“(2012年に)ヒットした人物”部門において39%の票を獲得し1位、同年“最もブレイクした人物”であったことを示唆する結果となった[57]

2013年:ワールド・ツアー、『なんだこれくしょん』

2013年(平成25年)2月から初のワールド・ツアーにあたる「100% KPP WORLD TOUR」が開幕[58]。計8カ国を巡るツアーで、ベルギー・ブリュッセルに始まり、フランス・パリイギリス・ロンドン台湾・台北香港米国・ロサンゼルス米国・ニューヨークシンガポール、そして東京公演をもって5月に終幕[59]。世界13都市、全19公演で2万8,000人を動員した[60]。ロンドン公演はチケットが発売から数秒で完売したという。このワールドツアーの様子を収めたドキュメンタリー映画『劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ』が同年のうちに封切られる[61]。そして同じくこのワールドツアーの様子を収めた自身の初写真集『OFFICIAL DOCUMENTARY PHOTO BOOK -100%KPP WORLD TOUR 2013-』を発売[62]。さらにドキュメンタリーDVD『100%KPP WORLD TOUR 2013 OFFICIAL DOCUMENTARY』も発売している[63]。翌2014年(平成26年)には2度目の世界ツアーとなる「NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014」が同じく2月より米国・シアトルを起点に開幕[64]。世界11カ国で16公演、約3万5000人を動員するツアーとなった[65]

2013年(平成25年)発売の2ndアルバム『なんだこれくしょん』はオリコンデイリーアルバムチャートで1位を獲得[66]。この時期、YouTube上の公式ミュージック・ビデオの再生回数は、「PONPONPON」が約4509万、「つけまつける」が約3017万、「CANDY CANDY」が約1389万、「ファッションモンスター」が1337万回、「ふりそでーしょん」が約799万回と、合計1億を突破していた[67]。12月に発表された「YouTube」の集計によれば、日本国内動画の年間再生回数ランキングにて、自身の楽曲のミュージックビデオが1位の「にんじゃりばんばん」2600万回超、3位の「インベーダーインベーダー」約1600万回、4位の「ふりそでーしょん」約1500万回と上位を独占しており、これは日本国外からのアクセスの多さも寄与した結果であった[68]。この年には「ファッションモンスター」で「MTV Video Music Awards Japan」の「最優秀ポップビデオ賞」と「最優秀カラオケソング賞」を同時受賞[69]。同賞初受賞にしての2冠であった[70]。翌2014年(平成26年)にも同賞「最優秀カラオケソング賞」と「最優秀アルバム賞」とをそれぞれ「もったいないとらんど」と『なんだこれくしょん』で受賞[71]。2年連続で同賞の最多受賞者となった[72]

2014年度「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN」の現場にて[73]

2014年-2017年:『ピカピカふぁんたじん』、アートワーク展

2014年(平成26年)発売のシングル「ゆめのはじまりんりん」はオリコンデイリーランキングにて初登場9位[74]。続くシングル「ファミリーパーティー」は最終的に2位まで上昇[75]。7月に至り、これらの楽曲を収めた3rdアルバム『ピカピカふぁんたじん』をリリース[76]。先駆け配信された「iTunes Store」のエレクトロニックチャートにおいて、日本香港台湾タイマレーシアシンガポールで1位、ニュージーランドベルギーで2位、フランスメキシコで3位、オーストラリアフィリピンイギリスで4位を獲得、これは日本人アーティスト初の事態で、CD盤は世界4大陸15ヶ国での同時発売となった[77]。日本国内においては発売初週で4.8万枚を売上、オリコン週間アルバムランキングにて初登場首位、昨年発売の『なんだこれくしょん』に続く2作連続の首位獲得であった[78]。「ファミリーパーティー」では「第56回日本レコード大賞」の優秀作品賞を受賞することともなった[79]。2015年(平成27年)には10枚目のシングル「もんだいガール」を発売[80]。1月始動のテレビドラマ『問題のあるレストラン』用の制作となった楽曲で、ドラマの主題歌を担うのはこれが初のことであった[81]

デビュー5周年を記念した展覧会『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016』が、2016年(平成28年)12月16日から25日までラフォーレミュージアム原宿で開催された。同展は、きゃりーぱみゅぱみゅがこれまでにリリースしてきた全18作品のCDジャケットのデザインを展示したアートワーク展。デビューから2016年(平成28年)までアートディレクションを担当したSTEVE NAKAMURAと共に制作してきたジャケットデザインやビジュアル、アルバムに付属したフォトブックの未公開写真など約100点以上の作品が展示されたほか、フォトブックできゃりーぱみゅぱみゅが着用した衣装やウィッグも公開された。さらにジャケットの写真が動くインタラクティブな展示も登場したという。また、このアートワーク展の開催を記念して、2016年(平成28年)12月8日にビジュアルブック「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016 STEVE NAKAMURA」がアイデア・特別編集/誠文堂新光社より刊行された。この本にはきゃりーのアートワークにまつわる約300点のビジュアルやきゃりーの作品のアートディレクションを手がけていたSTEVE NAKAMURAによるアートワーク解説テキスト、きゃりーとSTEVE NAKAMURAによる対談などを収録[82]。STEVE NAKAMURAのアートディレクションは、2016年(平成28年)までで終了となった。

この間、原宿系ファッションの人気に陰りが出始めた。同時に、音楽チャートでも上位に上がらなくなってくる。2015年(平成27年)を過ぎた辺りから、原宿系に関する情報を伝えてきた雑誌の休刊が相次ぐようになった。2017年(平成29年)にはきゃりーが何度も表紙を飾った「KERA」と「Zipper」が休刊した。従って、2018年(平成30年)から方針の転換を余儀なくされることになる。

2018年 -:「きみのみかた」、ナチュラル系への転換

この時期には原宿でも青文字系のファッションを見掛けなくなった。デビュー当時18歳だったきゃりーは25歳を迎え[83]、年齢に合わせたナチュラル系メイクへの転換を試みたり、バラエティ番組に出演したり、ナレーターを担当したりする等、新たな試みを行っている。5chTwitter等では「迷走している」とも評された。

2018年(平成30年)9月26日に、自身の4thアルバムである『じゃぱみゅ』をリリースした。新作のフルアルバムは約4年振りとなる。本人が既に20代後半に入っているため、前作と比較してもヴィヴィッドな色合いは薄れたと共に、エレクトロニック・ダンス・ミュージックテクノポップに寄せたコアで保守的な作風となっている。

2018年(平成30年)9月30日16時からは、発売記念企画として、イオンレイクタウン1F木の広場にて、レイクタウン10周年Anniversary きゃりーぱみゅぱみゅ 4thアルバム「じゃぱみゅ」発売記念スペシャルイベントを行った[84]。このイベントの内容は「きみのみかた」、「演歌ナトリウム」、「キズナミ」の3曲のミニライブとCD購入者対象の握手会の構成であった。1F木の広場は握手会参加券を入手した上で、優先観覧エリア入場整理券を入手しなければ入場できないため、吹き抜けから見下ろすために、2F、3Fにも多くの観覧客が訪れた。握手会への参加者は1,000人程居たようである。この日は、台風24号が日本を縦断するコースを進み、イオンレイクタウンは19時閉店を決定し、公共交通機関も20時以降の運転見合わせを決定するという、非常に危うい状況の中で行われた。

2021年令和3年)から日本コロムビアに移籍。「KRK LAB」というきゃりーぱみゅぱみゅのプライベートレーベルを発足させた。

アーティスト性、パブリックイメージ

KERA』や『Zipper』などのファッション雑誌を舞台に活動する「青文字系」モデルの最も代表的な人物[85]とされる。本人と、原宿Kawaii文化の中でも青文字系文化の起源となったアーティストである増田セバスチャンと、音楽プロデューサー中田ヤスタカとの共同制作により、本人自身は日本の原宿Kawaii文化の世界的アイコンとしての地位を確立した[86]。これまで影響を受けた音楽は、グウェン・ステファニークリスティーナ・アギレラケイティ・ペリーレディー・ガガ、ならびに「CAPSULE」「Perfume」、MEGなどの中田ヤスタカの作る楽曲[87]。また、Berryz工房のメンバーにあたる菅谷梨沙子のファンであることをかねてより公言している[88]。芸名“きゃりーぱみゅぱみゅ”は、もともと高校時代、よく被っていた金髪のウィッグを見た友人から冗談で外国人風に“きゃりー”と呼ばれていたのが起源で、その後ブログの開始に伴い、“きゃりー”では短くて物足らず[89]八木真澄の同名の一発ギャグにあたる“ぱみゅ”をかわいいと思い拝借[90]“ぱみゅぱみゅ”を、“きゃりー”のニックネームに続けた[91]。この“ぱみゅぱみゅ”の発音は日本語話者にとって発音しづらく[92]アナウンサー泣かせと言われている[93]

歌手デビュー

2011年(平成23年)、所属事務所アソビシステム社長の中川悠介が知己のあったワーナーミュージック・ジャパンの鈴木竜馬中田ヤスタカのプロデュースによる歌手デビューの話を持ち掛けたところ、二つ返事でOKをもらった[94][95]。レーベルは鈴木が代表を務めるワーナー傘下のunBORDEに決まり、プロジェクトがスタートした[94][95]。しかし、当時はまだ未知数の新人であり、ワーナーが販促に割ける予算は少なかったので、ロー・バジェットのプロジェクトだった[94][95]。それほど宣伝費もかけられない中で決まった戦略が「予算の大半をつぎ込んで圧倒的にクオリティの高いインパクトあるミュージック・ビデオを作り、YouTubeというインフラストラクチャーを使って世界に発信する」というものだった[94][95]。「原宿のファッションにオリジナリティを見いだす外国人は多い。日本で作った日本語の文化を海外に持っていくとどうなるか興味があった」と語るなど、当初から世界展開を念頭に置いていた中川は、デビュー・アルバムの世界23カ国でのデジタル配信に先駆けてアルバムから楽曲「PONPONPON」を切り出してYouTubeでMVを公開した[94]。狙いは当たり、国境の壁を越えるSNSの趨勢と相まって海外のユーザー間で動画が拡散し、ケイティ・ペリーリンプ・ビズキットのメンバーなど世界のセレブが評価してツイート、邦楽史上記録的な視聴回数となった[94][95]

受容

2013年(平成25年)から日本国外各国を巡る世界ツアーを成功させ、楽曲が世界各国の「iTunes Store」で上位に入るなど、日本国外で最も成功した日本人アーティストのひとりとなっている[94]。国外のファンは「パミュアー」(Pamyu-er)もしくは「キャーミィ」(Kyarmy)などの通称で呼ばれ、著名人ではレディー・ガガケイティ・ペリーアリアナ・グランデ、ならびにグライムスなどが該当者として知られている[96]。ケイティ・ペリーは2012年(平成24年)のTwitterで「私は彼女がとても好き、彼女は私をハイにさせるの」というコメントとともに「PONPONPON」のMVを紹介するなどしている[97]。翌2013年(平成25年)にはテレビ番組『ミュージックステーション』で初共演が実現[98]。同年にはレディー・ガガとの共演も同番組にて実現することとなった[99]。アリアナ・グランデも2014年(平成26年)に日本のテレビ番組を通して初対面が実現、Twitterでもたびたび交流の様子を見せるなどしている[100]。2014年(平成26年)にはバービーのようにファッショナブルで女性の憧れや目標とされ、全世界から注目を集めている有名人に贈られる「Barbie AWARD 2014」を受賞している[101]

音楽性、表現

ライブやMVはファッション音楽の融合をテーマとしており、本人も様々な提案を行いながら、増田セバスチャンMAIKOを初めとした各分野のトップクリエイター達と共に作品制作を行っている。発表する楽曲に関しては、多数の音楽ジャンルの特徴が統合されており、一概に語ることが難しいが、J-POPの中でも、ネオ渋谷系テクノポップEDMの系統に分類されることが多い。1オクターブ上下で繰り返すベースラインの多用や非常に色彩豊かな音楽表現は、Hi-NRGユーロビートからの影響も大きい。

原宿Kawaii文化の創始者である増田セバスチャンから受け継いだファンタジックな表現と、本人が実生活で創り出したユーモアを融合させて表現を行っている。極端にポップでファンシーな表現を行う都合上、一般層からは本来の堅実な人間性からは大きく乖離した奇抜なイメージを持たれている。

ソーシャルメディア

「きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ」と題したブログや、TwitterおよびGREEなどのソーシャルメディアのほか、動画配信ウェブサイト「ニコニコ動画」上で『きゃりーのウェイウェイNICOちゃんねる』と題したレギュラー番組を配信[102][注釈 4]。ブログはモデル活動開始後の高校時代から運営してきたアメーバブログのもので、初期からファッションブロガーとして台頭[103]。「ニコニコ動画」に関しては、そもそも『きゃりーのウェイウェイNICOちゃんねる』開設以前の時期、『KERA』で読者モデル活動を行っていた高校在学中の時期から、いち利用者として動画配信に着手した経験を持っていたという[104]。「Gero」を筆頭とした人気参加者らが楽曲「PONPONPON」の関連動画を続々投稿するという「PONPONPON祭り」と呼ばれるブームが発生したこともあった[105]

2010年(平成22年)3月24日にアメーバブログで公式ブログ『きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ』を開設、同年内に1日あたりのアクセス数が200万を達成[106]ボキャブラリーや言葉の選び方、写真の見せ方の面白さなどで、モデル時代から高い発信力を有するアルファブロガーとして台頭するに至る[107]。著名人では木村カエラ佐田真由美宮城舞などが読者であることを公言している[108]。木村のブログに取り上げられた際は特に話題となった[109]。ブログで彼女が使う「キレそう」[注釈 5]などは「きゃりー語」と呼ばれる[110]。彼女がブログで紹介したコスメや服は売上がいっきに増える[注釈 6]。2012年(平成24年)1月14日にはアメーバブログの総合ランキングにおいて1位を獲得した[111]

Twitterの配信も行っている。2012年(平成24年)1月にはTwitterの公式ナビにあたる「ツイナビ」が著名人を対象に実施した調査「年末年始人気ツイッターランキング」にて眞鍋かをりベッキー篠田麻里子を凌いで1位へ[112]。2013年(平成25年)7月時点でフォロワー総数160万超[113]。2014年(平成26年)2月には200万人を突破[114]ローラや篠田麻里子を凌ぐ数で、日本国内でフォロワー総数がこの数に達したのはお笑い芸人の有吉弘行と実業家の孫正義に続く3例目のことであった[115]。2015年(平成27年)3月には300万人を突破、孫正義(約236万人)を凌ぎ、有吉弘行(約412万人)に次ぐ日本国内2位のフォロワー数となった[116]

広告塔

SEIBU KPP TRAIN

2012年(平成24年)8月、東京・渋谷区公認「原宿カワイイ大使」へ就任[117]。「原宿発のファッションや文化を世界各国に発信する」活動を9月からさっそく始動させている[118]。渋谷区関係ではちょうど同じ時期、クリエイティブ・ディレクター箭内道彦よしもとクリエイティブ・エージェンシー永谷亜矢子とともに、同区の区制施行80周年を記念した広報キャラクターの選定審査員を務めるなどの活動もあった[119]。同時期にはファーストリテイリングのカジュアルブランド「g.u.」からのイメージキャラクター起用もあった[120]。“ファッション界のモンスター”としての存在感とその影響力とが着目されての起用で、元AKB48前田敦子との入れ代わりによる就任となった[121]

2013年(平成25年)には江崎グリコアイスの実」のリニューアルに伴う新たなイメージキャラクターに起用され、7月頃から同製品のTV-CMに出演[122]。「み」と題したこのテレビコマーシャルは、同社の「企業ブランド想起度」[注釈 7]に飛躍的な上昇をもたらす結果を生んだものと推測された[123]メガネトップが「ファッションメガネアパレル」として展開するブランド「ALOOK(アルク)」の新たな広告キャラクターに就任、同年末より放映開始のこのブランドのTV-CMに出演[124]KDDIからの起用もあり、2013年(平成25年)に出演した同社のTV-CMャルはCM総合研究所の10月度「CM好感度調査」で1位、同社の首位は2006年(平成18年)10月度以来7年ぶりのことであった[125]。同調査の年度全体ランキングでは前年度の4位から2位に躍進、「きゃりーぱみゅぱみゅ効果」と見られた[126]

かねてより賃貸・不動産情報サービス「CHINTAI」のイメージキャラクターを担い、同社のTV-CMや雑誌『CHINTAI』の表紙に登場するなどしてきた[127]。同社のイメージキャラクターに起用されたのは2013年(平成25年)のことで、同年さっそく8月始動のTV-CMに出演、前年度からイメージキャラクターとなっていた「SMAP」の中居正広と共演することとなった[128]

2015年(平成27年)には、NHKの8Kスーパーハイビジョン試験放送に向けたコンテンツ制作のためのライブ「きゃりーぱみゅぱみゅスーパーハイビジョン・ライブ~スイートパウダールーム~」を行った[129]。これ以降、スピンオフ企画的にVRAR等の先端技術実験のためのコンテンツ制作に協力するようになる。

2016年(平成28年)、「&TOKYO」のブランドアンバサダーに就任[130]ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン2016」において、アトラクションのひとつである、専用のVRゴーグルを装着して本人の世界観をイメージした映像を見ながらコースターに乗って体感する「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」のVR映像にモーションキャプチャで出演した。また、搭乗中のBGMである「コスメティックコースター」の歌唱を担当した。西武鉄道とのコラボレーションにより、6月4日から7月29日まで西武池袋線、7月30日から9月29日まで西武新宿線で本人のミュージック・ビデオの世界観がラッピングされた車両「SEIBU KPP TRAIN」が運行された[1][2]。2012年(平成24年)4月より第一興商の通信カラオケ「DAMチャンネル」のMCに就任[131]中川翔子の後任にあたる10代目MCとしての起用であった[132]

私生活

趣味、嗜好

原作コミックを全巻所持するほどの熱烈な『クレヨンしんちゃん』ファンであることを公言、その縁から、作品内への登場や関連CDのジャケットへの登場などの共同企画が2013年(平成25年)に実現している[133]

男女交際

2012年(平成24年)に6歳年上の俳優・小谷昌太郎との「半同棲」が報じられた[134]。2013年(平成25年)に、「SEKAI NO OWARI」のボーカル・深瀬慧との交際が報じられている[135]。これについては翌年8月頃に相手の深瀬慧がTwitter上で認める旨の発言を示したことから公然の交際関係と受け止められるようになった[136]。その「交際宣言」の時点で既に2年の交際期間を経ていたことを相手側が公表、同年末には「第56回日本レコード大賞」を揃って受けることともなった[137]

結婚

2023年(令和5年)3月21日、自身のSNS投稿で俳優葉山奨之と結婚したことを公表した[138]。将来30歳位までには結婚したいとの希望を語っていたが、その希望通りとなった[139]

本名

2023年(令和5年)10月29日放送の『まつもtoなかい』の番組内で、本名の下の名前が「桐子」であることを公表した。「きゃりー」の芸名は「きりこ→きゃりこ→きゃりー」で名付けたと話している。母親が自分を出産した病院の窓から桐の木が見えたことで、「桐の木のように悪い虫がつかない、元気な子に育ってほしい」という意味で名付けたという。本名を明かすことになったのは、仲の良いPerfumeあ~ちゃんInstagramで何度も自分のことを本名で言うので「もういいかな」と思ったからと話している[140]

発言

2020年(令和2年)5月10日、Twitterで検察庁法改正案に抗議する旨のツイートをし、コメント欄で賛否両論や激論が飛び交う騒ぎとなった。中でも政治評論家の加藤清隆はきゃりーに対し、「歌手やってて、知らないかも知れないけど」、「デタラメな噂に騙されないようにね。歌、頑張って下さい」など痛烈なツイートを浴びせ、きゃりーが反論。加藤のツイートに対しても批判が殺到するなど、収拾が付かない事態に発展していた[141][142]。翌日になってきゃりーは当該ツイートを削除し「ファンの人同士で私の意見が割れて、コメント欄で激論が繰り広げられていて悲しくなり消去させて頂きました」と削除した理由を説明した[143]。これに対して「ファンのせいにしてる」「政治的な発言をするときは、勉強してからにしましょう」といった批判や、「消す必要なんかない」「きゃりーは悪くない」といった応援の返信が集まっている[144]

ディスコグラフィ

きゃりーぱみゅぱみゅのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 4
ベスト・アルバム 1
EP 1
シングル 15
映像作品 6

フル・アルバム

発売日 タイトル オリコン
最高位
RIAJ認定
1st 2012年5月23日 ぱみゅぱみゅレボリューション 2 ゴールド
2nd 2013年6月26日 なんだこれくしょん 1 プラチナ
3rd 2014年7月9日 ピカピカふぁんたじん 1 ゴールド
4th 2018年9月26日 じゃぱみゅ 12
5th 2021年10月27日 キャンディーレーサー 22

ミニ・アルバム

発売日 タイトル オリコン
最高位
1st 2011年8月17日 もしもし原宿 18

ベスト・アルバム

発売日 タイトル オリコン
最高位
1st 2016年5月25日 KPP BEST 2

ボックス・セット

発売日 タイトル オリコン
最高位
1st 2012年12月19日 ぱみゅぱみゅエボリューション(大人たちの味方 BOX) 114

CDシングル

発売日 タイトル オリコン
最高位
アルバム
1st 2012年1月11日 つけまつける 7 ぱみゅぱみゅレボリューション
2nd 2012年4月4日 CANDY CANDY 8
3rd 2012年10月17日 ファッションモンスター 5 なんだこれくしょん
4th 2013年1月30日 キミに100パーセント/ふりそでーしょん 3
5th 2013年3月20日 にんじゃりばんばん
6th 2013年5月15日 インベーダーインベーダー
7th 2013年11月6日 もったいないとらんど 8 ピカピカふぁんたじん
8th 2014年2月26日 ゆめのはじまりんりん 11
9th 2014年4月16日 ファミリーパーティー 2
限定 2014年6月11日 きらきらキラー -
10th 2015年3月18日 もんだいガール 6 KPP BEST
11th 2015年9月2日 Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜 12
12th 2016年4月20日 最&高 16
13th
(スプリット)
2017年1月18日 Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい[注釈 8] 15 じゃぱみゅ
14th 2017年4月5日 良すた
15th 2019年5月10日 きみがいいねくれたら
(限定盤CDシングルあり/KMGI-0001)
キャンディーレーサー

配信シングル

配信日 タイトル
1 2010年3月30日 ミラクルオレンジ
2 2010年9月25日 ラブベリー
3 2011年7月20日 PONPONPON
4 2018年4月11日 きみのみかた
5 2020年4月24日 かまいたち
6 2020年6月26日 にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix
7 2021年1月29日 ガムガムガール
8 2021年8月17日 原点回避
9 2022年1月8日 メイビーベイビー
10 2022年10月8日 一心同体

参加作品

発売日 アーティスト名 タイトル 楽曲名 補足
2016年3月9日 unBORDE all stars Feel + unBORDE GREATEST HITS Feel
にんじゃりばんばん
[145]

出演

雑誌

テレビ番組

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順
2012年(平成24年)/ 第63回 紅白2012きゃりーぱみゅぱみゅメドレー
ファッションモンスターつけまつける
32/50
2013年(平成25年)/ 第64回 2 紅白2013きゃりーぱみゅぱみゅメドレー
にんじゃりばんばんもったいないとらんど
34/49
2014年(平成26年)/ 第65回 3 きらきらキラー 35/48

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM

テレビドラマ

テレビアニメ

映画

ラジオ

ウェブテレビ

  • きみがいいねくれたらきゃりーが当たる!きゃりーのいいねドリームくじ!(2019年5月16日、AbemaTV[159]

作品

著書

映像作品

  • きゃりーぱみゅぱみゅ テレビJOHN! DVD, ワーナーミュージック・ジャパン, (2012-06-06), WPBL-90186  - 東海地区の放送局メ〜テレのみで放送されている冠番組「きゃりーぱみゅぱみゅテレビJOHN!」の2011年10月18日放送の#1『JOHNはどこ行ったの?』と2012年4月10日放送の#2『まんじゅうこわい』を再編集。
  • きゃりーぱみゅぱみゅ テレビJOHN! DVD, Vol.2, ワーナーミュージック・ジャパン, (2012-12-19), WPBL-90202  - 東海地区の放送局メ〜テレのみで放送されている冠番組「きゃりーぱみゅぱみゅテレビJOHN!」の2012年6月26日放送の#3『トイプーはファンタジスタ』と2012年10月2日放送の#4『真実の瞬間』を収録。
  • ドキドキワクワク ぱみゅぱみゅレボリューションランド2012 in キラキラ武道館, ワーナーミュージック・ジャパン, (2013-02-13), WPBL-90213 WPXL-90017 WPBL-90211/2  - 2012年11月6日に行った初の日本武道館公演を収録。
  • 100%KPP WORLD TOUR 2013 OFFICIAL DOCUMENTARY, ワーナーミュージック・ジャパン, (2014-02-12), WPBL-90236 WPXL-90024  - 2013年2月から行った初のワールドツアー「100%KPP WORLD TOUR 2013」の軌跡を辿ったドキュメンタリー映像を収録。
  • きゃりーぱみゅぱみゅのマジカルワンダーキャッスル, ワーナーミュージック・ジャパン, (2014-06-11), WPBL-90297 WPXL-90072  - 2014年1月18日、19日の2日間で2万4千人を動員した初の横浜アリーナ公演を収録。
  • KPP MV01, ワーナーミュージック・ジャパン, (2015-09-30), WPBL-90308 WPBL-90309 WPXL-90038 WPXL-90084  - 2011年に発売された「PONPONPON」から当時点での最新シングル「Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲」までのミュージック・ビデオを網羅した自身初となるミュージック・ビデオ集。また特典映像には未公開シーンや別テイクでの映像等も収録されている。初回生産限定盤のみ豪華フォトブックレット付属。

賞歴

対象 カテゴリ 出典
2011 本人 BEST STYLING AWARD アーティスト部門 [160]
2012 PONPONPON SPACE SHOWER Music Video Awards 特別賞 [161]
もしもし原宿 ミュージック・ジャケット大賞 大賞 [162]
本人 第45回日本有線大賞 特別賞 [163]
VOGUE JAPAN Women of the Year 2012 - [164]
ベストドレッサー賞 インターナショナル部門 [165]
第54回日本レコード大賞 特別賞 [166]
2013 ぱみゅぱみゅレボリューション CDショップ大賞 準大賞 [167]
つけまつける SPACE SHOWER Music Video Awards BEST VIDEO OF THE YEAR [168]
にんじゃりばんばん レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞3月度 ダウンロード(シングル)部門  [169]
「にんじゃりばんばん」 レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞3月度 着うた部門 [170]
ファッションモンスター MTV VMAJ 2013 最優秀ポップビデオ賞 [171]
「ファッションモンスター」 MTV VMAJ 2013 最優秀カラオケソング賞 [172]
2014 本人 バービーアワード - [173]
なんだこれくしょん MTV VMAJ 2014 最優秀アルバム賞 [174]
もったいないとらんど MTV VMAJ 2014 最優秀カラオケソング賞 [175]
ファミリーパーティー 第56回日本レコード大賞 優秀作品賞 [176]
2016 本人 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS BEST COSTUME ARTIST
(もっとも優れた衣装のアーティストに授与される賞)
[177]

関連項目

脚注

注釈

  1. ^ 高校時代に友人から付けられたあだ名。
  2. ^ 現・西東京市
  3. ^ 鹿児島県では、桜島にも過去に複数回足を運んでおり[19]、大人になり鹿児島を訪れた際にもかごしま黒豚とんかつ白くま[18]、しんこ団子[17]などを好んで食している。
  4. ^ 2011年(平成23年)時点で毎回2万人超の視聴者数。
  5. ^ 「超可愛くて、キレそう」など褒め言葉として使用。
  6. ^ カラコンやムースパック、ローション、つけまつげ、チークなどを紹介している。
  7. ^ 製品からの企業名想起の度合い。
  8. ^ 中田ヤスタカ / きゃりーぱみゅぱみゅ名義。
  9. ^ 畳語

出典

  1. ^ a b c d <きゃりーぱみゅぱみゅ5周年×西武鉄道>プロジェクト 6月4日(土)よりきゃりーぱみゅぱみゅの名曲たちをつめこんだ『SEIBU KPP TRAIN』運行開始!” (PDF). 西武鉄道 (2016年6月6日). 2016年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d <きゃりーぱみゅぱみゅ5周年×西武鉄道>プロジェクト 7月30日(土)より『SEIBU KPP TRAIN』新宿線にて運行開始!” (PDF). 西武鉄道 (2016年7月28日). 2016年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月23日閲覧。
  3. ^ Phares, Heather. Kyary Pamyu Pamyu | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月20日閲覧。
  4. ^ Craddock, Ryan「Video: Watch Ninjala's Special Gameplay Livestream Featuring J-Pop Star Kyary Pamyu Pamyu」『Nintendo Life』Nlife Media、2020年6月19日。2020年12月20日閲覧。
  5. ^ Russell, Erica「Kyary Pamyu Pamyu’s Guide to Spooky Japanese Yokai」『PAPER』ENTtech Media Group、2018年5月30日。2020年12月20日閲覧。
  6. ^ Pop Music Album Review: Kyary Pamyu Pamyu’s “Nandacollection” — Blissful Bubblegum”. The Arts Fuse. Global Narratives (2013年7月4日). 2020年12月20日閲覧。
  7. ^ Thomas, Samuel「Kyary Pamyu Pamyu on a mission to spread Japan's kawaii culture」『The Japan Times』The Japan Times, Ltd.、2013年4月30日。
  8. ^ FASHION HEADLINE 編集部「1月29日はきゃりーぱみゅぱみゅの誕生日です」『FASHION HEADLINE』、2014年1月29日。2016年9月9日閲覧。
  9. ^ きゃりぱみゅ事務所ショップ「アソビステーション」がキュートキューブにオープンFASHION HEADLINE、2013年9月6日。
  10. ^ 「2013年JASRAC賞が決定!」『JASRACだより』2013年11月号、一般社団法人 日本音楽著作権協会
  11. ^ きゃりーぱみゅぱみゅのプロフィール”. ORICON STYLE. oricon ME inc. 2016年9月9日閲覧。
  12. ^ きゃりー、「本当に夢がない人生」から栄光を掴んだ秘訣 モデルプレスインタビューモデルプレス、2014年4月16日。
  13. ^ NBT (2022年1月21日). “Kyary Pamyu Pamyu joins Coachella festival lineup alongside Billie Eilish” (英語). JROCK NEWS. 2022年2月28日閲覧。
  14. ^ 和製ガガ! きゃりーぱみゅぱみゅ」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2011年8月16日。2016年2月7日閲覧。
  15. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ:おそろい衣装で「徹子の部屋」初出演 PVでタマネギ頭を参考に」『毎日jp』毎日新聞、2013年10月22日。オリジナルの2013年10月22日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 鹿児島の食やスポーツも楽しめる野外音楽イベント 日置で開催」『NHK』、2023年10月21日。2023年10月28日閲覧。
  17. ^ a b C&K、キョンキョン、きゃりーぱみゅぱみゅ…豪華出演! 4年ぶり野外「ヘス」始まる 日置」『南日本新聞』、2023年10月21日。2023年10月28日閲覧。
  18. ^ a b ライブレポート THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019”. THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL. 2023年11月19日閲覧。
  19. ^ きゃりーが老若男女を楽しませ、サンボマスターが今年のヘスに伝説を残した『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019』DAY2【薩摩ステージ】レポート”. SPICE. イープラス (2019年10月11日). 2023年11月19日閲覧。
  20. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、昔は「人前に出れない、引っ込み思案でした」”. ライブドアニュース. 2023年10月2日閲覧。
  21. ^ 【エンタがビタミン♪】「地味でオシャレに興味無し」「携帯電話も自由に使えなかった」。きゃりーぱみゅぱみゅの意外な学生時代。”. Techinsight(テックインサイト) (2012年4月22日). 2023年10月2日閲覧。
  22. ^ Kyary Pamyu Pamyu – La Cigale” (フランス語). 2023年10月2日閲覧。
  23. ^ きゃりー、“つけま”ブレイクから紅白初出場まで…怒涛の2012年を振り返る”. モデルプレス (2012年12月25日). 2023年10月2日閲覧。
  24. ^ 特技は「変顔」 最も「原宿のアイコン」に近い青文字系モデルは?”. 日経トレンディネット. p. 2 (2015年2月7日). 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月2日閲覧。
  25. ^ 読者モデルの人気ベスト3…きゃりーぱみゅぱみゅが、益若つばさを抜いて1位に”. ライブドアニュース. 2023年10月2日閲覧。
  26. ^ きゃりー、3年連続の快挙達成”. モデルプレス (2014年4月24日). 2015年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  27. ^ 【エンタがビタミン♪】きゃりーぱみゅぱみゅが中田ヤスタカとツーショット。「シンガポールライブに来てくれたよ!」”. Techinsight(テックインサイト)  (2014年6月22日). 2023-10-02 閲覧。
  28. ^ きゃりー、人生を変えたデビュー秘話明かす”. モデルプレス (2014年2月25日). 2023年10月2日閲覧。
  29. ^ 原宿のカリスマ「きゃりーぱみゅぱみゅ」 ワーナーからCDデビュー”. FASHIONSNAP (ファッションスナップ) (2011年5月16日). 2023年10月2日閲覧。
  30. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ完全監修ジブリCD 発売記念で握手会”. FASHIONSNAP (ファッションスナップ) (2011年6月9日). 2023年10月2日閲覧。
  31. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ 2014年第一弾シングルはCHINTAI CMソングとして話題沸騰中の「ゆめのはじまりんりん」MUSIC LOUNGE、2014年2月24日。
  32. ^ 8/17リリースのデビューミニアルバムのタイトルが決定!ジャケ写も公開!iTunes世界23ヶ国で「PONPONPON」先行配信も7/20からスタート!”. ワーナーミュージック・ジャパン (2011年7月1日). 2011年7月21日閲覧。
  33. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、フィンランドとベルギーで日本人最高の1位獲得”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  34. ^ カミスン!にカエラ、シド、きゃりぱみゅ、ソナポケ、Rake”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  35. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、『カミスン!』出演で大失敗? 「口パク」「奇抜キャラなのにトークが普通すぎ」など酷評の嵐”. 毒女ニュース (2011年10月12日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  36. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、初の海外ライヴは大盛況MTV JAPAN、2011年12月13日。
  37. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ沖縄上陸 ファン1000人熱狂”. 映画.com. 2023年10月2日閲覧。
  38. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」PVをYouTubeで公開”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  39. ^ 三沢千晶「きゃりーぱみゅぱみゅ『1通のメールからできた奇跡の歌とは?!」『オリコンスタイル』、2012年1月11日。オリジナルの2018年5月17日時点におけるアーカイブ。
  40. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、19歳の誕生日イベントでサプライズMTV JAPAN、2012年1月31日。
  41. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ2ndシングル&ツアー発表、FCも設立」『ナタリー』、2012年2月26日。2012年3月2日閲覧。
  42. ^ 【沖縄国際映画祭】きゃりぱみゅライブ、中高生が大熱狂”. ORICON NEWS (2016年10月5日). 2023年10月2日閲覧。
  43. ^ きゃりーぱみゅぱみゅが沖縄国際映画祭に登場 汗をかきながら全3曲約15分の白熱ステージ |ウォーカープラス”. ウォーカープラス(Walkerplus). 2023年10月2日閲覧。
  44. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「ぱみゅぱみゅレボリューション」特別企画”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  45. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ(キャリーパミュパミュ) - きゃりーぱみゅぱみゅ ワンマンライブツアー ぱみゅぱみゅレボリューションツアー - レポート”. web.archive.org (2015年3月20日). 2015年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月2日閲覧。
  46. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ『ぱみゅぱみゅレボリューション』、世界各国で1位”. BARKS (2012年5月23日). 2023年10月2日閲覧。
  47. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ『ぱみゅぱみゅレボリューション』が子供たちの味方プライスに”. BARKS (2012年8月24日). 2023年10月2日閲覧。
  48. ^ きゃりー来仏で“Kawaii”盛況、ジャパンエキスポ会場も猛プッシュ。”. narinari.com. 2023年10月2日閲覧。
  49. ^ きゃりーぱみゅぱみゅが「JAPAN EXPO」に出演、ヨーロッパに初進出”. Musicman (2012年7月9日). 2015年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月18日閲覧。
  50. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ初フランスライブで“KYARY”コール”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  51. ^ きゃりーが日本人トップ!2012年動画再生ランキング―ももクロがAKB抜いた”. J-CAST テレビウォッチ (2012年12月25日). 2023年10月2日閲覧。
  52. ^ 最も閲覧された歌詞は「つけまつける」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年10月2日). 2023年10月2日閲覧。
  53. ^ 「ミュージック・ジャケット大賞」きゃりーぱみゅぱみゅ『もしもし原宿』が大賞に決定Musicman-NET、2012年10月16日。
  54. ^ <レコ大>体調不良のきゃりー、ガラガラ声で「大丈夫です」”. モデルプレス (2012年12月30日). 2023年10月2日閲覧。
  55. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ リアルファッションモンスター姿で紅白初出演”. FASHIONSNAP (ファッションスナップ) (2012年12月31日). 2023年10月2日閲覧。
  56. ^ きゃりー、幸子超え 巨大衣装早変わり/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年10月2日). 2023年10月2日閲覧。
  57. ^ 今年一番ブレイクしたのはきゃりーぱみゅぱみゅ「2012年の流行」ランキング発表”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2012年12月8日). 2023年10月2日閲覧。
  58. ^ 盛大きゃりーコール!きゃりーぱみゅぱみゅ世界ツアー開幕”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  59. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」特集 ワールドツアー「100%KPP WORLD TOUR 2013」レポート (2/7)”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  60. ^ 劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ 全国7都市で同時生中継”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2013年8月8日). 2023年10月2日閲覧。
  61. ^ 世界ツアー密着「劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ」8月上映へ”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  62. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ初の写真集 ワールドツアーの全貌を収録”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2013年8月3日). 2023年10月2日閲覧。
  63. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ初海外ツアーのドキュメントDVD発売”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  64. ^ きゃりー、シアトルで世界ツアー開幕 海外発披露の新曲大合唱”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  65. ^ きゃりーが射殺される? 死後の世界をポップに表現”. モデルプレス (2014年6月5日). 2023年10月2日閲覧。
  66. ^ きゃりー、アルバムオリコン1位獲得&「なんだコレクション2013」大盛り上がり”. Musicman-NET (2014年8月19日). 2014年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  67. ^ 「にんじゃりばんばん」MV解禁で、きゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオ合計再生数が1億回突破!”. FASHION HEADLINE (2013年3月16日). 2013年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  68. ^ YouTube年間再生数はきゃりー圧勝 剛力、メンバー不在「恋チュン」も健闘”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  69. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、「VMAJ2013」で「ファッションモンスター」が2冠達成”. マイナビニュース (2013年6月23日). 2023年10月2日閲覧。
  70. ^ きゃりー、初受賞で2冠達成 「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2013」”. モデルプレス (2013年6月22日). 2023年10月2日閲覧。
  71. ^ 「MTV VMAJ 2014」きゃりーが2年連続で2冠達成、EXILEが通算5回目の「最優秀ビデオ賞」獲得”. Musicman-NET (2014年7月27日). 2014年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  72. ^ きゃりー、MTV授賞式「VMAJ」で2年連続最多受賞”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  73. ^ きゃりーの夏スタイルにファン釘付け 胸元輝くワンピ披露”. モデルプレス (2014年6月11日). 2023年10月2日閲覧。
  74. ^ 新曲「ゆめのはじまりんりん」初登場9位……“真っ向勝負”きゃりーぱみゅぱみゅがオリコン上位に入れないワケ”. サイゾーウーマン (2014年3月1日). 2023年10月2日閲覧。
  75. ^ ファミリーパーティー(初回限定盤A) | きゃりーぱみゅぱみゅ”. ORICON NEWS. 2023年10月2日閲覧。
  76. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、『ピカピカふぁんたじん』世界同時リリースへMTV JAPAN、2014年7月1日。
  77. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、『ピカピカふぁんたじん』が世界で絶好調”. BARKS (2014年7月13日). 2023年10月2日閲覧。
  78. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、2作連続オリコンアルバム首位獲得”. Musicman-NET (2015年2月7日). 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  79. ^ きゃりー&Fukase喜び共有! 三代目JSB、AKBらレコ大へ気合い :”. 映画.com. 2023年10月2日閲覧。
  80. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」、3月にリリース”. BARKS (2015年1月7日). 2023年10月2日閲覧。
  81. ^ きゃりー、自身初のドラマ主題歌 コメント到着”. モデルプレス (2014年12月12日). 2023年10月2日閲覧。
  82. ^ きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展が遂にスタート! 内覧会にきゃりーとアートディレクターが登場」『Billboard JAPAN』、2016年12月16日。2023年11月19日閲覧。
  83. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、世間の「第三者が一方的に盛り上がってる感じ」に物申す」『HuffPost Japan』、2018年4月10日。2018年5月25日閲覧。
  84. ^ レイクタウン10周年Anniversaryきゃりーぱみゅぱみゅ 4thアルバム「じゃぱみゅ」発売記念スペシャルイベント”. イオンレイクタウンmori. 2018年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  85. ^ きゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」をメタルアレンジで弾き倒す”. コタク・ジャパン (2016年3月5日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  86. ^ サンフランシスコでの「きゃりーぱみゅぱみゅ」コンサートの開催在サンフランシスコ日本国総領事館、2014年。
  87. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ『中田ヤスタカ プロデュースでデビュー!注目のHARAJUKU GIRLに迫る!!!!」『』、2011年8月17日。オリジナルの2018年12月11日時点におけるアーカイブ。
  88. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、Berryz工房メンバーを家に招待 「付き合いてぇ」”. モデルプレス (2012年1月30日). 2023年10月2日閲覧。
  89. ^ Cray Pop: The Kawaii Genius of Kyary Pamyu Pamyu” (2012年7月16日). 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月16日閲覧。
  90. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ 高校時代門限19時、小遣い月5000円」『女性セブン』2011年9月29日・10月6日号、小学館、2011年、2012年11月9日閲覧 
  91. ^ 20歳きゃりーの野望」『サンケイスポーツ』、2013年1月12日。2013年1月13日閲覧。オリジナルの2013年1月15日時点におけるアーカイブ。
  92. ^ 「ぱみゅぱみゅ」なぜ言いにくい?”. トクする日本語. NHK (2012年11月22日). 2013年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月27日閲覧。
  93. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、剛力彩芽に謝る 「難しい名前で言いにくくてすみません」”. Daily News. Billboard JAPAN (2013年5月20日). 2013年9月8日閲覧。
  94. ^ a b c d e f g 世界のきゃりーぱみゅぱみゅ 海図を描いた男たち”. 日本経済新聞 (2014年9月16日). 2019年8月3日閲覧。
  95. ^ a b c d e 第110回 鈴木 竜馬 氏 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン 第1制作本部本部長”. Musicman-NET (2013年1月26日). 2021年8月28日閲覧。
  96. ^ Kyary Pamyu Pamyu: Your Guide To The Princess Of J-Pop” (英語). MTV. 2023年10月2日閲覧。
  97. ^ ケイティ・ペリー、きゃりーぱみゅぱみゅのファンを公言」『モデルプレス』、2012年1月22日。2012年11月9日閲覧。
  98. ^ きゃりぱみゅ、ケイティ・ペリーとの初共演に感激&大興奮「一生忘れない!」オリコン、2013年11月1日。
  99. ^ きゃりー&レディー・ガガ、お揃い衣装?ファンから反響続々”. モデルプレス (2013年12月2日). 2023年10月2日閲覧。
  100. ^ きゃりー感激 アリアナ・グランデが誕生日を祝福「とてもかわいい!だいすき」”. モデルプレス (2015年1月29日). 2023年10月2日閲覧。
  101. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、バービー55周年を記念した『Barbie AWARD 2014』を受賞”. okmusic (2014年5月5日). 2023年10月2日閲覧。
  102. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ 原宿が生んだカリスマ きゃりーぱみゅぱみゅ ワーナーミュージック・ジャパン unBORDEより2011年夏、歌手デビュー決定!!MUSIC LOUNGE、2011年5月13日。
  103. ^ True, Everett、@everetttrue「Kyary Pamyu Pamyu tinges J-pop's cuteness with a touch of horror show」『The Guardian』、2014年3月21日。ISSN 0261-30772023年10月2日閲覧。
  104. ^ 人気読者モデルは元「ニコ生主」!? きゃりーぱみゅぱみゅインタビュー”. ニコニコニュース. 2023年10月2日閲覧。
  105. ^ ニコ動で突然ブームになった「PONPONPON」って何だ?”. マイナビニュース (2011年12月14日). 2023年10月2日閲覧。
  106. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ 「当分彼氏はいらないです」宣言”. 日刊アメーバニュース. Ameba (2011年1月2日). 2018年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  107. ^ きゃりぱみゅ、人気のカギは“発信力” 「音楽×メディア」の新たな可能性提案”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  108. ^ (インタビュー)「木村カエラ、佐田真由美も注目する話題沸騰JK読モの魅力に迫る!モデルプレス独占インタビュー」『モデルプレス』、2011年2月18日https://mdpr.jp/gal/detail/11328242012年11月9日閲覧 
  109. ^ 木村カエラが注目する今話題の女子高生ブロガー、CDをリリース”. モデルプレス (2011年2月8日). 2013年3月8日閲覧。
  110. ^ 木村カエラが絶賛する読者モデル きゃりーぱみゅぱみゅの人気振り」『J-CAST』、2011年2月9日。2011年3月2日閲覧。
  111. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、快挙達成 「ついに天下とった」」『モデルプレス』、2012年1月16日。2012年2月15日閲覧。
  112. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、年末年始人気Twitterランキング1位に”. モデルプレス (2012年1月5日). 2023年10月2日閲覧。
  113. ^ Yang, Jeff「Kyary Pamyu Pamyu Takes Pop Beyond Cute」『Wall Street Journal』、2013年7月27日。ISSN 0099-96602023年10月2日閲覧。
  114. ^ きゃりー、Twitterフォロワー数国内2位に 喜びのコメント”. モデルプレス (2014年5月19日). 2023年10月2日閲覧。
  115. ^ きゃりーぱみゅぱみゅのTwitterフォロワー200万人突破 国内で3人目”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2014年2月10日). 2023年10月2日閲覧。
  116. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ ツイッターフォロワー300万人”. Ameba News(アメーバニュース). 2023年10月2日閲覧。
  117. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、原宿カワイイ大使に就任「全世界を麻痺させたい」”. モデルプレス (2012年8月30日). 2023年10月2日閲覧。
  118. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿カワイイ大使」に任命 世界へ発信”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2012年8月30日). 2023年10月2日閲覧。
  119. ^ 渋谷区のPRキャラクターは妖精「あいりっすん」に決定”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2013年4月1日). 2023年11月19日閲覧。
  120. ^ 前田敦子に続く「g.u.」イメージキャラ決定 きゃりー「私でいいのかな」”. モデルプレス (2012年8月30日). 2023年10月2日閲覧。
  121. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「g.u.」新イメージキャラクターに抜擢”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2012年9月5日). 2023年10月2日閲覧。
  122. ^ きゃりーをイメージした「アイスの実」ミキサーが300名に当たるサーチナ、2013年7月2日。
  123. ^ 今月の「企業ブランド想起率」上位20社 | 宣伝会議 2013年10月号”. 宣伝会議. 2023年10月2日閲覧。
  124. ^ 「ファッションメガネアパレル」へ、ALOOK(アルク)が全国20店舗を同時オープン”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2013年12月5日). 2023年10月2日閲覧。
  125. ^ KDDI、CM好感度7年ぶり月間1位 きゃりぱみゅ・剛力らが人気牽引”. ORICON NEWS (2019年9月26日). 2023年10月2日閲覧。
  126. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ効果で認知度アップ KDDI”. SankeiBiz(サンケイビズ) (2014年1月20日). 2014年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  127. ^ CHINTAIきゃりーぱみゅぱみゅさん出演!CHINTAI新CM、8月17日より放映開始! (PDF)マジカルポケット、2014年8月12日。
  128. ^ 中居正広&きゃりーがCM初共演 きゃりーが“チンタイガー”のポジション奪取!?”. Billboard JAPAN. 2023年10月2日閲覧。
  129. ^ きゃりー、NHKの8Kスーパーハイビジョン収録に初挑戦」musicman-net、2015年4月24日。
  130. ^ 別所哲也&きゃりー、東京ブランドを世界に発信 『&TOKYO』アンバサダーに就任”. ORICON STYLE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  131. ^ 「DAM CHANNEL」第10代MCは、きゃりーぱみゅぱみゅ”. BARKS (2012年3月1日). 2023年10月2日閲覧。
  132. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「DAM CHANNEL」10代目MC就任でカラオケを盛り上げる」OKMusic、2012年3月2日。
  133. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ×クレヨンしんちゃん コラボキャラ公開”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2013年1月11日). 2023年10月2日閲覧。
  134. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、交際質問に困惑「すみません…」”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  135. ^ きゃりー、熱愛報道へのメッセージ?意味深プリクラに様々な憶測”. モデルプレス (2013年6月17日). 2023年10月2日閲覧。
  136. ^ セカオワFukase&きゃりー交際 ウーマン村本が裏話暴露「知ってた」”. モデルプレス (2014年8月12日). 2023年10月2日閲覧。
  137. ^ きゃりー&セカオワFukase、レコ大会見で公開トーク「彼女を題材にした曲なので不思議」”. モデルプレス (2014年12月10日). 2023年10月2日閲覧。
  138. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、葉山奨之と結婚 2ショット写真で報告「お互いを支え合いながら」」『ORICON NEWS』oricon ME、2023年3月21日。2023年3月21日閲覧。
  139. ^ きゃりーぱみゅぱみゅにインタビュー「30歳くらいには結婚できてたらいいなぁ」”. numero.jp. 2023年3月20日閲覧。
  140. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、初公開の本名は桐子「きりこ、きゃりこ、きゃりーって」」『スポーツ報知』報知新聞社、2023年10月29日。2023年10月29日閲覧。
  141. ^ きゃりー“検察庁法改正案に抗議”、使用した画像が物議? 政治評論家にツッコまれ反論、削除も” (2020年5月11日). 2020年6月20日閲覧。
  142. ^ 影響力は凄かった…きゃりーぱみゅぱみゅ「ファン同士で喧嘩するのは嫌だなぁ…」「#検察庁法改正案に抗議します」ツイート削除の理由説明”. 中日スポーツ (2020年5月11日). 2020年6月22日閲覧。
  143. ^ きゃりー抗議ツイート削除 激論展開され「悲しく」」『日刊スポーツ』、2020年5月11日。2023年11月19日閲覧。
  144. ^ きゃりー“検察庁法改正案に抗議”、使用した画像が物議? 政治評論家にツッコまれ反論、削除も”. ライブドアニュース (2020年5月11日). 2020年6月22日閲覧。
  145. ^ unBORDE all stars「Feel」がコカ・コーラ新CMソングに」『音楽ナタリー』、2016年4月26日。2016年4月26日閲覧。
  146. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、新番組スタート。JAPANカルチャーを世界へ発信FASHION HEADLINE、2013年11月29日。
  147. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、地上波ゴールデン初MC 10月からフジ“水8”新番組”. ORICON (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  148. ^ 前田敦子の次はきゃりーぱみゅぱみゅ! 「g.u.」イメージキャラクターに抜擢」RBB TODAY、イード、2012年9月5日。
  149. ^ ジーユー新ロゴ発表! きゃりーぱみゅぱみゅ&ピース出演CMで「990円」強調マイナビニュース、2013年3月6日。
  150. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ au新機種発表会に新CM衣裳で登場Fashionsnap.com、2013年5月20日。
  151. ^ 「シュッとしてチャリン!」きゃりーと所ジョージが6%DOKIDOKIでCM撮影Fashionsnap.com、2014年8月8日。
  152. ^ きゃりーぱみゅぱみゅが「チンタイ」のCMに初出演。イメージキャラクターの中居正広と共演WWD JAPAN.COM、2013年8月17日。
  153. ^ シャープ、「AQUOS 4K」のプロモーションに「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんを起用”. ITmedia (2015年6月9日). 2023年11月19日閲覧。
  154. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、「コカ・コーラ」初のハロウィンCMとコラボ”. ORICON STYLE (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  155. ^ SEIBU KPP TRAIN 特設サイト”. ニコニコ生放送:西武鉄道 (2016年3月30日). 2016年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  156. ^ 「SEIBU KPP TRAIN 出発式」篇”. 西武鉄道公式YouTube「SEIBU KPP TRAIN」 (2016年3月29日). 2016年4月4日閲覧。
  157. ^ 「映画クレしん」にきゃりーぱみゅぱみゅ出演「しんちゃんは救いのヒーローです」”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年2月21日). 2020年2月21日閲覧。
  158. ^ 「SOL!」レギュラー講師に[Alexandros、きゃりー、ゲス乙女]”. 音楽ナタリー (2015年10月2日). 2015年10月2日閲覧。
  159. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ特番生放送がスタート! オープニングは『ポプ戦』めるる・れいぽよらと華やかなダンス”. AbemaTIMES (2019年5月16日). 2019年5月17日閲覧。
  160. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、個性的ヘアで「BEST STYLING AWARD」受賞”. モデルプレス (2011年11月15日). 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  161. ^ スペシャ「MVA」大賞はサカナクション、東京事変、ホルモン”. 音楽ナタリー. 2023年10月2日閲覧。
  162. ^ きゃりー、「ミュージックジャケット大賞2012」受賞”. モデルプレス (2012年10月13日). 2023年10月2日閲覧。
  163. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「日本有線大賞」特別賞受賞”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  164. ^ 前田敦子、剛力、きゃりーらが『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』受賞」『ORICON NEWS』、2012年11月26日。2013年2月11日閲覧。
  165. ^ 剛力、きゃりー、なでしこ監督「ベストドレッサー賞」受賞”. FASHIONSNAP(ファッションスナップ) (2012年11月28日). 2023年10月2日閲覧。
  166. ^ 「極秘っちゃ極秘」きゃりーぱみゅぱみゅが『日本レコード大賞』の衣装を語る”. テレビドガッチ (2013年3月1日). 2013年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  167. ^ きゃりー、セカオワら「CDショップ大賞」入賞 ももクロが大賞ライブ出演決定”. ORICON NEWS (2014年11月5日). 2023年10月2日閲覧。
  168. ^ きゃりー、ももクロら受賞者発表 「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS」”. モデルプレス (2013年3月13日). 2023年10月2日閲覧。
  169. ^ レコチョク3月DL1位はきゃりー「にんじゃりばんばん」”. Musicman-NET (2015年2月9日). 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  170. ^ レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞3月度を発表” (PDF). レコチョク (2013年4月3日). 2013年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月21日閲覧。
  171. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ:VMAJ 2013で「ファッションモンスター」が最優秀ポップビデオ賞”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2013年6月22日). 2023年10月2日閲覧。
  172. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ:VMAJ 2013で2冠 最優秀カラオケソング賞とポップビデオ賞獲得”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2013年6月22日). 2023年10月2日閲覧。
  173. ^ 【イベントレポート】きゃりーぱみゅぱみゅ、「バービーは私の師匠というか…カリスマです」”. BARKS (2014年5月4日). 2023年10月2日閲覧。
  174. ^ きゃりー、MTV授賞式「VMAJ」で2年連続最多受賞”. スペースシャワーTV (2015年2月9日). 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  175. ^ きゃりー、2年連続「MTV VMAJ」を受賞 感動したエピソードを明かす”. モデルプレス (2014年6月14日). 2023年10月2日閲覧。
  176. ^ きゃりー“限定”衣装で「レコ大」 セカオワFukaseとの共演にも注目”. モデルプレス (2014年12月29日). 2023年10月2日閲覧。
  177. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。

外部リンク