林益全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 益全
Lin Yi-Chuan
富邦ガーディアンズ #9
林益全.jpg
2016年1月3日
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国 (台湾)
出身地 高雄県湖内区
生年月日 (1985-11-11) 1985年11月11日(35歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2007年 ドラフト1位
初出場 2009年3月29日
年俸 月給72.5万台湾元(2021年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
WBC 2009年2013年2017年
プレミア12 2015年
林 益全
各種表記
繁体字 林 益全
拼音 Lín Yìquán
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄧˋㄑㄩㄢˊ
和名表記: りん えきぜん
発音転記: リン・イーチェン
英語名 Lin Yi-Chuan
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズ・タイペイの旗 チャイニーズ・タイペイ
アジア競技大会
2010

林 益全(リン・イーチェン、1985年11月11日 - )は、台湾中華民国)の高雄県出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。現在は、富邦ガーディアンズに所属している。

経歴[編集]

2007年12月27日に開催されたCPBLのドラフト会議で、興農ブルズから1巡目指名を受け入団した。

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。シーズンでは最多打点を記録し、最優秀新人賞とMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。

2010年オフの11月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2012年はCPBL史上最多となるシーズン46本の二塁打をマークした[1]。オフには第3回WBC予選のチャイニーズタイペイ代表に選出された[2]。オフの11月には第3回WBC予選前にキューバ代表との国際親善試合である「サンダーシリーズ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[3]

2013年1月14日に第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出された[4]

シーズンでは首位打者と最多安打、最多本塁打を記録し、2度目のMVPとベストナインを受賞。7月12日の兄弟エレファンツ戦では投手として登板する場面もあった[5]

2014年7月19日

2014年シーズンでは最多打点を記録し、CPBL史上初となる3度目のMVPに輝いたほか、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。

2015年はシーズン126打点のCPBL歴代記録を達成し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[6]

2016年シーズンでは4年連続のベストナイン(5度目)と3年連続のゴールデングラブ賞(4度目)を受賞した。

2017年1月23日に第4回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出され[7]、3大会連続3度目の選出を果たした。9月17日の統一ライオンズ戦でCPBL史上21人目となる通算1000試合出場を達成した。

2019年は5月21日の統一ライオンズ戦でCPBL史上5人目となる通算150本塁打を達成した。同月25日のLamigoモンキーズ戦ではCPBL史上7人目となる通算1500安打を放った[8]。6月6日の中信兄弟戦ではCPBL史上最速および最年少(1142試合、4860打席、4364打数、33歲207日)で通算300二塁打を達成した[9]。オフには2年145万台湾元で契約を更新した[10]

2020年は9月27日の統一ライオンズ戦でCPBL史上4人目かつCPBL史上最速となる通算1700安打を記録[11]。10月14日の中信兄弟戦でCPBL史上2番目の速さで、CPBL史上4人目となる通算1000打点を達成した[12]。最終的には入団から12年連続となる打率3割越えを記録した。

2021年9月4日の楽天モンキーズ戦で張泰山林智勝に次ぐCPBL史上3人目となる通算200本塁打を放った[13]

プレースタイル[編集]

  • バットコントロールに長け[14]、入団から12年連続で打率を3割を残している。
  • 入団当初はサードやセカンドを中心に出場したが、守備に難のため数年後にファーストへ転向した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 興農
義大
富邦
120 529 486 92 169 33 4 18 264 113 6 4 0 3 33 6 1 46 19 .348 .388 .543 .931
2010 107 438 406 61 134 22 2 8 184 55 4 4 0 2 24 5 1 52 14 .330 .367 .453 .820
2011 101 415 368 56 117 29 0 8 170 55 2 2 0 5 38 2 2 56 8 .318 .380 .462 .842
2012 113 489 450 72 167 46 3 13 258 92 2 1 0 1 32 6 0 46 17 .371 .412 .573 .985
2013 113 467 417 66 149 26 0 18 229 79 4 5 0 5 38 5 2 42 20 .357 .409 .549 .958
2014 119 520 465 81 161 32 1 14 237 88 1 0 2 8 40 4 1 33 13 .346 .393 .510 .903
2015 117 512 452 84 166 28 1 23 265 126 1 1 0 10 46 4 0 53 12 .367 .417 .586 1.003
2016 106 472 417 67 146 24 0 17 221 81 1 1 1 4 46 3 1 62 11 .350 .412 .530 .942
2017 105 444 385 62 136 23 1 17 212 71 4 1 1 8 42 7 1 50 15 .353 .411 .551 .962
2018 95 388 349 45 110 26 0 8 160 54 2 1 0 7 27 3 2 54 8 .315 .361 .458 .819
2019 117 484 431 71 140 26 0 27 247 108 1 1 0 8 37 7 1 58 19 .325 .373 .573 .946
2020 109 424 391 52 122 18 0 22 206 78 1 0 0 2 30 3 1 69 10 .312 .361 .527 .888
通算:12年 1322 5585 5017 809 1717 333 12 193 2653 1000 29 21 4 63 433 55 13 621 166 .342 .391 .529 .920
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の赤太字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 義大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
  • 2020年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 最優秀選手:3回 (2009年、2013年 - 2014年)
  • 新人王(2009年)
  • ベストナイン:6回 (2009年、2013年 - 2016年、2017年)
  • ゴールデングラブ賞:4回 (2009年、2014年 - 2016年)
  • 月間MVP:14回(野手部門:2009年5月、2009年7月、2009年9月、2010年3月、2010年6月、2012年5月、2012年6月、2013年4月、2013年5月、2014年4月、2014年7月、2015年6月、2015年8月、2019年9月・10月)

記録[編集]

節目の記録
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:11回(2009年 - 2019年)

背番号[編集]

  • 9 (2009年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二壘安打製造機─默默成就「偉大」的林益全 - 中職 - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ 2012 WBC資格賽中華隊28人名單最後確認 CPBL公式サイト (中国語) (2012年9月21日) 2015年3月28日閲覧
  3. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 (中国語) 2015年4月19日閲覧
  4. ^ 2013 WBC中華隊28人名單 CPBL公式サイト (中国語) (2013年1月14日) 2015年3月28日閲覧
  5. ^ 義大ライノズ選手スペシャルインタビュー
  6. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  7. ^ 快訊/經典賽中華隊28人名單 陽岱鋼入列 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年1月23日) 2017年1月24日閲覧
  8. ^ 從業餘強打到悍將神全-林益全完成生涯1500安 - 中職 - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年5月25日閲覧。
  9. ^ 二壘安打製造機─默默成就「偉大」的林益全 - 中職 - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年2月3日閲覧。
  10. ^ 聯合新聞網 (20200408T182414Z). “中職/林益全月薪72.5萬 林泓育75萬確定榜首 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年4月8日閲覧。
  11. ^ 聯合新聞網 (20200927T171704Z). “中職/史上最速 林益全1700安達陣史上第四人 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年9月27日閲覧。
  12. ^ 聯合新聞網 (20201014T190605Z). “中職/林益全生涯千打點達陣 史上第二快 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年10月14日閲覧。
  13. ^ 聯合新聞網 (20210904T174205Z). “中職/林益全200轟史上第三人 開轟後曾總還要求檢查球棒 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2021年9月4日閲覧。
  14. ^ 【WBC】海外組と国内組の見事な融合。台湾史上最強チームが日本を苦しめる
  15. ^ 【中職】生涯14次單月MVP 林益全史上第1 | 蘋果新聞網 | 蘋果日報” (中国語). 蘋果新聞網 (2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]