王柏融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王 柏融 (ワン・ボーロン)
北海道日本ハムファイターズ #未定
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾屏東県万丹郷
生年月日 (1993-09-09) 1993年9月9日(25歳)
身長
体重
182[1] cm
85[1] kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 ドラフト1巡目(全体4位)
初出場 CPBL / 2015年9月2日
年俸 9,000万円+出来高(2019年)
※2019年から3年契約、総額4億円+出来高[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
プレミア12 2015年
王 柏融
職業: プロ野球選手外野手
各種表記
繁体字 王 柏融
拼音 Wáng Bóróng
和名表記: おう はくゆう
発音転記: ワン・ボーロン
ラテン字 Wang Po-Jung
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017
WBSC U-21ワールドカップ
2014
アジア競技大会
2014
ユニバーシアード
2015 野球

王 柏融(ワン・ボーロン、1993年9月9日 - )は、台湾中華民国)・屏東県万丹郷出身のプロ野球選手外野手)。右投げ左打ち。2018年までCPBLLamigoモンキーズに所属し、2019年はNPB北海道日本ハムファイターズでプレーする。ニックネーム大王(ダーワン)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

台湾屏東県出身。王建民投手に憧れて野球を始め[3]、中学生の時に左打ちに転向[4]。穀保高級家事商業職業学校から、中国文化大学に進学[5]

小中学校、高校時代に台湾のプロ野球選手としては珍しく、チャイニーズタイペイ代表歴がほとんどない[5][6]。王はコンプレックスのせいで野球をやめようとさえ考えていたという[7]

高校時代のコーチ・周宗志によると、高校時代に投手として王の球速は145km/h以上も記録したがバッティングの方がよりうまいので野手に専念させた[8]。王は第二の王建民投手になる夢を断念したが、今でも外野手以外で一番やりたい守備位置は投手である[3]

中国文化大学在学中に守備の負担が軽くて打撃に専念しやすいという理由で、本人の意向によって三塁手から外野手にコンバート。コーチの指導により流し打ちから引っ張り専門の打者になった。一生懸命に筋力トレーニングに励んだ王の体格は著しく成長し、高校通算本塁打0本の選手から台湾を代表する屈指のスラッガーへ化けた[5][6][9]

2014年9月に開催された仁川アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表選出された。同大会には外野手として出場し、六番・右翼手で全試合先発した王は4割を超える打率をマークして同大会の準優勝を勝ち取った。当時の監督の呂明賜は王の打撃、守備共に高く評価した。第1回21U野球ワールドカップのチャイニーズタイペイ代表にも選出された。同大会には外野手として出場し、四番打者として活躍していた。同大会で、強豪勢を下し優勝を勝ち取った[10]シンシナティ・レッズのスカウトの注目を集め、当時コーチだったトミー・クルーズはマイナー入りを期待していたが契約には及ばなかった[11]

2015年6月29日に行われた中華職業棒球大聯盟のドラフト会議において1巡目(全体4位)でLamigoモンキーズが指名。500万台湾元(+100万台湾元インセンティブボーナス)で契約。会議の最初(全体1位)に名前が読み上げられた元メジャー・林哲瑄に次いで指名されることが有力視されながら、統一セブンイレブン・ライオンズは王などの注目選手[注 1]を指名せず、このことに統一ファンは大きくショックを受けた[15][16]。Lamigoの洪一中監督も同様で、ドラフト会議にて王を指名できたことに驚愕したという[17]

7月に開催された光州夏季ユニバーシアードの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会ではチームの勝利に貢献した王は、準決勝のチャイニーズタイペイ対韓国戦の勝利後、「私達の世代からは、今後も常に韓国に勝利していきたい」と力強く語った[18]。なお決勝戦は雨天により中止となり、大会はチャイニーズタイペイ、日本両チームの優勝で幕を閉じた。

Lamigo時代[編集]

2015年9月2日義大ライノズ戦でプロデビュー。同試合の8回裏にプロ初安打を記録し、義大・アンドリュー・シスコのノーヒットノーランを阻止して試合のMVPに選ばれた[19]。2日後の9月4日の統一戦でプロ初本塁打。その後も好調を維持し、シーズン打率は.324、本塁打9を記録。プレーオフ台湾シリーズでは打率.500、本塁打2、打点8の活躍でチームの台湾一に貢献し、シリーズ史上最多となる14安打を記録して優秀選手に選出された[20]

オフの9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[21]。プレミア12のオープニングラウンド・対カナダ戦では九番・右翼手で先発。五回には本塁打を記録した直後に豪快にバットを放り投げ、その姿はMLB.com内のコーナーCut4でも特集された[22]。同大会でチャイニーズタイペイは1次ラウンドを突破できなかったものの、王は4割を超える打率をマークした[23]

2016年には、林智勝FA権を行使してLamigoを退団し、中信ブラザーズに移籍した)の後継者としてメディアに大々的に取り上げられた[24][25][26]6月2日の統一戦にはミネソタ・ツインズのスカウトが王の視察に訪れたが、王はこのことを知らなかった[27]。開幕前の期待に応えるようにブレイクした王は、シーズン打率.414[注 2]、シーズン安打数200本のCPBLシーズン歴代記録を達成。最優秀選手、新人王に選出されたほか、打撃王、安打王、ゴールデングラブ賞、ベストテンなどのタイトルを獲得した。オフに5年総額3,180万台湾元で契約更改。

2017年開幕前にはLamigoが2017 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)をボイコットしていたため、WBCには不参加となった[33]。しかし、2月28日にCPBL代表(チャイニーズタイペイ代表と異なるメンバーで構成された)として第4回ワールド・ベースボール・クラシックに出場する日本代表の壮行試合に出場して「対戦してみたい」と語っていた則本昂大から本塁打を記録した[34]

シーズンでは5月9日の富邦戦には阪神タイガースのスカウトが王の視察に訪れ[35]5月13日の統一戦には埼玉西武ライオンズ渡辺久信シニアディレクター兼編成部長が視察に訪れ[36]5月18日の中信戦には再び多数のメジャーリーグのスカウトが訪れ[37]5月26日の同カードには読売ジャイアンツ大森剛スカウトらも視察に訪れるなど、海外挑戦も期待されていた[38]。最終的にリーグ史上2人目、台湾人選手としては初の三冠王と、最多安打で打撃4タイトルを獲得した[39]

オフの10月11日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップチャイニーズタイペイ代表に選出された[40]侍ジャパン・トップチームの稲葉篤紀監督はロッテとの練習試合では不振に陥った王への内角攻めを宣言し[41]、当大会にて王の打率は四割未満の三割三分三厘に抑えられる結果となったが[42]ベストナインの外野手部門で選出された[43]

2018年シーズンオフにポスティングシステム[注 3]を利用して海外球団への移籍を目指した[45]11月20日、Lamigoは王との交渉権を日本ハムが獲得し、30日間の交渉期間に入る旨をチーム公式ウェブサイトで発表した[46]。ここまで獲得に興味を見せていなかった日本ハムが交渉権を獲得したことについて、台湾でも驚きの声が挙がっていた。これについて「情報の管理に気を付けながら、長期間に渡って複数の目で調査してきた」と吉村浩GMはコメントした[47]。12月7日に日本ハムとの契約合意が報じられた。

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

特徴の一つとして、三振の少なさが挙げられる。2017年、CPBL規定打席に到達した打者として3位のK%「9.0%」と3位のBB/K「1.14」を記録した王はスラッガーとして極めて三振の取りにくい強打者である[48]。本人公認の初球から打つタイプであり、2017年5月まで初球の通算打率は5割を超えていた[4]。初球本塁打率もずば抜けているが、その一方2ストライク後の通算打率は2割未満となっていた[4]。バットコントロールが巧みであり[34][49]足が速く内野安打を得意とするが[4]、2016年にCPBLでの盗塁数はリーグ2位[50]であったにもかかわらず、CPBL通算盗塁成功率は65%程度でしかない[51]。シーズン末に向けてとんどん調子を上げていくことが特徴であり、2年連続(2016年と2017年)で9月の月間MVPを受賞することで台湾当地では「九月大王」と呼ばれていた[52][53][54]。CPBL時代には守備シフトを対戦相手に敷かれることがよくあり[38][55][56][57]、また、本塁打性の打球を放った際に見せるバット投げは彼の代名詞でもあった[22][58][59]

トミー・クルーズの指導により球の内側を叩くことを意識するようになったという[60]。Lamigoコーチの劉家豪は王の打撃について「バットの軌跡が短い」「スイングの為の準備が早い」「ピッチャーのリズムにつられない」ことが主な特徴だと述べ[60]洪一中監督はLamigo入団一年目に当時のCPBL現役選手でスイングスピードが一番速いのは王だと考えた[61]CPBL史上初となる3年連続の本塁打王に輝いた高國輝は「台湾のプロ野球界にはキレのあるボールを投げる強力なサウスポーは少ないので、王選手は抑えられませんよ」と分析し[49]清宮幸太郎は「(重心が)後ろに残るというか、全然前に出ないのにすごいスイングをする。学ぶところがある」と語った[62]

守備[編集]

中信ブラザーズ打撃コーチ在任中の2017年に、トミー・クルーズは王の守備を「やや慎重すぎて積極さに欠けるきらいがありますが、基本的な守備能力は備えています。コーチの指導さえあれば確かな成長は果たせますよ」と評した[11]。実際2016年に400イニング以上出場した外野手としてやや低い守備Win Shares 1.73を記録した王の守備はセイバーメトリクス専門家にRank D+と評され[63]、ゴールデングラブ賞を受賞したものの王の守備範囲と送球は少々疑問視されている[64][65]。また、洪一中監督は「NPBと比較して、守備と送球に課題がある」「陽岱鋼と比べたら守備の差は結構大きい」と指摘[66]

人物・エピソード[編集]

  • 憧れの打者として、ブライス・ハーパー[67]柳田悠岐[3][60][67][68]糸井嘉男[67]を挙げている。
  • 一番対戦してみたい投手は大谷翔平菅野智之[注 4][69]
  • CPBLオールスターゲーム2018のアトラクションとして行うスピードガンコンテストに出場し、最速145km/hを記録した[70]
  • 生来の泣き虫であり、高校時代に台湾代表に選出されなかった時にも[9]U-21の韓国戦で逆転三塁打を打った時にも[71]、2016年台湾プロ野球(CPBL)年間表彰式にも号泣した[72]
  • 好きな小吃魯肉飯、鹹酥雞、炙り物、お鍋[3]
  • サウスポーは左打者に強いとされるが、王はこの説を信じない[10]
  • 高校時代の同級生であるクリーブランド・インディアンス傘下の江少慶投手のようにアメリカへ行けないことを悔やんでいる[5]
  • 2016年最優秀選手などのタイトルを獲得した王は授賞式後のインタビューで「海外で羽ばたく夢は諦めません。機会さえあれば絶対に実現してみせます」と豪語した[73]
  • 日本のプロ野球球団への入団の噂について、王は日本語が分からないので台湾の報道をほんの少し見ただけだという[74][75]
  • Lamigo TVのオンライン番組である大應猿天團へゲスト出演をし、海外進出するなら日本かアメリカかと訊かれ「日本」と答えた[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 Lamigo 29 122 111 18 36 6 1 9 71 29 0 1 0 1 9 0 1 22 2 .324 .377 .640 1.017
2016 116 550 483 130 200 40 3 29 333 105 24 8 0 5 51 3 8 59 6 .414 .476 .689 1.165
2017 115 517 437 107 178 33 1 31 306 101 16 10 0 4 50 15 11 44 6 .407 .491 .700 1.192
2018 118 534 453 99 159 32 3 17 248 84 9 7 0 2 51 12 16 63 7 .351 .446 .547 .993
通算:4年 378 1723 1484 354 573 111 8 86 958 319 49 26 0 12 161 30 36 188 21 .386 .464 .646 1.110
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の赤字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

[76][77][51]

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]

























O
P
S
2015 22 CPBL - - - - - - - - - -
2016 23 1位 1位 1位 6位 4位 3位 2位 1位 2位 2位
2017 24 1位 1位 2位 - 1位 1位 3位 1位 1位 1位
2018 25 4位 3位 2位 6位 4位 2位 - 1位 3位 2位
  • 「-」は10位未満(打率、出塁率、長打率、OPSは規定打席未到達の場合も「-」と表記)

[76][77]

WBSCプレミア12での打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 チャイニーズ・タイペイ 5 21 18 2 8 2 0 1 13 4 1 0 0 0 3 0 0 3 1 .444 .524 .722 1.246

[23]

タイトル[編集]

CPBL

表彰[編集]

CPBL
チャイニーズタイペイ代表

記録[編集]

  • CPBL記録
    • シーズン打率:.414(2016年)
    • シーズン安打:200(2016年)
    • シーズン得点:130(2016年)
    • シーズン長打数:72(2016年)
    • シーズン塁打数:333(2016年)

背番号[編集]

  • 9 (2015年 - 2018年)

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

台湾

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ このドラフト会議はCPBL史上最大の豊作ドラフト会議といわれる[12]。全体1位にボストン・レッドソックスの外野手だった林哲瑄、全体3位にシアトル・マリナーズ傘下AAAに所属した経験を持つ蒋智賢、全体4位に王、全体5位にデトロイト・タイガースでプレーした経験を持つ倪福徳、全体6位に東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する宋家豪、全体7位にオークランド・アスレチックス傘下に所属した経験を持つ潘志芳、全体8位に18歳の若さでレギュラーの座を確保した林承飛。他に北海道日本ハムファイターズが入団テストを行った羅華韋[13]ニューヨーク・ヤンキース傘下でプレーした経験を持つ郭阜林シカゴ・カブス傘下に所属していた経験を持つ王躍霖、マリナーズ傘下に所属した経験を持つ陳敏賜など大物ぞろいのドラフト会議であった。元福岡ソフトバンクホークス陽耀勳が指名漏れになるほどだった[14]
  2. ^ 2016年から台湾プロ野球界は四割打者は次々と生み出し、当シーズンのリーグ野手平均OPSは.851、打率は.308であった[28]。常にリーグ野手平均OPSを.700に維持してきた日本プロ野球界から見れば[29]石井一久城所龍磨などのプロ野球選手の想像をはるかに絶する甚だしい打高投低だった[30][31]台湾の人々もそれを自覚しており、郭泰源も2016年に統一セブンイレブン・ライオンズの監督を務めている時、CPBLの「打高投低」現象を問題視した[32]
  3. ^ 台湾プロ野球には一軍に年間125日以上在籍したシーズンが3度になれば、球団の承認を条件に海外移籍が可能になる規定がある。ラミゴは日米、韓米のポスティングシステムを参考に王柏融のために移籍システムを創設し、獲得希望球団を募っていた。日本と台湾の間には日台選手契約に関する協定があり、野球協約に明記されている。日本の球団が台湾球団の選手と契約を希望する場合、日本コミッショナーを通じて身分照会を行い、台湾コミッショナーは4営業日以内に回答。日米協定で明記されているポスティングシステムは、日台協定では記されていない[44]
  4. ^ 第4回ワールド・ベースボール・クラシックに出場する日本代表の壮行試合にCPBL代表として出場して、菅野智之からヒットを放った経験があるにもかかわらず、翌年7月のインタビューに海外進出するなら一番対戦してみたい投手は誰かと訊かれ、大谷翔平と菅野智之の名を挙げた。

出典[編集]

  1. ^ a b 王柏融選手と契約合意 北海道日本ハムファイターズ (2018年12月7日) 2018年12月10日閲覧
  2. ^ ハム “4割打者”王柏融と3年契約 19日台湾&21日札幌Dで入団会見 スポニチ (2018年12月8日) 2018年12月8日閲覧
  3. ^ a b c d e 大應猿天團30-王柏融 Lamigo TV (中国語) (2016年2月6日) 2017年6月20日閲覧
  4. ^ a b c d 狙擊第一球! 左右投都剋不住 自由體育 (中国語) (2017年5月4日) 2017年7月11日閲覧
  5. ^ a b c d 王柏融vs.楊岱均 精彩的棒球甘味人生 聯合新聞網 (中国語) (2017年6月13日) 2017年6月17日閲覧
  6. ^ a b 國內最頂尖打者 王柏融有實力旅外圓夢 聯合新聞網 (中国語) (2016年11月7日) 2017年6月17日閲覧
  7. ^ 高中時沒入選國手 王柏融:曾覺得自己不夠好 自由體育 (中国語) (2016年11月5日) 2017年6月17日閲覧
  8. ^ 中華職棒/柏融大王傳說序曲 青棒球速狂飆145公里 NOWnews (中国語) (2016年12月25日) 2017年12月12日閲覧
  9. ^ a b 職棒好友眼中的大王 pb+運動平台 (中国語) (2016年11月13日) 2017年7月11日閲覧
  10. ^ a b 「眼淚佐味」21U新生代四番─王柏融 運動視界 (中国語) (2014年11月10日) 2017年6月19日閲覧
  11. ^ a b 克魯茲向球探推薦王柏融:這麼強,幹嘛不簽 ETNEWS運動雲 (中国語) (2017年5月12日) 2017年6月7日閲覧
  12. ^ 中職史上最大選秀會 今登場 中時電子報 (中国語) (2015年6月29日) 2017年6月16日閲覧
  13. ^ ハム 台湾代表左腕の羅華韋をテスト - プロ野球ニュース 日刊スポーツ (2014年2月2日) 2017年6月16日閲覧
  14. ^ 2015年中華職棒大聯盟選秀會 台灣棒球維基館 (中国語) (2017年5月26日) 2017年6月16日閲覧
  15. ^ 為什麼統一當年不選王柏融 批踢踢實業坊›看板 Baseball (中国語) (2017年2月28日) 2017年5月27日閲覧
  16. ^ 林子崴傷退 批踢踢實業坊›看板 Baseball (中国語) (2017年6月29日) 2017年6月29日閲覧
  17. ^ 才花4場比賽,王柏融就站上桃猿隊三棒 運動視界 (中国語) (2015年9月6日) 2017年6月19日閲覧
  18. ^ 世大運/王柏融轟陽春砲:我們世代要一直贏南韓ETtoday運動雲 (中国語) (2015年7月10日) 2017年6月17日閲覧
  19. ^ 王柏融初登場 打破希克無安打 STAMP3 (中国語) (2015年9月3日) 2017年7月10日閲覧
  20. ^ 洪總:表現太驚奇 TSNA (中国語) (2015年10月25日) 2018年2月28日閲覧
  21. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  22. ^ a b Chinese Taipei batter unleashes an enormous bat flip during the Premier 12 tournament Cut4 (2015年11月14日) 2017年5月28日閲覧
  23. ^ a b 世界棒球12強中華隊最終報告 運動視界 (中国語) (2015年11月16日) 2017年7月13日閲覧
  24. ^ 林智勝接班人 王柏融只求快樂打球 中央社 (中国語) (2016年3月18日) 2017年5月28日閲覧
  25. ^ 林智勝火力空缺 王柏融接班桃猿第3棒 中央通訊社 (中国語) (2016年1月9日) 2017年6月17日閲覧
  26. ^ 智勝接班人? 大王順其自然 自由體育 (中国語) (2016年2月28日) 2017年6月17日閲覧
  27. ^ 雙城球探悄悄現身 緊盯王柏融打擊 聯合新聞網 (中国語) (2016年6月2日) 2017年5月27日閲覧
  28. ^ 2016年中華職棒進階打擊數據 TW#Baseball (中国語) (2016年10月16日) 2017年8月30日閲覧
  29. ^ Batting Stats (2018年5月30日) 2018年5月30日閲覧
  30. ^ 中職打高投低嚴重 大聯盟前日籍強投憂心台灣 (2017年11月24日) 2018年5月30日閲覧
  31. ^ 台灣職棒打高投低 軟銀球員好奇:好投手都到哪裡? (2017年12月19日) 2018年5月31日閲覧
  32. ^ 陽耀勳「碰」出全壘打 中職「彈力球」紅到大聯盟 自由體育 (中国語) (2016年8月29日) 2017年8月30日閲覧
  33. ^ 台灣內鬥經典賽重傷害 王柏融不打美媒失望 ETNEWS (中国語) (2017年2月24日) 2017年7月11日閲覧
  34. ^ a b 王柏融がWBCに出ない理由は?日本球界に移籍?年俸や評価も調査! 情報発信部屋303号室 (2017年3月7日) 2017年5月28日閲覧
  35. ^ 阪神虎緊盯王柏融 日本球迷熱烈討論 自由體育 (中国語) (2017年5月10日) 2017年6月12日閲覧
  36. ^ 「大王」今仍先發 對渡邊來台有妙答 自由體育 (中国語) (2017年5月13日) 2017年7月11日閲覧
  37. ^ 挺王柏融打日職 陽耀勳:要去了才知道 Yahoo!奇摩運動 (中国語) (2017年5月18日) 2017年6月6日閲覧
  38. ^ a b 兄弟守備佈陣奏效 大王多支安打被沒收 自由體育 (中国語) (2017年5月26日) 2017年5月28日閲覧
  39. ^ 週刊ベースボール 11月16日発売号 87頁
  40. ^ 洪一中總教練領軍 亞冠賽25人名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網 The Official Site of CPBL (中国語) (2017年10月11日) 2017年10月22日閲覧
  41. ^ 台灣要注意誰? 宣銅烈:王柏融 Yahoo!新聞 (中国語) (2017年11月15日) 2017年11月16日閲覧
  42. ^ 亞冠賽中職打者OPS+ 批踢踢實業坊 (中国語) (2017年11月19日) 2017年11月19日閲覧
  43. ^ アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも! BASEBALLKING (2017年11月19日) 2017年11月20日閲覧
  44. ^ 日本ハム条件ピタリ 寿司ラーメン好き王柏融獲得へ 日刊スポーツ (2018年11月21日) 2018年11月23日閲覧
  45. ^ 中職》11月初王柏融入札計畫啟動 劉玠廷:希望年底前完成 自由時報 (中国語) (2018年10月17日) 2018年11月20日閲覧
  46. ^ 王柏融旅外第一步!日本火腿取得優先議約權 SETN三立新聞網 (中国語) (2018年11月20日) 2018年11月20日閲覧
  47. ^ 「台湾4割男」獲得 日本ハムの皮算用、観戦ツアーなど“インバウンド需要”にも期待? 夕刊フジ (2018年11月23日) 2018年11月23日閲覧
  48. ^ 2017年中華職棒進階打擊數據 TW#Baseball (中国語) (2017年10月11日) 2017年10月12日閲覧
  49. ^ a b 王柏融這麼會打 高國輝指出原因… 中時電子報 (中国語) (2016年9月26日) 2017年6月16日閲覧
  50. ^ 2016年中華職棒累積打擊數據 TW#Baseball (中国語) (2016年10月16日) 2017年7月11日閲覧
  51. ^ a b PLAYER 球員個人紀錄 CPBL (中国語) (2017年10月12日) 2017年10月12日閲覧
  52. ^ 中職/王柏融調整節奏非低潮 「九月大王」歸位 聯合新聞網 (中国語) (2018年9月1日) 2018年10月18日閲覧
  53. ^ 中職》誰是最強「9月大王」?王柏融挑戰這些紀錄 自由體育 (中国語) (2017年9月4日) 2018年10月18日閲覧
  54. ^ 巔峰之上有青天「九月大王」王柏融 運動視界 (中国語) (2017年9月2日) 2018年10月18日閲覧
  55. ^ 王柏融敲安破佈陣 桃猿首局灌3分領先兄弟 ETtoday (中国語) (2017年4月23日) 2017年7月11日閲覧
  56. ^ 對手重兵佈陣 王柏融面臨嚴酷考驗 聯合新聞網 (中国語) (2017年5月31日) 2017年7月11日閲覧
  57. ^ 王柏融偷點破佈陣 史總:短打對我們有利 ETNEWS (中国語) (2017年6月25日) 2017年7月11日閲覧
  58. ^ Po-Jung Wang flips his bat into another dimension after monster home run Yahoo! Sports (2017年4月18日) 2017年5月28日閲覧
  59. ^ Lamigo Monkeys' Wang Po Jung Is on a Path to Stardom CPBL English (2016年6月21日) 2017年7月10日閲覧
  60. ^ a b c 來聽聽四隊打擊教練剖析【王柏融】! pb+運動平台 (中国語) (2016年11月12日) 2017年6月6日閲覧
  61. ^ 誰是遺珠?誰是黑馬? 運動+ (中国語) (2015年9月30日) 2017年6月17日閲覧
  62. ^ 【日本ハム】清宮、ホワイトデーまで1軍生き残りかける スポーツ報知 (2018年2月28日) 2018年11月20日閲覧
  63. ^ 2016 CPBL 主力球員守備 Win Shares 批踢踢實業坊›看板 Baseball (中国語) (2016年10月18日) 2017年6月7日閲覧
  64. ^ 羅敏卿看好王柏融 「需加強守備」 聯合影音 (中国語) (2016年11月3日) 2017年11月19日閲覧
  65. ^ 2016中華職棒年度金手套 運動視界 (中国語) (2016年11月7日) 2017年6月19日閲覧
  66. ^ [1]Apple Daily
  67. ^ a b c 解剖「大王」》打球像哈波 甩棒不是耍帥 自由體育 (中国語) (2017年5月4日) 2017年7月11日閲覧
  68. ^ 中華職棒/期待跟日本投手對決 王柏融再度接受日媒專訪 今日新聞NOWnews (中国語) (2018年2月26日) 2018年2月28日閲覧
  69. ^ 【王柏融專訪】獨家影音!不洩題快問快答 大王全招了 自由體育 (中国語) (2018年7月31日) 2018年10月15日閲覧
  70. ^ 紅隊代表大王王柏融以最快球速145公里的表現拿下高分! Yahoo奇摩新聞 (中国語) (2018年7月8日) 2018年7月10日閲覧
  71. ^ 王柏融激動落淚(2) (圖) 中央社 (中国語) (2014年11月9日) 2017年7月11日閲覧
  72. ^ 王柏融拿新人王 落淚感謝爸媽 聯合報 (中国語) (2016年11月4日) 2017年7月11日閲覧
  73. ^ 「推向下一個黃金世代」王柏融擁6獎本土史上最多 自由體育 (中国語) (2016年11月4日) 2017年6月18日閲覧
  74. ^ 日職頻傳挖角 王柏融:我沒辦法決定什麼! 自由體育 (中国語) (2017年5月12日) 2017年6月7日閲覧
  75. ^ 日媒問想旅日嗎? 王柏融:每個人都重複這問題 SETN三立新聞網 (中国語) (2017年11月16日) 2017年11月16日閲覧
  76. ^ a b TW#Baseball TW#Baseball (中国語) (2016年10月16日) 2017年10月12日閲覧
  77. ^ a b 2018 Batting Stats CPBL stats (英語) (2018年10月14日) 2018年10月14日閲覧
  78. ^ 與恰恰挑戰RAP再拚舞技 王柏融:比上壘還難 中時電子報 (中国語) (2017年3月12日) 2017年6月22日閲覧

外部リンク[編集]