潘威倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
潘 威倫 (パン・ウェイルン)
統一セブンイレブン・ライオンズ #18
2008LeisureTaiwan Day2 ESPN Wei-lun Pan.jpg
2008年
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省屏東県
生年月日 (1982-03-05) 1982年3月5日(35歳)
身長
体重
182 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト1位
初出場 2003年3月9日
年俸 53万新台湾元(2011年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
五輪 2004年2008年
WBC 2006年2013年2017年
プレミア12 2015年
潘威倫
各種表記
繁体字 潘威倫
簡体字 潘威伦
拼音 Pān Wēilún
発音転記: パン・ウェイルン
英語名 Pan Wei-lun
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006
2010

潘 威倫(パン・ウェイルン、1982年3月5日 - )は、台湾屏東県出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。現在は、統一セブンイレブン・ライオンズに所属している。

経歴[編集]

輔仁大学から合作金庫銀行を経て、2003年台湾中華職業棒球大聯盟統一ライオンズに入団。プロ1年目から二桁勝利を挙げる。

2004年8月に開催されたアテネオリンピックの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。オフの11月から12月にかけて開催されたドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では優勝を果たした。

2007年、16勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得した。

2008年8月に開催された2008年北京オリンピックの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2009年防御率3.30で最優秀防御率のタイトルを獲得。

2010年オフの10月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では準優勝を果たした。

2013年1月14日に第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出され[1]、2大会ぶり2度目の選出を果たした。

2015年9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[2]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出された[3]。3月6日の第2戦に、2番手として登板し、敗戦投手となっている[4]

2017年1月23日に第4回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出され[5]、2大会連続3度目の選出を果たした。

プレースタイル・人物[編集]

台湾球界を代表する本格派先発右腕。

スリークォーターから最速152km/hのストレートツーシームカットボールスライダーチェンジアップを投げる。制球も安定している。球速は肩の故障もあり常時140km/h前後だが、ツーシームやカットボールなどを丁寧に四隅に投げ込む技術は、打たせて取るピッチングスタイルである。[6]

日本の別府大学に留学経験を持つ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 統一 28 26 1 1 0 13 8 0 0 .619 670 166.1 143 8 33 1 8 104 3 0 55 45 2.44 1.06
2004 29 28 1 0 1 12 8 0 0 .600 699 176.1 145 12 25 0 6 122 1 0 53 42 2.14 0.96
2005 34 24 2 1 1 12 8 0 1 .600 732 171.0 181 8 31 1 9 130 2 0 77 53 2.79 1.24
2006 26 25 6 1 3 14 9 0 0 .609 732 182.0 169 6 17 2 8 106 2 2 59 50 2.47 1.02
2007 21 21 0 0 0 16 2 0 0 .889 506 123.1 126 7 17 0 7 79 0 0 33 31 2.26 1.12
2008 18 18 1 1 1 12 2 0 0 .857 449 111.0 113 5 10 0 6 87 1 2 38 34 2.76 1.11
2009 22 22 0 0 0 10 8 0 0 .556 576 133.2 159 6 15 3 5 81 2 0 62 49 3.30 1.30
2010 29 29 1 0 1 11 11 0 0 .500 788 191.2 201 7 15 0 9 101 3 0 77 68 3.19 1.13
2011 12 12 0 0 0 5 1 0 0 .833 317 74.1 87 6 15 0 2 39 2 0 36 30 3.63 1.13
2012 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 63 16.0 9 0 2 0 0 7 0 0 4 1 0.56 0.69
2013 20 20 3 0 1 6 9 0 0 .400 472 105.1 146 9 12 1 5 36 2 0 70 64 5.47 1.50
2014 10 10 1 0 0 5 1 0 0 .833 264 62.2 66 1 14 0 1 21 0 0 24 18 2.59 1.28
2015 25 25 0 0 0 7 9 0 0 .438 683 153.1 213 18 33 0 1 60 3 0 103 81 4.75 1.60
2016 13 8 0 0 0 5 2 0 1 .714 233 52.1 76 4 3 0 1 23 1 0 36 31 5.33 1.51
通算:14年 290 271 16 4 8 129 78 0 2 .623 7184 1719.1 1834 97 242 8 68 996 22 4 727 597 3.12 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2016年度シーズン終了時
台湾シリーズの成績

12試合3勝3敗、防御率4.22

タイトル[編集]

  • 最多勝:1回(2007年)
  • 最優秀防御率:1回(2009年)

表彰[編集]

  • 新人王(2003年)
  • ベストナイン:1回(2007年)
  • ゴールデングラブ賞(金手套奨):3回(2003年、2006年、2010年)
  • 台湾シリーズ優秀選手:2回(2008年、2012年)

背番号[編集]

  • 18 (2003年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013 WBC中華隊28人名單 CPBL公式サイト(中国語) (2013年1月14日) 2015年3月28日閲覧
  2. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  3. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  4. ^ 日本通運 presents 侍ジャパン強化試合 チャイニーズ・タイペイvs日本 2016年03月06日(日) 京セラドーム大阪 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年3月6日) 2016年3月6日閲覧
  5. ^ 快訊/經典賽中華隊28人名單 陽岱鋼入列 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年1月23日) 2017年1月24日閲覧
  6. ^ 【WBC】海外組と国内組の見事な融合。台湾史上最強チームが日本を苦しめる (web Sportiva)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]