潘威倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
潘 威倫 (パン・ウェイルン)
Wei-Lun Pan
統一セブンイレブン・ライオンズ #18
2008LeisureTaiwan Day2 ESPN Wei-lun Pan.jpg
2008年
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省屏東県
生年月日 (1982-03-05) 1982年3月5日(34歳)
身長
体重
182 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト1位
初出場 2003年3月9日
年俸 53万新台湾元(2011年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
五輪 2004年2008年
WBC 2006年2013年
プレミア12 2015年

潘 威倫Wei-Lun Pan , パン・ウェイルン、1982年3月5日 - )は、台湾屏東県出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。現在は、統一セブンイレブン・ライオンズに所属している。

経歴[編集]

輔仁大学から合作金庫銀行を経て、2003年台湾中華職業棒球大聯盟統一ライオンズに入団。プロ1年目から二桁勝利を挙げる。

2004年アテネオリンピック2006年第一回WBCの台湾代表に選出される。

2007年、16勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得した。

2008年北京オリンピックの台湾代表に選出される。

2009年防御率3.30で最優秀防御率のタイトルを獲得。

2013年1月14日に、第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表メンバーが発表され[1]代表入りした[2]

2015年9月30日に、第1回WBSCプレミア12のチャイニーズタイペイ代表に選出された事が発表された[3]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出されたことが発表された[4]。3月6日の第2戦に、2番手として登板し、敗戦投手となっている[5]

プレースタイル・人物[編集]

台湾球界を代表する本格派先発右腕。

スリークォーターから最速152km/hのストレートツーシームカットボールスライダーチェンジアップを投げる。制球も安定している。球速は肩の故障もあり常時140km/h前後だが、ツーシームやカットボールなどを丁寧に四隅に投げ込む技術は、打たせて取るピッチングスタイルである。[6]

日本の別府大学に留学経験を持つ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 統一 28 26 1 1 0 13 8 0 0 .619 670 166.1 143 8 33 1 8 104 3 0 55 45 2.44 1.06
2004 29 28 1 0 1 12 8 0 0 .600 699 176.1 145 12 25 0 6 122 1 0 53 42 2.14 0.96
2005 34 24 2 1 1 12 8 0 1 .600 732 171.0 181 8 31 1 9 130 2 0 77 53 2.79 1.24
2006 26 25 6 1 3 14 9 0 0 .609 732 182.0 169 6 17 2 8 106 2 2 59 50 2.47 1.02
2007 21 21 0 0 0 16 2 0 0 .889 506 123.1 126 7 17 0 7 79 0 0 33 31 2.26 1.12
2008 18 18 1 1 1 12 2 0 0 .857 449 111.0 113 5 10 0 6 87 1 2 38 34 2.76 1.11
2009 22 22 0 0 0 10 8 0 0 .556 576 133.2 159 6 15 3 5 81 2 0 62 49 3.30 1.30
2010 29 29 1 0 1 11 11 0 0 .500 788 191.2 201 7 15 0 9 101 3 0 77 68 3.19 1.13
2011 12 12 0 0 0 5 1 0 0 .833 317 74.1 87 6 15 0 2 39 2 0 36 30 3.63 1.13
2012 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 63 16.0 9 0 2 0 0 7 0 0 4 1 0.56 0.69
2013 20 20 3 0 1 6 9 0 0 .400 472 105.1 146 9 12 1 5 36 2 0 70 64 5.47 1.50
2014 10 10 1 0 0 5 1 0 0 .833 264 62.2 66 1 14 0 1 21 0 0 24 18 2.59 1.28
2015 25 25 0 0 0 7 9 0 0 .438 683 153.1 213 18 33 0 1 60 3 0 103 81 4.75 1.60
2016 13 8 0 0 0 5 2 0 1 .714 233 52.1 76 4 3 0 1 23 1 0 36 31 5.33 1.51
通算:14年 290 271 16 4 8 129 78 0 2 .623 7184 1719.1 1834 97 242 8 68 996 22 4 727 597 3.12 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2016年度シーズン終了時
台湾シリーズの成績

12試合3勝3敗、防御率4.22

タイトル[編集]

  • 最多勝:1回(2007年)
  • 最優秀防御率:1回(2009年)

表彰[編集]

  • 新人王(2003年)
  • ベストナイン:1回(2007年)
  • ゴールデングラブ賞(金手套奨):3回(2003年、2006年、2010年)
  • 台湾シリーズ優秀選手:2回(2008年、2012年)

背番号[編集]

  • 18 (2003年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013 WBC中華隊28人名單 CPBL公式サイト 中国語 (2013年1月14日) 2015年3月28日閲覧
  2. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年3月28日閲覧
  3. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  4. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  5. ^ 日本通運 presents 侍ジャパン強化試合 チャイニーズ・タイペイvs日本 2016年03月06日(日) 京セラドーム大阪 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年3月6日) 2016年3月6日閲覧
  6. ^ 【WBC】海外組と国内組の見事な融合。台湾史上最強チームが日本を苦しめる (web Sportiva)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]