カルロス・カスティーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルロス・カスティーヨ
Carlos Castillo
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ボストン
生年月日 (1975-04-21) 1975年4月21日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 1997年4月2日
CPBL / 2007年9月1日
最終出場 MLB / 2001年7月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カルロス・カスティーヨCarlos Castillo , 1975年4月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1997年メジャー昇格を果たし、シカゴ・ホワイトソックスボストン・レッドソックスでメジャー4年間に通算10勝7敗、防御率5.04を記録している。

2002年福岡ダイエーホークスに入団。188cmの長身と150km/hの直球で先発投手として期待されたが、公称112kgと太りすぎで1軍では全く投げられなかった。右痛を訴え7月11日に米国に帰国すると、そのまま解雇されてしまった。

その後2007年のシーズン途中に「凱提歐」の登録名で台湾誠泰コブラズに入団し、6試合に登板。2010年2月には、台湾兄弟エレファンツの春季キャンプに参加し、入団テストを受験したが不合格に終わった。しかし、ドーピング違反により解雇されたトレーシー・ソープの代役として、4月5日に「卡斯帝」の登録名で兄弟に入団し、同年は14勝で最多勝・最優秀防御率の2冠に輝いてチームの台湾シリーズ優勝に貢献した。しかし翌年は、不振に加え足の負傷にも見舞われ、シーズン開幕直後の4月2日に解雇された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 CWS 37 2 0 0 0 2 1 1 -- .667 295 66.1 68 9 33 3 1 43 3 0 35 33 4.48 1.52
1998 54 2 0 0 0 6 4 0 -- .600 431 100.1 94 17 35 1 5 64 4 3 61 57 5.11 1.29
1999 18 2 0 0 0 2 2 0 1 .500 178 41.0 45 10 14 1 0 23 0 2 26 26 5.71 1.44
2001 BOS 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.0 3 1 0 0 0 0 0 0 2 2 6.00 1.00
2007 誠泰 6 4 0 0 0 0 4 0 0 .000 105 21.1 36 2 1 0 2 11 1 0 23 18 7.59 1.73
2010 兄弟 36 17 3 0 1 14 5 2 5 .737 665 165.2 149 6 16 4 11 83 5 1 52 40 2.17 1.00
2011 2 2 0 0 0 0 2 0 0 ---- 26 4.1 12 3 2 0 0 1 0 0 10 10 20.77 3.26
MLB:4年 111 6 0 0 0 10 7 1 1 .588 916 210.2 210 37 82 5 6 130 7 5 124 118 5.04 1.39
CPBL:3年 44 23 3 0 1 14 11 2 5 .560 796 191.1 197 11 19 4 13 95 6 1 85 68 3.20 1.13

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多勝:1回 (2010年)
  • 最優秀防御率:1回 (2010年)

表彰[編集]

CPBL
  • ベストナイン:1回 (2010年)

背番号[編集]

  • 61 (1997年)
  • 43 (1997年 - 1999年、2001年、2010年 - 2011年)
  • 42 (2002年)
  • 23 (2007年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]