鎌田祐哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鎌田 祐哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1978-11-30) 1978年11月30日(39歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト2位
初出場 NPB / 2001年4月3日
CPBL / 2012年3月18日
最終出場 NPB / 2009年9月9日
CPBL / 2012年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鎌田 祐哉(かまだ ゆうや、1978年11月30日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

秋田経法大附属高校3年時に、夏の甲子園に出場を果たす。この時のエースは金沢博和(後にJTへ進む)で、鎌田は2番手だった。甲子園では初戦で波佐見高校に敗れている。

卒業後は早稲田大学へ進学。3年春のリーグ戦でベストナインに選ばれる。また、1学年上の藤井秀悟とともに日米大学野球の日本代表に選ばれた。東京六大学リーグでは、通算54試合登板、13勝17敗、防御率2.40、231奪三振の成績であった。

2000年のドラフトで、ヤクルトスワローズから2位指名を受けて入団。同期に坂元弥太郎畠山和洋らがいる。秋田北中時代の1年後輩の石川雅規も翌年入団。

ヤクルト時代[編集]

ルーキーイヤーの2001年、4月3日の対巨人戦で一軍初登板を果たす。9月26日の対中日戦で初先発し、初勝利を挙げる。8試合に登板し1勝0敗、防御率0.59の内容であった。

2003年は、2完封を含む6勝をあげて先発ローテーションに定着する。しかし、2004年は前年の活躍から期待されたもののわずか1勝、防御率も6点台と不振に陥る。2005年は、プロ入り初の一軍未登板に終わる。

2006年、一軍登板復帰を果たしたものの防御率は5点台だった。2007年は、開幕前に右肩腱板不全断裂という負傷をおったものの、シーズン途中に復帰し主に中継ぎとして22試合の登板ながら防御率1点台と復調の兆しを見せた。

2008年、二軍で抑えとして結果を残し、一軍では中継ぎとして16試合に登板するも、再び防御率6点台を記録。期待される投球はできなかった。2009年は、一軍での登板数は9試合にとどまり、活躍はできなかった。

2010年は二軍スタートのまま、6月14日、渡邉恒樹との交換トレード東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。背番号は渡邉が着けていた34

楽天時代[編集]

同年は途中移籍したものの、結局2005年以来の一軍登板なしに終わった。2011年も一軍登板はなく、10月9日に戦力外通告を受けた[1]

台湾時代[編集]

2012年中華職業棒球大聯盟統一セブンイレブンライオンズに入団。先発ローテーション入りし、開幕から11連勝を含む16勝を挙げ、勝投王(最多勝利)のタイトルを獲得、ベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。しかし後半戦の内容が悪かったことや、台湾シリーズで結果を残せなかったことで、2012年限りで退団となった。

引退後[編集]

2013年、年明けに再契約のオファーも届いてはいたが、本人のブログにて現役引退を表明し、4月から会社員として勤務を開始した。同年7月14日、統一からの招待で台湾・台南にて引退セレモニーを実施した。

人物[編集]

デジタルメディアやアニメ観賞が趣味であり、愛機は2003年頃からHDDを交換しながらも使い続けるMaciPad。バス移動がほとんどの台湾では、車中、ダウンロードした音楽やアニメで時間を過ごしてきた。お気に入りは『交響詩篇エウレカセブン』。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 ヤクルト 8 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 63 15.1 12 0 7 0 0 9 0 0 1 1 0.59 1.24
2002 11 9 0 0 0 3 2 0 -- .600 212 50.0 46 4 14 0 2 31 6 0 22 21 3.78 1.20
2003 30 15 2 2 1 6 7 0 -- .462 462 115.0 104 11 25 2 2 83 1 1 43 41 3.21 1.12
2004 16 10 0 0 0 1 3 0 -- .250 297 64.2 82 13 23 1 1 44 2 0 47 45 6.26 1.62
2006 13 4 0 0 0 3 1 0 0 .750 137 32.0 33 4 8 1 0 31 1 0 18 18 5.06 1.28
2007 22 1 0 0 0 0 1 0 3 .000 130 31.0 27 1 11 1 0 17 2 0 5 4 1.16 1.23
2008 16 0 0 0 0 0 2 0 1 .000 103 21.0 33 5 8 1 1 19 0 0 16 16 6.86 1.95
2009 9 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 47 12.0 8 2 4 1 0 10 0 0 7 7 5.25 1.00
2012 統一 26 25 2 0 1 16 7 0 0 .695 701 171.1 169 13 26 0 6 119 5 0 67 60 3.15 1.14
NPB:8年 125 40 2 2 1 14 17 0 5 .452 1451 341.0 345 40 100 7 6 244 12 1 159 153 4.04 1.30
CPBL:1年 26 25 2 0 1 16 7 0 0 .695 701 171.1 169 13 26 0 6 119 5 0 67 60 3.15 1.14
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多勝利(2012年)

表彰[編集]

CPBL
  • 月間MVP:2回 (2012年3月、5月)
  • ベストナイン:1回 (2012年)
  • ゴールデングラブ賞:1回(2012年)

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打・初打点:2001年9月26日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤドーム)、6回表に山本昌から左前適時打

背番号[編集]

  • 20 (2001年 - 2009年)
  • 48 (2010年 - 同年途中)
  • 34 (2010年途中 - 2011年)
  • 29 (2012年)

出典[編集]

  1. ^ 来季の選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年10月9日). 2011年10月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]