横田久則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横田 久則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1967-09-08) 1967年9月8日(51歳)
身長
体重
187 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト6位
初出場 NPB / 1987年4月12日
CPBL / 2003年3月2日
最終出場 NPB / 2002年6月15日
CPBL / 2004年10月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

横田 久則(よこた ひさのり、1967年9月8日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手投手、右投左打)・監督コーチ

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

松江小学校時代から、投手として父親の指導のもと活躍していた。その頃はチームメートの方が超小学級として騒がれていたが、中学以降からその才能をのばしていった。

那賀高等学校から、1985年度プロ野球ドラフト会議にて西武ライオンズから6巡目指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

1986年、アメリカ1A・サンノゼ・ビーズに野球留学した。

1987年に5勝を挙げたが、その後は肩の故障などで苦しんだ。また故障がちであったため、「ブルペンエース」というニックネームがついた。清原和博は現役時代の横田について「あいつの苦労に比べたら俺の苦労なんて小さいもの」と語っていた。

1995年にはこの年監督に新任した東尾修の積極的な器用もあり先発ローテーション入りして4年ぶり勝利を挙げ自己最多の6勝を挙げた。

1998年には前年0勝6敗に終わったものの、この年は復活し自己最多タイの6勝を挙げ、11年ぶりの完封勝利を記録し投球回数も自己最高を更新した。横浜ベイスターズとの日本シリーズでは第5戦の先発投手を務めた(横田が西武在籍してこの年含めて10回チームは日本シリーズに出場したが、横田にとってはこの先発登板が初めての日本シリーズでの登板であった)が2回途中3失点で敗戦投手。

2001年千葉ロッテマリーンズ2002年阪神タイガースでプレーした。阪神から戦力外通告を受け、台湾中華職業棒球大聯盟兄弟エレファンツへ移籍。2003年は16勝をあげ、勝投王(最多勝利)のタイトルを獲得した。2004年に現役引退。

引退後[編集]

2005年から兄弟のコーチを2年間務めた。

2007年から2009年までBCリーグ富山サンダーバーズの投手コーチ、2010年から2011年まで同球団の監督を務める。2012年から西武の二軍投手コーチに就任、2015年は同球団の一軍投手コーチを務めるが、2016年は潮崎哲也との入れ代わりで二軍監督に就任。2017年よりファームディレクターに就任。

また、2007年2008年シーズンのプロ野球マスターズリーグ・札幌アンビシャスの投手として参加。

人物[編集]

野球留学の際には、「久則」を中国語読みすると「ジョージ」のような発音になることから、「George Yokota」と名乗った。同時に留学していた大久保博元は「デブだから」という理由で「Dave Okubo」と名乗った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 西武 18 8 4 1 0 5 2 0 -- .714 347 88.0 67 5 23 3 1 39 0 0 21 16 1.64 1.02
1991 24 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 276 65.2 60 8 30 3 0 51 4 0 24 22 3.02 1.37
1992 4 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 44 10.1 11 1 3 0 0 6 0 0 7 5 4.35 1.35
1993 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.0 2 0 7 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.25
1995 20 17 0 0 0 6 7 0 -- .462 439 101.2 100 8 37 0 3 99 3 0 48 43 3.81 1.35
1996 17 16 0 0 0 4 7 0 -- .364 387 88.0 73 8 55 0 4 63 6 0 38 35 3.58 1.45
1997 8 6 0 0 0 0 6 0 -- .000 118 24.2 40 4 10 0 0 19 1 0 24 20 7.30 2.03
1998 21 21 2 1 0 6 9 0 -- .400 542 129.0 113 19 47 1 1 95 2 0 56 48 3.35 1.24
1999 7 4 0 0 0 1 4 0 -- .200 108 21.2 34 4 7 2 4 20 0 0 19 16 6.65 1.89
2001 ロッテ 6 6 0 0 0 1 4 0 -- .200 138 30.2 36 6 9 0 1 21 1 0 17 16 4.70 1.47
2002 阪神 2 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 41 9.0 11 2 3 0 0 7 1 0 8 6 6.00 1.56
2003 兄弟 25 24 1 0 0 16 3 0 -- .842 681 164.2 158 8 46 0 6 162 9 0 66 53 2.90 1.24
2004 22 22 3 1 1 9 8 0 -- .529 580 140.1 121 5 47 1 3 160 4 0 61 52 3.33 1.20
NPB:11年 130 85 6 2 0 26 43 0 -- .377 2459 572.2 547 65 231 9 14 421 18 0 262 227 3.57 1.36
CPBL:2年 47 46 4 1 1 25 11 0 -- .694 1261 305.0 279 13 93 1 9 322 13 0 127 105 3.10 1.22

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多勝利:1回 (2003年)

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 66 (1986年)
  • 43 (1987年 - 2000年)
  • 19 (2001年)
  • 30 (2002年)
  • 34 (2003年 - 2004年)
  • 88 (2007年 - 2011年)
  • 83 (2012年 - )

関連項目[編集]

外部リンク[編集]