輔仁大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
輔仁大学
輔仁大学正門
輔仁大学正門
大学設置 1927年
創立 1925年
学校種別 私立
設置者 バチカン市国教育省
輔仁大学学校財団法人
本部所在地 台湾新北市新荘区中正路510号
学部 文学部
芸術学部
医学部
伝播学部
教育学部
外国語学部
家政学部
理工学部
社会科学部
管理学部
法律学部
ウェブサイト 輔仁大学公式サイト
テンプレートを表示

輔仁大学(ふじんだいがく、英語: Fu Jen Catholic University、公用語表記: 輔仁大學)は、台湾新北市新荘区中正路510号に本部を置く台湾私立大学である。1927年に設置された。

大学の略称は輔大、別称はカトリック輔仁大学(天主教輔仁大學[1]。今、輔仁学派マスメディアの学閥を形成。

概観[編集]

大学全体[編集]

輔仁大学はローマ教皇庁直属のカトリック大学であり、カトリック修道会神言会イエズス会および台湾司教団が合同で学校の開設、現在は輔仁大学学校財団法人が経営する大学である。西洋化語学教育に定評があり[2]、台湾で最難関の私立大学とも言われている[3]

元来の設置場所は北京であったが、1952年に他の大学との統合でいったん消滅し、1961年に台湾で再興された。中国大陸における実質的な後身は北京師範大学である。歴史的に聖座との関わりが深く、田耕莘于斌羅光単国璽狄剛劉振忠など多くの枢機卿大司教が学長・理事長。2014年現在、11学部を擁している、総学生数 26,436人、海外からの留学生延べ受入数は2,000人以上である[4]。日本の上智大学南山大学と姉妹関係があるほか、各国のイエズス会系校・神言会系校と提携関係がある。

卒業生には郝慰民(2007年にIPCCの一員としてノーベル平和賞を受賞)がいる。また、スティーブ・チャントレンドマイクロの創設者)・ジョリン・ツァイ(歌手)・ニッキー・ウー(俳優)が多くの有名人。そのほか10数人の人の各国国立科学アカデミーの院士とアメリカ大学の教授を輩出している。

輔仁の名の由来
「輔仁」の名は、『論語』顔淵編から引用した諺「君子以文会友,以友輔仁(君子は文を以て友と会し、友を以て仁を輔(たす)く)[5]」に由来する。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

医学部·夜間部の建物見下ろす
野声楼のホール
教育理念[6]
「真、善、美、聖」[7]の総合教育を追及する教師と学生の共同体です。
中華文化とキリスト教信仰の融合への努力、
学術研究と真理の発揚への貢献、
社会のバランスのとれた発展と人類の幸福の促進を目指しています。
教育目標
教育、研究、奉仕、事務の各方面で努力し、
人を知り、物事を知り、天を知る理想的な人間作りを進める。

教育および研究[編集]

台湾教会の最高学府として、その代表的なエリアは人文学マスコミュニケーション織物設計、法学商学工学体育教育学臨床医学である、特にその言語学と織物設計は台湾有数のレベルである。また管理学部はAACSB認証を受けている(台湾初)[8]

その教育レベルは、タイムズ・ハイアー・エデュケーション誌では上智大学とほぼ同等の評価を受けている[9]。同誌の「世界大学ランキング」の人文科学分野では、トップ400位。

本学における全国初の組織[編集]

中国大陸初
教養学部、家政学科、ファインアート学科、人類学
台湾初
哲学研究科、大学出版会、神学部、言語学研究科、ドイツ語研究科、織物設計学科†、外国語学部、情報管理学科、宗教学科、スペイン語研究科、応用ファインアート学科、翻訳研究科、人間生態学部、比較文学研究科博士課程、イタリア語学科†、食品・栄養学博士課程*、学士後法律学科、カトリシズム学士学位プログラム†
†=国内唯一
台湾の私学初
体育学科、図書館学科、博物館学研究科

沿革[編集]

今、輔仁の校章
キャンパスの東北
キャンパスの中央

略歴[編集]

輔仁大学の正式の前身は1925年に、北京でアメリカのベネディクト会員により大学予科を創設された、当時の名前は「北京公教大学附属輔仁社」。1927年に正式な学校の設立が中華民国北洋政府によって認可され、「私立北京輔仁大学」として発足した。中華民国国民政府が全国を統一してから、教育部(日本の文部科学省にあたる)で本格的な計画を始めた。中華人民共和国建国後、1952年体制の改革で、北京5校に統合された。現在中国大陸にある旧輔仁大学の住所は「北京師範大学 北キャンパス」および「北京輔仁同窓会」である。中国大陸時代の著名な卒業生に、王光美劉少奇夫人)、劉達清華大学の学長)、トウ昌黎(物理学者)がいる。

1959年カトリック修道会神言会イエズス会および中国司教団が合同で学校の復興に取り組み、1960年教育部の許可の下に台湾の台北県(現在の新北市)で復興。1961年哲学大学部学生募集を始め、1962年まで3学部10学科設立され、本格的に学生募集を始める。

輔仁大学は学校創立90周年を迎え、台湾で復興してからの60年間、国内と海外をあわせて約17万人の同窓生がいる。

大学名の変遷[編集]

順序 大学名 英語 期間
1 輔仁社 Fu Jen Academy 1913年1918年
2 輔仁社麦瑪那国学専修科 McManus Academy of Chinese Studies 1925年
3 北京公教大学附属輔仁社 Catholic University of Peking 1925年1927年
4 私立北京輔仁大学 Catholic University of Peking 1927年1929年
5 私立北平輔仁大学 Catholic University of Peking 1929年1950年
6 国立輔仁大学 Furen University 1950年1952年
7 私立輔仁大学 Fu Jen Catholic University 1960年

輔仁社・北京公教大学の沿革[編集]

輔仁大学(北京・北平)の沿革[編集]

輔仁大学(台北・新北)の沿革[編集]

  • 1956年7月15日 - 胡適台静農などの8人を中心に台湾同窓会を発足、大学再建に向けて活動を開始。
  • 1956年10月5日 - 台湾同窓会、ローマ神言会事務総長を介して、ローマ教皇庁を大学再建の請願書を提出。
  • 1959年12月 - 再建後の学長予定者として于斌枢機卿を選任。
  • 1960年4月5日 - 于斌、田耕莘などの15人の理事で構成される理事会が成立。
  • 1960年7月7日 - 理事会と中国主教団、イエズス会、神言会で大学の構成について合意。6学部による大学設置を目指す。
  • 1961年9月 - 大学院哲学研究科を設立し、第1期の学部生として8名をが入学。29日に授業を開始。
  • 1963年春季 - 2月、台北県新荘鎮に校地を買収。3月、校舎の建設を開始。
  • 1963年秋季 - 校舎完成に伴い一部の学部で学生募集を開始。10月21日に新入生518名を受け入れ、授業を開始。
  • 1964年3月1日 - 始業式において在台復校を宣言。
  • 1967年6月29日 - 再建後最初の卒業式。学部卒業生を428人、大学部卒業生を4人輩出。
  • 1967年12月 - 理事会改選、宋美齢が理事長に就任。
  • 1969年 - 商業学部と夜間部を増設し、校舎を増築。
  • 1970年 - ローマコロシアムの建物を模倣した中美堂が落成。
  • 1978年8月 - 于斌が学長を辞職。6日に心臓病で急死し、大学構内で埋葬される。
  • 1980年 - 医学部を増設。
  • 1983年 - 芸術学部を増設。
  • 1984年10月21日 - 王光美を会長として北京同窓会が正式に発足。
  • 1992年5月 - 理事長の宋美齢が辞職し、名誉理事長に。単国璽司教(当時)が後任の理事長に就任。
  • 1994年 - 民生学部を増設。
  • 2005年11/12月 - 開校80周年記念式典を挙行。
  • 2010年 - 教養学部とマスコミュニケーション学部などを増設。
  • 2012年1月5日 - 台北捷運新荘線輔大駅まで開業
  • 2013年1月17日 - カトリック香港教区陳日君枢機卿が「輔仁大学カトリック学術研究院」の招きで来校。

組織[編集]

野声楼
児童家庭学科

2010年現在で計11学部を有し、修士課程42コース、博士課程11コース、夜間部では14学科および Post Bachelor コース(法律学科)があり、学生数は計2万人余り。

  • 文学部
    • 中国文学科・研究科
    • 哲学学科・研究科
    • 歴史学科・研究科
  • 芸術学部
    • 音楽学科・研究科
    • 景観デザイン学科・研究科
    • 応用美術学科・研究科
  • 医学部
    • 医学科
    • 職能治療学科
    • 看護学科・研究科
    • 公共衛生学科・研究科
    • 臨床心理学科・研究科
  • マスコミュニケーション学部
    • 映像コミュニケーション学科
    • 新聞コミュニケーション学科
    • 広告コミュニケーション学科
    • マス・コミュニケーション学研究科
  • 教育学部
    • 体育学科・研究科
    • 図書館情報学科・研究科
    • 教育指導発展研究科
  • 外国語学部
    • 英語文学科・研究科
    • ドイツ語文学科・研究科
    • フランス語文学科・研究科
    • スペイン語文学科・研究科
    • 日本語文学科・研究科
    • イタリア語文学科
    • 比較文学研究科
    • 言語学研究科
    • 翻訳学研究科
  • 理工学部
    • 電子工学科・研究科
    • 情報工学科・研究科
    • 生命科学科・研究科
    • 化学科・研究科
    • 物理学科・研究科
    • 数学科・研究科
    • 心理学科・研究科
    • 応用科学工学研究科
  • 人間生態学部
    • 生活応用科学科
    • 織物服裝学科
    • 食品営養学科
    • 児童家庭学科・研究科
    • 飲食管理学科・研究科
    • 2年制流行デザイン経営学科
    • 博物館学研究科
  • 法律学部
    • 法律学科・研究科
    • 財経法律学科・研究科
  • 社会科学部
    • 経済学科・研究科
    • 社会学科・研究科
    • 社会事業学科・研究科
    • 宗教学科・研究科
  • 管理学部
    • 企業管理学科
    • 統計情報学科
    • 国際貿易金融学科
    • 情報管理学科・研究科
    • 会計学科・研究科
    • 金融研究科
    • 応用統計研究科
    • 管理学研究科
    • 商学研究科
  • 夜間部

教員[編集]

田耕莘の銅像
于斌の銅像
羅光の銅像

歴代理事長[編集]

区分 氏名 称号 期間
北京(北平) - 張継 - 1929年~1947年
台北 初代 田耕莘 枢機卿 1960年~1967年
台北 第2代 宋美齢 総統夫人
蒋介石の妻)
1967年~1992年
台北 第3代 単国璽 司教 1992年~1993年
台北 第4代 狄剛 大司教 1993年~1999年
台北 第5代 単国璽 枢機卿 1999年~2008年
台北 第6代 王愈栄 司教 2008年~2009年
台北 第7代 劉振忠 大司教 2009年~

歴代学長[編集]

区分 氏名 学問 期間
北京 初代 George Barry O'Toole O.S.B(奧図爾) 神学者 1925年~1929年
北京(北平) 第2代 陳垣 歴史学者 1929年~
台北 第3代 于斌 哲学者 1960年~1978年
台北 第4代 羅光 哲学者 1978年~1992年
台北 第5代 李振英 哲学者 1992年~1996年
台北 第6代 楊敦和 法学者 1996年~2000年
台北 第7代 李寧遠 生物学者 2000年~2004年
台北 第8代 黎建球 哲学者 2004年~2012年
台北 第9代 江漢声 医学者 2012年~

図書館[編集]

  • 人文科学図書館(Kungpo Memorial Library, 文図)
  • 自然科学・外国語・家政図書館(Schutte Memorial Library, 理図)
  • 社会科学図書館(Fahy Memorial Library, 社図)
  • 医学部図書館(Paul Cardinal Shan Library, 医図)
  • 神学院図書館(Theology Library, 神図)

姉妹校[編集]

現在までに、全世界の342校以上の大学と締結して姉妹校となっており、アジアヨーロッパアメリカオーストラリアにまで及び、「輔仁大学エリート留学奨学金」を設け、学生の海外学習やダブル学位取得を支援している[10]

アメリカ州
ブラジルの旗 ブラジルカナダの旗 カナダチリの旗 チリグアテマラの旗 グアテマラホンジュラスの旗 ホンジュラスメキシコの旗 メキシコニカラグアの旗 ニカラグアパナマの旗 パナマパラグアイの旗 パラグアイアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ヨーロッパ
オーストリアの旗 オーストリアベルギーの旗 ベルギーチェコの旗 チェコフィンランドの旗 フィンランドフランスの旗 フランスドイツの旗 ドイツハンガリーの旗 ハンガリーアイルランドの旗 アイルランドイタリアの旗 イタリアオランダの旗 オランダポーランドの旗 ポーランドスペインの旗 スペインスロバキアの旗 スロバキアスロベニアの旗 スロベニアスウェーデンの旗 スウェーデンイギリスの旗 イギリス
アジア
日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国北京大学清華大学復旦大学上海交通大学など)、香港の旗 香港インドネシアの旗 インドネシア韓国の旗 韓国マカオの旗 マカオマレーシアの旗 マレーシアフィリピンの旗 フィリピンシンガポールの旗 シンガポールタイ王国の旗 タイベトナムの旗 ベトナム
オセアニア
オーストラリアの旗 オーストラリアパプアニューギニアの旗 パプアニューギニア
アフリカ
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ

日本との関係[編集]

女子寮の一つ

カトリックの精神に基づく大学ということもあり、日本と姉妹関係を締結している大学の多くもカトリック系の大学が多い。そのため、台湾の大学としては、日本のカトリック系女子大学(聖心女子大学藤女子大学など)と多く協定を結んでいるのが特徴で、日本人交換留学生も女子学生が大半である。また、日本語学科は台湾人・日本人教員ともに東北大学出身者が多い。2011年3月現在、学生交換協定を締結している主な日本の大学は次のとおり。

主な出身者[編集]

アクセス[編集]

輔大駅が近く、キャンパスから徙歩0.5分。

附属学校[編集]

  • 基隆市輔大聖心高級中学(Keelung Fu Jen Sacred Heart Senior High School)
  • 基隆市・輔大聖心小学(Keelung Fu Jen Sacred Heart Elementary School)

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]