呂彦青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「呂彥青」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
呂 彦青 (ル・イェンチン)
Yen-Ching Lu
阪神タイガース #26
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 中華民国高雄市
生年月日 (1996-03-10) 1996年3月10日(22歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年
年俸 800万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
プレミア12 2015年
呂 彦青
各種表記
繁体字 呂 彥青
拼音 Lǚ Yànqīng
注音符号 ㄌㄩˇ ㄧㄢˋ ㄑㄧㄥ
発音転記: ル・イェンチン
ラテン字 Lu Yen-Ching
テンプレートを表示

呂 彦青(ル・イェンチン、英文表記:Yen-Ching Lu, 1996年3月10日 - )は、台湾高雄市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2013年の高雄市立三民高級中学3年時に頭角を現し、国内メディアに注目されるようになる[2]

国立台湾体育運動大学に進学すると、2015年には第27回アジア野球選手権大会[3]第28回ユニバーシアード競技大会[2]第1回WBSCプレミア122016年には第1回WBSC U-23ワールドカップ台湾代表に立て続けに選出されるなどさらなる成長を見せた。2017年第28回アジア野球選手権大会では日本との決勝戦に先発、田嶋大樹と投げ合い4回までわずか1安打に抑えるも、5回に味方のエラーなどもあり4失点(自責点3)し敗戦投手となった[4][5]

2017年11月6日、NPB阪神タイガースへの入団が発表された。年俸は推定800万円[1]、背番号は26[6]。2017年オフにおける阪神の補強第1号となった[4]。同月8日から鳴尾浜で行われているファーム秋季練習に参加[1]、練習打ち上げ後に台湾へ一時帰国した。

プロ入り後[編集]

2018年1月10日、外国人選手としては異例の早さで再来日[7]。同月12日からは鳴尾浜球場で行われている新人合同自主トレに合流した[8]

選手としての特徴[編集]

最速148km/hのストレートを軸に、スライダーチェンジアップを操る[4]。特にチェンジアップに対する評価が高い[2][9]。ストレートがややシュート回転する傾向にある他、制球力に課題を残す[2]

台湾時代の恩師である郭李建夫は「頭を使った投球し反応も良い。大舞台にも恐れずに冷静に投球できる」と評価し[2]、阪神の矢野燿大二軍監督は「小気味いい。剛腕、剛速球という感じではない。どちらかというと柔らかい」と語っている[10]他、投球スタイルは横浜DeNAベイスターズ今永昇太[4]や元読売ジャイアンツ他の前田幸長[11]などに例えられる。

人物[編集]

目標とする投手は2013年のWBCで投球を見た能見篤史で、入団会見前に球場視察に訪れたところ、ロッカールームで偶然遭遇し激励を受けたという[1]。日本で対戦したい打者として台湾出身の先輩である読売の陽岱鋼の名を挙げている。

2017年11月の阪神への入団決定時点では大学4年であり、2018年6月の卒業見込みとなっていたことから、まず学業に専念し卒業後にプロ野球の道に進むためと2017年7月の台湾プロ野球のドラフトを断っていた[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 26 (2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「陪你飛」 - 吳思賢 (2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]