能見篤史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
能見 篤史
Nohmi Atsushi Orix Buffaloes 20220930.jpg
オリックス・バファローズでの現役最終登板
(2022年9月30日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県出石郡出石町
(現:豊岡市
生年月日 (1979-05-28) 1979年5月28日(43歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年4月3日
最終出場 2022年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・バファローズ (2021 - 2022)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2013年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2013

能見 篤史(のうみ あつし、1979年5月28日 - )は、兵庫県出石郡出石町(現:豊岡市)出身の元プロ野球選手投手、左投左打)、コーチ

2005年から2020年まで投手として阪神タイガースへ在籍した後に、2021年から投手コーチ兼任でオリックス・バファローズへ移籍[1]2022年限りで現役を引退した[2]

概要[編集]

阪神投手時代の2019年NPBの一軍公式戦における40代の投手としてのシーズン最多登板数記録2022年シーズン終了時点)、オリックス移籍後の2021年通算1,500奪三振を歴代最年長小宮山悟と並ぶ41歳11か月)で達成した[3]。また、阪神・オリックスの両球団で、一軍公式戦におけるセーブホールドの球団最年長記録を達成。NPBの投手では初めて、最年長セーブと最年長ホールドの球団記録を40代に複数の球団で樹立している[4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神戸市で出生した後に、兵庫県警察の警察官だった実父が出石町内の駐在所へ赴任したことから、自身も生後4か月から中学校を卒業するまで同町で過ごした[5]

小学校3年時に実父が指導者をしていた出石町内の軟式野球チーム「小坂プラッキーズ」で野球をスタート[5]。その後、鳥取城北高校普通科体育コースへ進学すると、硬式野球部のエースとして活躍した。2年時には、夏の鳥取大会で準優勝を経験。秋には、秋季県大会での優勝を経て、秋季中国地区大会でチームのベスト4進出に貢献した。3年時の春季県大会ではノーヒットノーランを達成している。

在学中は全国大会と無縁であったが、上記の実績から、川口知哉平安)・井川慶水戸商業)とともに「高校生左腕三羽ガラス」と称されるほど注目された[6]NPBの一部球団もドラフト会議の指名に向けて動いていたが、当時大阪ガス硬式野球部の監督だった竹村誠から熱心な誘いを受けた末に、同社へ入社した[5]

大阪ガスへの入社後は、熱心なファンですら投げる姿をほとんど見られなかったほど故障が相次いでいて、一時は「幻の投手」とまで呼ばれた。入社5年目の2003年には、「来年もダメだったら社業に戻る」と考えていたという。しかし、竹村の後任として監督に就任した湯川素哉から、「(左肘が)痛くても投げなさい。どうせなら、(左肘を)壊して辞めないか」という「最後通告」を受けたことから一念発起。左肘に痛みを抱えながら投げ込みの球数を増やしたところ、その成果を湯川に認められたことから、対外試合での登板機会を徐々に増やした[6]

2003年の第30回社会人野球日本選手権大会では、予選から好調を維持したまま、本大会で決勝に進出。決勝で日産自動車と対戦したが、延長11回に伊藤祐樹適時打サヨナラ負けを喫した。翌2004年には、後に阪神でもチームメイトになる渡辺亮久保康友らと共に、第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表として第22回ハーレムベースボールウィークに出場。その後に催された日本選手権でも、2年連続で本大会への出場を果たすと、野村克也監督率いるシダックス戦で野間口貴彦との投げ合いを制するなど活躍した。JFE西日本との決勝戦にもリリーフで登板したが、延長15回表に福竹政人のソロ本塁打で決勝点を与えたため、2年連続で敗戦投手になった[6]

2004年のNPBドラフト会議自由獲得枠[7]、当時井川がエースとして活躍していた阪神タイガースに、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は14。担当スカウト池之上格[8]

阪神時代[編集]

2005年、開幕一軍入りを果たしたが、6月中旬に二軍へ降格。7月末に一軍へ再び昇格すると、9月には一軍公式戦で2連勝を記録したものの、一軍公式戦の通算防御率は5点台に達した。10試合に登板したウエスタン・リーグ公式戦では、投球回(38回)を上回る41三振を記録するとともに、22被安打、15与四球でWHIP0.97、防御率1.42を記録。セントラル・リーグ優勝で臨んだ日本シリーズでも、救援での登板を経験した。

2006年、左のセットアッパーとして前年のセ・リーグ優勝に大きく貢献したジェフ・ウィリアムスが、膝の手術を受けた影響でレギュラーシーズンの開幕に出遅れたため、開幕から中継ぎとして一軍公式戦で登板。チームが4敗を喫した開幕からの10試合には継投の失敗が相次いだ影響で、3試合で自身に黒星が付いた。セ・パ交流戦の期間中にウィリアムスが復帰すると、二軍へ降格。降格後には、ウエスタン・リーグ公式戦6試合の登板で、防御率3.60を記録した。シーズン終了後にハワイ・ウィンターリーグへ派遣。

2007年、井川がMLBニューヨーク・ヤンキースへ移籍したことに伴い一軍公式戦での開幕から先発ローテーションに入ったが、4月末までに5試合の登板で1勝3敗と不振だった。中継ぎへの再転向後も不安定な投球が続き、5月27日の対千葉ロッテマリーンズ戦(阪神甲子園球場)では9回表に救援登板して1回5失点を記録した。この登板では、チーム3個目の死球福浦和也に与えたことがきっかけで、その裏に藤田宗一による金本知憲への死球で乱闘を招いている。翌28日に二軍へ降格したが、8月中旬に先発要員として一軍へ復帰。復帰直後の4試合では、8月18日の対広島東洋カープ戦(京セラドーム大阪)で一軍公式戦初完封を挙げるなど3勝を挙げた。ウエスタン・リーグ公式戦では7試合に登板。チームトップタイ(リーグ2位)の6勝、防御率2.51、通算投球イニング43回で37奪三振を記録した。また、被安打35、与四球15でWHIP1.12と安定していた。

2008年は中継ぎでスタート。5月7日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)で7回裏に救援登板すると、アレックス・ラミレスに本塁打性の打球を打たれたが、外野席の最前列にいた観客が打球を手で押さえたことから、審判団の協議で二塁打として判定される珍事に見舞われた。同年の一軍公式戦での登板は11試合で、プロ入り後初の未勝利でシーズンを終えた。ウエスタン・リーグ公式戦では、29試合に登板してリーグ6位の5勝、チームトップ(リーグ2位)の11セーブ、リーグ5位の52奪三振を記録。防御率0.83、WHIP0.90という好成績を残した。

2009年、自身と同じ左投手の岩田稔など、投手陣に故障者が相次いだことを背景に、レギュラーシーズンの開幕から一軍の先発ローテーションに入った。6月までは先発登板の試合で打線の援護に恵まれず、7月上旬には救援で3試合に登板した。7月19日の対巨人戦(東京ドーム)に9回を2安打無失点12奪三振の好投で勝利投手になってからは、11試合の先発登板で9勝2敗と好調。セ・リーグ3位の165回を投げて、プロ入り後初めて最終規定投球回に到達した。また、防御率2.62、13勝(いずれもリーグ4位)、リーグ2位の154奪三振など、チームの投手陣トップの成績を記録。対巨人戦では内海哲也との先発対決に4試合連続で投げ勝ったほか、対広島戦では7試合の登板で4勝、防御率1.45という好成績を残した。

2010年、2年連続でレギュラーシーズンの開幕から一軍の先発ローテーションを担ったが、5月2日の対巨人戦で走塁中に右足楔状骨の剥離骨折に見舞われたため、4か月もの戦線離脱を余儀なくされた。9月9日の対中日ドラゴンズ戦(いずれも甲子園)で一軍に復帰すると、勝敗は付かなかったものの、7回2失点10奪三振と好投。復帰後の対巨人戦で2勝を挙げたことによって、前年7月から始まった同カードので連勝を7にまで伸ばした[9][10]。レギュラーシーズン全体でも、一軍公式戦で8勝無敗を記録。9月には、5試合の登板で3勝、防御率1.29を記録するなど好調で、セ・リーグ投手部門の月間MVPに初めて選ばれた。

阪神時代(2011年)

2011年、入団後初めてレギュラーシーズンの開幕投手として臨んだ4月12日の対広島戦に、7回途中3失点でシーズン初勝利。4月19日の対巨人1回戦(いずれも甲子園)では、一軍公式戦7者連続三振の球団最多タイ記録を達成した。5月3日の対巨人4回戦(東京ドーム)での9回完投勝利によって、1979年小林繁が達成した同カード8連勝の球団記録に並んだものの、6月26日の9回戦(甲子園)で黒星を喫したことで連勝が止まった。それでも、レギュラーシーズン全体では、自己最多の200回1/3を投げて12勝を記録した。

2012年、前年に続いてレギュラーシーズンの開幕投手に起用されると、シーズン序盤は好調。中盤は巨人相手に3連敗を喫するなどの不振に陥ったが、4試合に登板した9月には、3勝1敗、防御率0.55という好成績で球団選定の月間MVPを受賞した[11]。レギュラーシーズンのチーム最終戦であった10月9日の対DeNA戦(甲子園)では、1回表に2三振を奪った末に降板したことによって、杉内俊哉と同数(172)ながらセ・リーグ最多奪三振のタイトルを確定させた。同タイトルを阪神の投手が獲得したのは、2006年の井川以来6年ぶり[12]で、2年連続のシーズン2桁勝利も達成[11]。シーズン終了後には、翌2013年に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表候補に入った[13][14]

2013年、NPBのオープン戦期間中に開かれた第3回WBCに、日本代表の一員として参加[15]代表入りした[16][17]東京ドームで開催された2次ラウンドでは、代表合宿からの好調を買われて、対台湾代表戦の先発に起用された。2回裏までは好投したものの、3回裏に突如制球を乱すと、二死満塁から押し出し四球で先制点を献上。結局、2回2/3を自責点1という内容で交代したが、試合自体は延長10回の末に4-3で日本代表が勝利した。日本代表の2次ラウンド1位通過を経て臨んだ決勝ラウンドでは、プエルトリコ代表との準決勝(サンフランシスコAT&Tパーク)において、1点ビハインドの6回表から2番手で登板。7回表無死一塁から1回0/3を投げたものの、8回表にアレックス・リオスから2点本塁打を打たれて自責点2で降板する[18]と、日本代表も1-3で敗れた。

NPBのレギュラーシーズンは、開幕戦への登板を回避。4月に爪が割れるアクシデントがあったが、5月6日の対巨人戦(東京ドーム)では、笠原将生から一軍公式戦初本塁打を記録するとともに、完投勝利を挙げた[19][20]。シーズン成績は11勝7敗で、3年連続の2桁勝利、自己最多の6完投勝利を記録。

2014年、3月28日の対巨人戦(東京ドーム)で2年ぶりに開幕投手を務めたが、序盤での4点リードを守れず、5回途中10被安打10失点(全て自責点)の乱調で大敗を喫した[21]。5月16日の対横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)から6月14日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)まで2桁奪三振を続けた結果、5試合連続2桁奪三振のセ・リーグ最長記録を達成した[22]が、同年は自己ワーストの13敗を記録。防御率も3.99で、6シーズンぶりに2点台を突破するなど安定感を欠いた。しかし、レギュラーシーズン2位で迎えたクライマックスシリーズ(CS)では、10月12日に広島とのファーストステージ第2戦(甲子園)に先発すると、8回を無失点と好投。チームはこの試合を引き分けで終えたものの、シリーズ規定によってファイナルステージ進出が決まった。リーグ優勝の巨人と対戦したファイナルステージでは、10月18日の第4戦(東京ドーム)で先発。5回94球2失点という内容で交代すると、救援陣の逃げ切りによって勝利投手になるとともに、チームも日本シリーズ進出を果たした[23]福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、甲子園での第2戦に先発。6回2失点と好投しながら敗戦投手となった。その後は登板の機会がなく、チームも球団史上2回目のシリーズ制覇を逃した。日本シリーズの終了後は、11月11日に甲子園で催された「日本プロ野球80周年記念試合」で、阪神・巨人連合チームの先発投手としてMLBオールスターチームを2回無失点に抑えた[24]。また、レギュラーシーズン中に取得した国内FA権を行使したうえで、阪神と3年契約を結んだ[25]

2015年は、レギュラーシーズンで自身2年ぶりの2桁勝利となる11勝を挙げたが、前年と同じ13敗で2年連続のリーグ最多敗戦を記録。防御率も3.72と、規定投球回に達した投手では最も悪かった。クローザーの呉昇桓が故障で離脱したシーズン終盤には、中継ぎで2試合に登板したが、いずれの試合でも打ち込まれている。チームがレギュラーシーズン3位で迎えた巨人とのCSでは、ファーストステージの第3戦(東京ドーム)で先発投手として5回1失点と好投したがチームは敗れ、日本シリーズ進出を逸した。

2016年は8勝12敗、防御率3.67を記録。シーズンを通してローテーションを守ったものの、3年連続でリーグ最多敗戦を記録した。NPBの一軍公式戦において、同じ投手が3年連続でリーグ最多敗戦を記録した事例は、1986年から1988年までの尾花高夫(ヤクルト)以来で、左腕投手では初である。シーズンの終盤には、自身と同じく先発ローテーションの一角を担っていた岩崎優に続いて中継ぎへ転向[26]。一軍の救援陣に左投手が少なかったことによる措置であったが、中継ぎ登板で1ホールドを挙げるなど好投を続けたことから、シーズン終了後にはセットアッパーへの転向も視野に調整を進めた[27]

2017年、岩崎を本格的にセットアッパーへ転向させるチーム方針の下で、先発に再び専念。レギュラーシーズンでは一軍公式戦での救援登板がなく、先発登板23試合で6勝6敗という成績を残した。シーズン防御率は3.72ながら、4試合に登板した5月には、防御率0.43を記録するなど好調だった[28]。逆に、7月に3連敗を喫してからは、2か月にわたって白星から見放された。それでも、レギュラーシーズンの最終登板であった9月28日の対DeNA戦(横浜)では、93球を投げて同年唯一の完投勝利を挙げている[29]。チームのレギュラーシーズン2位で臨んだDeNAとのCSファーストステージ(甲子園)では、1勝1敗で迎えた第3戦(10月17日)の先発を任されたものの、一死しか取れずに3点を失って1回表の途中で降板[30]。チームはこの試合に敗れたことによって、広島とのファイナルステージ進出を逸した。

2018年、レギュラーシーズンの開幕から一軍の先発ローテーションに入っていたが、5月までに登板した3試合で0勝2敗、防御率7.53と振るわず、5月11日の広島戦登板後から二軍で調整。元々肩の仕上がりが早いことに加えて、一軍の救援陣から戦線を離脱する投手が相次いだことを[31][32]背景に、6月からセットアッパーへ本格的に転向した。6月9日の対千葉ロッテマリーンズ戦(甲子園)では、同点の延長11回表から救援で登板すると、チームのサヨナラ勝ちによってシーズン初勝利を記録[33]。6月28日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、同点の8回裏に1回を無失点で抑えると、チームの勝利によって一軍公式戦通算100勝目を挙げた。日本プロ野球では歴代135人目[34]で、阪神の生え抜き投手では選手では1985年山本和行以来33年ぶりの記録である[35]。8月16日の対広島戦(京セラドーム大阪)では、9回表にクローザーのラファエル・ドリスが先頭打者・會澤翼へ投じた初球が頭部死球で危険球とみなされて退場処分を受けたため、無死一塁の場面で緊急登板。そのまま抑えてチームの勝利につなげたことから、入団14年目にして一軍公式戦初セーブを挙げた[36]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦45試合の登板で、4勝3敗1セーブ、防御率2.56を記録。救援に専念した6月以降は、42試合の登板で4勝1敗1セーブ、防御率0.86という好成績を収めた[37]ほか、9月11日の対中日戦(甲子園)では球団の40代投手としては初めてのホールドを記録した[38]。シーズン終了後には、矢野燿大の一軍監督就任に伴って先発への再転向も検討された[39]が、矢野との面談で中継ぎに専念する意向を伝えている[37]。また、中日で43歳までプレーを続けていた左投手の岩瀬仁紀が、シーズン終了後に現役を引退。能見自身は、39歳だった12月14日に推定年俸1億1000万円(前年から1000万円減)という条件で阪神との契約を更改したこと[40]によって、NPB現役最年長の左腕投手になった[41]

2019年、開幕から中継ぎに専念。ナゴヤドームでの対中日戦では、阪神の40代投手としては歴代3人目の一軍公式戦勝利を8月14日に記録した[42]ほか、9月15日の登板でシーズンの登板数が50試合に達した。40歳以上の現役投手がNPBのレギュラーシーズンで一軍公式戦50試合に登板した事例は、2017年に42歳で達成した岩瀬に次いで2人目である[43]。最終的に自己最多の51試合に登板。入団後初めて公式戦に先発しなかった[44]ものの、1勝2敗18ホールドという成績で、チームの2年ぶりCS進出に貢献した。シーズン防御率は4.30と高く、7月にはリフレッシュを兼ねての二軍調整を経験した[45]が、シーズン終了後の12月11日には推定年俸9500万円(前年から1500万円減)という条件で契約を更改した[44]

2020年、年頭から新型コロナウイルスへの感染が拡大している影響で、当初3月20日に予定されていたレギュラーシーズンの開幕が誕生日より後(6月19日)まで延期されたものの、41歳にして開幕から救援陣の一角を担った。6月20日に巨人との開幕カード第2戦(東京ドーム)8回裏にシーズン初登板を果たしたことによって、阪神一筋で41歳のシーズンにも現役で在籍した投手としては若林忠志(1リーグ時代の1941年)以来2人目の公式戦登板を達成[46][47]。7月19日の対中日戦(甲子園)では、先発で登板した2018年5月11日の対広島戦(マツダ)以来の打席へ立った(記録は見逃し三振)一方で、救援投手としてチームのリードを守った末にシーズン初勝利を挙げた。41歳のシーズンに現役で阪神に在籍していた投手では若林(1941年)・下柳剛(2009年)に次ぐ打席と勝利で、2009年から始まった一軍公式戦での連続勝利シーズン記録も、この試合での勝利によって中西清起以来の12シーズンにまで伸ばした[48]。同年は開幕直後から調子が上がらず、7月の前半には、一軍への帯同を続けていながら2週間登板の機会がなかった[49]。9月3日の対ヤクルト戦(甲子園)では、7回表二死二・三塁からの救援登板で対戦した山崎晃大朗を投ゴロに仕留めながら、マウンド付近で跳ねた打球が自分の身体を直撃。その影響で体勢を崩してゴロの処理に手こずったため、1点を献上したばかりか、わずか1球を投げただけで交代を余儀なくされた(記録は能見の適時失策)[50]。9月8日からの対DeNA3連戦(横浜)には全試合で登板したものの、3点リードの4回表から救援した3戦目(10日)には、2者連続のソロ本塁打などで打者4人から一死しか取れずに降板[51]。9月11日付で、1年2か月ぶりに出場選手登録を抹消された[52]。しかし、抹消後に一軍から複数の選手が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、NPBが定める「感染拡大防止特例2020」に沿った代替選手の1人として9月25日に再昇格。再昇格後は、シーズン終了まで一軍に帯同した。帯同中の10月21日には翌年の戦力構想から外れていることを通告された。しかし、他球団での現役続行を希望したため、11月6日にはこの年限りで福留孝介上本博紀と共に退団することが球団から正式に発表された[53]。翌7日には広島・石原慶幸の引退試合として開催された対広島戦(マツダ)8回裏に、石原の現役最終打席限定で登板。全5球のストレート勝負で石原の引退に花を添えた(記録は右飛)[54]。さらに、チームのシーズン最終戦であった同月11日の対DeNA戦(甲子園)で、チームが1点を勝ち越した直後の9回表に登板。140km/h台のストレートで1イニングを無失点に抑えた末に、セーブで阪神での投手生活を締めくくった。この試合には41歳5か月で登板したため、一軍公式戦における阪神投手の歴代最年長セーブも達成[55][56]。一軍公式戦全体では、チームで4番目に多い34試合に登板。防御率4.74、1勝1セーブ4ホールドを記録した。12月2日付でNPBから自由契約選手として公示[57]

オリックス時代[編集]

2020年12月8日に、オリックス・バファローズが能見の獲得を発表した[58]。契約期間は1年、推定年俸は3500万円。背番号は26で、契約を機に投手コーチとの兼任を始めた(詳細後述[59]

2021年、前年のレギュラーシーズン途中から一軍の監督を代行していた中嶋聡が一軍監督へ正式に就任したことを背景に、捕手出身の中嶋と春季キャンプの前に会談。その結果、投手としての起用を優先する方針が立てられたため、先発への再転向を前提に[60]春季キャンプを「A組」(実戦形式の練習が主体のグループ)で過ごした[61]。オープン戦以降も一軍に帯同していたが、実際には救援で起用されていて、レギュラーシーズンでも開幕戦から中継ぎで登板[62]。41歳10か月で登板した4月10日の対日本ハム戦(京セラドーム)で移籍後初めてのホールドを挙げたことにより、オリックスの歴代最年長ホールド記録を達成した。阪神時代にも2018年9月11日の対中日戦(前述)から球団の最年長ホールド記録を保持しているが、セ・パ両リーグで40代にして最年長ホールドの球団記録を樹立した投手は能見が初めてである[63]。5月には、中嶋からクローザーを任されていた平野佳寿タイラー・ヒギンス(いずれも右投手)が体調不良で軒並み戦線を離れたため[64]、中嶋の方針で抑えに転向。転向後初めて登板した5月2日の対ソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で[65]移籍後初セーブを記録。このセーブは(前身球団を含めた)オリックス投手の歴代最年長記録である[4]。5月8日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、9回表にブランドン・レアードからの空振り三振でNPB史上57人目の一軍公式戦通算1,500奪三振を(小宮山悟に並ぶ)歴代最年長(41歳11か月)で達成した末に、シーズン2セーブ目を挙げている[3]。なお、平野とヒギンスが戦線に復帰したセ・パ交流戦からは中継ぎへ再転向。42歳になった直後の6月2日には、一軍公式戦としては移籍後初めて甲子園球場で行われた対阪神戦に6回裏から登板し1回を無失点に抑えた[66]。阪神戦には翌3日にも登板したが、10日の対巨人戦(京セラドーム)7回表の登板中に松原聖弥からの打球を左脚の下部に受けた影響で、翌11日に出場選手登録を抹消。実際には大事に至らなかったため、交流戦の終了後に再び登録されたが、抹消期間中も投手コーチとして一軍に帯同した[67]。リーグ戦の再開後もチームの事情で登録と抹消を繰り返したものの、一軍公式戦では通算26試合の登板で2セーブと5ホールドを挙げたほか[68]、コーチとしても前年にパシフィック・リーグの最下位だったチームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた。チームの全日程終了後の10月27日に優勝が確定した直後には、無観客ながら京セラドームでプロ入り後初めての胴上げを経験している[69]。11月27日にほっともっとフィールド神戸で行われたヤクルトとの日本シリーズの第6戦に、延長11回表無死からワンポイントリリーフとして登板[70]。日本シリーズでの登板は、阪神時代の2014年にソフトバンクとの第2戦に先発して以来7年ぶりの登板で、村上宗隆を5球で左飛に抑えた[71]。日本シリーズ終了後の12月8日に、推定年俸4500万円(前年から1000万円増)という条件で「投手コーチ兼任の選手」として契約を更新[72]。もっとも、契約の更新に際しては、翌2022年限りで現役を退く意向を球団に伝えていた[73]

オリックス時代
(2021年10月6日京セラドーム大阪にて)

2022年には、レギュラーシーズンの開幕から一軍に帯同。開幕当初は投手コーチに専念していたが、チーム事情との兼ね合いで出場選手登録が見送られていたため、4月21日まではNPBの規定で試合中のベンチ入りを控えていた[74]。翌22日付でコーチ登録の抹消と出場選手登録がNPBから公示されたこと[75][76]に伴って、コーチとしてのベンチ入りも再び可能になった[74]が、新型コロナウイルスへの感染が5月11日に判明。実際には症状が出ていなかったにもかかわらず、同月の下旬まで隔離療養を余儀なくされた[77]。投手としては、セ・パ交流戦のシーズン最終試合であった6月12日の対阪神戦(京セラドーム大阪)[78]を皮切りに、出場選手の登録と抹消を繰り返しながら一軍公式戦4試合に救援で登板。出場選手登録の抹消期間中はコーチとしての再登録も為されなかったものの、実際には一軍に帯同しながら、ベンチ以外の場所(主にブルペン)で投手の指導を続けた[74]。9月に入ってから、この年限りで現役を退く意向を改めて表明。一軍監督の中嶋やゼネラルマネジャー福良淳一(中嶋の2代前の監督)からは翻意を促された[73]ものの、9月15日に球団を通じて現役引退を正式に発表する[79]と、翌16日に臨んだ引退記者会見では「コーチとして指導していた投手が試合を通じて成長していく姿を嬉しく感じるようになった時点で、選手としての(現役続行に向けた)気持ちがかなり薄れたこと」を引退の理由に挙げた。この会見を受けて、球団では京セラドーム大阪におけるレギュラーシーズン最終戦(9月30日の対ロッテ戦)終了後に能見の引退セレモニーを開催[2]。能見自身は、セレモニーへ臨む前に8回表無死から「打者1人限定」という条件でシーズン5試合(阪神時代からの通算で474試合)目の登板を果たすと、左打者の安田尚憲を145km/hのストレートで空振り三振に仕留める[80]とともに、公式戦では最後のホールドを記録した。その一方で、チームが9月中にクライマックスシリーズ(CS)進出を決めていたことを背景に、チームのポストシーズン終了まで現役生活を続ける意向を引退セレモニーの直後に明言[81]。チームが10月2日のレギュラーシーズン最終戦(楽天生命パークでの対楽天戦)でリーグ2連覇を決めた際には、前日(1日付)の出場選手登録抹消[82]によって試合へ登板できなかったにもかかわらず、引退セレモニーの後[83]に続いてナインからの胴上げを経験した。さらに、チームがポストシーズンで前年に続いて日本シリーズでヤクルトと対戦したため、10月27日の第5戦では「投手」として出場選手登録。実際にはソフトバンクとのCSファイナルステージ(いずれも京セラドーム大阪)でも日本シリーズでも登板の機会はなかったものの、チームが日本シリーズの第7戦(神宮)で勝利した10月30日に、阪神時代には経験できなかった「日本シリーズの制覇」をもって現役生活を終えた[84]

なお、福良は能見に対して、2023年シーズンもコーチ専任でチームに残留することを引退会見の直後から要請[85]。しかし、本人は要請を固辞したうえで、「(球界の)外から野球を勉強したい」との意向を示した[86]。結局、球団はこの意向に沿って、コーチとしての契約を更新しないことを2022年11月7日に発表。この発表をもって、能見の退団が正式に決まった[87]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターのワインドアップ投法から投げる平均球速140km/h[88]フォーシームスライダーフォークボールを軸に、チェンジアップも交える[89]。決め球はフォークで、高い精度を誇る[90]。リリーフ時には最速151km/hを記録した[91][92]。2008年までは力に頼ったフォームで投げていたが、2009年からはしっかりと腕を振ることを意識した打者のタイミングを外すフォームに改良[93]。2010年頃までは、サイドスロー気味のフォームも時折織り交ぜていた[94]。なお、2018年の中継ぎ転向後はワインドアップを封印していたが、阪神での公式戦最終登板ではワインドアップを再び披露している。

少年野球チームで監督を務めていた実父と同じく、マウンドでポーカーフェイスを貫いていることが特徴[43]。もっとも、オリックスへの移籍後は「自然体でのプレーを心掛けている」とのことで、阪神時代から一転してマウンド上で笑顔やガッツポーズを何度も見せている[64][95]

阪神時代にはクローザーを本格的に経験しておらず、一軍の公式戦で初めてセーブを挙げた時の年齢は39歳2か月だった。以降のセーブは、40代に入ってから記録している。また、オリックス時代に41歳11か月で公式戦通算1,500奪三振を達成した際には、「(奪三振は)捕手との共同作業で、捕手に助けられている部分もある。僕だけに焦点が当てられているが、捕手がいなくては(記録を達成)できない」という表現で、阪神時代からバッテリーを組んできた歴代の捕手に感謝の意を示している[3]

人物[編集]

社会人野球の投手時代に阪神の選手として映画に出演[編集]

大阪ガスに在籍していた2002年に、阪神をテーマにした長嶋一茂主演の映画ミスター・ルーキー』に、阪神のユニフォーム姿でエキストラとして出演。「阪神が7連敗中の試合に中継ぎで登板したところ、痛打を打たれた末に敗戦投手になる」という役どころだった。その際には大阪ガスで着けていた背番号「14」を付けていたが、阪神への入団後もこの番号を着用している。ただし、背番号の上のローマ字表記は「NOHMI」ではなく「NOUMI」だった。

『ミスター・ルーキー』は、阪神の野村克也監督時代最終年(2001年)に撮影されたため、劇中に登場する阪神の選手は「DASH! HANSHIN」というロゴの入った当時のホーム用ユニフォームを身に付けていた。このユニフォーム姿で出演した後に、現役の選手として実際に阪神へ入団した人物は能見だけである。

投手では異例の専用ヒッティングマーチの制作[編集]

阪神で一軍の先発陣に定着してからは、2009年9月25日の対中日戦(ナゴヤドーム)で、中日の先発投手・吉見一起から2打席連続適時打を放ったり、2013年には前述のプロ初本塁打のほか、7月2日の対巨人戦(甲子園)で菅野智之から先制二塁打、7月27日の対DeNA戦(同)では4回裏二死満塁のチャンスにティム・コーコランから先制打を放つなど、投手として先発したセ・リーグ公式戦で3本の適時打を放っている。

阪神の応援団では、阪神の投手が打席に立つ場合に、基本として全投手共通の応援歌「投手汎用ヒッティングマーチ」を演奏している。しかし、2014年のシーズン前には、阪神選手の応援歌を制作・管理・運営を一手に担う「阪神タイガース応援団 ヒッティングマーチ委員会」が能見専用のヒッティングマーチを制作した[96]。能見本人から「打席では打者として評価してほしい」との要望があったことや、前述した打撃面での活躍がヒッティングマーチ委員会からも評価されたことによる[97]

NPBの他球団では、巨人、福岡ソフトバンクホークス、西武が投手ごとに応援歌を設定している。ただし、球団公認の応援団が(いわゆる「二刀流」の選手を除く)特定の投手専用の応援歌を制作した事例は、DeNA投手時代の三浦大輔北海道日本ハムファイターズ時代のダルビッシュ有中日ドラゴンズ大野雄大など極めて少ない。

阪神からオリックスへ移籍するまでの経緯(2020年)[編集]

阪神最終年の2020年には、現役引退を覚悟しながら、春季キャンプからセットアッパー向けの調整を続けていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でレギュラーシーズンの開幕が延期されていた5月に3週間ほど練習の中断を余儀なくされた影響で、シーズンに入ってからも調子が戻らなかった。本人曰く「(2020年シーズンは)消化不良だった」とのことで、2021年の戦力構想から外れていることを球団から伝えられると、家族への相談を経て他球団での現役続行を決意[98]。これに対して、京セラドーム大阪を本拠地に使用するオリックスが、救援での起用を視野に獲得へ名乗りを上げた。

阪神時代の能見は、2016年以降の毎年1月に、後輩投手(岩貞祐太など)を率いて沖縄県内で合同自主トレーニングを実施[99]。阪神で最後に登板した2020年のレギュラーシーズン最終戦で、後輩野手の梅野隆太郎大山悠輔から涙ながらに見送られるなど、チームメイトから慕われていた[100]

その一方で、オリックスでは左投手に20代の選手が多く、2020年シーズンの一軍では左の救援要員が手薄な状況にあった[100]。このため、能見に対しては、投手陣への助言や若手捕手の育成に対する期待を込めて「救援投手と一軍のブルペン担当投手コーチの兼任」という異例のオファーを提示。能見も、2020年12月8日の初交渉[101]でこのオファーを受け入れたため、「投手兼投手コーチ」という異例の契約で移籍に至った。ちなみに、投手兼任コーチとしての契約に際しては、「(自分は)口数が多い方ではないので、『(野球に取り組む)姿勢を(若手の投手や捕手に)黙って見せようかな』と思う。その姿勢や(自分の)行動から、何かを感じてもらえれば良い」との抱負を述べている[59]

オリックスで「コーチ兼任投手」 として現役を引退するまで(2021 - 2022年)[編集]

オリックスでは、能見が入団した2021年から、同じ部門のコーチを一軍と二軍で分担する体制を廃止している。この方針に沿って、コーチとしては一・二軍を問わず投手を指導[102]。頭髪の色が明るい選手がチームに多いことを踏まえて、「元々多かった」という白髪を黒く染める頻度を阪神時代から減らしたところ、白髪交じりの頭が新たなトレードマークと化していた[103]

2021年[編集]

オープン戦以降の一軍の試合に投手としてベンチ入りメンバーへ登録された場合には、ブルペン担当補佐の飯田大祐が能見をサポート。起用法を問わず、自身の登板中には、飯田がブルペン担当コーチの役割を代行している[104]

能見自身は「『選手』と『コーチ』の肩書を持つからには、(救援要員として登録された試合でも待機中の)ブルペンで(ベンチからかかってくる指示の)電話を取る」とのことで、自身の救援登板を電話で指示された場合に、自身の判断でブルペンへ直行することを想定。「(投手としては)登板を終えてからアイシングで左肘を冷やさないタイプ」と自認していることもあって、オープン戦では、調整目的での中継ぎ登板を終えた直後にブルペンへ戻ることもあった[105]。結局、能見はレギュラーシーズンの開幕を「選手専任」の救援要員として一軍で迎えたため、チームは別の投手コーチを二軍から招集することで開幕に備えた[106]

開幕後は、中嶋の方針に沿って、自身を含めた救援投手の連投を2試合に限定。現に、救援陣は「いつ誰が登板を指示されるか分からない」という緊張感を持ちつつも、(セ・リーグを含めた)NPBの12球団で唯一レギュラーシーズンで3試合以上の連投を経験しなかった[107][108]。エースの山本由伸に対しても試合前の対話を通じてアドバイスを送り続けたところ、パシフィック・リーグの投手タイトルをほぼ総なめにするほどの好成績につながったことから、レギュラーシーズン終盤には山本から感謝の意を伝えられている[109]

2022年[編集]

能見が主に指導していた一軍の救援陣が前年(2021年)のレギュラーシーズン全体でリーグ5位の防御率(3.33)にとどまったことから、「コーチ兼任投手」として契約を更新した能見の負担を軽減すべく、チームは日本ハム一筋で前年まで投手コーチを務めていた厚沢和幸を一軍の投手コーチに招聘。自身と高山郁夫を含めた3人のコーチで一軍の投手陣を指導する体制へ移行する[110]一方で、ブルペン担当補佐の飯田を育成コーチへ異動させた。

レギュラーシーズンに入ってからは、厚沢が一軍のブルペンを主に担当していたため、シーズンの序盤から自身のコーチ登録を抹消。チーム事情などから出場選手登録を外れていた時期には、NPBの規定でコーチとしてのベンチ入りも認められていないため、試合中はベンチ以外の場所(京セラドーム大阪の場合には選手サロン)から中継映像などを通じて投手陣の動きを分析していた。チームが5位に低迷していた7月には、16日の対楽天戦(楽天生命パーク)で田中将大の前に敗れると、帯同していた選手全員をブルペンに招集。「このままじゃ勝てない。昨年みたいに『何とかしよう』という気持ちが見えない」という言葉で選手を叱咤した。チームはこの時期を境に反転攻勢へ入ると、10月2日に楽天生命パークで組まれた楽天とのレギュラーシーズン最終戦で、先発の田中を攻略した末にリーグ2連覇を達成している[111]

その一方で、試合後には首脳陣のミーティングに参加してから、投手としての調整に専念。コーチとして一軍へ常に帯同していた関係で二軍(ウエスタン・リーグ公式戦)や練習試合での調整登板もままならなかったため、試合前の打撃練習で打撃投手を務めることや、試合前にブルペンで投げ込むことによって実戦感覚の維持に努めていたという。このような調整を強いられながらも、自分の経験を押し付けずに、個々の選手の特徴を踏まえたコーチングを継続[112]。山本と宮城大弥を前年に続いて2桁勝利に導いたほか、前年のシーズン途中に右肘のクリーニング手術を受けていた山岡泰輔の本格的な復活を後押しした。ちなみに、投手生活からの引退記者会見には、山本・宮城・山岡がサプライズで登場。宮城が能見に花束を贈ったほか、会見後には4人揃って笑顔で記念撮影に臨んでいる[113]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 阪神 16 12 1 0 0 4 1 0 1 .800 293 64.2 78 10 27 0 1 64 3 0 40 40 5.57 1.62
2006 38 2 0 0 0 2 4 0 8 .333 210 47.0 49 4 16 0 3 46 2 0 27 26 4.98 1.38
2007 23 12 1 1 1 4 4 0 2 .500 330 74.0 79 7 30 1 4 51 2 0 39 36 4.38 1.47
2008 11 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 54 11.1 15 1 6 0 0 10 1 0 6 6 4.76 1.85
2009 28 25 1 1 0 13 9 0 0 .591 675 165.0 142 11 44 1 5 154 3 1 61 48 2.62 1.13
2010 12 10 0 0 0 8 0 0 0 1.000 267 62.1 63 3 13 2 5 57 2 0 23 18 2.60 1.27
2011 29 28 5 1 1 12 9 0 1 .571 799 200.1 151 8 55 5 6 186 3 0 59 56 2.52 1.03
2012 29 27 3 2 1 10 10 0 0 .500 737 182.0 157 14 37 2 3 172 5 0 61 49 2.42 1.07
2013 25 25 6 2 1 11 7 0 0 .611 724 180.2 155 18 41 1 0 127 5 0 57 54 2.69 1.08
2014 26 26 3 1 0 9 13 0 0 .409 720 169.1 170 16 48 0 3 151 9 0 81 75 3.99 1.29
2015 27 25 1 1 1 11 13 0 0 .458 672 159.2 170 13 38 1 2 125 6 0 73 66 3.72 1.30
2016 26 24 2 1 0 8 12 0 1 .400 634 147.1 140 17 52 2 6 126 5 1 67 60 3.67 1.30
2017 23 23 1 0 0 6 6 0 0 .500 533 128.1 117 14 40 0 2 119 2 1 57 53 3.72 1.22
2018 45 3 0 0 0 4 3 1 16 .571 229 56.1 40 5 19 0 3 48 6 0 23 16 2.56 1.05
2019 51 0 0 0 0 1 2 0 18 .333 191 44.0 37 5 24 3 1 41 2 0 21 21 4.30 1.39
2020 34 0 0 0 0 1 0 1 4 1.000 109 24.2 25 6 12 0 1 19 1 0 14 13 4.74 1.50
2021 オリックス 26 0 0 0 0 0 0 2 5 ---- 103 22.1 26 2 11 2 3 19 0 0 11 10 4.03 1.66
2022 5 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 15 3.2 2 0 2 0 0 2 0 0 1 1 2.45 1.09
通算:18年 474 243 24 10 5 104 93 4 57 .528 7295 1743.0 1616 154 515 20 48 1517 57 3 721 648 3.35 1.22
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBCでの投手成績[編集]










































2013 日本 3 1 0 0 0 23 4.2 6 1 2 0 1 3 0 0 3 3 5.79

年度別守備成績[編集]



投手












2005 阪神 16 1 8 0 1 1.000
2006 38 1 14 0 1 1.000
2007 23 3 15 0 0 1.000
2008 11 0 1 0 0 1.000
2009 28 5 35 1 2 .976
2010 12 4 7 0 1 1.000
2011 29 7 39 1 4 .979
2012 29 6 33 1 1 .975
2013 25 13 24 1 3 .974
2014 26 8 26 1 2 .971
2015 27 11 29 0 3 1.000
2016 26 4 27 0 0 1.000
2017 23 6 33 2 3 .951
2018 45 1 11 1 2 .923
2019 51 4 8 0 0 1.000
2020 34 4 3 1 1 .875
2021 オリックス 26 1 6 0 0 1.000
2022 5 1 2 0 0 1.000
通算 474 79 321 9 24 .978

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
節目の記録
その他の記録
  • 7者連続奪三振:2011年4月19日、対読売ジャイアンツ1回戦(阪神甲子園球場) ※セ・リーグ2位タイ、球団タイ記録[116][117]
  • 5試合連続2桁奪三振:2014年 ※セ・リーグ記録
登板日 対戦チーム 球場 投球回 奪三振
5月16日 DeNA 阪神甲子園球場 8 11
5月24日 ソフトバンク 福岡 ヤフオク!ドーム 6 13
5月31日 日本ハム 札幌ドーム 8 10
6月6日 オリックス 阪神甲子園球場 7 1/3 10
6月14日 西武 西武ドーム 6 10

背番号[編集]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM

漫画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 能見篤史投手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2020年12月8日). 2020年12月10日閲覧。
  2. ^ a b “能見篤史投手 引退会見”. オリックス・バファローズ. (2022年9月15日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00006385.html 2022年9月15日閲覧。 
  3. ^ a b c “オリックス能見篤史が通算1500奪三振 史上最年長タイ41歳11カ月”. 日刊スポーツ. (2021年5月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105080000728.html 2021年5月9日閲覧。 
  4. ^ a b “オリックス・能見が移籍後初セーブ 41歳11カ月、史上初の「複数球団での最年長セーブ」”. スポーツニッポン. (2021年5月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/02/kiji/20210502s00001173460000c.html 2021年5月2日閲覧。 
  5. ^ a b c 阪神・能見、平成最後に悲しき別れ…2人の恩人の教え胸にマウンドへ”. スポーツニッポン (2019年5月2日). 2022年4月22日閲覧。
  6. ^ a b c 【ターニングポイント】能見が覚悟を固めた瞬間 大阪ガス時代に受けた“最後通告””. デイリースポーツ (2019年4月16日). 2022年4月22日閲覧。
  7. ^ “オリックス、能見獲得へ1軍投手コーチ兼任プラン”. 日刊スポーツ. (2020年11月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011260000827.html 2020年11月28日閲覧。 
  8. ^ 元大阪ガス監督・湯川氏、能見に18年前「最後通告」も夢あきらめず「頑張ったんですよ、あいつは」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2020年11月12日). 2022年4月22日閲覧。
  9. ^ 阪神・能見“巨人キラー”ぶり発揮”. スポーツニッポン (2010年9月29日). 2010年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月3日閲覧。
  10. ^ 日刊スポーツ 2010年9月27日付紙面 猛虎データセンター
  11. ^ a b 球団選定9月度月間MVPに能見投手”. 阪神タイガース公式サイト (2012年10月5日). 2022年4月22日閲覧。
  12. ^ “能見初の奪三振王、阪神では6年ぶり”. 日刊スポーツ. (2012年10月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121010-1030616.html 2012年10月14日閲覧。 
  13. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表”. 日本野球機構 (2012年12月4日). 2015年4月3日閲覧。
  14. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手”. 日本野球機構 (2012年12月4日). 2015年4月3日閲覧。
  15. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表”. 日本野球機構 (2013年2月20日). 2015年4月2日閲覧。
  16. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年4月2日閲覧
  17. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2013年2月20日). 2015年4月2日閲覧。
  18. ^ Classic moment: Rios' homer pushes PR to final
  19. ^ “能見大暴れ「高校2年以来」一発&完投2勝目”. スポーツニッポン. (2013年5月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/07/kiji/K20130507005753570.html 2013年5月7日閲覧。 
  20. ^ “能見「振ったら当たった」初HR”. 日刊スポーツ. (2013年5月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130506-1123267.html 2013年5月7日閲覧。 
  21. ^ “阪神能見まさかの10失点…4点先制守れず”. 日刊スポーツ. (2014年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140328-1276921.html 2014年3月28日閲覧。 
  22. ^ “阪神:能見篤史投手 セ新記録の連続試合2桁奪三振”. 日刊スポーツ. (2014年6月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140614-1317629.html 2014年6月22日閲覧。 
  23. ^ “能見 CS初勝利 開幕戦10失点KOリベンジ果たした”. スポニチ. (2014年10月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/19/kiji/K20141019009128390.html 2015年2月1日閲覧。 
  24. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 日本プロ野球80周年記念試合 打席結果・投打成績”. 野球日本代表公式サイト (2014年11月11日). 2017年2月17日閲覧。
  25. ^ “FA残留の能見 3年契約締結”. デイリースポーツ. (2014年11月13日). https://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/11/13/0007499536.shtml 2017年1月19日閲覧。 
  26. ^ “阪神、能見を中継ぎ起用 泣きどころ救援陣テコ入れ”. 日刊スポーツ. (2016年9月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1715766.html 2017年2月17日閲覧。 
  27. ^ “阪神能見 来季見据え先発&中継ぎの準備進める”. 日刊スポーツ. (2016年10月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1722005.html 2017年2月17日閲覧。 
  28. ^ “阪神能見、防御率0.34で「黄金の5月」快投締め”. 日刊スポーツ. (2017年6月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1833139.html 2017年11月8日閲覧。 
  29. ^ “阪神・能見 スイスイ93球今季初完投 CSは「地元の甲子園でやりたい」”. スポーツニッポン. (2017年9月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/28/kiji/20170928s00001007265000c.html 2017年11月8日閲覧。 
  30. ^ “先発の能見、わずか1/3回KO CS大一番でまさかの3失点背信投球”. デイリースポーツ. (2017年10月17日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/10/17/0010651822.shtml 2017年11月8日閲覧。 
  31. ^ “能見、中継ぎ転向の成算 肩の仕上がり早く、福原&安藤の成功例も”. 夕刊フジ. (2018年6月11日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180611/spo1806110003-n1.html 2019年12月11日閲覧。 
  32. ^ “能見、中継ぎへ配置転換 39歳で新境地で復権へ 安藤、福原に続く”. デイリースポーツ. (2018年5月31日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/05/31/0011309323.shtml 2019年12月11日閲覧。 
  33. ^ “【阪神】能見、忘れられない今季初白星…39歳が二軍で黙々と試行錯誤を繰り返してつかんだ”. スポーツ報知. (2018年6月10日). https://hochi.news/articles/20180610-OHT1T50049.html?page=1 2019年12月11日閲覧。 
  34. ^ “阪神能見100勝感謝も「あまりピンと来ない」”. 日刊スポーツ. (2018年6月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806280000906.html 2019年12月11日閲覧。 
  35. ^ “「能見さん」ツイッターでトレンド入り 100勝達成で祝福”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2018年6月28日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/06/28/0011397187.shtml 2018年8月17日閲覧。 
  36. ^ “能見、救った!超スクランブルでプロ初セーブ ドリス初球退場の大ピンチを3人斬り”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2018年8月17日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/08/17/0011549764.shtml 2018年8月17日閲覧。 
  37. ^ a b 能見、来季も中継ぎ 矢野監督との面談で意向伝達「力を発揮できると思う」”. デイリースポーツ (2018年10月30日). 2022年4月22日閲覧。
  38. ^ “阪神能見、福原抜き球団最年長ホールド記録更新”. 日刊スポーツ. (2018年9月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809120000302.html 2021年4月11日閲覧。 
  39. ^ “阪神能見&岩崎あるぞ先発 再転向プランが浮上”. 日刊スポーツ. (2018年10月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810210000366.html 2019年12月11日閲覧。 
  40. ^ “阪神・能見 救援専念直訴していた 先発未練なし!負け数減&防御率下げる”. スポーツニッポン. (2018年10月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810210000366.html 2019年12月11日閲覧。 
  41. ^ “今季40歳能見「50歳までやれ」山本昌氏から激励”. 日刊スポーツ. (2019年2月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201902050000936.html 2019年12月11日閲覧。 
  42. ^ “阪神・能見 今季初勝利で虎3人目の40歳超え白星「ゼロで抑えられて良かった」”. スポーツニッポン. (2019年8月15日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/15/kiji/20190815s00001173024000c.html 2019年12月11日閲覧。 
  43. ^ a b “能見 衰えなし!史上2人目40代で50戦登板 父譲りポーカーフェースで鉄腕新伝説”. デイリースポーツ. (2019年9月15日). https://www.daily.co.jp/tigers/2019/09/15/0012701063.shtml 2019年12月11日閲覧。 
  44. ^ a b “阪神 能見、1500万円ダウンでサイン 初の救援専任 51試合登板も「不完全燃焼だった」”. スポーツニッポン. (2019年12月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/11/kiji/20191211s00001173154000c.html 2019年12月11日閲覧。 
  45. ^ “阪神能見が貫禄の昇格即完全投球「ゼロで良かった」”. 日刊スポーツ. (2019年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201908060001029.html 2019年12月11日閲覧。 
  46. ^ “阪神・能見 41歳フル回転宣言!1949年若林忠志以来の生え抜き最年長タイ登板へ”. デイリースポーツ. (2020年5月14日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/05/14/0013341001.shtml 2020年7月21日閲覧。 
  47. ^ “41歳阪神能見、最速146キロマークで三者凡退”. 日刊スポーツ. (2020年6月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006200000979.html 2020年7月21日閲覧。 
  48. ^ “41歳阪神能見が中西清起に並ぶ12年連続の勝利”. 日刊スポーツ. (2020年7月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007190001299.html 2020年7月21日閲覧。 
  49. ^ “阪神ベテラン勢“崖っぷち”能見も「危うし」 今季10試合で防御率7.04”. 夕刊フジ. (2020年7月30日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/200730/bas2007300003-n1.html 2020年9月13日閲覧。 
  50. ^ “阪神・能見わずか1球で負傷、緊急降板”. サンケイスポーツ. (2020年9月3日). https://www.sanspo.com/article/20200903-IK2PNXKNP5L3BEA2IRQZ3OAFUM/ 2020年9月13日閲覧。 
  51. ^ “阪神能見が痛恨2者連続被弾 1死しか取れずに降板”. 日刊スポーツ. (2020年9月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009100000809.html 2020年9月13日閲覧。 
  52. ^ “阪神が投手6人大量入れ替え 能見が今季初抹消 桑原ら昇格”. デイリースポーツ. (2020年9月11日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/11/0013685650.shtml?pg=2 2020年9月13日閲覧。 
  53. ^ “選手の退団について”. 阪神タイガース. (2020年11月6日). https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7120.html 2020年11月8日閲覧。 
  54. ^ “阪神能見と引退試合の広島石原慶幸が真剣勝負で右飛”. 日刊スポーツ. (2020年11月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011070000590.html 2020年11月8日閲覧。 
  55. ^ “阪神能見「退団試合」S締め、ブルペンで感謝状”. 日刊スポーツ. (2020年11月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011110001138.html 2020年11月12日閲覧。 
  56. ^ “阪神・能見 魂の最年長セーブ!今季最終戦でタテジマ最後の雄姿 聖地で締めた12球”. デイリースポーツ. (2020年11月12日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/12/0013858740.shtml 2020年11月14日閲覧。 
  57. ^ 2020年度自由契約選手”. 日本野球機構. 2022年4月22日閲覧。
  58. ^ “能見篤史投手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2020年12月8日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00004063.html 2020年12月8日閲覧。 
  59. ^ a b “オリックス能見獲得発表、単年契約で選手兼任コーチ”. 日刊スポーツ. (2020年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012080000418.html 2020年12月8日閲覧。 
  60. ^ “オリックス能見篤史は「先発」で新シーズンへ!コーチ兼任ながら今年は「選手優先」”. SLUGGER. (2021年1月26日). https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=33809 2021年2月1日閲覧。 
  61. ^ “【オリックス】キャンプ初の「3班制」採用 新人は全員A組外れる 宮城はB組スタート”. 中日スポーツ. (2021年1月28日). https://www.chunichi.co.jp/article/192757 2021年3月4日閲覧。 
  62. ^ “オリックス能見が移籍後初登板 1回無失点”. 日刊スポーツ. (2021年3月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103260003319.html 2021年4月11日閲覧。 
  63. ^ “オリックス能見が移籍後初ホールド 2球団で最年長ホールドを記録”. 日刊スポーツ. (2021年4月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104100000939.html 2021年4月11日閲覧。 
  64. ^ a b ガッツポーズ締め!オリックス・能見、球団最年長S”. サンケイスポーツ (2021年5月2日). 2022年4月22日閲覧。
  65. ^ “オリックス・中嶋監督 抑えに能見起用の理由「先にいったほうがいいかなと思って」”. デイリースポーツ. (2021年5月2日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/05/02/0014293241.shtml 2021年5月2日閲覧。 
  66. ^ “甲子園に帰ってきた!オリックス・能見「温かい拍手ありがたかった」“門下生”阪神・梅野を三振斬り”. スポーツニッポン. (2021年6月3日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/03/kiji/20210603s00001173069000c.html 2021年6月3日閲覧。 
  67. ^ “オリックス能見篤史抹消 10日打球受け降板 一軍同行し投手コーチ専念”. 日刊スポーツ. (2021年6月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106110000590.html 2021年6月12日閲覧。 
  68. ^ 【日本S】オリックス・能見篤史が今ポストシーズン初のベンチ入り コーチ兼任でリーグV貢献”. スポーツ報知 (2021年11月25日). 2021年11月28日閲覧。
  69. ^ “能見は勝利の使者 オリックス移籍1年目で優勝に貢献 阪神との日本シリーズも「そうなると関西も盛り上がる」”. スポーツニッポン. (2021年10月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/27/kiji/20211027s00001173428000c.html 2021年10月28日閲覧。 
  70. ^ 42歳オリックス能見篤史、阪神時代以来7年ぶり日本S「村上封じ」決める”. 日刊スポーツ (2021年11月27日). 2021年12月8日閲覧。
  71. ^ オリックス・能見 7年ぶりシリーズ登板で村上を左飛 ワンポイントリリーフで存在感見せる”. スポニチアネックス (2021年11月27日). 2021年12月8日閲覧。
  72. ^ “オリックス能見篤史、来季も兼任コーチ「大きな可能性しかない」と期待”. 日刊スポーツ. (2021年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112080000347.html 2021年12月8日閲覧。 
  73. ^ a b “【オリックス】能見篤史 昨オフ球団に引退の意思伝えていた…会見で明かす”. スポーツ報知. (2022年9月17日). https://pacificleague.com/news/10004554 2022年9月17日閲覧。 
  74. ^ a b c “【とっておきメモ】引退発表の能見篤史「同じ目線で寄り添う」抜群コーチングで有望株の育成貢献”. 日刊スポーツ. (2022年9月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202209150001076.html 2022年9月17日閲覧。 
  75. ^ 42歳・オリックス能見 コーチ登録を抹消し「選手兼任」コーチで登録 ファン「早くみたい」”. 日テレNEWS (2022年4月22日). 2022年9月17日閲覧。
  76. ^ 公示: 2022年度 監督・コーチ一覧(オリックス・バファローズ)”. 日本野球機構. 2022年8月22日閲覧。
  77. ^ 新型コロナウイルス陽性判定について”. オリックス・バファローズ (2022年5月11日). 2022年9月17日閲覧。
  78. ^ 【オリックス】能見が今季初登板1イニング無失点「ちょっと鳥肌立ちましたけどね拍手の多さに」” (2022年6月13日). 2022年9月17日閲覧。
  79. ^ “能見篤史投手 現役引退のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2022年9月15日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00006378.html 2022年9月15日閲覧。 
  80. ^ オリックス・能見 引退登板で145キロ!安田を空振り三振で有終の美を飾る” (2022年9月30日). 2022年10月6日閲覧。
  81. ^ 【オリックス】能見篤史ポストシーズン終了まで現役継続「今シーズン最後まで、準備とサポート」” (2022年9月30日). 2022年10月6日閲覧。
  82. ^ オリックス能見篤史、DeNA三浦銀二ら抹消/10月1日公示” (2022年10月1日). 2022年10月6日閲覧。
  83. ^ 【オリックス】能見篤史、引退セレモニー後にチームメートが胴上げ 8回宙に舞う” (2022年9月30日). 2022年10月6日閲覧。
  84. ^ オリックス能見篤史 日本一で現役引退!「日本一取って引退させたい」教え子達が有言実行で最高の花道に” (2022年10月30日). 2022年10月31日閲覧。
  85. ^ 【オリックス】現役引退の能見篤史に来季もコーチ契約要請、福良GM「大きな存在でした」” (2022年9月16日). 2022年11月7日閲覧。
  86. ^ 【オリックス】能見篤史兼任投手コーチが退団 専任要請受けるも外部から野球勉強する意向強く” (2022年10月3日). 2022年11月7日閲覧。
  87. ^ “コーチ人事のお知らせ” (プレスリリース), オリックスバファローズ, (2022年11月7日), https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00006544.html 2022年11月7日閲覧。 
  88. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2012年、144頁頁。ISBN 978-4-905411-04-8 
  89. ^ 1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.
  90. ^ 能見、横山にフォーク伝授 ドラフト1位に期待「握りも全部教える」”. スポーツニッポン (2014年12月11日). 2022年4月22日閲覧。
  91. ^ 阪神・能見、守護神OK!「チームのためになるんであれば”. サンケイスポーツ (2015年9月27日). 2022年4月22日閲覧。
  92. ^ 岩貞150キロ左腕へ!台湾で手応え”. デイリースポーツ (2015年12月25日). 2022年4月22日閲覧。
  93. ^ 『週刊プロ野球データファイル』20号、ベースボール・マガジン社、雑誌27745-8/31、10頁。
  94. ^ 上手&横手、城島が操る変幻・能見”. 日刊スポーツ (2010年3月1日). 2022年4月22日閲覧。
  95. ^ 【野球】オリックス・能見がガッツポーズした理由 トラ番騒然「見たことない」”. デイリースポーツ (2021年4月27日). 2022年4月22日閲覧。
  96. ^ 阪神タイガース応援団 ヒッティングマーチ委員会公式サイトおよび阪神タイガース背番号14 能見篤史選手ヒッティングマーチ
  97. ^ 能見のマーチできた!自ら要望し実現”. デイリースポーツ (2014年2月14日). 2022年4月22日閲覧。
  98. ^ 【阪神・能見独占手記】本当に完全燃焼か…「続けて欲しい」と願った息子に父の背中見せたい”. スポーツニッポン (2020年11月12日). 2022年4月22日閲覧。
  99. ^ “阪神・能見 今季限りで退団 虎一筋16年の左腕がタテジマに別れ”. スポーツニッポン. (2020年10月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/21/kiji/20201022s00001173131000c.html 2020年11月6日閲覧。 
  100. ^ a b “オリックス、能見獲得へ一軍投手コーチ兼任プラン”. 日刊スポーツ. (2020年11月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011260000827.html 2020年12月7日閲覧。 
  101. ^ “オリックス・能見誕生へ きょう8日初交渉 兼任コーチもオファー”. スポーツニッポン. (2020年12月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/08/kiji/20201208s00001173113000c.html 2020年12月8日閲覧。 
  102. ^ “オリックス2021年コーチングスタッフ発表/一覧”. 日刊スポーツ. (2020年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012080000513.html 2020年12月8日閲覧。 
  103. ^ “球界最年長投手 オリックス・能見篤史兼任コーチが語るプロ18年目 6月編 ~阪神時代、鳥谷敬に「ピンチの時マウンドに来て」とお願いしてみた  “新井さんは・・・違うんですよね”~”. 日テレNEWS. (2022年6月28日). https://news.ntv.co.jp/category/sports/b0c9cd5bfb5a463db0bf7578cd10688a 2022年10月6日閲覧。 
  104. ^ “【オリックス】阪神退団の能見篤史をコーチ兼任で獲得へ…一軍ブルペン担当任せる”. スポーツ報知. (2020年11月27日). https://hochi.news/articles/20201127-OHT1T50347.html?page=1 2021年2月3日閲覧。 
  105. ^ a b “オリックス能見フル回転!降板後はブルペンコーチ”. 日刊スポーツ. (2021年3月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103030000813.html 2021年3月4日閲覧。 
  106. ^ “【オリックス】能見投手兼任投手コーチは“選手専任”で開幕”. スポーツ報知. (2021年3月25日). https://hochi.news/articles/20210325-OHT1T50024.html?page=1 2021年4月11日閲覧。 
  107. ^ “オリックス中嶋監督、改革生んだ25年ぶりV 入閣から「勝利の執念」注入”. 日刊スポーツ. (2021年11月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110270001163.html 2021年11月27日閲覧。 
  108. ^ “オリックス勝利の方程式を「固定してないのも強み」能見兼任コーチも緊張感”. 日刊スポーツ. (2021年6月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106210001235.html 2021年6月22日閲覧。 
  109. ^ “オリックス山本由伸3カ月連続で月間MVP、能見兼任コーチらに感謝”. 日刊スポーツ. (2021年10月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110050001202.html 2021年10月28日閲覧。 
  110. ^ “【オリックス】来季投手コーチに前日本ハム・厚沢和幸氏が入閣 高橋信二氏も8年ぶり復帰”. スポーツ報知. (2021年11月28日). https://hochi.news/articles/20211128-OHT1T51011.html?page=1 2022年9月7日閲覧。 
  111. ^ “オリックス、大逆転優勝の立役者は能見? チームを奮起させた知られざる叱咤激励とは”. リアルライブ. (2022年10月3日). https://www.npn.co.jp/article/detail/200024459 2022年9月17日閲覧。 
  112. ^ “【とっておきメモ】引退発表の能見篤史「同じ目線で寄り添う」抜群コーチングで有望株の育成貢献”. 日刊スポーツ. (2022年9月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202209150001076.html 2022年9月17日閲覧。 
  113. ^ “【能見 引退セレモニーは30日「できることは準備します」サプライズ登場の由伸らへエールも”. デイリースポーツ. (2022年9月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/09/16/0015645015.shtml 2022年9月17日閲覧。 
  114. ^ “阪神 能見に若林賞 14年から児童施設に玩具贈る活動継続”. スポニチアネックス. (2016年11月15日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/15/kiji/K20161115013724780.html 2016年11月15日閲覧。 
  115. ^ “【ファン交歓会一問一答】原口、関西弁の女性「いいと思います」(画像6)歴代サンスポMVP大賞、新人賞の受賞者”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2016年11月23日). http://www.sanspo.com/baseball/photos/20161123/tig16112305040011-p6.html 2017年9月8日閲覧。 
  116. ^ 【阪神】能見シビレた!7者連続奪三振!”. 日刊スポーツ (2011年4月19日). 2021年5月27日閲覧。
  117. ^ 阪神・藤浪が7者連続奪三振!20歳3カ月は球団最年少”. サンケイスポーツ (2014年8月2日). 2021年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]