池谷公二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池谷 公二郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1952-06-28) 1952年6月28日(65歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト1位
初出場 1974年6月29日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

池谷 公二郎(いけがや こうじろう、1952年6月28日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者、野球解説者

次男の池谷陽輔(ようすけ)は法政大学ラグビー部でレギュラーとして活躍し、その後、サントリーに入社し、2002年から2016年までサントリーサンゴリアスに所属していた。長男は広島の薬研堀で焼鳥屋を経営している。

経歴[編集]

静岡商業高校時代、1968年の1年時は、同学年の新浦壽夫(池谷より1歳年上だが、同校の定時制から全日制へ編入)の存在もあり控え投手にとどまる。新浦が1年で中途退学し読売ジャイアンツに入団したため、2年時にはエースとして期待されたが伸び悩む。1年先輩である松島英雄(のち大洋ホエールズ)の控えとして、夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商に敗退、自身の登板はなかった[1]。3年生でエースとなり、春季中部大会では決勝で中京高の樋江井忠臣(三協精機)に投げ勝ち優勝を飾る。県内ではほぼ負け知らずであったが、夏の県予選では2回戦で番狂わせの敗退、甲子園には出場できなかった。高校同期に捕手勝亦治がいた。

高校卒業後、社会人野球へ進み、金指造船所に入社するも1年も経たず野球部が解散、特別措置で近鉄バファローズに7位指名されたがそれを拒んで日本楽器に移籍。1972年第43回都市対抗野球大会では主にリリーフとして活躍し優勝に貢献。同年のドラフト1位で広島東洋カープに指名されたが、入団は翌年1973年シーズン終了後にずれ込んだ[2]。これは、同じく日本楽器のエース新美敏東映フライヤーズ(翌年2月より、日拓ホームフライヤーズ)に入団するため、主力投手が二人抜ける事態になる会社側から待ったがかかったため。1973年のドラフト会議前に広島入りした。

赤ヘル投手陣の一角として、1975年のカープ初優勝時には外木場義郎の20勝に次ぐ18勝、翌1976年には20勝を挙げて最多勝を獲得、沢村賞を受賞。3度のセ・リーグ優勝と2度の日本一に貢献した[2]。その一方で高めのストレート勝負が多く、かつ広島市民球場をホームグラウンドとしていたことから被本塁打も多く1977年には48被本塁打を記録し、これはプロ野球記録となっている。

右腕を腰の後ろまで回し、左腕を高く掲げ、遠心力で投げるシーソーのようなフォームから「シーソー投法」あるいは「ぎっこんばったん投法」とも呼ばれた。バッターとの真っ向勝負を挑み1976年、77年と二年連続奪三振王にもなった。王貞治は引退を決意した一因は池谷のストレートの伸びについていけなくなった事もあると自著に書いている。しかし、肩を痛めた後は思った成績は残せず1985年古葉竹識の監督勇退とともに引退[2]

その後1986年から1988年まで、広島テレビ解説者を経てコーチとしてカープに復帰[2]。1993年から1997年まで、日本テレビ・広島テレビ・ラジオ日本解説者を経て、読売ジャイアンツでも投手コーチを務め1998年は一軍、1999年~2001年は2軍、2004年に一軍投手コーチを務めたが当時球団ワーストのチーム防御率の4.50を記録し、同年限りで辞任した[3]。現在は日本テレビ広島テレビラジオ日本の野球解説者[2]。カープでは津田恒実と双璧、と言われる程人柄のいい人物として知られ広島のローカル番組にもよく出演している。

解説者を始めた初期には、結論の多くを「〜(選手名)の気持ちが勝ったから/負けたから」と帰結させる解説スタイルが批判を受け、一時期は選手の心情の説明でさえも、しばしば「気持ち」という言葉を避ける事も見られた。また、ファーム情報にも精通しており、デーゲームで2軍・ナイターで1軍の試合という「親子ゲーム」もしっかりとチェックしている。

現在、野球解説者の他、広島県共同募金会の会長を務めている傍ら、2015年4月からはテレビ派ランチ木・金曜のメインMCを担当している。

2016年の学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となる[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 広島 22 6 1 0 0 2 4 0 -- .333 200 46.0 51 8 17 0 1 25 0 1 30 26 5.09 1.48
1975 45 36 10 2 2 18 11 1 -- .621 1018 244.0 242 22 62 6 5 131 1 0 103 90 3.32 1.25
1976 51 36 18 3 4 20 15 3 -- .571 1202 290.1 271 35 72 5 7 207 1 0 115 105 3.26 1.18
1977 44 31 12 1 2 11 16 5 -- .407 974 226.0 241 48 67 2 1 176 2 0 140 131 5.22 1.36
1978 35 32 10 0 0 13 7 1 -- .650 916 208.1 212 27 93 2 4 132 0 0 108 98 4.24 1.46
1979 32 29 7 2 0 12 8 0 -- .600 709 168.0 165 38 52 0 1 124 1 0 93 91 4.88 1.29
1980 28 25 7 1 1 9 6 0 -- .600 706 169.1 162 21 43 2 4 107 1 0 67 62 3.30 1.21
1981 25 22 5 1 1 10 7 0 -- .588 574 130.2 156 18 34 2 1 98 0 0 73 67 4.60 1.45
1982 17 12 0 0 0 1 6 0 -- .143 272 60.2 71 7 19 2 2 27 0 0 39 34 5.02 1.48
1983 14 9 2 0 0 6 2 0 -- .750 257 60.1 70 11 14 2 1 23 1 0 29 28 4.18 1.39
1984 4 2 0 0 0 1 2 0 -- .333 29 5.2 8 1 6 0 0 2 0 0 5 4 6.35 2.47
1985 8 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 57 13.0 14 2 6 1 0 4 0 0 8 8 5.54 1.54
通算:12年 325 241 72 10 10 103 84 10 -- .551 6914 1622.1 1663 238 485 24 27 1056 7 1 810 744 4.13 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB歴代最高

タイトル[編集]

  • 最多勝:1回 (1976年)
  • 最多奪三振:2回 (1976年、1977年) ※セントラル・リーグでは、1991年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1974年6月29日、対大洋ホエールズ10回戦(広島市民球場)、8回表に3番手で救援登板、1回無失点
  • 初奪三振:同上、8回表に伊藤勲から
  • 初勝利:1974年7月26日、対中日ドラゴンズ15回戦(広島市民球場)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1974年8月1日、対阪神タイガース18回戦(阪神甲子園球場)、9回1失点
  • 初完投勝利:1974年9月15日、対読売ジャイアンツ26回戦(広島市民球場)、9回1失点
  • 初セーブ: 1975年6月29日、対中日ドラゴンズ13回戦(中日スタヂアム)、7回裏1死に2番手で救援登板・完了、2回2/3を無失点
  • 初完封勝利:1975年9月9日、対中日ドラゴンズ24回戦(広島市民球場)
節目の記録
  • 1000奪三振:1981年10月12日、対ヤクルトスワローズ25回戦(明治神宮野球場)、7回裏に渡辺進から ※史上63人目
  • 100勝:1983年8月21日、対ヤクルトスワローズ20回戦(明治神宮野球場)、先発登板で6回3失点 ※史上84人目

背番号[編集]

  • 11 (1974年 - 1985年)
  • 81 (1989年 - 1992年、2004年)
  • 74 (1998年 - 2001年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、33ページ
  3. ^ 巨人・池谷コーチが辞任 “投壊”の責任取り 2004年10月11日、共同通信
  4. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]