野村収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野村 収
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県平塚市
生年月日 (1946-08-09) 1946年8月9日(71歳)
身長
体重
184 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト1位
初出場 1969年10月4日
最終出場 1986年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1987)
  • 横浜大洋ホエールズ (1988 - 1992)
  • 阪神タイガース (1994 - 1995)
  • 北海道日本ハムファイターズ (2007 - 2008)
  • 東京国際大学

野村 収(のむら おさむ、1946年8月9日 - )は、神奈川県平塚市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

日本プロ野球で史上初めて全12球団から勝利を挙げた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

平塚農業高校を経て駒澤大学に進学。平塚農業高校時代には、現在の平塚球場の場所にあった農林水産省試験場での研修経験があり、テレビ神奈川での平塚球場公式戦中継解説時に思い出話として語ったことがある。駒大では2年上に伊藤久敏土屋紘の両投手がおり、彼等が卒業した3年時からエースとして活躍。東都大学リーグでは1年下の大矢明彦とバッテリーを組み、1967年秋季リーグは7勝3敗で最優秀投手、ベストナインに選ばれた。1968年春季リーグは登板7試合に全試合完投勝利、防御率0.95(第1位)を記録し、4年ぶりの優勝に貢献。最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。同年の全日本大学野球選手権大会は決勝に進出したが、田淵幸一らのいた法大に敗退。リーグ通算47試合に登板し21勝15敗、防御率2.10、198奪三振。

現役時代[編集]

ドラフト史上最高の豊作と言われた1968年のドラフト会議大洋ホエールズに1位指名され入団。期待されながら鳴かず飛ばずだったが、1972年江藤愼一との交換トレードでロッテオリオンズに移籍するといきなり14勝を挙げる。

1974年に監督の金田正一が実弟・金田留広の獲得を望み金田に匹敵する投手として野村が指名され、交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。1975年に初タイトル最高勝率を獲得。1978年杉山知隆間柴茂有とのトレードで横浜大洋ホエールズに復帰し、17勝11敗で最多勝カムバック賞を受賞。1981年4月18日の対阪神タイガース戦に勝利し通算99勝とするが、そこから6連敗で通算99敗とし、100勝と100敗が同時にかかるという珍しい状況で迎えた6月4日の対ヤクルトスワローズ戦で、7回4失点の内容で勝利投手となり、通算100勝達成。続く6月10日の対阪神戦に敗れ通算100敗とし、以降8連敗でシーズンを終える[1]

1983年加藤博一との交換トレードで阪神タイガースに移籍。先発ローテーションに定着し、史上初の全12球団からの勝利投手となる。1985年、10月16日に阪神が対ヤクルト戦(明治神宮野球場)でセ・リーグ優勝を達成した際にはリリーフで登板、優勝決定時にはナインから胴上げされている[2]1986年限りで現役引退。大卒同期入団であった山本浩二有藤道世と共に実働18年、40歳まで現役を続けた。

現役引退後[編集]

引退後も球団に残り、1987年から一軍投手コーチ(プルペン担当)となったが、キャンプ中に仲田幸司の指導をめぐって新山隆史と対立。それが尾を引き、9年ぶりの最下位に転落。同年退団。1988年から大洋に戻り、1989年まで一軍投手コーチ1990年からは二軍投手コーチとなり、1992年退団。1993年に古巣・阪神の関東駐在スカウトを務めた後、1994年から1995年まで阪神の二軍投手コーチ、1996年から2003年までテレビ神奈川J SPORTS野球解説者。その間、2000年にはシドニーオリンピック野球日本代表の投手コーチを務める。2004年から2006年までオリックスのスカウトを務め、2007年から2008年まで北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチを務めた。2009年からは職員として日本ハムに残留し、新設された選手育成担当教官に就任し選手の生活面での指導を担当した(出典:読売新聞 2009年6月17日)。2012年から2015年まで東京国際大学硬式野球部の投手コーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 大洋 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 5.0 5 0 2 0 0 1 0 0 2 1 1.80 1.40
1970 28 4 1 0 0 1 2 -- -- .333 272 62.0 64 12 21 1 6 34 2 0 45 37 5.37 1.47
1971 35 13 2 1 0 4 3 -- -- .571 499 124.2 100 9 29 2 9 54 3 0 37 31 2.24 1.11
1972 ロッテ 47 26 7 2 2 14 10 -- -- .583 914 220.1 216 34 49 3 12 97 1 0 107 101 4.13 1.26
1973 39 26 2 1 0 6 10 -- -- .375 607 141.1 152 29 38 3 6 81 3 1 68 68 4.33 1.39
1974 日本ハム 39 18 2 0 0 4 9 1 -- .308 608 147.2 137 13 41 5 3 69 3 0 66 60 3.66 1.23
1975 37 25 6 1 2 11 3 0 -- .786 795 191.1 184 21 45 2 8 59 1 0 82 71 3.34 1.24
1976 44 26 12 2 2 13 16 2 -- .448 918 231.0 218 27 30 1 8 99 5 1 87 78 3.04 1.11
1977 27 22 6 0 3 5 10 1 -- .333 547 132.0 152 23 17 2 5 61 2 1 71 66 4.50 1.32
1978 大洋 44 28 12 2 2 17 11 4 -- .607 973 238.0 215 21 64 8 10 123 4 0 90 83 3.14 1.21
1979 35 18 1 1 0 7 9 0 -- .438 533 121.2 141 25 31 0 5 76 2 0 84 76 5.62 1.45
1980 33 30 4 1 0 15 10 0 -- .600 848 192.1 225 30 51 4 14 92 3 0 110 100 4.68 1.51
1981 31 18 2 0 1 3 14 0 -- .176 514 115.1 158 19 24 2 1 42 0 1 85 79 6.16 1.59
1982 30 21 1 1 0 5 9 0 -- .357 523 120.1 134 12 36 6 3 46 3 1 67 59 4.41 1.44
1983 阪神 32 30 5 0 1 12 11 0 -- .522 807 191.1 209 22 42 5 5 85 5 1 95 82 3.86 1.34
1984 43 6 0 0 0 2 5 0 -- .286 357 79.2 103 10 14 3 2 38 0 1 48 40 4.52 1.49
1985 19 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 107 26.1 27 5 3 0 0 13 0 0 16 15 5.13 1.14
1986 15 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 65 15.1 16 3 1 1 2 5 0 0 9 5 2.93 1.24
通算:18年 579 312 63 12 13 121 132 8 -- .478 9907 2355.2 2456 315 538 48 99 1075 37 7 1169 1052 4.02 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 16 (1969年 - 1971年)
  • 17 (1972年 - 1973年)
  • 19 (1974年 - 1977年)
  • 21 (1978年 - 1982年)
  • 14 (1983年 - 1986年)
  • 83 (1987年)
  • 85 (1988年 - 1992年)
  • 91 (1994年 - 1995年)
  • 80 (2007年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」813ページ
  2. ^ 【10月16日】1985年(昭60) 阪神21年ぶりV!苦節8年、吉田義男が男になった日スポーツニッポン2009年10月1日配信

関連項目[編集]