2005年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗2005年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
千葉ロッテマリーンズ() 4
阪神タイガース() 0
ゲームデータ
試合日程 2005年10月22日-10月26日
最高殊勲選手 今江敏晃
敢闘選手 矢野輝弘
チームデータ
千葉ロッテマリーンズ ()
監督 ボビー・バレンタイン
シーズン成績 84勝49敗3分
(シーズン2位、PO優勝)
阪神タイガース()
監督 岡田彰布
シーズン成績 87勝54敗5分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 2004 2006 > 

2005年の日本シリーズ(2005ねんのにっぽんシリーズ、2005ねんのにほんシリーズ)は、2005年10月22日から10月26日まで行われた、セントラル・リーグ優勝チームの阪神タイガースと、パシフィック・リーグ優勝チームの千葉ロッテマリーンズによる第56回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

パ・リーグレギュラーシーズンで2位であったロッテが、プレーオフ福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)・西武ライオンズ(同3位)に勝利しパ・リーグ優勝チームとなり[1]、セ・リーグ優勝の阪神(セ・リーグはプレーオフ制度なし)と対戦することとなった。 阪神・ロッテの対戦は史上初。この年の交流戦ではロッテの3勝2敗1分けという対戦成績を残していた。

両チーム監督の合意により、日本シリーズでは1998年横浜ベイスターズVS西武ライオンズ以来7年ぶりとなる予告先発(両監督による紳士協定)が行われた。また、ドーム球場が増えたこともあり、開催球場がセパいずれも開放型であるのはこちらも1998年の横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)VS西武ライオンズ(西武ドーム、この年は屋根が設置されていなかった)以来、7年ぶりであった。

そしてこの年からアジアシリーズ(日本・韓国・中国・台湾のクラブチームによる大会)が新設された事により今シリーズはその日本代表決定シリーズとしても行なわれることとなった。

レギュラーシーズンでの勝率2位チームが日本一となったのは前回2004年の西武ライオンズに次いで2年連続[2]、米国人監督による日本一は史上初[3]

ロッテが日本シリーズ史上初となる3試合連続2桁得点を挙げるなどしたのに対して[4]、阪神がこのシリーズで残した得点(4点)、防御率(8.63)、本塁打(0)などの記録は、シリーズ史上最低記録(当時)で(本塁打0のチームは日本シリーズ史上初)、ロッテが圧倒した(日本経済新聞2005年10月27日付p.37など)。

なお、パ・リーグは前年からプレーオフを導入したが、勝率2位チームの日本一が続いたことで制度が見直され、5ゲーム差をつけることが条件だったアドバンテージが無条件導入されるなどの改定が行われた。

ストレート4連勝での無敗優勝は過去1959年南海ホークス1960年大洋ホエールズ1990年西武ライオンズ2002年読売ジャイアンツ以来5回目(引き分けを挟んでの4勝無敗優勝が1957年の西鉄ライオンズと1975年阪急ブレーブスもあるため、無敗優勝としては7回目)と3年ぶりで、ロッテとしては球団史上初。1度もリードを許すことなくストレート4連勝したのは日本シリーズ史上初である[5]ワールドシリーズメジャーリーグ)では1963年1966年1989年2004年が挙げられる)。

出場資格者[編集]

阪神タイガース
監督 80 岡田彰布
コーチ 78 平田勝男
84 久保康生
87 正田耕三
85 福原峰夫
83 嶋田宗彦
91 島野育夫
71 中西清起
86 和田豊
76 吉竹春樹
投手 13 中村泰広
14 能見篤史
16 安藤優也
18 杉山直久
21 吉野誠
22 藤川球児
25 前川勝彦
26 江草仁貴
28 福原忍
29 井川慶
30 久保田智之
34 橋本健太郎
35 牧野塁
40 桟原将司
42 下柳剛
54 ウィリアムス
59 ダーウィン
捕手 2 野口寿浩
12 浅井良
39 矢野輝弘
63 狩野恵輔
内野手 00 秀太
1 鳥谷敬
3 関本健太郎
4 シーツ
5 前田忠節
7 今岡誠
8 片岡篤史
9 藤本敦士
32 久慈照嘉
55 喜田剛
外野手 0 中村豊
6 金本知憲
24 桧山進次郎
31 濱中おさむ
38 林威助
41 スペンサー
50 町田公二郎
52 赤松真人
53 赤星憲広
千葉ロッテマリーンズ
監督 2 バレンタイン
コーチ 78 西村徳文
79 井上祐二
82 ロブソン
85 袴田英利
81 園川一美
83 ランペン
87 高橋慶彦
投手 11 神田義英
12 藤田宗一
14 小宮山悟
16 久保康友
18 清水直行
20 薮田安彦
28 加藤康介
29 小野晋吾
30 小林雅英
31 渡辺俊介
41 小林宏之
42 セラフィニ
48 高木晃次
54 黒木知宏
捕手 22 里崎智也
33 橋本将
39 田中雅彦
45 辻俊哉
内野手 1 小坂誠
4 フランコ
5 堀幸一
6 初芝清
7 西岡剛
8 今江敏晃
9 福浦和也
36 李承ヨプ
40 渡辺正人
52 塀内久雄
57 林孝哉
68 早坂圭介
外野手 00 代田建紀
0 諸積兼司
3 サブロー
10 大松尚逸
23 大塚明
25 竹原直隆
38 垣内哲也
43 パスクチ
47 井上純
50 ベニー


試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月22日 千葉マリンスタジアム 開始時刻18:17 有料入場者数28,333人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
阪神 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
ロッテ 1 0 0 0 3 1 5x 10 15 0
  1. (7回裏1死・濃霧コールドゲーム)
  2. 神 : 井川、橋本 - 矢野
  3. ロ : 清水 - 里崎
  4. : 清水(1勝)  : 井川(1敗)  
  5. :  ロ – 今江1号ソロ(1回・井川)、李承燁1号ソロ(6回・井川)、里崎1号3ラン(7回・橋本)、ベニー1号2ラン(7回・橋本)
  6. 審判:球審…中村稔、塁審…、外審…山本隆眞鍋
  7. 試合時間:2時間14分
阪神
打順 守備 選手
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [指] 片岡
8 [捕] 矢野
9 [二] 藤本
ロッテ
打順 守備 選手
1 [遊] 西岡
2 [三] 今江
3 [一] 福浦
4 [中] サブロー
5 [捕] 里崎
6 [左] フランコ
大塚
7 [右] ベニー
8 [指] 李承燁
9 [二] 渡辺正

両先発はロッテが清水直行、阪神は交流戦で完封勝利を収めた井川慶、千葉マリンスタジアムで初の日本シリーズ開催となった。

1回裏、一死から今江敏晃が今大会第1号(初打席で初本塁打は歴代13人目)のソロ本塁打を放ちロッテが先制。5回表に藤本敦士の犠飛で同点。その裏、渡辺正人のレフト前ヒット、西岡剛のプッシュバントなどで無死一・二塁とし、今江とサブローがタイムリー2塁打を放ち4-1とする。6回裏、李承燁のソロ本塁打でリードを広げる。井川はここで降板。7回裏、ロッテは2番手の橋本健太郎を攻め、一死一・二塁から里崎智也が3ラン本塁打。さらに安打によるランナーを置いて、ベニーが2ラン本塁打で10点目、二桁得点を達成。

しかし、試合中から千葉県北西部に濃霧注意報が発表されるほどの霧が球場全体を覆ってしまい、試合が一時中断。その後30分以上様子を見たが回復の兆しが見えないため、ベニーの本塁打を打った7回裏1アウト消化の時点を以てコールドゲームが宣言され、ロッテが先勝した。日本シリーズが自然現象のためにコールドゲームとなった事例は1953年第4回大会読売ジャイアンツVS南海ホークスの第3試合、降雨により8回の攻撃終了を以て2-2の同点で打ち切りになって以来52年ぶり。濃霧によるコールドゲームは日本シリーズ史上初となった。

第2戦[編集]

10月23日 千葉マリンスタジアム 開始時刻18:16 有料入場者数 28,354人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
ロッテ 1 1 0 0 0 5 0 3 X 10 12 0
  1. 神 : 安藤、江草 - 矢野
  2. ロ : 渡辺俊 - 橋本
  3. : 渡辺俊(1勝)  : 安藤(1敗)  
  4. :  ロ – サブロー1号2ラン(6回・安藤)、フランコ1号ソロ(6回・安藤)、李承燁2号2ラン(6回・江草)
  5. 審判:球審…眞鍋、塁審…山本、森、東、外審…井野佐藤
  6. 試合時間:2時間32分
阪神
打順 守備 選手
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [指] 片岡
打指
8 [捕] 矢野
9 [二] 藤本
打二 関本
ロッテ
打順 守備 選手
1 [遊] 西岡
2 [二] 塀内
初芝
渡辺正
3 [指] 里崎
4 [中]右 サブロー
5 [左] フランコ
打中 大塚
6 [右] ベニー
走左 諸積
7 [一] 李承燁
8 [三] 今江
9 [捕] 橋本

先発はロッテが渡辺俊介、阪神が安藤優也。 1回裏、今岡誠の失策でロッテが1点を先制。6回にはサブロー、フランコ、さらに2試合連続となる李承燁の3本塁打で5点と一気に突き放し、さらに8回には今江、橋本にもタイムリーが出て2試合連続の10得点。

渡辺俊は9回を被安打4無四球と好投し、史上11人目となる日本シリーズ初登板初完封を成し遂げ、ロッテが2連勝で2勝0敗とする。2試合連続の2ケタ得点はこの時点で日本シリーズ史上初。今江が第1戦の4安打に続き4打数4安打、連続打席安打8の日本シリーズ新記録を達成。

阪神は金本知憲と今岡が依然無安打、さらに2番手の江草仁貴が8回の対ベニーで1打席3暴投を記録するなど攻守とも精彩を欠きシリーズ2連敗。2003年の日本シリーズから続く敵地での連敗は6となった。

第3戦[編集]

10月25日 阪神甲子園球場 開始時刻18:16 有料入場者数 47,753人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッテ 0 1 0 2 0 0 7 0 0 10 10 0
阪神 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1
  1. ロ : 小林宏、小野、藤田、薮田 - 里崎
  2. 神 : 下柳、藤川、桟原、橋本、能見 - 矢野、野口
  3. : 小林宏(1勝)  : 下柳(1敗)  
  4. :  ロ – 福浦1号満塁(7回・桟原)
  5. 審判:球審…佐藤、塁審…井野、山本隆、森、外審…中村稔、谷
  6. 試合時間:3時間20分
ロッテ
打順 守備 選手
1 [遊] 西岡
2 [二]
塀内
3 [一] 福浦
4 [右]中右 サブロー
5 [左]右 ベニー
打左 李承燁
6 [捕] 里崎
7 [三] 今江
8 [中] 大塚
打左 フランコ
左中 諸積
9 [投] 小林宏
橋本
小野
井上
藤田
薮田
阪神
打順 守備 選手
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [捕] 矢野
野口
8 [二] 関本
9 [投] 下柳
スペンサー
藤川
桟原
橋本
濱中
能見

移動日をはさみ、舞台は甲子園球場に。先発は阪神が下柳剛、ロッテが小林宏之。
2回表に二塁打と暴投で三塁に進んだサブローをベニーが犠飛で帰しロッテが3試合連続の先制。(この回、今江は三振を喫し連続打席安打は8でストップ。)その裏阪神はシリーズ初安打を放った今岡が関本健太郎の内野ゴロの間に生還し同点。

4回表、ロッテは1死満塁から里崎の内野ゴロが併殺崩れとなり1点を勝ち越すと、続く今江が三塁への内野安打でもう1点を追加。阪神は5回で下柳をあきらめ、藤川球児を今シリーズ初めて投入する。藤川は6回こそ福浦和也とベニーから三振を奪うなど完璧に抑えたが、7回に先頭打者里崎が遊撃手鳥谷敬のエラーで出塁、続く今江が右中間二塁打、代打フランコは四球を選び無死満塁。ここで代打橋本が9球粘ったのち中前に2点タイムリーを放つ。藤川はここで降板。桟原将司がリリーフ登板するも、西岡タイムリー、堀の四球を挟み福浦が満塁本塁打(シリーズ史上17本目)を放ちこの回一挙7点、試合を決めた。

ロッテは先発の小林宏が6回を投げ被安打3・失点1の好投。7回からは小野晋吾藤田宗一薮田安彦の投手リレーで意気消沈した阪神打線を抑えた。ロッテは前の試合で達成した連続試合二桁得点記録を更に3試合に伸ばした。阪神はこの試合終了時で25イニング連続でタイムリーなし、4番金本が依然無安打の上、頼みの藤川まで打たれ早くも追い込まれた。1985年の日本シリーズ第5戦から続いた本拠地でのシリーズ連勝も4でストップした。

第4戦[編集]

10月26日 阪神甲子園球場 開始時刻18:15 有料入場者数 47,810人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッテ 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 7 1
阪神 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 7 0
  1. ロ : セラフィニ、小野、藤田、薮田、小林雅 - 橋本、里崎
  2. 神 : 杉山、能見、福原、ウィリアムス、藤川、久保田 - 矢野
  3. : セラフィニ(1勝)  : 杉山(1敗)  S: 小林雅(1S)  
  4. :  ロ – 李承燁3号2ラン(2回・杉山)
  5. 審判:球審…谷、塁審…中村、井野、山本、外審…眞鍋、東
  6. 試合時間:3時間21分
ロッテ
打順 守備 選手
1 [遊] 西岡
2 [二]
塀内
3 [一] 福浦
4 [中]右 サブロー
5 [右] フランコ
薮田
諸積
6 [三] 今江
7 [左] 李承燁
小林雅
8 [捕] 橋本
小野
藤田
大塚
9 [投] セラフィニ
里崎
阪神
打順 守備 選手
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
久保田
6 [右] スペンサー
福原
ウィリアムス
桧山
藤川
片岡
久慈
7 [捕] 矢野
8 [二] 関本
打二 藤本
9 [投] 杉山
能見
濱中
中村豊

1回裏に無死1、2塁の絶好の先制機をつくるも無得点の阪神に対し、ロッテは2回表にフランコの2塁打から李承燁が2ラン本塁打を放ち4試合連続の先制。4回にも2番手の能見から李承燁がタイムリー2塁打で追加点を上げ3-0とする。

4回、5回と併殺打でチャンスを潰した阪神は6回裏に1死1、2塁とセラフィニを攻め、代わった小野から今岡が今シリーズチーム初のタイムリーとなるテキサス安打、更に代打の桧山進次郎も右前打を打ち3-2と追い上げを見せるが、続く矢野が初球に手を出し3イニング連続となる併殺打に倒れ同点に追いつけない。

阪神は6回表途中から、ジェフ・ウィリアムスが初登板、前日ノックアウトの藤川が2イニングを抑えると、9回にはこれまた初登板の久保田智之が無失点に抑え、ロッテに追加点を許さない。このシリーズ中でようやく初めて「JFK」が揃い踏みした。一方のロッテは藤田が7回を、薮田が8回をそれぞれ抑え、1点差のまま迎えた9回裏に抑えの小林雅英がシリーズ初登板。こちらも「YFK」が揃い踏みした。9回裏、阪神は先頭の片岡篤史がストレートの四球で出塁するが、続く矢野の送りバントは3塁今江への小飛球となり、さらに1塁走者の代走・久慈照嘉が飛び出してしまい戻れずこの日4つ目の併殺打。阪神はその前の8回にもアンディ・シーツが送りバントを失敗するなど拙攻続きで、点差以上に両チームの野球には大きな差があった。最後は、小林雅が藤本を空振り三振に仕留めた。

表彰[編集]

  • 最高殊勲選手賞:今江敏晃(ロッテ) 第1・2戦でのシリーズ新記録となる8打数(8打席)連続ヒットを含む16打数10安打1本塁打
  • 敢闘選手賞:矢野輝弘(阪神) 全試合ヒットを記録し打率.417
  • 優秀選手賞:渡辺俊介李承燁サブロー(以上、ロッテ)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

第1戦:10月22日

実況:中山貴雄 解説東尾修栗山英樹 ネット裏球種解説:西村龍次KBC) ゲスト解説:松坂大輔西武

第2戦:10月23日

実況:植草朋樹 解説:駒田徳広水上善雄江夏豊テレビ大阪) ゲスト解説:豊田清(西武、日本シリーズ終了後に巨人FA移籍

第3戦:10月25日

実況:伊藤史隆 解説:吉田義男真弓明信福本豊 ゲスト解説:谷繁元信中日

第4戦:10月26日

実況:赤木誠 解説:佐々木恭介田淵幸一(TBS) ネット裏解説:八木裕

ラジオ中継[編集]

第1戦:10月22日

第2戦:10月23日

第3戦:10月25日

第4戦:10月26日

脚注[編集]

  1. ^ この時代は、レギュラー・シーズンの2位又は3位のチームが第2ステージを勝ちあがって(1位チームを負かして)日本シリーズに進んだ場合、そのチームがリーグ優勝という制度だった。
  2. ^ サンケイスポーツ2005年10月27日付、スポーツニッポン2005年10月27日付
  3. ^ 日本経済新聞2005年10月27日付p.37
  4. ^ 日本経済新聞2005年10月27日付p.37
  5. ^ 日本経済新聞2005年10月27日付p.37

関連項目[編集]

外部リンク[編集]