ダン・セラフィニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダン・セラフィニ
Dan Serafini
Pitching 2-600X335.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 (1974-01-25) 1974年1月25日(43歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1996年6月25日
CPBL / 2002年8月21日
NPB / 2004年4月12日
最終出場 CPBL / 2002年8月29日
NPB / 2007年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Italy.svg イタリア
WBC 2009年2013年

ダニエル・ジョゼフ・セラフィニDaniel Joseph Serafini, 1974年1月25日 - )は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手)。

サーフィンが趣味で、その事と自らの名前にかけたニックネームサーフ。台湾球界での登録名は、丹尼

来歴・人物[編集]

ロッテ時代[編集]

2004年は主にリリーフとして起用されるが、ネイサン・ミンチーが離脱後は先発ローテーションに加わる。9月9日の対ダイエー戦では、死球に激高したフリオ・ズレータとピッチャーマウンド上で乱闘となり、双方共に退場となった。後に清水直行が「ベッドで血を流して寝ていた」と語っている。

2005年はシーズンは1年を通してローテーション入りし、11勝を挙げる。荒れ球投手であるにもかかわらずQS率は高く、完投は多くないものの試合を壊すことはほとんどなかった。オリックスに相性が良く、また登板間隔が空いた時には中継ぎも務めた。

オールスター終了後、左足に重傷を負いながら、ローテーションに入り投げ続けた。ボビー・バレンタイン監督曰く「投球はできるが、走れない」状況だったという。そのためファーストゴロで一塁ベースカバーに入れない状態が続き、守備での刺殺数がほかの投手に比べて極めて少なかった。プレーオフ第2ステージでは2度にわたり杉内俊哉と投げ合い、1勝をあげる。さらに日本一を決めた日本シリーズ第4戦でも勝利投手となり、優勝および日本一に大きく貢献した。シーズンオフにロッテは交渉を求めたが、結局音信不通になりロッテから自由契約選手となる。その後、年俸150万ドル(1億7,200万円)で1年契約を結び、オリックス・バファローズへ入団した。

オリックス時代[編集]

左の先発不足に悩むオリックス首脳陣からは期待を寄せられていたが、2006年は左肩痛の影響で開幕から調子が上がらず、5月1日に治療のため一時帰国。全治1ヶ月の「臍ヘルニア」のため9月8日に帰国し、再来日することなくシーズンを終えている。この年は7試合で0勝4敗に終わった。

2007年も開幕から先発ローテーションを担い、3月29日日本ハム戦で7回1/3を無失点に抑えて移籍後初及び2年ぶりの勝利を挙げたがその後は調子が振るわず、4回途中7失点KOされた5月13日楽天戦で右手親指を骨折し、登録抹消を受けるとともに手術のため帰米。6月29日に再来日したものの、7月14日にオリックスから解雇が発表された。最終成績は9試合で2勝5敗・防御率5.40と、期待を大きく裏切るものであった。

オリックス退団後[編集]

オリックス退団後はコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結び、同年9月にメジャーに復帰したが、その年限りで解雇された。11月27日、薬物規定に違反したとして50試合の出場停止処分を科せられた。

第2回WBCにおいて、イタリア代表に選出された。3月9日、カナダ代表相手に先発し、勝利投手となった。

2009年メキシカンリーグのモンテレー・サルタンズに所属したが、4月13日に先発し5回5失点で敗戦投手。この試合をもってチームを解雇された。

2010年独立リーグアトランティック・リーグブリッジポート・ブルーフィッシュに所属した。

2011年以降は再びメキシカンリーグモンテレイ・サルタンズに所属している。

第3回WBCに、イタリア代表として二度目の選出を果たした。[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 MIN 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 23 4.1 7 1 2 0 1 1 0 0 5 5 10.38 2.08
1997 6 4 1 0 0 2 1 0 -- .667 111 26.1 27 1 11 0 0 15 1 0 11 10 3.42 1.44
1998 28 9 0 0 0 7 4 0 -- .636 345 75.0 95 10 29 1 1 46 2 0 58 54 6.48 1.65
1999 CHC 42 4 0 0 0 3 2 1 -- .600 302 62.1 86 9 32 3 1 17 3 0 51 48 6.93 1.89
2000 SD 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 3.0 9 2 2 0 0 3 1 0 6 6 18.00 3.67
PIT 11 11 0 0 0 2 5 0 -- .286 280 62.1 70 9 26 1 4 32 2 0 35 34 4.91 1.54
'00計 14 11 0 0 0 2 5 0 -- .286 300 65.1 79 11 28 1 4 35 3 0 41 40 5.51 1.64
2002 中信 2 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 31 4.2 10 0 5 0 1 1 0 0 6 6 13.50 3.21
2003 CIN 10 4 0 0 0 1 3 0 -- .250 141 30.0 41 5 14 1 0 13 1 0 23 18 5.40 1.83
2004 ロッテ 31 10 0 0 0 5 4 0 -- .555 357 80.2 80 11 35 2 4 66 2 1 48 37 4.13 1.43
2005 27 22 2 0 0 11 4 0 -- .733 627 151.1 137 12 56 3 5 117 5 0 60 49 2.91 1.28
2006 オリックス 7 5 0 0 0 0 4 0 -- .000 114 21.2 34 7 11 0 4 11 3 0 24 24 9.97 2.08
2007 9 8 0 0 0 2 5 0 -- .285 202 45.0 57 3 20 1 1 23 3 0 29 27 5.40 1.71
COL 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 0.1 0 0 2 0 1 0 0 1 2 2 54.00 6.00
MLB:7年 104 33 1 0 0 15 16 1 -- .484 1226 263.2 335 37 118 6 8 127 10 1 191 177 6.04 1.72
CPBL:1年 2 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 31 4.2 10 0 5 0 1 1 0 0 6 6 13.50 3.21
NPB:4年 74 45 2 0 0 18 17 0 -- .514 1300 298.2 308 33 122 6 14 217 13 1 161 137 4.13 1.44

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 22 (1996年)
  • 16 (1997年 - 1998年)
  • 33 (1999年)
  • 55 (2000年)
  • 45 (2000年)
  • 50 (2003年)
  • 42 (2004年 - 2005年)
  • 29 (2006年 - 2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]