清水直行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 直行
琉球ブルーオーシャンズ 監督 #81
Naoyuki Shimizu on May 5, 2010.jpg
横浜時代
(2010年5月5日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市下京区
生年月日 (1975-11-24) 1975年11月24日(44歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 2000年4月1日
最終出場 2011年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2004年
WBC 2006年
オリンピック
男子 野球
2004 野球
ワールド・ベースボール・クラシック
2006 野球
清水直行
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年10月28日 -
ジャンル 野球
登録者数 685人
総再生回数 約7,500回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年11月4日時点。
テンプレートを表示

清水 直行(しみず なおゆき、1975年11月24日 - )は、京都府京都市下京区出身(兵庫県西宮市育ち)の元プロ野球選手投手)・野球解説者2014年から2017年まで、ニュージーランド野球連盟のゼネラルマネジャー(GM)補佐や、野球ニュージーランド代表の統括コーチも務ていた[1][2][3]2020年シーズンから、琉球ブルーオーシャンズ沖縄県を拠点に活動するプロ野球球団)の初代監督に就任[4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

報徳学園から日本大学に進学。大学では3年春から2部リーグであった。1年上には社会人、プロ入りまで同僚となる戸部浩がいた。東芝府中へ進み、1998年都市対抗野球大会社会人野球日本選手権大会に出場するが、共に登板機会がなかった。1999年の都市対抗野球2回戦で先発するが、満塁本塁打を被弾して降板、この試合を最後に活動を停止した東芝府中で最後の敗戦投手となった。以降は統合した東芝硬式野球部所属となり、1999年のドラフト会議において千葉ロッテマリーンズを逆指名し、2巡目で入団した。

ロッテ時代[編集]

2000年、4月1日の対福岡ダイエーホークス戦で初登板。5月4日の対大阪近鉄バファローズ戦で初先発・初勝利を挙げる。しかしシーズン通しては結果を出せず、27試合の登板で3勝に終わった。

2001年、先発として結果が出せず、この年は全て中継ぎ投手として起用された。31試合に登板し6勝を挙げた。

2002年黒木知宏小野晋吾が怪我で離脱し、ネイサン・ミンチーが開幕当初不調に陥り、チームも開幕から11連敗と危機的状況の中、先発投手に転向し、プロ野球ワーストタイ記録の開幕12連敗を阻止した。この後、先発ローテーションに入りチーム二位の14勝を挙げプロ入り初めて規定投球回数をクリアした。

2003年、初めてオールスターゲーム出場し、第2戦千葉マリンスタジアムで先発するが敗戦投手となった。リーグ唯一の200イニング登板を記録し、防御率もリーグ3位の3.13であった[5]

2004年西武ライオンズとの開幕戦(西武ドーム)で初の開幕投手を務め、7回1/3を3失点で松坂大輔に投げ勝った。4月30日にも千葉マリンで西武を相手に4安打無四死球で完封勝利を挙げた。これは同年の日本一になった西武にとって、レギュラーシーズン・プレーオフ日本シリーズを合わせても唯一となる無得点の試合だった。アテネオリンピック野球日本代表にも選ばれ対ギリシャ戦で先発し勝利投手となった。

2005年、開幕戦の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦に登板するが敗れ、楽天球団創立初公式戦での初白星を献上している。この年清水の防御率はロッテの先発ローテーション投手中、最も悪かった。リーグ優勝の際のビールかけ会場で清水は挨拶の際に「今まで迷惑かけて…」と言葉を詰まらせ、涙を拭く場面があった(その後は「嘘泣きです!」と明るく振る舞っていた)。しかしシーズン中は味方が4点以上援護した試合は10勝0敗、援護点が4点未満だった試合は0勝11敗という極端な成績であった。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出された[6]。同大会では、1次リーグの対中国戦に登板しセーブを上げる。だが、2次リーグアメリカ合衆国戦ではデレク・リーに同点本塁打を記録された。シーズンでは、9月2日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)の3回、カリーム・ガルシアを空振り三振に打ち取り投球回数1000回を達成。シーズン最終戦の10月1日の対楽天戦に登板し、1失点完投勝利して5年連続2桁勝利を達成。なお2桁勝利での1桁敗戦(10勝8敗)は初。さらに、年々悩まされてきた一発病も、この年は規定投球回に達した投手の中ではトム・デイビー(オリックス)と並んでリーグ最少の被本塁打9本と安定感を見せた。この年まで他の主戦級投手不在もあり、安定した活躍を続けたため、次第にエースとしての認識が定着する。2002年 - 2006年のシーズンに連続2桁勝利を挙げているのは、清水以外に井川慶阪神タイガース)、石川雅規東京ヤクルトスワローズ)のみである。現役投手の連続2桁勝利記録は1996年 - 2002年の7年連続の西口文也(西武)。オフには10月から翌年3月まで、TBSラジオでプロ野球選手をオフ期間中パーソナリティに起用した番組『エキサイト・スタジアム』の木曜日を担当。

2007年、3度目の開幕投手を務めるが4失点で6回途中で降板、その後も不安定な投球が続き、1年間ローテーションを守るも6勝止まりだった。シーズン連続2桁勝利は5年で止まり、特に優勝した北海道日本ハムファイターズに対しては0勝4敗と相性が悪かった。

2008年、キャンプ直前の1月17日に病気療養中だった妻を心不全で失う不幸に見舞われたが、開幕からほぼ一年間、先発ローテーションを守り通して13勝をあげた。8月4日の西武ライオンズは1回3分の0、被安打7、8失点で降板。「まるで生まれたての子鹿や。オレは情けない」と名言を残す。9月15日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、同点で迎えた9回表に自ら志願して2002年6月以来のリリーフ登板を果たし1回無失点で切り抜けると、その裏にチームがサヨナラ勝ちを収め7年ぶりの救援勝利をあげた。シーズン終了後には、同年にFA権を取得する清水に対して阪神タイガースが獲得を検討するとの報道がなされたものの、残留するという形で翌年の契約更改を行い、2年総額5億2000万円で合意した。1年目が2億4000万円、2年目が2億8000万円という年俸変動性のものであった。

2009年は開幕から不調が続き6勝にとどまった。監督のボビー・バレンタインの配慮により10月3日の日本ハム戦にて中継ぎで1イニングだけ投げ、8年連続の規定投球回になんとか届き、「この記録は続けていきたい」とコメントした。なお、この試合では小野晋吾も中継ぎで5イニング投げて規定投球回にちょうど到達しており、バレンタインはこの起用方法について「大きな努力を払ってきた2人にできるささやかなお礼」と述べている[7]

横浜・DeNA時代[編集]

2009年11月9日に那須野巧斉藤俊雄との交換トレード横浜ベイスターズへ移籍、2年目の年俸2億8000万円は横浜が支払うことになった。背番号は、入団して以来着けていた18番をエースの三浦大輔が着用しているため、同時期にトレードで日本ハムへ移籍した加藤武治が着用していた17となった。

2010年は不調の三浦大輔に変わり先発ローテーションの柱となり、6月20日の対阪神戦でプロ通算100勝を挙げる。低迷したチームにおいて2年ぶりの二桁勝利である10勝を挙げたが、調子の善し悪しが激しく11敗を喫し共にリーグワーストとなる防御率5.40と26被本塁打を記録するなど前年より成績は悪化した。

2011年の開幕前に左膝を痛め開幕メンバーから外れると、4月に1試合登板したのみで登録を抹消され、7月に一軍昇格を果たしたが8月24日に再び左膝を痛めて登録を抹消される。左大腿骨滑車部損傷と診断され、結局7試合の登板でシーズンを終えて2001年以来10年振りに規定投球回到達を逃した。オフには2010年の松中信彦(ソフトバンク)と並びプロ野球史上最大(当時)の減額となる2億円減の5000万円で契約更改した。

2012年は一軍での登板がなく、10月10日に球団から戦力外通告を受けた[8]

DeNA退団後[編集]

2013年、所属球団がない状況で現役続行を視野に左膝のリハビリを続行した。2月には東京ヤクルトスワローズの春季キャンプで入団テストを受験する予定だったが、テストの直前に辞退した[9]。同月17日からは、「リハビリ中で所属なしの現役投手」という立場で、『neo sports』(テレビ東京[10]にコメンテーターとして出演。同年のシーズン中には、現役続行への道を模索しながら、FOX SPORTS ジャパンBASEBALL CENTERおよびBS12 プロ野球中継のロッテ戦中継で解説を務めた。

清水によると、DeNAからの戦力外通告後にニュージーランドの野球に興味を持ったことで、「野球への恩返しを兼ねて、野球人口の増加や、2020年夏季東京オリンピックにおける野球・ソフトボールの競技復活に携わりたい」という思いに至ったという[11]

2014年3月24日付で現役からの引退を発表[12]

6月28日には、QVCマリンフィールドのロッテ対オリックス戦の試合前に、ロッテの主催で引退セレモニーを行った[13]

引退後[編集]

2014年、ニュージーランド野球連盟のGM補佐と野球ニュージーランド代表統括コーチに就任し、隔月ペースでニュージーランドに滞在して技術指導などに当たった[11]。また日本では、野球解説者としての活動も続けていた。

2015年7月6日、第4回WBC予選のニュージーランド代表投手コーチを務める事が発表された[14]

2016年3月、書籍『日本野球を売り込め!〜元世界一投手のニュージーランドからの挑戦〜』が上梓された[15]

2016年、U-15ベースボールワールドカップ2016のニュージーランド代表監督を務めた[16]

2017年、U-18ワールドカップオセアニア予選のニュージーランド代表監督を務めた[17]

2017年10月27日、千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチ就任が発表された。背番号は81[18]2019年に二軍投手コーチへ異動した[19][20]。同年10月4日に球団へ退団を申し入れたところ、受理された[21]

琉球監督時代[編集]

2019年10月8日にはNPB参入を目指すプロ野球チーム・琉球ブルーオーシャンズの初代監督へ就任することが発表された[4]。10月28日には公式YouTubeチャンネル「シミチョク・チャンネル」を開設し、沖縄球団での動向をはじめ、現役・コーチ時代のことを語った動画を配信する。初回配信は、現役時代から親交のある福ノ上達也とのトーク形式の動画を投稿した[22]

選手としての特徴[編集]

ストレートを軸にした本格派投手[23]。最速151km/hのストレートの伸びやキレはリーグ屈指と評され、高速スライダーフォークチェンジアップも高レベルであった[24]。一方、ボールが高めに浮きやすい傾向があり、長打を浴びるケースが多い[25]。2008年にはシュートの割合を増やしたことで復活を果たした[26]

地味な投手と表現されることもあったが、2000年代の通算勝利数ランキングでは2位につけるなど、長年エースとしてチームを支えた[27][28]

人物[編集]

ロッテでは2004年まで同姓の清水将海が在籍していたため、スコアボードでは「清水直」と表記された。これが定着したため、将海の退団後、チームに同姓の選手がいなくなっても「清水直」と表記されていた。また、横浜移籍後も「清水直」の表記は継続され、場内アナウンスでは「しみずなお」とコールされていた。

ロッテ時代は先発ローテーションの1人として2002年から2006年まで5年連続で規定投球回、2桁勝利を継続していた。その安定した成績や統率力のある性格から、ロッテのエースと呼ばれ、メディアでもそのように紹介されていた。

ロッテ時代、グッズのプロデュースにも関わっており、2005年には全面にマリーンズファンの写真が入ったマフラータオルを、2006年には「やるしかないねん」と書かれたTシャツが販売された。また、引退時の2014年にはマリーンズより「やるしかないねん2014」といったTシャツが限定販売された。

2014年10月24日、ニュージーランド航空が「壮大すぎる機内安全ビデオ」の日本語版(英語制作/日本語字幕)を公開した。イライジャ・ウッドの右側座席に搭乗する客として出演。これは日本では12月13日に公開された映画『ホビット』シリーズの完結編公開にちなんだものである。撮影が映画内で「中つ国」として登場するニュージーランドのロケであることからの出演で、野球ニュージーランド代表の帽子をかぶっている。日本-ニュージーランド便に採用されている最新のボーイング787-9型機の専用ビデオで、ボーイング777-300ER型機用のビデオには登場していない。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 ロッテ 27 16 1 0 0 3 6 0 -- .333 475 100.0 110 9 66 1 2 69 13 0 77 68 6.12 1.76
2001 31 0 0 0 0 6 2 0 -- .750 191 43.1 43 6 20 1 2 30 0 0 20 18 3.74 1.45
2002 31 29 2 1 0 14 11 0 -- .560 768 177.2 197 28 57 0 3 124 4 1 91 90 4.56 1.43
2003 28 28 5 1 0 15 10 0 -- .600 850 204.1 200 14 53 0 6 147 9 0 86 71 3.13 1.24
2004 23 23 5 2 1 10 11 0 -- .476 699 169.1 160 21 42 2 4 126 2 0 73 64 3.40 1.19
2005 23 23 7 1 2 10 11 0 0 .476 687 164.1 170 27 37 1 5 99 4 0 77 70 3.83 1.26
2006 25 25 6 1 1 10 8 0 0 .556 718 171.0 178 9 36 1 6 137 2 0 74 65 3.42 1.25
2007 25 25 3 1 0 6 10 0 0 .375 657 145.0 189 15 39 4 6 101 1 0 86 77 4.78 1.57
2008 25 24 7 2 2 13 9 0 0 .591 679 165.2 151 13 41 3 1 108 4 0 81 69 3.75 1.16
2009 23 22 2 0 0 6 7 0 0 .462 638 144.2 177 14 42 0 1 88 5 0 75 71 4.42 1.51
2010 横浜 26 26 1 1 0 10 11 0 0 .476 699 155.0 203 26 39 1 8 105 1 0 98 93 5.40 1.56
2011 7 7 0 0 0 2 4 0 0 .333 172 37.0 47 4 14 0 1 20 1 0 23 19 4.62 1.65
通算:12年 294 248 39 10 6 105 100 0 0 .512 7233 1677.1 1825 186 486 14 45 1154 46 1 861 775 4.16 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (2003年9月)
  • 千葉県知事賞 (2004年) ※アテネ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて
  • 京都府スポーツ賞特別栄誉賞(2004年)※アテネ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて
  • 兵庫県スポーツ賞(2004年)※アテネ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて
  • 千葉市市民栄誉賞:2回 (2004年、2006年) ※アテネ五輪野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得、第1回WBC日本代表メンバーとしての優勝を称えて

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
国際大会記録
  • 2004年 アテネ五輪
  • 2006年 WBC(2試合 0勝0敗1セーブ 防御率4.15 4 1/3投球回 6奪三振 自責点2[29]

背番号[編集]

  • 18 (2000年 - 2009年)
  • 17 (2010年 - 2012年)
  • 81 (2018年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

コーチ歴[編集]

監督歴[編集]

  • 2016 WBSC U-15ワールドカップ ニュージーランド代表

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 野球ニュージーランド代表統括コーチ・清水直行
  2. ^ 清水直行(元千葉ロッテ、横浜DeNA)が引退、ニュージーランド代表チームのコーチに就任
  3. ^ On to the next one
  4. ^ a b 沖縄初プロ野球球団 琉球ブルーオーシャンズ 初代監督決定のお知らせ”. 琉球ブルーオーシャンズ. 2019年10月8日閲覧。
  5. ^ 年度別成績 2003年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年3月5日閲覧。
  6. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年8月20日閲覧
  7. ^ “小野と清水 指揮官配慮で規定投球回へ”. スポニチSponichi Annex. (2009年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/03/kiji/K20091003Z00001530.html 2019年12月13日閲覧。 
  8. ^ “来季の選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ公式ホームページ. (2012年10月10日). http://www.baystars.co.jp/news/2012/10/1010_07.php 2012年10月10日閲覧。 
  9. ^ “清水、ヤクルト入団テストを辞退”. 日刊スポーツ. (2013年2月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130203-1080245.html 2013年2月17日閲覧。 
  10. ^ a b レギュラーコメンテーターの緒方耕一が、第3回WBC日本代表外野守備・走塁コーチとして第3回WBC決勝大会に帯同することを受けて、過去のWBC日本代表の出場・優勝経験者の立場で代演。
  11. ^ a b “元ロッテ・清水が引退表明 NZ連盟入り発表”. スポーツニッポン. (2014年3月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/26/kiji/K20140326007846410.html 2014年3月26日閲覧。 
  12. ^ “元ロッテのエース清水直行が引退へ”. 日刊スポーツ. (2014年3月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140324-1274848.html 2014年3月24日閲覧。 
  13. ^ 清水直行氏 引退セレモニーについて球団公式サイト2014年6月2日配信
  14. ^ Team NZ WBC Coaching Staff Named Baseball New Zealand (英語) (2015年7月6日) 2015年8月20日閲覧
  15. ^ “"世界の野球”「ニュージーランド野球の世界挑戦記」著者・清水直行氏の書籍が発売”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. (2016年3月24日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20160324_1.html 2016年11月29日閲覧。 
  16. ^ ニュージーランドでの活動|清水直行オフィシャルサイト”. www.naoyuki-shimizu.com. 2020年8月12日閲覧。
  17. ^ ニュージーランドでの活動|清水直行オフィシャルサイト”. www.naoyuki-shimizu.com. 2020年8月12日閲覧。
  18. ^ 清水直行氏 一軍投手コーチ就任のお知らせ 千葉ロッテマリーンズ公式サイト
  19. ^ コーチ配置転換のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ公式サイト 2018年10月16日
  20. ^ 2年目も井口改革!ロッテ 投手陣を立て直しへ清水投手コーチが「留守番コーチ」担当 - スポーツニッポン 2018年10月16日
  21. ^ 大村一軍打撃コーチ・清水二軍投手コーチの退団について”. 千葉ロッテマリーンズ (2019年10月4日). 2019年10月4日閲覧。
  22. ^ “清水直行氏、ユーチューブチャンネルを開設!”. BASEBALL KING. (2019年10月28日). https://baseballking.jp/ns/207447 2019年11月4日閲覧。 
  23. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2007』アスペクト、2007年、122-123頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  24. ^ 野球小僧 世界野球選手名鑑2005』白夜書房、2005年、44頁。ISBN 4-86191-015-3
  25. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、438-439頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  26. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2009』白夜書房、2009年、48頁。ISBN 978-4-86191-508-6
  27. ^ 各成績で2000年代ベスト9を選ぶと。赤星に小笠原&松中。エースは誰?”. NumberWeb. 文藝春秋 (2020年6月29日). 2020年8月20日閲覧。
  28. ^ VICTORYアスリート名鑑 清水直行”. VICTORY SPORTS NEWS. 2020年8月20日閲覧。
  29. ^ 2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表個人成績 NPB.jp 日本野球機構 2016年4月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]