井野修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井野修(いの おさむ、1954年4月24日 - )は、群馬県出身のプロ野球審判員。 セ・パの審判部が完全統合された2011年(平成23年)より、審判長を務め、2014年(平成26年)1月から日本野球機構(NPB)参与・審判技術委員長兼野球規則委員となる。現役時代の審判員袖番号1

来歴・人物[編集]

群馬県立前橋高等学校から神奈川大学を経て1976年(昭和51年)セントラル・リーグ審判部入局。1978年(昭和53年)4月2日神宮球場でのヤクルトスワローズ広島東洋カープ戦、レフト側外審で1軍初出場。

1989年、35歳にして日本シリーズ初出場するなど、若い頃から順調にキャリアを重ね、1997年(平成9年)には43歳にして副部長、2003年(平成15年)から小林毅二前審判部長の後を継ぎ部長に就任。2009年(平成21年)は79試合に出場し、2009年(平成21年)シーズン終了時点での通算出場試合数は2902試合、オールスター出場6回(1986年、1989年、1992年、1994年、1996年、1998年)、日本シリーズ出場12回(1989年、1991年、1992年、1994年〜2001年、2005年)。

オールスターでは1989年、1992年、1996年のいずれも第1戦で球審。

日本シリーズでは、1996年(平成8年)に第1戦、1997年(平成9年)・1999年(平成11年)に第2戦、1994年(平成6年)に第3戦、1989年に第4戦、1992年(平成4年)・1998年(平成10年)・2000年(平成12年)に第5戦の球審をそれぞれ担当している。21世紀に入ってからは2001年(平成13年)、2005年(平成17年)の日本シリーズに出場したが、球審を務めることはなかった。

関連項目[編集]