1968年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1968年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
阪急ブレーブス() 2
ゲームデータ
試合日程 1968年10月12日-10月20日
最高殊勲選手 高田繁
敢闘選手 長池徳士
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 川上哲治
シーズン成績 77勝53敗4分
(シーズン1位) 
阪急ブレーブス()
監督 西本幸雄
シーズン成績 80勝50敗4分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1967 1969 > 

1968年の日本シリーズ(1968ねんのにっぽんシリーズ、1968ねんのにほんシリーズ)は、1968年10月12日から10月20日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツパ・リーグ優勝チームの阪急ブレーブスによる第19回プロ野球日本選手権シリーズである。後楽園球場阪急西宮球場で行われた。

この年のパ・リーグは最終戦まで阪急と南海ホークスとの間で優勝争いが繰り広げられ、阪急の優勝が決まったのは日本シリーズ開幕前日の10月11日で、西宮で優勝を決めたナイターの翌日に後楽園でデーゲームの第1戦という日程だった[1]。なお阪急・南海の両チームがプレーオフにもつれこんでいた場合、本シリーズの開幕は10月16日からに延期されることになっていた。

試合結果[編集]

1968年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(土) 第1戦 阪急ブレーブス 5-4 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月13日(日) 第2戦 雨天中止
10月14日(月) 阪急ブレーブス 1-6 読売ジャイアンツ
10月15日(火) 移動日
10月16日(水) 第3戦 読売ジャイアンツ 9-4 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月17日(木) 第4戦 読売ジャイアンツ 6-5 阪急ブレーブス
10月18日(金) 第5戦 読売ジャイアンツ 4-6 阪急ブレーブス
10月19日(土) 移動日
10月20日(日) 第6戦 阪急ブレーブス 5-7 読売ジャイアンツ 後楽園球場
優勝:読売ジャイアンツ(4年連続10回目)

第1戦[編集]

10月12日 後楽園球場 入場者数:24482人 試合開始13:01 試合時間3時間3分

阪急 0 0 2 0 0 0 2 1 0 5
巨人 0 1 0 0 0 1 0 1 1 4
(阪) 石井茂、大石、○米田(1勝) - 岡村浩
(巨) ●金田(1敗)、高橋明 - 森
本塁打
(阪) 矢野1号(3回2ラン、金田)、大石1号(8回、高橋明)
(巨) 長島1号(6回、石井茂)

[審判]セ田代(球)パ久喜 セ谷村 パ田川(塁)パ セ松橋(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月14日 後楽園球場 入場者数:24923人 試合開始13:03 試合時間2時間14分

阪急 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
巨人 0 0 0 2 3 0 1 0 X 6
(阪) ●足立(1敗)、梶本、水谷、宮本 - 岡村浩、中沢
(巨) ○城之内(1勝) - 森
本塁打
(阪) 長池1号(7回、城之内)
(巨) 柴田1号(4回2ラン、足立)

[審判]パ沖(球)セ松橋 パ久喜 セ谷村(塁)セ竹元 パ道仏(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月16日 阪急西宮球場 入場者数:19462人 試合開始13:03 試合時間3時間5分

巨人 0 0 2 0 3 0 0 4 0 9
阪急 2 0 1 0 1 0 0 0 0 4
(巨) 堀内、高橋明、○金田(1勝1敗) - 森
(阪) ●米田(1勝1敗)、大石、宮本 - 岡村浩、中沢
本塁打
(巨) 王1号(3回2ラン、米田)、王2号(5回、米田)、柴田2号(5回2ラン、米田)、森1号(8回3ラン、大石)

[審判]セ竹元(球)パ道仏 セ松橋 パ久喜(塁)パ田川 セ田代 


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月17日 阪急西宮球場 入場者数:16390人 試合開始13:02 3時間39分

巨人 1 0 0 3 1 0 0 0 1 6
阪急 0 0 0 0 4 0 1 0 0 5
(巨) 高橋一、高橋明、倉田、○金田(2勝1敗) - 森
(阪) 梶本、水谷、●石井茂(1敗) - 岡村浩
本塁打
(巨) 長島2号(5回、水谷)
(阪) 長池2号(5回3ラン、高橋明)、長池3号(7回、金田)

[審判]パ田川(球)セ田代 パ道仏 セ松橋(塁)セ谷村 パ沖(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月18日 阪急西宮球場 入場者数:15255人 試合開始13:02 試合時間2時間54分

巨人 0 0 2 1 0 0 0 1 0 4
阪急 0 0 0 0 0 0 3 3 X 6
(巨) 城之内、●金田(2勝2敗)、倉田 - 森
(阪) 足立、米田、石井茂、○梶本(1勝)、大石 - 岡村浩

[審判]セ谷村(球)パ沖 セ田代 パ道仏(塁)パ久喜 セ竹元(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月20日 後楽園球場 入場者数:29299人 試合開始13:01 試合時間2時間59分

阪急 1 0 0 0 0 0 2 1 1 5
巨人 1 0 0 0 0 2 3 1 X 7
(阪) 米田、●大石(1敗)、梶本、石井茂、宮本 - 岡村浩
(巨) ○堀内(1勝) - 森
本塁打
(阪) 山口1号(8回、堀内)
(巨) 柴田3号(6回2ラン、米田)、王3号(7回2ラン、梶本)

[審判]パ久喜(球)セ竹元 パ沖 セ田代(塁)セ松橋 パ田川(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

※なお、第7戦は日本テレビで中継される予定だった。

ラジオ中継[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]