牧野塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧野 塁
HC-Rui-Makino.jpg
広島時代
(2009年3月31日 ナゴヤ球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1974-07-17) 1974年7月17日(43歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト3位
初出場 1993年9月24日
最終出場 2009年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

牧野 塁(まきの るい、1974年7月17日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手投手、右投右打)、野球解説者。現在は東北楽天ゴールデンイーグルス・ベースボールスクールのジュニアコーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜・緑東シニアから高校は山梨学院大学附属高等学校だった。しかし、甲子園出場を果たすことはなかった。 1992年オリックス・ブルーウェーブからドラフト3位で指名され入団。

プロ入り後[編集]

オリックス時代[編集]

1年目の1993年9月24日の対千葉ロッテマリーンズ戦(グリーンスタジアム神戸)でプロ初登板初先発を果たしたが6回0/3を3失点(自責点1)で敗戦投手となった。同年は勝利投手にはなれなかった。

1994年は中継ぎで5試合の登板にとどまった。

1995年は2試合しか登板できず、防御率も二桁と不本意なシーズンを送った。

1996年は5月26日の対近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)に先発して5回0/3を2失点に抑え、プロ入り初勝利を手にした。この年は2勝を挙げた。

1997年は11試合に登板し、1勝2敗の成績だったが全て中継ぎ登板で防御率も7点台と不振だった。

1998年はわずか1試合しか登板できなかった。

1999年も中継ぎでの登板が主で先発登板は1試合だけだった。防御率3.54と安定感としては今ひとつだった。

2000年は中継ぎとして34試合に登板し、2勝3敗2セーブ、防御率3.14と結果を残した。

しかし2001年は3試合登板にとどまった。

2002年も7試合しか登板できなかった。

2003年は自己最多の49試合に登板した。先発での登板も10試合あり、この年の投手陣はチーム防御率が5.95と信じられない数字となり、自身も防御率5.05とチーム防御率に足並みを揃えてしまったが自身初のシーズン100投球回を達成した。

阪神時代[編集]

2003年オフ、斉藤秀光谷中真二との2対2のトレードにより葛城育郎と共に阪神タイガースに移籍。

2004年は中継ぎ選任となり、1軍に完全に定着できなかったが27試合に登板した。

2005年には勝利の方程式であるJFKのリレーが確立されたこともあり、2試合の登板に終わった。

2006年ウエスタンリーグで20試合に登板し、自責点0の好成績だったが、1軍では前年に確立したJFKが充実していたこともあり、1軍昇格はなかった。序盤はジェフ・ウィリアムスが故障で1軍にいなかったにもかかわらず、その時も1軍に呼ばれることはなかった。

楽天時代[編集]

2006年シーズン途中に坂克彦とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。

2006年9月22日西武戦に先発し、7回を無失点に抑え、勝利投手となる。1軍で7回までを無失点に抑えたのは自身初。2006年シーズンは15試合に登板(先発5回)して、2勝0敗0S、投球回43.1、31奪三振、防御率2.49という好成績を残した。

2007年は先発で結果を残せず、中継ぎ降格となり18試合の登板に終わり、防御率も5点台と不調に終わった。

2008年は1試合に登板したが、1失点し2軍に降格した。

広島時代[編集]

2008年7月18日佐竹健太とのトレードで広島東洋カープに移籍。

移籍後は6試合に登板し、先発でも2試合に登板したが勝利投手になれなかった。

2009年も中継ぎで14試合しか登板できなかった。10月9日戦力外通告を受けた[1]12球団合同トライアウトに参加したが、獲得球団はなく、現役を引退。

引退後[編集]

2010年から2011年までの2年間横浜ベイスターズ打撃投手を務め[2]2012年からは楽天の球団職員となり、楽天主催試合のテレビ(スカパー!)、インターネット中継の解説者をしながら、東北楽天ゴールデンイーグルスベースボールスクールのジュニアコーチとして子供達に野球指導を行っている。

選手としての特徴[編集]

最速150km/h台の速球とスライダーで投球の大半を組み立てるが、制球に難があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 オリックス 3 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 55 12.0 11 2 9 0 0 12 0 0 10 8 6.00 1.67
1994 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.0 3 1 4 0 0 4 0 0 3 3 6.75 1.75
1995 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 2.2 6 1 1 0 0 4 0 0 5 5 16.88 2.63
1996 7 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 98 21.2 19 3 13 2 1 14 0 1 10 9 3.74 1.48
1997 11 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 69 15.1 19 6 4 0 0 21 3 0 13 13 7.63 1.50
1998 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 0.2 0 0 4 0 0 1 0 0 1 1 13.50 6.00
1999 17 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 88 20.1 22 4 7 0 1 23 1 0 12 8 3.54 1.43
2000 34 0 0 0 0 2 3 2 -- .400 212 48.2 36 8 33 0 1 44 2 0 19 17 3.14 1.42
2001 3 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 15 3.1 3 1 1 0 0 5 0 0 2 1 2.70 1.20
2002 7 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 36 8.2 8 2 1 0 1 7 0 0 6 6 6.23 1.04
2003 49 10 0 0 0 2 7 0 -- .222 458 101.2 112 15 46 0 3 86 4 0 64 57 5.05 1.55
2004 阪神 27 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 139 32.2 32 3 11 0 0 33 4 0 9 9 2.48 1.32
2005 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 2 2 3 0 0 2 0 0 2 2 9.00 2.50
2006 楽天 15 5 0 0 0 2 0 0 1 1.000 181 43.1 41 7 11 0 1 31 4 0 14 12 2.49 1.20
2007 18 4 0 0 0 1 3 0 3 .250 154 34.0 41 7 13 0 0 29 1 0 24 19 5.03 1.59
2008 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 1 0 0 0 1 0 0 1 1 9.00 2.00
広島 6 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 72 15.1 18 2 9 0 1 7 0 0 9 6 3.52 1.76
'08計 7 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 77 16.1 20 3 9 0 1 8 0 0 10 7 3.86 1.78
2009 14 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 87 21.1 18 5 5 0 1 13 1 0 10 10 4.22 1.08
通算:17年 222 27 0 0 0 13 23 2 4 .361 1720 388.2 393 70 175 2 10 337 20 1 214 187 4.33 1.46

記録[編集]

背番号[編集]

  • 61 (1993年 - 1996年)
  • 13 (1997年 - 2003年、2008年途中 - 2009年)
  • 35 (2004年 - 2006年途中)
  • 53 (2006年途中 - 2007年)
  • 14 (2008年 - 同年途中)
  • 102 (2010年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 戦力外通告のお知らせ”. 広島東洋カープ (2009年10月9日). 2009年12月5日閲覧。
  2. ^ “牧野が現役引退…横浜で打撃投手に”. デイリースポーツ. (2009年12月3日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2009/12/04/0002558544.shtml 2009年12月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]