アジアシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリビアンシリーズ
開始年 2005
加盟国 日本の旗 日本野球機構
韓国の旗 韓国野球委員会
台湾の旗 中華職業棒球大聯盟
オーストラリアの旗 オーストラリアン・ベースボールリーグ
中華人民共和国の旗 中国棒球協会
イタリアの旗サンマリノの旗 イタリアンベースボールリーグ
前回優勝 オーストラリアの旗 キャンベラ・キャバルリー2013年、1回目)
サイト アジアシリーズ(NPB)
テンプレートを表示

アジアシリーズ英語Asia Series )は、2005年に創設された、日本韓国台湾中国オーストラリアプロ野球クラブを中心に競われる、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認国際大会である。

概要[編集]

2008年までは毎年11月日本シリーズ終了後の木曜日から日曜日にかけて東京ドームで開催されていた。2011年2013年は台湾で、2012年は韓国で開催。2014年からは世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認国際大会に認定されるとともに、日本野球機構(NPB)と中華職業棒球大聯盟(CPBL)の共同運営により台湾で開催される予定であったが、CPBLの方針転換により開催が見送られることになった[1]。2015年以降も開催されていない。

アジアシリーズ開催[編集]

大会には日本(日本野球機構/日本シリーズ優勝チーム)、韓国韓国野球委員会/韓国シリーズ王者)、台湾中華職業棒球大聯盟/台湾シリーズ王者=総冠軍)、中国中国野球リーグ/国内王者、2007年までは発展途上であることを理由に中国リーグ選抜「チャイナスターズ」が参加)の各国優勝チームが1回戦総当りのリーグ戦を行い、その後上位2チームが決勝を行う(3位決定戦は行わず、予選リーグの成績により3位以下の順位を決定)というもので、「この大会を以ってその年のアジア地域のプロ野球チームのナンバーワンを決する」という位置づけである。

第1回から第3回まではコナミが特別協賛しており、大会名は「KONAMI CUP アジアシリーズ○○(西暦)」であった。しかし、第4回大会は、コナミが特別協賛から降りた為、大会名が「アジアシリーズ2008」となった。なお、第1回から後援していた読売新聞社も、第4回大会では後援を降りた。

この大会の優勝チームには5000万円、準優勝チームには3000万円、3位・4位にもそれぞれ1000万円の賞金が贈られる。

開催地は第4回までは日本の東京ドームで行われ、将来的には参加国持ち回りに移行し、参加国も拡大していく予定であったが、2009年度並びに2010年度は開催が中止された。2011年度は台湾で開催され、中国に代わってオーストラリアが参加した(台湾での開催問題については後述)。

日本での開催中止とその後の動向[編集]

日本で4年間にわたって開催されたアジアシリーズだったが、2008年度(第4回)にそれまでの冠スポンサー撤退などが響き、約2億円の赤字を計上したことを受け、また大会そのものの注目度も低下したことにより、抜本的な見直しが進められた結果、2009年度に開催が中止となった。

それに代わり、2009年度からは新たに、日本シリーズと韓国シリーズの勝者同士が対戦する「日韓クラブチャンピオンシップ」を新設。11月14日長崎ビッグNスタジアムで開催され、日本の読売ジャイアンツと韓国の起亜タイガースが対戦した。

2010年度には、台湾で開催されることが内定していたが、開催時期として候補に挙がっていた11月10-13日広州アジア大会と重なり、プロ選手が出場する日本、韓国、台湾、開催国・中国との意見の調整が必要としていた[2]2010年1月27日、2010年度の開催は上述の理由で難しいと結論を出した。2011年度も台湾が開催を希望し、開催された[3]

その後、2010年2月22日に台湾・台北で開かれたアジアシリーズ運営委員会において、CPBLのウェイン・リー秘書長が、アジアシリーズの代替試合の新たな開催案として、前年開催された日韓クラブチャンピオンシップと同様に、台湾・韓国の優勝チーム同士が対戦する試合を開催しようと提案していた。日本シリーズの開催日程の関係上NPB優勝チームの出場が難しいため[4]の措置だった。韓国側も協議をしたものの、結局は同案も白紙となった。

その後、日本と韓国の間において最終的な調整を進めた結果、NPBは2010年8月23日、前年に引き続き日韓クラブチャンピオンシップが11月13日東京ドームで開催されることが決まり[5]、また、同年11月45日、韓国シリーズ優勝チームと台湾シリーズ優勝チームが2試合対戦する韓国・台湾クラブチャンピオンシップが、台湾・台中インターコンチネンタルスタジアムで開催された。

なお、アジアシリーズの優勝トロフィーには創設された2005年からの優勝チームの名前と優勝した年がローマ字で刻印されているが、その中には日韓クラブチャンピオンシップの優勝チームである読売ジャイアンツ(2009年)と千葉ロッテマリーンズ(2010年)の名前も刻まれている(一行下に「NPB-KBO Club Championship」と書かれている。韓国・台湾クラブチャンピオンシップの優勝チーム名の刻印はなし)。

台湾にて復活開催[編集]

アジアシリーズの台湾での復活開催への動きは、2010年11月5日付の中央日報が、2011年にアジアシリーズが台湾で復活する旨を報道[6]したことから始まった。また同日、NPBの下田邦夫事務局長は「台湾が現地で開催したいという希望があり、できるなら協力する」と、台湾での開催に前向きな姿勢を示す[7][8]など、台湾開催への動きが進み協議が進められた。そして、2011年3月1日に開かれたNPBの実行委員会において、台湾側が18日11月の開催を発表することが明らかになり[9]18日に台湾で開かれたアジアシリーズ運営委員会において開催概要が発表され、11月11日より5日間にわたり開催されることが正式に決定、3年ぶりの復活開催が事実上決まった[10]

しかし、東日本大震災の影響によりNPBの日程がずれ込み、日本シリーズの開催が当初から2週間遅れの11月12日からとなったことから、CPBL側が当初の日程を11月25日 - 29日に変更し、NPB側に改めて出場を打診。5月16日のNPB実行委員会にて、日本シリーズ優勝チームの出場を正式に決定した[11]。さらに5月18日のアジアシリーズ運営委員会において、オーストラリアオーストラリア野球リーグ)が初めて参加することが発表された[12]同国からは2010 - 2011年の同リーグ覇者、パース・ヒートが出場。また、これまで参加していた中国は国内リーグの事情で参加を見合わせることになった[13]

韓国で初の開催[編集]

2012年のアジアシリーズは、2011年秋から韓国での開催が検討され、2012年3月、韓国野球委員会理事会で開催が確定した。2012年11月8-11日、釜山広域市社稷野球場で開催された。日本、台湾、オーストラリア、中国の年間総合優勝チームと、韓国シリーズ優勝チームである三星ライオンズの他に、地元枠として釜山を本拠地とするロッテジャイアンツの6チームが出場した。この大会より予選リーグが3チームずつに分かれての2グループ制に変更され、それぞれの総当たりで予選1位同士が決勝戦を行った。また、5年ぶりとなる冠スポンサーとして現地でソーシャルネットワーキングサービスの事業を行う「マグ・マネージャー」が付き、「マグ・マネージャー アジアシリーズ2012」として開催され、日本シリーズ優勝チーム・読売ジャイアンツが初優勝した。

再び台湾での開催[編集]

2013年のアジアシリーズは、11月15日から20日まで台湾・台中/台北で開催されることが決まった。参加チームは台湾、日本、韓国、中国、オーストラリア(2012-13年シーズン優勝はキャンベラ・キャルバリー)各国リーグの優勝チーム、そして他に台湾から1チームの合計6チームとなっている。チーム数と予選リーグ(6チームを3チームずつ2グループに分けての総当たり)は2012年と同じだが、決勝トーナメントの方式が変更され、予選上位2チームが準決勝に進出し、11月20日の決勝戦で優勝を決定することになった。9月下旬、中国が全国運動会の終了後に選手たちが引退し、時間的に代表チームの編成が難しいとして出場を辞退することになり、代わりに2013年ヨーロピアン・カップ・チャンピオンとなったイタリアのフォルティチュード・ボローニャが出場した。

日台共同運営化とWBSC公認国際大会認定[編集]

2014年のアジアシリーズは、日本(NPB)と台湾(CPBL)の共同運営されることになり、また、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の公認国際大会に認定されることになった。WBSCのフラッカリ会長がアジアシリーズの更なる国際的発展を望んでいることや、国際オリンピック委員会(IOC)が実施競技策定等の改革案を審議する臨時総会を2014年12月に開催することから、2020年東京五輪での「野球・ソフトボール」競技復帰へのアピールを狙う意味もある。なおWBSC公認国際大会に認定されたことで、本大会の対戦成績が各国代表チームとしてIBAFランキングに反映されることになった。[14][15][16]

しかし、CPBLは前会長の退任や、それに伴う方針転換があり、9月になって台北開催が難しくなったことをNPB側に通知。NPBも今から代替地を探すのが困難であることから、2014年のアジアシリーズ開催が見送られることになった[1]10月7日、上記の理由に加え、2014スズキ日米野球大会(日本)、21U野球ワールドカップ(台湾)といった他の国際大会開催日程の絡みと、2014年アジア競技大会への選手派遣によりKBOの日程が伸びたことにより正式に中止すると発表された[17]

また、2015年は日本と台湾共催によるナショナルチームによる世界選手権大会「WBSCプレミア12」が、本来のアジアシリーズ開催時期に新設され、開催されなかったため、事実上WBSC公認トーナメントとしては形骸化(有名無実化)の状態になっている。

参加団体[編集]

試合方式[編集]

(以下は2013年大会時[18]のもの。今後変更されることがある。)

ベンチ入り登録選手
  • 大会に参加できる選手は原則として開催年度の8月31日時点において支配下登録されている選手とし、そのうえで出場できる選手は1次登録をした40名から監督会議にて登録された28名とする。
  • ベンチ入りできるのは監督・選手のほか、コーチ、トレーナーなどのスタッフ最大11名の合計40人とする。
  • 外国人選手枠はそれぞれの所属リーグのルールに基づく。
試合形式
  • 6チームを3チームずつ×2組に分けての総当たりの予選リーグを行い、その上位2チームが決勝トーナメントを行う。3位決定戦は行わない。
  • 予選リーグの順位は勝率を最優先し、同じ成績である場合は次の順で上位順位を決める
  1. 当該チームの直接対決の勝利チーム
  2. 総失点率が低いチーム
  3. 総得点率が高いチーム
  4. チーム打率が高いチーム
  5. 抽選(コイントス)
  • 予選リーグは基本9回終了を優先するが、同点により延長戦が必要となる場合は、予選リーグでは4時間を超えて次のイニングスに入らない。この場合で同点である場合は引き分けとみなし、勝率計算は0.5勝扱いで計算する。また7回・8回で10点差以上がついた場合はコールドゲームを適用する。
  • 決勝戦は延長無制限とする。コールドは適用しない。
  • サスペンデッドゲームは全試合適用しない。
  • 指名打者を使用可能。
  • 決勝戦は原則として予選1位チームを1塁側・後攻とする。
    • 但し、日本で開催された第1〜4回の大会は日本代表チームが決勝に駒を進めた場合は2位(通常は3塁側・先攻)であった場合でも1塁側としていた(但し攻撃は先攻、ユニフォームもビジター用)。
  • 審判は各国から派遣され、不公平の無いよう第三国の審判員がジャッジする。

大会の目的[編集]

公式サイトによると、この大会は「アジアNO.1決定戦」「野球の国際化の第一歩」と言う位置づけである。将来的にはワールド・シリーズ覇者との真のワールドシリーズとも呼ぶべき試合を開催するための大会ともされている。

アジアシリーズに出場可能な球団[編集]

日本の旗日本プロフェッショナル野球組織(日本代表)/12球団

韓国の旗韓国野球委員会(韓国代表)/10球団

台湾の旗中華職業棒球大聯盟(台湾代表)/4球団

オーストラリアの旗オーストラリア野球リーグ(オーストラリア代表)/6球団

中華人民共和国の旗中国棒球協会(中国代表)/7球団

アジアシリーズに招待参加した球団[編集]

欧州連合の旗欧州野球連盟(欧州代表)

イタリアの旗サンマリノの旗イタリアン・ベースボールリーグ(イタリア代表)

歴代大会結果[編集]

開催年 開催国 決勝戦 ベスト4
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位
1 2005年
詳細
日本の旗
東京
日本の旗
千葉ロッテマリーンズ
5 - 3 韓国の旗
サムスン・ライオンズ
3位決定戦はなし。
ただし総合成績で興農ブルズが1勝2敗で事実上3位となる。
2 2006年
詳細
日本の旗
東京
日本の旗
北海道日本ハムファイターズ
1 - 0 台湾の旗
La Newベアーズ
3位決定戦はなし。
ただし総合成績で三星ライオンズが1勝2敗で事実上3位となる。
3 2007年
詳細
日本の旗
東京
日本の旗
中日ドラゴンズ
6 - 5 韓国の旗
SKワイバーンズ
3位決定戦はなし。
ただし総合成績で統一ライオンズが1勝2敗で事実上3位となる。
4 2008年
詳細
日本の旗
東京
日本の旗
埼玉西武ライオンズ
1 - 0 台湾の旗
統一セブンイレブン・ライオンズ
3位決定戦はなし。ただし総合成績でSKワイバーンズ
2勝1敗(失点率で西武と統一が決勝に進出)で事実上3位となる。
2009年日韓クラブチャンピオンシップ2010年は日韓クラブチャンピオンシップと韓国・台湾クラブチャンピオンシップが代替
5 2011年
詳細
台湾の旗
台中桃園
韓国の旗
サムスン・ライオンズ
5 - 3 日本の旗
福岡ソフトバンクホークス
3位決定戦はなし。
ただし総合成績で統一ライオンズが1勝2敗で事実上3位となる。
6 2012年
詳細
韓国の旗
釜山
日本の旗
読売ジャイアンツ
6 - 3 台湾の旗
Lamigoモンキーズ
3位決定戦はなし。
7 2013年
詳細
台湾の旗
台中桃園
オーストラリアの旗
キャンベラ・キャバルリー
14 - 4 台湾の旗
統一セブンイレブン・ライオンズ
3位決定戦はなし。
2014年以降は開催見送り

統計[編集]

国別成績[編集]

優勝 準優勝 出場 優勝年度 準優勝年度
日本の旗 日本 (NPB) 5 1 7 2005, 2006, 2007, 2008, 2012 2011
大韓民国の旗 韓国 (KBO) 1 2 8 2011 2005, 2007
オーストラリアの旗 オーストラリア (ABL) 1 0 3 2013
中華民国の旗 台湾 (CPBL) 0 4 8 2006, 2008, 2012, 2013
中華人民共和国の旗 中国 (CBL) 0 0 5
イタリアの旗 イタリア (IBLCEB) 0 0 1

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝 準優勝 出場 優勝年度 準優勝年度 勝率
日本の旗 千葉ロッテマリーンズ 1 0 1 2005 4 0 1.000
日本の旗 北海道日本ハムファイターズ 1 0 1 2006 4 0 1.000
日本の旗 読売ジャイアンツ 1 0 1 2012 3 0 1.000
日本の旗 中日ドラゴンズ 1 0 1 2007 3 1 .750
日本の旗 埼玉西武ライオンズ 1 0 1 2008 3 1 .750
オーストラリアの旗 キャンベラ・キャバルリー 1 0 1 2013 3 1 .750
韓国の旗 サムスン・ライオンズ 1 1 5 2011 2005 9 7 .563
台湾の旗 Lamigoモンキーズ 0 2 2 2006, 2012 4 3 .571
台湾の旗 統一セブンイレブン・ライオンズ 0 2 4 2008, 2013 6 8 .429
日本の旗 福岡ソフトバンクホークス 0 1 1 2011 3 1 .750
韓国の旗 SKワイバーンズ 0 1 2 2007 5 2 .714
日本の旗 東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 1 2 1 .666
韓国の旗 ロッテ・ジャイアンツ 0 0 1 1 1 .500
台湾の旗 興農ブルズ†† 0 0 1 1 2 .333
中華人民共和国の旗 チャイナスターズ 0 0 4 0 11 .000
中華人民共和国の旗 天津ライオンズ 0 0 1 0 3 .000
オーストラリアの旗 パース・ヒート 0 0 2 0 5 .000
イタリアの旗 フォルティチュード・ボローニャ 0 0 1 0 2 .000
台湾の旗 義大ライノズ 0 0 1 0 2 .000
  • : 前身のLa Newベアーズ時代も含む
  • ††: 現・義大ライノス

試合中継[編集]

日本[編集]

テレビ
地上波に関しては日本代表球団の試合のみを、後援者である読売新聞系列の日本テレビNNN/NNS系列)のほか、TBSJNN系列)・テレビ朝日ANN系列)が放送を担当。ただし延長は日本代表球団が決勝に進んだ場合のみ行われるが、それ以外の試合展開は行われない。2008年は地上波での放送が行われなかった。
スカパー!などのBS放送に関しては、J SPORTSJ SPORTS STADIUM名義で放送。使用されるテロップは普段J SPORTS制作時に使用されることが多いタイプにアレンジを加えて使用。
ラジオ
決勝戦は2007年まで、ニッポン放送TBSラジオ制作で放送されていた。韓国チームが決勝戦出場の場合、TBSラジオの中継には韓国プロ野球ジャーナリストの室井昌也がゲスト解説として出演していた。

韓国[編集]

2012年大会はスポーツ専門チャンネルのSPO TVで放送された。

アジア・パシフィックスーパーベースボール[編集]

第1回アジアシリーズから遡る事10年前の1995年に、アジアプロ野球のトーナメントが開催された実績がある。大会名は「アジア・パシフィックスーパーベースボール」。これは当時、福岡ダイエーホークスの親会社ダイエーの会長だった中内功がアジア進出を狙い創設。11月23・24日に福岡ドームで開催された。ただし、この大会はいわゆるダイエーによる招待制の大会で今日のアジアシリーズとは異質の大会であった。また、当時国内リーグがなかった中国の代わりにオーストラリアの選抜チームを招待していた。

参加4チームがノックアウトトーナメントで争った。参加チームは以下の通り。

試合は1回戦で台湾王者の統一が開催国ダイエーを1-0で退け、決勝戦へ進み、決勝戦でもハンファを3-1で下して王座を手にした。一方、ダイエーはオーストラリア選抜に辛勝で3位となった。この大会を継続して将来のアジアシリーズへ発展させる話もあったが、1回限りで終わった。

2015年2月27日の日韓親善試合[編集]

2015年2月27日福岡ヤフオク!ドームで行われたソフトバンクとサムスンの親善試合は両チームが2014年の日韓それぞれの優勝チームであったことから非公式試合ながら一部で「実質的に2014年のアジアシリーズ」として注目された。試合は3-0でサムスンが勝利を収めた。この試合は同球場に新設されたラッキーゾーン「ホームランテラス」お披露目の試合としても注目された。初めて「ホームランテラス」にホームランを打ち込んだ選手はこの試合の崔炯宇だった[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “今秋の開催は困難に=台湾が方針転換-野球・アジアシリーズ”. 時事ドットコム. (2014年9月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014090200787&g=spo 2014年9月3日閲覧。 
  2. ^ 「野球振興に欠かせない」…アジアシリーズ復活へ”. スポーツニッポン (2009年11月15日). 2009年11月17日閲覧。
  3. ^ アジアシリーズ、今年は断念へ=日程面クリアできず時事通信
  4. ^ <野球>韓国・台湾の勝利チームが日本と対戦?…アジアシリーズが混沌 中央日報2010年2月23日
  5. ^ “「日韓チャンピオンシップ」今年も11月開催”. 読売新聞. (2010年8月23日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20100823-OYT1T01007.htm 
  6. ^ “アジアシリーズが3年ぶり復活へ”. 中央日報. (2010年11月5日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134633&servcode=600&sectcode=620 
  7. ^ 台湾開催に協力姿勢=アジアシリーズ再開で-NPB 時事通信2010年11月5日
  8. ^ 「アジアS台湾で復活」韓国で報道 デイリースポーツ2010年11月5日
  9. ^ “プロ野球:台湾がアジアシリーズ開催発表へ”. 毎日新聞. (2011年3月1日). http://mainichi.jp/select/today/news/20110302k0000m050057000c.html?inb=fa 
  10. ^ “3年ぶり復活開催 アジアシリーズの概要発表”. スポーツニッポン. (2011年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/03/19/kiji/K20110319000454440.html 
  11. ^ “アジアシリーズ出場を決定=プロ野球”. 時事通信. (2011年5月16日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011051600786 
  12. ^ 当初は北朝鮮の国内リーグ優勝チームが参加する予定であったが、同国は野球の国際試合無期限停止中であるため却下された。
  13. ^ “プロ野球:アジアシリーズ、豪覇者が初参加 中国は不参加”. 毎日新聞. (2011年5月18日). http://mainichi.jp/enta/sports/news/20110519k0000m050055000c.html?inb=fs 
  14. ^ “〈CPBL〉IBAF願提供認證 亞職升級成國際大賽”. tsna.com. (2014年6月2日). http://www.tsna.com.tw/index.php?q=node/52696 2014年6月2日閲覧。 
  15. ^ “亞職大賽/11月4日北台灣開打 韓職未必參加”. NOWnews 今日新聞. (2014年6月16日). http://www.nownews.com/n/2014/06/16/1280752 2014年6月18日閲覧。 
  16. ^ “アジア・シリーズがWBSC公認大会に 11月に台湾で開催”. SANSPO.COM. (2014年6月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140617/npb14061720480007-n1.html 2014年6月18日閲覧。 
  17. ^ “「アジアシリーズ2014」開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本野球機構, (2014年10月7日), http://www.npb.or.jp/news/20141007b.html 
  18. ^ アジアシリーズ2013大会規定抜粋(日本野球機構)
  19. ^ 三星ライオンズとの親善試合の開催について(福岡ソフトバンクホークス)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]