ブリスベン・バンディッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリスベン・バンディッツ
創設年度 2010年
所属リーグ

オーストラリアン・ベースボールリーグ

歴代チーム名
  • ブリスベン・バンディッツ (2010 - )
本拠地
Holloway Field
Brisbane Exhibition Ground
収容人員 1,500人
25,490人
フランチャイズの遍歴
永久欠番
獲得タイトル
シリーズ優勝(3回)
リーグ優勝(2回)
成績(タイトル以外)
シリーズ出場(3回)(太字は勝利した年)
プレーオフ(2回)(太字は勝利した年)
  • セミファイナルシリーズ(1回)
    1勝0敗
    2017-18
  • プレリミナリー・ファイナルシリーズ(1回)
    1勝0敗
    2016-17
球団組織
監督 デーブ・ニルソン

ブリスベン・バンディッツ英語: Brisbane Bandits)は、オーストラリアン・ベースボールリーグに加盟しているプロ野球チームである。本拠地は、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベン

歴史[編集]

2010年に創設され[注釈 1]ABLによって直接運営されている。ブリスベン保護地域とし、ホロウェイ・フィールドブリスベン・エキシビジョン・グラウンドを本拠地球場としている。

ABLの発足初年度に設立され、同年よりリーグ戦に参加している。 設立後初のシーズンである2010-11シーズンはリーグ5位と奮わず、また翌年度以降もリーグ下位が定位置であり、2014-15シーズンまでポストシーズンへの進出もなかった。

2013-14シーズンにチームは初めてリーグ戦最下位に沈み、2011-12シーズン以来3季に渡り監督を務めたケビン・ジョーダンが退任し、初年度に監督を務めた デーブ・ニルソンが4年ぶりに監督へと復帰した[1]。 2014-15シーズンは5位に終わったが、翌2015-16シーズンに投手二冠を獲得したライアン・サールをはじめとする投手陣、チーム打率3割を誇った打撃陣両輪の活躍により、球団史上初めてリーグ戦を制した。この年はその勢いのままチャンピオンシップシリーズも制し、ABLチャンピオンのタイトルまでも手中にする事となった[2]

2016-17シーズンはリーグ戦を3位で終えるも、ポストシーズン、チャンピオンシリーズを勝ち抜き2年連続でのABLチャンピオンとなった。

2017-18シーズンには2度目のリーグ優勝を果たし、チャンピオンシップシリーズではキャンベラ・キャバルリーとの接戦を制し、史上初のABLチャンピオンシリーズ三連覇を達成した[3]

選手名鑑[編集]

現役選手[編集]

投手

捕手

内野手

  •  6 トーマス・コイル (Thomas Coyle)
  • 24 コナー・マクドナルド (Connor MacDonald)
  • 43 デビッド・サザーランド (David Sutherkand)

外野手

  • 20 C.J.ベイティ (C.J. Beatty)
  • 17 アンドリュー・キャンペル (Andrew Campbell)
  •  2 ジョニー・フィールド (Johnny Field)
  • 28 エイブン・フレッチャー (Aven Fletcher)
  • 23 グランデン・ゲッツマン (Granden Goetzman)
  •  5 カール・ホシュケ (Karl Hoschke)
  • 19 ジョシュア・ロバーツ (Joshua Roberts)
  • 25 マシュー・ロックスバーグ (Matthew Roxburgh)
  • 16 ローガン・ウェイド (Logan Wade)

2015年3月22日更新   
[公式サイト(英語)より:ロースター ]

過去に所属していた選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bandits Release 2014/2015 Roster”. TheABL.com (2014年10月22日). 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ Brisbane Bandits win Australian Baseball League championship”. The Sydney Morning Herald (2016年2月7日). 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ Bandits complete ABL three-peat”. TheABL.com (2018年2月11日). 2018年2月25日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 1989年から1999年にかけてブリスベンを本拠地とする同名のプロ野球球団が存在したが、本球団とは無関係である。

外部リンク[編集]