南オーストラリア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南オーストラリア州
南オーストラリア州の旗 南オーストラリア州の紋章
南オーストラリア州の旗 南オーストラリア州の紋章
スローガンおよび愛称: Festival State
南オーストラリア州の位置
他の州と特別地域
州都 アデレード
政体 立憲君主制
総督 ケビン・スカース英語版
首相 ジェイ・ウェザリル英語版 (オーストラリア労働党)
選挙区
 - 下院議員 11
 - 上院議員 12
州内総生産 (2010年 - 11年[1])
 - 生産高  863億2300万豪ドル (5位)
 - 一人当たり  52,318豪ドル/人 (7位)
人口 (2012年3月末[2])
 - 総人口  1,650,600人 (5位)
 - 人口密度  1.67/km² (6位)
面積  
 - 総面積  1,043,514 km² (4位)
 - 陸地 983,482 km²
 - 水域 60,032 km² (5.75%)
標高  
 - 最高標高 ウッドロフ山
1,435 m
 - 最低標高 エーア湖
-16 m
時間帯 UTC+9:30 (+10:30 夏時間)
コード  
 - 郵便番号 SA
 - ISO 3166-2 AU-SA
象徴  
 - Faunal ウォンバット
 - 州花 en:Sturt's Desert Pea
 - 州魚 リーフィーシードラゴン
 - 州石 オパール
 - 州色 赤, 青, 金
 - 州鳥 en:Piping Shrike
公式サイト www.sa.gov.au

概要[編集]

南オーストラリア州(SA)はオーストラリア中央南部に位置する州である。州都は最大都市であるアデレード。大陸の最も乾燥した地域の一部を占めており、面積は98万3482km²で、オーストラリアの州及び準州の中では4番目に大きい。南オーストラリア州は、本土の全ての州と北部準州に隣接している。西に西オーストラリア州、北に北部準州、北東に女王の土地州、東に新南ウェールズ州、南東にビクトリア州があり、南は大オーストラリア湾インド洋である[3]。人口はオーストラリア国内の8%弱にあたる160万人以上で、国内の州及び準州では5番目に多い。人口の大多数は、州都のアデレードと、南東海岸部やマレー川に沿った肥よくな地域に住む。オーストラリアの州では珍しく、もともと流刑地ではなくイギリスの自由入植地として計画された[4]。1836年12月28日、当時のジョン・ヒンドマーシュ総督によって古いゴムの木で公式に設立が宣言された。

歴史[編集]

1831年、南オーストラリア会社が設立され入植者に土地が売却された。この点、流刑植民地として始まった他州とは違いがある。1901年、オーストラリア連邦成立に伴い州となった。

地理[編集]

ワイン葡萄の農園, Naracoorte 近郊

離島のタスマニア州を除きオーストラリア本土の他州全てと接する。南は南氷洋に面し気候は温帯性である。州都のアデレードに州人口の大半が集中する。同州の標準時 (中部オーストラリア標準時: (A)CST) はUTC+9時間30分(日本標準時+30分)である。夏時間 ((A)CDT = UTC+10時間30分) の開始は10月の第1日曜日早朝、終了は翌年4月の第1日曜日早朝である。切り替え時の数時間を除いて、メルボルンシドニーからは常に30分遅れることになる。

主な地形[編集]

南オーストラリア州の都市、町、道路網

地域:

河川:

湖:

島:

主要道路:

主な都市[編集]

人口動態[編集]

南オーストラリア州の都市一覧(人口順)

州の人口の大部分は2011年の推定人口が126万2940人(州人口の77.1%)であったアデレード大都市圏に住んでいる。他の多くの人口はガンビア山市 (2万8313人)、ワイアラ市(2万2489人)、マレー橋市(1万7152人)、リンカーン港市(1万5682人)、ピリー港市(1万4281人)、オーガスタ港市(1万4196人)、ビクター港市(1万3671人)等中央部に住む[5]

教育[編集]

世界遺産[編集]

出典[編集]

  1. ^ 5220.0 – Australian National Accounts: State Accounts, 2010–11.
  2. ^ 3101.0 – Australian Demographic Statistics, Mar 2012”. オーストラリア統計局 (2012年9月27日). 2012年10月5日閲覧。
  3. ^ a b c オーストラリア人は大抵、大陸の南の水域を国際水路機関 (IHO) が定める正式名のインド洋よりも南氷洋という。2000年にIHOは、南極大陸南緯60度線のあいだの水域のみを「南氷洋」と定めた。
  4. ^ South Australian Police Historical Society Inc. Accessed 13 September 2011.
  5. ^ Cat. No. 3218.0 - Regional Population Growth, Australia, 2011 Australian Bureau of Statistics. Accessed 10 August 2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]