中村泰広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 泰広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県橿原市
生年月日 (1978-09-19) 1978年9月19日(39歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
初出場 2003年4月5日
最終出場 2007年6月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 泰広(なかむら やすひろ、1978年9月19日[1] - )は、奈良県橿原市出身の元プロ野球選手投手[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代は「金橋ブラックキング」に所属。小中学時代は、後にプロでチームメイトとなる関本健太郎と同級生だった。

郡山高校2年の時に第67回選抜大会に出場したが、初戦で熊本工業高校に1-4で敗れた。このとき先発した中村を5回から救援したのは、エース争いをしていた同学年の右腕・宮越徹だった。宮越がその後故障してほとんど登板できなかったため、中村が最後はエースとしてチームを引っ張ったが、3年夏の奈良県大会決勝で関本を擁する天理高校と対戦して1-0で敗れ、ついに甲子園には戻れずに終わった。この試合で中村は最後の打者だった。しかし3年夏の県予選では、2回戦で奈良県大会記録の19奪三振を奪った。

慶應義塾大学では1年生の時から登板。140 km/h前後のストレートスライダーを武器に東京六大学通算43試合で11勝11敗、防御率1.91, 215奪三振の記録を残し、4年生の時に明治神宮大会優勝を達成した。2年秋の早慶戦第2戦に先発したとき、5回裏に決勝ボークを与え、0-1で敗れるという珍記録を残した。大学では同学年の左腕・山本省吾のほかに佐藤友亮が同期だった。

卒業後は日本IBM野洲に進んだ[1]。日本IBM野洲としての都市対抗野球大会出場経験はないが、日本新薬の補強選手で1度出場し、1試合に登板。

2002年ドラフト会議で、阪神タイガースから4位指名を受け入団[1]。翌年限りで休部となった日本IBM野洲が輩出した最後のプロ野球選手となった。

プロ入り後[編集]

2003年江草仁貴など左腕投手が4人入団した中でただ一人開幕一軍に登録された。しかしその後しばらくは一軍で結果を残すことができなかった。

2006年7月12日の対広島東洋カープ戦(阪神甲子園球場)で得意のスライダーを軸に投げ、プロ初先発初勝利を挙げた[1]。この試合では、中村がピンチを作るたびに、三塁手で出場していた関本がマウンドに歩み寄って中村に言葉をかけるシーンが見られた。同年9月30日の千葉ロッテマリーンズとのファーム日本選手権にて4安打完封勝利を挙げ、最優秀選手賞を受賞した。

2007年シーズンは、前年オフに移籍退団した同じ左腕の井川慶の穴を埋める投手のひとりとして期待され、当初は一軍で11試合20イニング連続無失点と好調を維持したが、5月末から調子が落ち、四球を連発して序盤でノックアウトされる試合が続き、ついに二軍落ち。二軍ではウエスタン・リーグ最優秀防御率となる1.80など好成績をあげたものの2007年シーズン終了後の11月、金村曉との交換トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍[1]

しかし日本ハムでは左ひじ痛などで一軍出場がないまま終わり、2008年10月2日に戦力外通告を受けた。その後12球団合同トライアウトに参加し、12月8日に阪神と育成選手として契約。支配下選手登録を目指したが、2009年は左ひじの故障で満足に投球ができず、昇格は果たせなかった。10月1日に現役引退を表明し[2]、10月30日に自由契約公示された。

引退後は2年間甲子園球場の職員を務めた[1]のち、2012年1月より阪神球団職員として広報の業務に就いている[1]

選手としての特徴[編集]

切れの良い高速スライダーとストレートが武器であった[1]一方でコントロールに課題があり、特に緊迫した場面や大観衆の中ではひどくなる傾向があった。またクイックモーションもあまり得意ではなく、[要出典]2006年9月9日ウエスタン・リーグの対福岡ソフトバンクホークス20回戦(阪神鳴尾浜球場)では5盗塁を許してしまった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 阪神 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 32 6.0 6 0 5 0 3 5 1 0 7 7 10.50 1.83
2004 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.0 4 0 3 0 2 6 0 0 1 1 1.80 1.40
2005 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 3.0 3 0 5 0 0 4 0 0 3 3 9.00 2.67
2006 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 43 10.0 13 0 4 0 0 2 0 1 4 4 3.60 1.70
2007 15 3 0 0 0 2 2 0 1 .500 120 29.1 22 1 12 0 2 37 0 0 12 10 3.07 1.16
通算:5年 29 5 0 0 0 3 2 0 1 .600 236 53.1 48 1 29 0 7 54 1 1 27 25 4.22 1.44

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (2003年 - 2007年)
  • 19 (2008年)
  • 126 (2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 元阪神投手がファンと球団の架け橋に!”. 夕刊フジ (2012年3月23日). 2012年3月23日閲覧。
  2. ^ 阪神の育成選手中村が今季限りで現役引退”. nikkansports.com (2009年10月1日). 2009年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]