第67回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第67回選抜高等学校野球大会
試合日程 1995年3月25日 - 4月5日
出場校 32校
優勝校 観音寺中央香川、初優勝)
試合数 31試合
選手宣誓 長谷川大(鷲宮
始球式 与謝野馨文部大臣
山本隆史(西宮市立広田小学校6年)
浜田大輔(西宮市立樋ノ口小学校6年)
入場行進曲がんばりましょう』(SMAP
総入場者数 約343,000人(1試合平均11,064人)
最高入場者数/1日 43,000人
大会本塁打 18本
 < 19941996 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第67回選抜高等学校野球大会(だい67かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1995年3月25日から4月5日(雨で1日順延)まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

本年1月17日に発生した兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)で、兵庫県南東部が甚大な被害を受けた事により一時は開催が危ぶまれる程であった。1月26日に2月1日予定の選考会の延期を決めたが2月17日に大会の開催を決定。予定より20日遅れの2月21日に出場校選考会議を行い出場32校が決定した。兵庫からは3校が選出されたが、これは実力が優れているという選考だった[1][2]

被災者や復興工事関係者への配慮のため、出場校の選手は貸切バスではなく電車を利用して球場入りすることや、応援団バスの甲子園球場付近への乗り入れ、応援時の楽器使用を自粛するよう呼びかけられた(各出場校の応援団には電車利用を促した)。また3月20日に発生した地下鉄サリン事件の影響で入場者には厳重な手荷物検査が実施された。

外野のフェンスにはライト・レフト共に阪神・淡路大震災に関するメッセージが書かれていた(ライト側は高野連と毎日新聞社による「復興・勇気・希望」、レフト側は兵庫県と西宮市による「全国の皆さん、温かいご支援感謝します。」)。開会式の始球式では与謝野馨文相を挟む形で、甲子園の地元兵庫県西宮市の4校から選ばれた小学生バッテリーがマウンドに立った。小学生が始球式を務めるのは大会史上初めてのことである[3]

この大会より、従来開会式前々日だった組み合わせ抽選日を一週間前に繰り上げた上で、準々決勝戦を除く1・2回戦の1日の割り当て試合数を原則最大3試合とし、会期を一日延長した(ただし雨天等で中止の試合があった場合は翌日以降に順延し、従来通り1日最多4試合にする場合がある)。これ以降準々決勝が2日に分けられる第76回大会まで11日間開催が定着する。また、両耳の打者ヘルメットの着用が義務化される。

出場校[編集]

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州


組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

 
1回戦2回戦準々決勝準決勝
 
              
 
3月25日(1)
 
 
高知4
 
3月31日(2)
 
前橋工5
 
前橋工4x
 
3月25日(2)
 
育英3
 
創価2
 
4月3日(1)
 
育英6
 
前橋工0
 
3月25日(3):延長11回
 
銚子商2
 
PL学園7
 
3月31日(3)
 
銚子商10
 
銚子商4
 
3月26日(1)
 
宇部商1
 
桐蔭学園9
 
4月4日(1)
 
宇部商10
 
銚子商6
 
3月26日(2)
 
今治西2
 
広島工3
 
4月1日(1)
 
鷲宮2
 
広島工2
 
3月26日(3)
 
今治西3
 
富山商0
 
4月3日(2):延長13回
 
今治西1
 
今治西5x
 
3月27日(1)
 
神港学園4
 
神港学園4
 
4月1日(2)
 
仙台育英3
 
神港学園4
 
3月27日(2)
 
大府3
 
城北3
 
 
大府5
 
 
1回戦2回戦準々決勝準決勝
 
              
 
3月27日(3)
 
 
伊都1
 
4月1日(3)
 
帝京0
 
伊都4
 
3月28日(1)
 
星稜6
 
星稜4
 
4月3日(3)
 
三重0
 
星稜4
 
3月28日(2)
 
観音寺中央6
 
観音寺中央4
 
4月2日(1)
 
藤蔭2
 
観音寺中央6
 
3月28日(3)
 
東海大相模0
 
東海大相模15
 
4月4日(2)
 
県岐阜商2
 
観音寺中央13
 
3月29日(1):延長10回
 
関西6
 
市岡5
 
4月2日(2)
 
日南学園8
 
日南学園6
 
3月29日(2)
 
熊本工2
 
熊本工4
 
4月3日(4)
 
郡山1
 
日南学園1
 
3月29日(3)
 
関西4
 
関西10
 
4月2日(3)
 
清陵情報2
 
関西9
 
3月31日(1)
 
報徳学園2
 
北海3
 
 
報徳学園4
 

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
観音寺中央 2 0 0 0 0 2 0 0 0 4 11 0
銚子商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
  1. (観):久保 - 森
  2. (銚):嶋田、平津 - 越川
  3. 審判
    [球審]清水幹
    [塁審]桂・中本・杉中
  4. 試合時間:1時間59分
観音寺中央
打順守備選手
1[遊]土井裕介(3年)
2[中]田中靖教(3年)
3[投]久保尚志(3年)
4[三]室岡尚人(3年)
5[一]高木稔之(3年)
6[右]樋笠宏紀(2年)
福健一郎(3年)
7[左]大森聖也(2年)
8[捕]森孝之(3年)
9[二]小倉英貴(3年)
銚子商
打順守備選手
1[中]田中高志(3年)
2[右]八角克則(3年)
3[遊]澤井良輔(3年)
4[捕]越川康弘(3年)
5[投]左嶋田貴之(3年)
6[二]山本啓樹(3年)
7[三]大胡幸成(3年)
8[一]石毛洋平(2年)
9[左]柴雄己彦(3年)
平津薫(3年)

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:澤井良輔(銚子商)
  • 第2号:福留孝介(PL学園)
  • 第3号:山本啓樹(銚子商)
  • 第4号:福田純一(宇部商)
  • 第5号:小林世拓(神港学園)
  • 第6号:川島直樹(仙台育英)
  • 第7号:大森聖也(観音寺中央)
  • 第8号:太田一真(東海大相模)
  • 第9号:井上雅文(市岡)
  • 第10号:田村朋信(日南学園)
  • 第11号:柴田慎司(北海)
2回戦
  • 第12号:梅沢健(前橋工)
  • 第13号:伊藤大生(広島工)
  • 第14号:三浦聡(星稜)
  • 第15号:太田耕司(関西)
準々決勝
  • 第16号:福健一郎(観音寺中央)
準決勝
  • 第17号:大森聖也(観音寺中央)
  • 第18号:大森聖也(観音寺中央)


その他の主な出場選手[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 『選抜高等学校野球大会80年史』(毎日新聞社) P89
  2. ^ 3校は前年の秋季近畿大会でベスト8以上に進出し、いずれも優勝校のPL学園に敗戦。
  3. ^ 毎日新聞、1995年3月25日付東京夕刊9面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]