天野勇剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天野 勇剛 (金 勇剛)
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 日本の旗 日本
宮城県仙台市宮城野区
生年月日 (1977-12-11) 1977年12月11日(40歳)
身長
体重
188 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1995年 ドラフト7位
初出場 1999年9月29日
最終出場 2004年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

天野 勇剛(あまの ゆうごう、1977年12月11日 - )は、宮城県仙台市[1]出身の元プロ野球選手内野手)、タレント俳優

在日韓国人で、千葉ロッテマリーンズ時代の登録名は2002年から2005年まではユウゴー、韓国では本名の金 勇剛(キム・ヨンガン、김용강)。芸能活動名は勇剛(ゆうごう)。

経歴[編集]

小学4年で野球を始め、中学2年の時に内野手へ転向[1]。1994年・1995年・夏の甲子園に出場。2年次は内野手(主に遊撃手)で3年では投手でプレーしていた[1]

1996年に千葉ロッテマリーンズに入団。当初は投手としての入団だったが、1年も持たずに内野手に転向する[1]。俊足かつパワーヒッターの選手として期待されていたが、一軍では満足な成績が残せなかった。さらに入団以来毎年のようにコンバートが行われており、結局9つのポジションすべてを経験したという珍しい選手の一人である。一軍でも通算25試合出場ながらも三塁、一塁、遊撃、外野を務めている。二軍では2年目から4番を任され、通算50本以上のホームランを記録している。1999年9月には月間MVPを受賞。

2004年12月、寺本四郎の同級生と結婚、翌年第1子が誕生した。

2005年に球団から戦力外通告を受けた。

2006年に韓国野球委員会(KBO)のロッテ・ジャイアンツに入団するが、一軍出場がないまま退団。

2007年総合格闘技「MARS」代表就任。同興業のエグゼクティブ・プロデューサーの天野勇気は実兄であり、また勇剛本人もリングアナウンサーを務めた。

その後はYGプロモーション(芸能プロダクション)プロデューサーとして活動していた。

現在はスポーツオーソリティビーンズ赤羽店に勤務。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 ロッテ 10 28 28 1 3 2 0 1 8 3 0 0 0 0 0 0 0 8 3 .107 .107 .286 .393
2000 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2001 4 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2002 7 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
2004 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 25 46 46 1 3 2 0 1 8 3 0 0 0 0 0 0 0 16 4 .065 .065 .174 .239

記録[編集]

背番号[編集]

  • 66 (1996年 - 2005年)

登録名[編集]

  • 天野 勇剛(あまの ゆうごう 、1996年 - 2001年)
  • ユウゴー(2002年 - 2005年)
  • 金 勇剛(キム・ヨンガン、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、17ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]