第41回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第41回選抜高等学校野球大会
試合日程 1969年3月27日 - 4月6日
出場校 26校
優勝校 三重三重、初優勝)
試合数 25試合
入場行進曲 三百六十五歩のマーチ』(水前寺清子
選手宣誓 川本浩次京都平安
始球式 坂田道太文部大臣
大会本塁打 6本塁打
 < 19681970 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第41回選抜高等学校野球大会(だい41かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1969年3月27日から4月6日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

出場校[編集]

地区 選出校 出場回数
北海道 釧路第一 北海道 初出場
東北 三沢 青森 初出場
関東 銚子商 千葉 2年連続3回目
日体荏原 東京 4年ぶり2回目
堀越 東京 初出場
鎌倉学園 神奈川 7年ぶり2回目
中部 浜松北 静岡 16年ぶり2回目
岐阜商 岐阜 2年ぶり21回目
富山北部 富山 初出場
近畿 三重 三重 2年ぶり3回目
比叡山 滋賀 初出場
平安 京都 4年連続27回目
浪商 大阪 5年ぶり15回目
尼崎西 兵庫 初出場
三田学園 兵庫 2年ぶり2回目
向陽 和歌山 4年ぶり12回目
中国 玉島商 岡山 初出場
広島商 広島 13年ぶり12回目
大田 島根 28年ぶり2回目
四国 丸亀商 香川 6年ぶり3回目
徳島商 徳島 2年連続12回目
帝京第五 愛媛 初出場
九州 小倉 福岡 3年ぶり10回目
博多工 福岡 2年連続4回目
宮崎商 宮崎 3年ぶり2回目
首里 沖縄 6年ぶり2回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 

 
 平安 2

 三重 6
 三重 3

 向陽 1
 三重 4

 尼崎西 3
 富山北部 0
(延長12回)
 尼崎西 1
 尼崎西 4x

 丸亀商 3
 大田 4

 丸亀商 9
 三重 2

 浪商 0
 三沢 4
(延長15回)
 小倉 2
 三沢 2

 浪商 4
 日体荏原 1

 浪商 16
 浪商 3
 広島商 0
 

 
 広島商 12
 
 首里 0
      
      
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 

 
 岐阜商 5
 比叡山 2
 

 
 岐阜商 3
(延長10回)
 博多工 9
 玉島商 3x

 徳島商 2
 玉島商 1

 博多工 5
 浜松北 0

 博多工 2
 博多工 0

 堀越 2
 銚子商 5

 宮崎商 0
 銚子商 2

 三田学園 14
 鎌倉学園 2

 三田学園 3
 三田学園 1

 堀越 2
 釧路第一 2

 帝京第五 0
 釧路第一 0
 
 堀越 8
      
      

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三重 4 1 1 0 0 0 0 6 0 12 17 0
堀越 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 7
  1. (三) : 上西 - 中田
  2. (堀) : 但田、野田、大木茂 - 大木修
  3. 審判:球審…郷司、塁審…山川・鈴木・永野

大会本塁打[編集]

  • 第1号:上田芳央(浪商)
  • 第2号:山田康雄(浪商)
  • 第3号:山本吉雄(浪商)
  • 第4号:安東吉雄(鎌倉学園)
  • 第5号:鍛治舎巧(岐阜商)
  • 第6号:伊藤隆司(三重)

関連項目[編集]