青森県立三沢高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青森県立三沢高等学校
過去の名称 (町立)青森県立三本木高等学校大三沢分校
(町立)青森県大三沢高等学校
青森県立大三沢高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 青森県の旗 青森県
校訓 誠実・自主・敬愛
設立年月日 1952年(昭和27年)6月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
英語科
高校コード 02129G
所在地 033-0037
青森県三沢市松園町一丁目1番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

青森県立三沢高等学校(あおもりけんりつ みさわこうとうがっこう, Aomori Prefectural Misawa High School)は、青森県三沢市松園町一丁目にある県立高等学校

概要[編集]

歴史
1952年昭和27年)に青森県立三本木高等学校の定時制分校(町立)として開校。1954年(昭和29年)に町立の高等学校として独立。1957年(昭和32年)に青森県へ移管されて県立の高等学校となった。現校名となったのは1968年(昭和43年)。1970年(昭和45年)全日制課程に衛生看護科を、1993年平成5年)には英語科を設置した。2004年(平成16年)に衛生看護科が廃止され、現在は全日制課程が普通科と英語科の2学科、定時制課程が普通科の1学科となっている。2014年(平成26年)に創立60周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
定時制課程 1学科
  • 普通科
校訓
「誠実・自主・敬愛」
校章
の花を3つ組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字を置いている。
校歌
作詞は田村文雄(初代教頭)、作曲は呉秦次郎による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞に登場しない。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)6月1日 - 「青森県立三本木高等学校大三沢分校」(定時制普通課程)を設置。
    • 分校の設置者は大三沢町(町立)。
  • 1954年(昭和29年)
    • 1月22日 - 独立が認可される。設置者は大三沢町(町立)。
    • 4月1日 - 青森県立三本木高等学校から分離し、「青森県大三沢高等学校」として独立。通常制普通課程と定時制普通課程を設置。
    • 4月10日 - 開校式を挙行。
  • 1957年(昭和32年)3月23日 - 青森県に移管され、「青森県立大三沢高等学校」に改称。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 通常制普通課程を全日制課程普通科に、定時制普通課程を定時制課程普通科に改称。
  • 1968年(昭和43年)
  • 1969年(昭和44年)
  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 全日制課程に衛生看護科を新設。
  • 1978年(昭和53年)12月22日 - 財団法人青森県立三沢高等学校後援会が発足。
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 衛生看護科を男女募集とする。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 全日制課程に英語科を新設。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 衛生看護科の募集を停止。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月31日 - 衛生看護科を廃止。
    • 10月9日 - 創立50周年記念式典を挙行。

部活動[編集]

運動部
 ;夏の甲子園大会出場
1969年(昭和44年)第51回大会では、当時硬式野球部に在籍していたが松山商業との決勝戦延長18回の死闘を繰り広げた(再試合に敗れ準優勝に終わる)。当時は設備がなく雪で練習できない期間の長い東北勢は圧倒的に不利であった。
  • サッカー部(男・女)
  • ホッケー部(男・女)
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ソフトボール部
  • 硬式テニス部
  • ソフトテニス部
  • バドミントン部
  • 卓球部
  • 陸上競技部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • 弓道部
文化部
  • 自然科学部
  • 吹奏楽部
  • 放送部
  • 書道部
  • 美術部
  • イラストレタリング部
  • 英語同好会
  • 茶道同好会

◎生徒会執行部

委員会
  • 応援委員会(応援団)

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]