間柴茂有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
間柴 茂有
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市
生年月日 (1951-11-15) 1951年11月15日(66歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト2位
初出場 1970年4月22日
最終出場 1990年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ダイエーホークス (1990 - 1994)

間柴 茂有(ましば しげくに、1951年11月15日 - )は滋賀県大津市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ。旧名は富裕。愛称は「ケロヨン」。

経歴[編集]

比叡山高校では2年次の1968年からエースとなり、3年次の1969年春の選抜へ出場するが、2回戦(初戦)で鍛治舎巧のいた岐阜商に敗退[1]。春季近畿大会では1回戦で桜宮高を相手にノーヒットノーランを記録。夏の甲子園県予選を勝ち抜き、京滋大会決勝に進出するが、渋谷通らを擁する平安高に延長11回の熱戦の末に敗れ、甲子園出場を逸する。

同年のドラフト2位で大洋ホエールズに入団。1年目の1970年4月22日阪神戦(甲子園)で初登板を果たすが、最初の4年間は期待に応えられず、特に1972年は阪神戦3敗を含む6連敗と散々な内容であった。1973年のシーズンオフには整理対象選手となってしまうが、1974年に奮起。同年5月4日中日戦(宮城)で初勝利を挙げると、いきなり5勝を記録してブレイク。1975年には3完封を含む開幕6連勝を飾るが、その後は7連敗を喫して夏場に二軍へ降格し、イースタン・リーグでは防御率0.69で最優秀防御率を獲得。6連勝目となった5月7日広島戦(川崎)では自らのバットでサヨナラ犠牲フライを放っているが、この試合を最後に勝ち星から遠ざかり、1976年は4連敗と再びシーズン0勝に終わる。1977年4月17日の中日戦(千葉天台)で3年ごしの連敗を13でストップさせた。

1978年野村収との交換トレードで杉山知隆と共に日本ハムファイターズへ移籍。登録名を「茂有」に改名すると、同年は自己最多の7勝を挙げる。1980年には植村義信コーチの指導でフォークを習得し、初の2桁となる10勝を挙げてオールスターゲームにも出場。1981年は開幕から連勝を重ねていき、9月1日近鉄戦でパ・リーグタイ記録の12連勝[2]7日南海戦(後楽園)で日本プロ野球タイ記録の13連勝[2]13日阪急戦(西宮)で当時の日本プロ野球新記録の開幕から14連勝を達成[2]9月18日西武戦(後楽園)で15連勝で[2][3]、このシーズン15勝0敗で戦後初の「勝率10割」を達成し、最高勝率のタイトルを獲得。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでも2試合に先発。第2戦は西本聖と投げ合うが8回に逆転され惜敗、最終第6戦は早々に打ち込まれ、いずれも敗戦投手となった。

1989年福岡ダイエーホークスに移籍。コーチ兼任となった1990年、実働20年、500試合登板を達成し、このシーズン途中で現役引退。その後は1991年から1994年までダイエーの二軍投手コーチを経て、1995年にフロント入り。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 大洋 22 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 126 28.2 23 3 19 1 2 24 1 0 18 15 4.66 1.47
1971 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 12 2.1 4 1 1 0 0 3 0 0 2 2 9.00 2.14
1972 23 5 0 0 0 0 6 -- -- .000 165 40.2 33 1 16 0 2 25 0 0 23 22 4.83 1.20
1973 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 2.0 4 1 1 0 0 0 0 0 3 1 4.50 2.50
1974 46 9 3 0 0 5 4 0 -- .556 402 95.1 76 10 42 3 8 61 1 0 35 33 3.13 1.24
1975 44 17 5 3 0 6 7 0 -- .462 611 137.1 142 13 70 3 4 76 0 0 67 64 4.20 1.54
1976 15 7 0 0 0 0 4 0 -- .000 165 36.0 40 5 23 0 3 14 1 0 30 27 6.75 1.75
1977 35 14 0 0 0 2 5 0 -- .286 369 85.1 85 20 41 2 4 58 3 1 53 47 4.98 1.48
1978 日本ハム 37 24 9 2 2 7 11 0 -- .389 723 170.2 176 8 51 2 10 77 1 0 77 70 3.68 1.33
1979 35 20 2 1 1 3 4 0 -- .429 504 116.0 138 12 28 2 1 43 0 0 59 55 4.27 1.43
1980 38 23 5 0 0 10 7 0 -- .588 797 188.1 188 23 56 5 5 76 1 0 88 80 3.83 1.30
1981 27 21 9 2 1 15 0 0 -- 1.000 639 150.2 157 13 44 2 5 71 4 0 62 58 3.46 1.33
1982 25 17 5 0 0 5 10 1 -- .333 508 116.0 134 14 41 1 2 47 2 0 73 67 5.20 1.51
1983 17 15 7 1 1 10 5 0 -- .667 492 116.2 119 11 27 0 5 42 1 0 49 35 2.70 1.25
1984 36 19 3 1 0 5 11 0 -- .313 636 147.0 156 26 42 5 4 47 1 0 84 76 4.65 1.35
1985 21 4 1 0 1 3 1 0 -- .750 173 40.2 44 5 8 0 1 19 0 0 19 16 3.54 1.28
1986 26 10 1 0 0 5 4 1 -- .556 347 81.0 90 11 20 0 4 53 0 0 43 42 4.67 1.36
1987 16 2 1 1 0 3 1 0 -- .750 185 47.2 37 2 12 1 0 23 0 0 16 16 3.02 1.03
1988 14 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 78 16.0 24 4 11 2 1 5 1 0 14 14 7.88 2.19
1989 ダイエー 15 3 0 0 0 2 1 0 -- .667 153 33.2 45 5 8 2 1 21 1 0 19 16 4.28 1.57
1990 4 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 5.0 12 1 4 0 0 5 0 0 7 6 10.80 3.20
通算:21年 500 215 51 11 6 81 83 2 -- .494 7127 1657.0 1727 189 565 31 62 790 18 1 841 762 4.14 1.38
  • 各年度の赤太字はNPBにおける歴代最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1970年4月22日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に4番手で救援登板・完了、2回1失点
  • 初奪三振:同上、7回裏に藤田平から
  • 初先発:1970年5月27日、対阪神タイガース7回戦(川崎球場)、2回2/3を1失点
  • 初勝利:1974年5月4日、対中日ドラゴンズ2回戦(宮城球場)、3回表に2番手で救援登板・完了、7回3失点
  • 初先発勝利・初完投勝利:1974年9月14日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、9回1失点
  • 初完封勝利:1975年4月9日、対阪神タイガース1回戦(川崎球場)
  • 初セーブ:1982年8月7日、対ロッテオリオンズ17回戦(宮城球場)、6回裏1死に2番手で救援登板・完了、3回2/3を無失点
節目の記録
  • 1000投球回数:1981年8月14日、対南海ホークス後期7回戦(大阪球場)、2回裏2死目に達成
  • 1500投球回数:1985年9月20日、対南海ホークス21回戦(大阪球場)、9回裏2死目に達成
  • 500試合登板:1990年5月9日、対近鉄バファローズ3回戦(北九州市民球場)、先発登板で1回2/3を2失点 ※史上62人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 48 (1970年 - 1972年)
  • 38 (1973年 - 1974年)
  • 15 (1975年 - 1977年)
  • 19 (1978年 - 1988年)
  • 25 (1989年 - 1990年)
  • 79 (1990年 - 1994年)

登録名[編集]

  • 間柴 富裕 (ましば とみひろ、1970年 - 1976年)
  • 間柴 茂有 (ましば しげくに、1977年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c d “【9月13日】1981年(昭56) ツキ?それとも実力? 間柴茂有 開幕14連勝の日本記録”. スポーツニッポン. (2010年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_10september/KFullNormal20100901223.html [リンク切れ]
  3. ^ 2013年8月9日に東北楽天ゴールデンイーグルス田中将大が16連勝(最終的に24連勝)するまでの日本プロ野球記録。“マー君 日本新開幕16連勝!楽天 貯金20の大台に乗せた”. スポーツニッポン. (2013年8月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/09/kiji/K20130809006386700.html 

関連項目[編集]