三重中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三重中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人三重高等学校
校訓 真剣味
設立年月日 1961年(高等学校)
1962年(中学校)
創立記念日 5月17日
創立者 梅村清明
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 進学コース
進学(学力選抜)コース
特進コース
学期 3学期制
高校コード 24507A
所在地 515-8533
三重県松阪市久保町1232
外部リンク 公式サイト(中学校)
公式サイト(高等学校)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

三重中学校・高等学校(みえちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、三重県松阪市久保町に所在する私立中学校高等学校である。

概要[編集]

新校舎が完成した平成20年4月より、三重中・高の中高一貫教育に在籍する生徒と、他中学から三重高校に入学する生徒は、別の校舎で学んでいる。中高一貫教育を受ける生徒には専用の特別教室や体育館などが用意されている。

沿革[編集]

設置学科[編集]

  • 全日制課程 - 普通科
    • 進学コース
      • 進学選抜コース
      • 進学コース
    • 特進コース
    • 6年制コース

廃科 音楽科

教育方針[編集]

建学の精神[編集]

  • 「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」
    • 「ルールを守る」
    • 「ベストを尽くす」
    • 「チームワークを作る」
    • 「相手に敬意を持つ」

校訓[編集]

  • 「真剣味」

学校行事[編集]

  • 前期スポーツ大会(6月)
  • 翠巒祭(9月)
  • 駅伝大会(2月)
  • 後期スポーツ大会(3月)

生徒会活動・部活動など[編集]

生徒会活動[編集]

  • ISO14001取得・解消
    • 2001年(平成13年)に生徒会が中心となって、日本の高校としては初めてISO14001を取得した。

部活動など(中学校)[編集]

運動部[編集]

  • 野球部
  • サッカー部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • 剣道部
  • 駅伝チーム(正式なクラブではない。夏以降に3年生を中心に編成)

文化部[編集]

部活動(高等学校)[編集]

体育部[編集]

以下、斜体字の部活動は強化クラブに指定されている(2006年度設置)。

  • 陸上競技部
  • 水泳部
  • 硬式野球部
  • 軟式野球部
  • ソフトテニス部
  • バスケットボール部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 女子ソフトボール部
  • サッカー部
  • 自転車競技部
  • 卓球部
  • 剣道部
  • 弓道部 
  • 硬式テニス部
  • 相撲部
  • ワンダーフォーゲル部
  • 応援部
  • アーチェリー部
  • ラグビー部
  • ゴルフ部
  • ハンドボール部
  • 日本拳法部
  • 男子ソフトボール部

文化部[編集]

  • 将棋部
  • 英語部
  • 演劇部
  • 科学技術部
  • 書道部
  • 美術部
  • 写真部
  • 吹奏楽部
  • 合唱部
  • 園芸部
  • 図書部
  • 放送部
  • 囲碁部
  • バトントワリング部
  • 文芸・イラスト部
  • 郷土研究部
  • 鉄道研究部
  • 茶道部
  • 華道部
  • 人権サークル
  • 弁論部
  • ギターマンドリン部
  • 琴部
  • 洋裁・手芸部
  • 調理部
  • ダンス・・・春の日本高校ダンス部選手権中日本大会において、2017年準優勝。

廃部[編集]

  • 体操部
  • スキー部
  • 柔道部

全国高等学校野球選手権大会出場歴[編集]

  • 昭和41年 - 第48回大会(選手権初出場・2回戦進出・敗退。2-7平安・京都代表)
  • 昭和43年 - 第50回大会(準々決勝進出・敗退。1-5興国・大阪代表)
  • 昭和44年 - 第51回大会(1回戦敗退。7-8広陵・広島代表)
  • 昭和48年 - 第55回大会(1回戦敗退。13-3鳴門工・徳島代表)
  • 昭和50年 - 第57回大会(3回戦進出・敗退。3-7東海大相模・神奈川代表)
  • 昭和51年 - 第58回大会(2回戦(初戦)敗退。0-4柳川商・福岡代表)
  • 平成4年 - 第74回大会(3回戦進出・敗退。0-3西日本短大付・福岡代表)
  • 平成7年 - 第77回大会(2回戦(初戦)敗退。1-3下関商・山口代表)
  • 平成18年 - 第88回大会(1回戦敗退。4-6熊本工・熊本代表)
  • 平成21年 - 第91回大会(2回戦進出・敗退。3-8都城商・宮崎代表)
  • 平成25年 - 第95回大会(2回戦(初戦)敗退。7-9済美・愛媛代表)
  • 平成26年 - 第96回大会(選手権決勝戦進出・準優勝。3-4大阪桐蔭・大阪代表)

選抜高等学校野球大会出場歴[編集]

  • 昭和41年 - 第38回大会(センバツ初出場・2回戦(初戦)敗退。3-5宇部商・中国地区代表)
  • 昭和42年 - 第39回大会(2回戦(初戦)敗退。0-5市和歌山商・近畿地区代表)
  • 昭和44年 - 第41回大会(センバツ決勝戦進出・初優勝。12-0堀越・東京代表。のちに監督となる中田和男が選手として出場)
  • 昭和45年 - 第42回大会(準々決勝進出・敗退。1-4箕島・近畿地区代表)
  • 昭和46年 - 第43回大会(1回戦敗退。2-7近大付・近畿地区代表)
  • 平成2年 - 第62回大会(準々決勝進出・敗退。3-4北陽・近畿地区代表)
  • 平成3年 - 第63回大会(1回戦敗退。2-7天理・近畿地区代表)
  • 平成4年 - 第64回大会(準々決勝進出・敗退。2-3帝京・東京代表)
  • 平成7年 - 第67回大会(1回戦敗退。0-4星稜・北信越地区代表)
  • 平成22年 - 第82回大会(2回戦進出・敗退。2x-3帝京・東京代表)
  • 平成24年 - 第84回大会(2回戦進出・敗退。0-2浦和学院・関東地区代表)
  • 平成26年 - 第86回大会(1回戦敗退。2-7智弁学園・近畿地区代表)
  • 平成30年 - 第90回大会(準決勝進出・敗退。2-3大阪桐蔭・近畿地区代表)

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “大阪桐蔭2年ぶり4度目のV 三重エース今井力尽きる” (日本語). サンスポ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20140825/hig14082512340010-n1.html 2018年7月31日閲覧。 
  2. ^ 創立50周年記念式典が行われました”. Our School Life. 三重中学校 (2011年11月26日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  3. ^ “西野カナ、母校の甲子園決勝進出に歓喜「本当にすごい」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1408447 2014年8月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]