第104回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第104回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 2022年8月6日 - 8月22日
キャッチフレーズ 「この夏も、応援したい君がいる。」
出場校 49校
参加校数 3547校
優勝校 仙台育英宮城、初優勝)
試合数 48試合
選手宣誓 玉城陽希(神奈川横浜高校
始球式 斎藤佑樹早稲田実業OB・第88回大会優勝投手)
開会式司会 三好紅葉(兵庫武庫川女子大学附属高校
浜辺真緒(兵庫・白陵高校
入場先導 東尾凜(兵庫・三田西陵高校[注釈 1]
閉会式司会 桑田優希(兵庫・武庫川女子大学附属高校)
平田舜珠(兵庫・武庫川女子大学附属高校)
総入場者数 566,500人[3](1日平均40,464人)
大会本塁打 28本
 < 20212023 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第104回全国高等学校野球選手権大会(だい104かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2022年8月6日から8月22日まで14日間(休養日を除く)にわたって阪神甲子園球場で開催された全国高等学校野球選手権大会である。

キャッチフレーズは「この夏も、応援したい君がいる。」。

概要[編集]

第94回選抜大会から採用された継続試合が選手権大会でも本大会より導入される。

またコロナ禍前の2019年・101回大会以来3大会ぶりにドリームシートの設置と観客数に制限を設けずに開催されるが、コロナ感染対策、熱中症対策として、外野席を含め全席指定席・プレイガイドのネット販売による前売り発売(当日券無し・日付指定。雨天中止[注釈 2]で日程不成立、ないしは試合予定日が休養日となった場合はそのチケットは無効・払い戻し。決勝戦は日付指定ではない形なので除く[注釈 3]。また101回大会まで販売されていた、大会期間を通した通し券「連券」の発売も廃止された[4])とし、入場の入れ替えも、原則としてアルプススタンドの野球部関係者・保護者らの応援席を除きほとんど行われない[5]

しかし、大会直前の7月27日になって大会運営本部は、当日の発売枚数の状況や天気・曜日などを総合的に判断し、発売が可能であれば外野席に限り当日券を球場の窓口にて販売、ネットでも座席の余裕がある内野指定席他の座席を販売するとした(当日券販売は前日夕方をめどに大会公式サイトにて発表する)[6]

本大会より、女子部員がシートノックの球渡しなどの練習補助、およびボールパーソンを担当できるようになった[7]

日程[編集]

  • 2021年
  • 2022年
    • 4月27日 - 本大会の入場料が改定。選抜大会同様全席指定で最高額の中央特別席は4,200円に、外野席も1,000円に料金が引き上げられた[5]
    • 6月18日 - 地方大会が全国のトップを切って沖縄で開幕した[9]
    • 7月6日 - 臨時運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを決める[10]。代表校の選手らには7月29日から8月1日までPCR検査を受け、全員が陰性と判断された場合に甲子園への移動を認める。また、大会日程の関係とコロナ感染拡大を防止する観点からで甲子園球場での事前練習は実施しない。組み合わせ抽選会は8月3日にフェスティバルホールにて、各校の選手代表者ら1チーム22人までの参加を認めて全出場校が出席して行う。開会式(8月6日予定)は、全登録メンバーが参加し、通常通りの開催を前提として行う[11]
    • 7月31日 - 西東京大会で決勝戦が行われ地方大会の全日程が終了し49代表校が決定[注釈 4]
    • 8月2日 - 前日までのPCR検査の結果、浜田・帝京第五・有田工・九州学院の4校は新型コロナウイルスの集団感染と判断され、組み合わせ抽選会と開会式に参加せず、大会規定により第8日に初戦が組まれる。これに伴い当初予定の第7日と第8日の試合を3試合ずつ入れ替え、3回戦の日程も一部入れ替わる[13]
    • 8月3日 - 組み合わせ抽選会をフェスティバルホールにて開催。欠席の4校の抽選には高野連会長が代理でくじを引いた。
    • 8月5日 - 開会式リハーサルが行われるが、県岐阜商と九州国際大付は複数の選手が体調不良のため欠席した。翌日の開会式では前出の6校を除いた43校の主将のみ[注釈 5]が参加することが大会本部から発表された[14]
    • 8月6日 - 開会式と第1試合『日大三島国学院栃木』が雨天のため、それぞれ当初の予定より30分遅らせて実施した[15][16]
    • 8月12日 - 第7日。先述の通り第8日に行われる3試合を入れ替えて行われた。
    • 8月13日 - 第8日。新型コロナウイルスに集団感染し組み合わせ抽選会と開会式リハーサル、開会式をいずれも欠席した4校が初戦を予定通り戦った。この4校は初戦まで期間を延ばしたため、新型コロナウイルスに感染した選手を入れ替えることはなかった。このことにより、第3試合『智弁和歌山国学院栃木』で全49校が棄権することなく初戦を終えた[17]
    • 8月15日 - 第2試合開始前に育成功労賞表彰式。
    • 8月17日 - 休養日。
    • 8月18日 - 準々決勝。第1試合『仙台育英愛工大名電』は天候不良のため当初の予定より46分遅らせて実施した[18]
    • 8月19日 - 休養日。
    • 8月21日 - 休養日。
    • 8月22日 - 決勝戦および閉会式。仙台育英(宮城)と下関国際(山口)による決勝戦は、仙台育英が8-1で下関国際を下し、宮城県勢および東北勢が春夏を通じて初めて優勝した。これにより、1915年夏の第1回大会から108年目にして、深紅の大優勝旗が「白河の関」を越えることとなった[19][20]

本大会では新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを改定し、新型コロナウイルスの集団感染が発生しても日程変更や登録選手の入れ替えなどにより出場できる可能性が高められた[21]ため、代表校の出場辞退が一件もなくすべての試合が実施された[22]。また、2018年(第100回記念大会)以来4年ぶりに雨天による開催の中止・順延が1日もなかった[23]

代表校[編集]

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

- 2回戦 3回戦
                   
 
8月10日(3)
 
 鹿児島実 1
 明秀日立 2
 
8月15日(1)
 
 明秀日立 4
 仙台育英 5
 
8月11日(1)
 
 仙台育英 10
 
 鳥取商 0
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(2)
 
 高松商 14
 佐久長聖 4
 
8月15日(2)
 
 高松商 2
 九州国際大付 1
 
8月11日(3)
 
 明徳義塾 1
 
 九州国際大付[注釈 6] 2
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(4)
 
 下関国際 5
 富島 0
 
8月16日(1)
 
 下関国際 9
 浜田 3
 
8月13日(1)
 
 有田工 3
 
 浜田 5
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月13日(2)
 
 九州学院 14
 帝京第五 4
 
8月16日(2)
 
 九州学院 4
 国学院栃木 0
 
8月13日(3)
 
 智弁和歌山 3
8月6日(1)  
 国学院栃木 5
 日大三島 3     
 国学院栃木 10     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月6日(2)
 明豊 7
8月12日(1)
 樹徳 3
 明豊 7
8月6日(3):延長11回
 一関学院 5
 京都国際 5
8月15日(3)
 一関学院 6x
 明豊 2
8月7日(1)
 愛工大名電 5
 八戸学院光星 7
8月12日(2):延長10回
 創志学園 3
 八戸学院光星 5
8月7日(2)  
 愛工大名電 6x
 愛工大名電 14     
 星稜 2     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月7日(3)
 鶴岡東 12
8月12日(3)
 盈進 7
 鶴岡東 3
8月7日(4)
 近江 8
 近江 8
8月15日(4)
 鳴門 2
 近江 7
8月8日(1)
 海星 1
 海星 11
8月12日(4)
 日本文理 0
 海星 4
8月8日(2)  
 天理 2
 天理 2     
 山梨学院 1     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3)
 敦賀気比 13
8月13日(4)
 高岡商 3
 敦賀気比 8
8月8日(4)
 市立船橋 6
 興南 5
8月16日(3)
 市立船橋 6x
 敦賀気比 1
8月9日(1)
 聖光学院 8
 三重 2
8月14日(1)
 横浜 4
 横浜 2
8月9日(2)  
 聖光学院 3
 日大三 2     
 聖光学院 4     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月9日(3)
 二松学舎大付 3x
8月14日(2)
 札幌大谷 2
 二松学舎大付 7
8月9日(4)
 社 5
 県岐阜商[注釈 7] 1
8月16日(4)
  10
 二松学舎大付 0
8月10日(1)
 大阪桐蔭 4
 大阪桐蔭 6
8月14日(3)
 旭川大高 3
 大阪桐蔭 19
8月10日(2)  
 聖望学園 0
 聖望学園 8     
 能代松陽 2     

準々決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 試合時間 勝利校の次戦
8月18日 第1試合 仙台育英 6 - 2 愛工大名電 2時間7分 仙台育英は準決勝・第1試合へ
第2試合 近江 7 - 6 高松商 2時間33分 近江は準決勝・第2試合へ
第3試合 下関国際 5 - 4 大阪桐蔭 2時間29分 下関国際は準決勝・第2試合へ
第4試合 聖光学院 10 - 5 九州学院 2時間4分 聖光学院は準決勝・第1試合へ

準決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 試合時間
8月20日 第1試合 仙台育英 18 - 4 聖光学院 3時間6分
第2試合 下関国際 8 - 2 近江 2時間33分

決勝[編集]

8月22日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
下関国際 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 0
仙台育英 0 0 0 1 2 0 5 0 × 8 13 0
  1. (下):古賀、仲井 - 橋爪
  2. (仙):斎藤蓉、高橋 - 尾形
  3. 本塁打
    (仙):岩崎
  4. 審判
    [球審]尾崎
    [塁審]西貝・田中・鈴木
  5. 試合時間:2時間23分
下関国際
打順守備選手
1[中]赤瀬健心(3年)
2[二]遊松本竜之介(3年)
3[遊]投仲井慎(3年)
4[一]賀谷勇斗(3年)
5[右]水安勇(3年)
6[左]奥山晃大(3年)
染川歓多(3年)
7[三]二森凛琥(3年)
8[投]古賀康誠(3年)
山下世虎(3年)
9[捕]橋爪成(3年)
仙台育英
打順守備選手
1[中]橋本航河(2年)
2[遊]山田脩也(2年)
3[三]森蔵人(3年)
洞口優人(3年)
4[右]齋藤陽(2年)
5[一]岩崎生弥(3年)
6[左]遠藤太胡(3年)
藤井一太(3年)
7[二]秋元響(3年)
8[投]斎藤蓉(3年)
佐藤悠斗(3年)
高橋煌稀(2年)
9[捕]尾形樹人(2年)

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:土屋奏人(鶴岡東)
  • 第2号:土屋奏人(鶴岡東)
  • 第3号:前田夢翔(鶴岡東)
  • 第4号:片野優羽(市船橋)
  • 第5号:髙中一樹(聖光学院)
  • 第6号:三好元気(聖光学院)
  • 第7号:藤田大輝(旭川大高)
  • 第8号:海老根優大(大阪桐蔭)
  • 第9号:伊藤櫂人(大阪桐蔭)
2回戦
  • 第10号:浅野翔吾(高松商)
  • 第11号:浅野翔吾(高松商)
  • 第12号:本田倫太郎(高松商)
  • 第13号:鈴木蓮(明豊)
  • 第14号:佐藤航太(八戸学院光星)
  • 第15号:渡辺千尋(鶴岡東)
  • 第16号:土屋奏人(鶴岡東)
  • 第17号:平井悠馬(国学院栃木)
  • 第18号:片井海斗(二松学舎大付)
  • 第19号:勝股優太(社)
  • 第20号:松尾汐恩(大阪桐蔭)
  • 第21号:松尾汐恩(大阪桐蔭)
3回戦
  • 第22号:武田一渓(明秀日立)
  • 第23号:山田陽翔(近江)
  • 第24号:波田瑛介(浜田)
  • 第25号:安田淳平(聖光学院)
準々決勝
  • 第26号:浅野翔吾(高松商)
  • 第27号:瀬井太心(九州学院)
決勝
  • 第28号:岩崎生弥(仙台育英)


各地方大会の日程[編集]

地方大会 試合日程 チーム数 決勝戦会場 準優勝校
北北海道 6月25日 - 7月24日 74 旭川スタルヒン球場 旭川東
南北海道 6月25日 - 7月26日 102 札幌市円山球場 知内
青森 7月8日 - 7月22日 50 はるか夢球場 八戸工大一
岩手 7月8日 - 7月25日 59 岩手県営野球場 盛岡中央
秋田 7月8日 - 7月21日 39 こまちスタジアム 秋田南
山形 7月8日 - 7月25日 43 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 山形中央
宮城 7月8日 - 7月27日 64 石巻市民球場 聖和学園
福島 7月9日 - 7月27日 68 ヨーク開成山スタジアム 光南
茨城 7月9日 - 7月27日 93 ノーブルホームスタジアム水戸 土浦日大
栃木 7月8日 - 7月24日 58 栃木県総合運動公園野球場 宇都宮南
群馬 7月9日 - 7月27日 61 上毛新聞敷島球場 健大高崎
埼玉 7月8日 - 7月26日 147 埼玉県営大宮公園野球場 浦和学院
千葉 7月9日 - 7月27日 153 ZOZOマリンスタジアム 木更津総合
東東京 7月10日 - 7月30日 127 明治神宮野球場 日体大荏原
西東京 7月10日 - 7月31日 125 明治神宮野球場 東海大菅生
神奈川 7月9日 - 7月27日 170 横浜スタジアム 東海大相模
山梨 7月9日 - 7月25日 33 山日YBS球場 甲府工
静岡 7月9日 - 7月29日 107 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 静清
愛知 7月2日 - 7月30日 175 岡崎レッドダイヤモンドスタジアム 東邦
岐阜 7月9日 - 7月28日 67 長良川球場 帝京大可児
三重 7月8日 - 7月28日 61 四日市市営霞ヶ浦第一野球場 津商
新潟 7月9日 - 7月28日 71 HARD OFF ECOスタジアム新潟 帝京長岡
長野 7月9日 - 7月30日 76 長野オリンピックスタジアム 東京都市大塩尻
富山 7月9日 - 7月29日 42 富山市民球場アルペンスタジアム 氷見
石川 7月8日 - 7月25日 44 石川県立野球場 小松大谷
福井 7月16日 - 7月28日 28 福井県営球場 北陸
滋賀 7月9日 - 7月29日 52 マイネットスタジアム皇子山 立命館守山
京都 7月9日 - 7月27日 72 わかさスタジアム京都 龍谷大平安
大阪 7月9日 - 7月30日 165 大阪シティ信用金庫スタジアム 履正社
兵庫 6月25日 - 7月28日 156 ほっともっとフィールド神戸 神戸国際大付
奈良 7月9日 - 7月28日 35 佐藤薬品スタジアム 生駒
和歌山 7月12日 - 7月29日 37 和歌山県営紀三井寺野球場 桐蔭
岡山 7月9日 - 7月25日 57 倉敷マスカットスタジアム 倉敷商
広島 7月9日 - 7月27日 83 ぶんちゃんしまなみ球場 尾道
鳥取 7月9日 - 7月27日 22 ヤマタスポーツパーク野球場 倉吉総合産
島根 7月13日 - 7月28日 38 松江市営野球場 飯南
山口 7月9日 - 7月28日 54 山口マツダ西京きずなスタジアム 宇部工
香川 7月9日 - 7月26日 38 レクザムスタジアム 英明
徳島 7月9日 - 7月27日 29 むつみスタジアム 鳴門渦潮
愛媛 7月7日 - 7月25日 54 坊っちゃんスタジアム 新田
高知 7月9日 - 7月25日 24 高知県立春野運動公園野球場 高知
福岡 7月3日 - 7月28日 136 北九州市民球場 筑陽学園
佐賀 7月9日 - 7月25日 36 さがみどりの森球場 神埼清明
長崎 7月7日 - 7月27日 51 長崎県営野球場 創成館
熊本 7月9日 - 7月26日 55 リブワーク藤崎台球場 秀岳館
大分 7月6日 - 7月24日 44 別大興産スタジアム 大分舞鶴
宮崎 7月9日 - 7月27日 47 ひなたサンマリンスタジアム宮崎 宮崎西
鹿児島 7月2日 - 7月24日 64 平和リース球場 大島
沖縄 6月18日 - 7月17日 61 沖縄セルラースタジアム那覇 沖縄尚学

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同校硬式野球部唯一の女子選手で、主将を務めた[1]。また、この大会の直前に行われた第26回全国高等学校女子硬式野球選手権大会にも、連合チーム「全国高等学校連合丹波」の一員として出場した[2]
  2. ^ 初日を除き第1試合が特別継続試合となった場合を含む(初日は開会式が行われたのち予定された3試合が全中止となった場合でも払い戻しにはならない)
  3. ^ 発売開始日は、3回戦(8月16日開催分)までは7月21日から全日程一斉発売、8月17日以後に順延された場合の3回戦と準々決勝以後は、それぞれ当該試合日前日のいづれも午前10時から先着順(販売予定枚数が売り切れるまで)で販売する。
  4. ^ 今大会の初出場校は4校だが、いずれも選抜大会への出場経験があるため「春夏通じて初出場」の高校は無かった。これは大会初となる[12]
  5. ^ 前年優勝の智弁和歌山は主将による優勝旗返還があるため副主将と参加。
  6. ^ 九州国際大付は当初登録されていたメンバーから新型コロナウイルスに感染した2選手を入れ替えた[24][25]
  7. ^ 開会式を欠席した県岐阜商は当初登録されていたメンバーから新型コロナウイルスに感染した10選手を入れ替えた[26][27][28][29]

出典[編集]

  1. ^ “僕らの主将は遠投85メートルの女子選手 「こいつしかおらへん」”. 朝日新聞デジタル. (2022年6月25日). https://www.asahi.com/articles/ASQ6S66VDQ64PIHB00P.html 2022年8月19日閲覧。 
  2. ^ “全国高校女子野球、丹波で開幕 49チーム、狙うは甲子園/兵庫”. 毎日新聞. (2022年7月23日). https://mainichi.jp/articles/20220723/ddl/k28/050/246000c 2022年8月19日閲覧。 
  3. ^ “【甲子園】決勝戦入場者数3万1200人 総入場者数は56万6500人 全席指定、値上げで19年から激減”. 日刊スポーツ. (2022年8月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202208220000652.html  2022年8月22日閲覧。 
  4. ^ 入場券 2022年 第104回全国高校野球選手権大会【入場券】について
  5. ^ a b 夏の甲子園、全席指定・前売りに 熱中症や感染症対策のため料金改定”. 2022年4月27日閲覧。
  6. ^ 今夏の甲子園、空席状況次第で当日チケット販売へ 前日夕方に判断 山口裕起 2022年7月27日 19時36分(朝日新聞)
  7. ^ 夏の甲子園、女子部員の練習補助可能に 「ボールパーソン」にも参加”. 2022年8月9日閲覧。
  8. ^ 来夏の甲子園は8月6日開幕、決勝は22日 休養日3日含む17日間”. 2021年11月17日閲覧。
  9. ^ 夏の高校野球、地方大会が開幕 沖縄から”. 2022年6月21日閲覧。
  10. ^ 夏の甲子園、運営方針決まる 代表校が集団感染なら試合日変更も”. 2022年7月6日閲覧。
  11. ^ 夏の甲子園、3年ぶりに組み合わせ抽選会開催、開会式も選手全員参加へ 甲子園練習は実施せず 2022年7月6日17時38分(日刊スポーツ)
  12. ^ 史上初…春夏通じての初出場校ゼロ 盈進は48年ぶりの出場/夏の甲子園49代表校アラカルト”. 2022年8月2日閲覧。
  13. ^ 甲子園代表4校でコロナ集団感染 当該校の初戦の日程を後ろ倒し”. 2022年8月2日閲覧。
  14. ^ 甲子園開会式、各校主将のみ出席へ コロナ感染拡大予防で規模縮小”. 2022年8月5日閲覧。
  15. ^ 夏の甲子園 開会式は雨天の影響で午前9時半から実施” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月7日閲覧。
  16. ^ 【甲子園】開会式は雨で開始遅らせ9時30分頃開始 “神整備”阪神園芸スタッフ登場に場内拍手 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年8月7日閲覧。
  17. ^ 【甲子園】全49校が無事に初戦終える 日本高野連「全48試合が実施できるよう努めてまいります」” (日本語). スポーツ報知 (2022年8月13日). 2022年8月13日閲覧。
  18. ^ 「神整備」の阪神園芸が登場 45分遅れで試合開始 夏の甲子園” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月18日閲覧。
  19. ^ 仙台育英が東北勢初V 優勝旗「白河の関」を越える 夏の甲子園”. 毎日新聞. 2022年8月22日閲覧。
  20. ^ “【甲子園】仙台育英が東北勢悲願の初V 第1回大会から108年目 大優勝旗ついに白河越え”. 日刊スポーツ. (2022年8月22日). オリジナルの2022年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220822092826/https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202208220000227.html 
  21. ^ 甲子園大会のコロナガイドライン改定 集団感染でも試合できる可能性 - 朝日新聞、2022年8月6日
  22. ^ 【甲子園】全49代表“完走”し閉幕 「ノーモア辞退校」の思い報われた大胆ルール変更 - 日刊スポーツ、2022年8月22日
  23. ^ 夏の甲子園、4年ぶりに雨天順延なし 昨夏は過去最多7度の順延(朝日新聞)
  24. ^ Company, The Asahi Shimbun. “陽性者出ていた九州国際大付、集団感染と判断 11日に明徳義塾戦 | バーチャル高校野球 | スポーツブル” (日本語). バーチャル高校野球. 2022年8月11日閲覧。
  25. ^ Company, The Asahi Shimbun. “九州国際大付が11日の初戦出場へ コロナ集団感染、2選手入れ替え | バーチャル高校野球 | スポーツブル” (日本語). バーチャル高校野球. 2022年8月11日閲覧。
  26. ^ エースも2番手も…集団感染で主力離脱の県岐阜商、急造チームで奮闘:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年8月9日). 2022年8月9日閲覧。
  27. ^ 県岐阜商・伊藤主将、「まさか」の夏 LINEで感染者励まし続けた:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年8月9日). 2022年8月9日閲覧。
  28. ^ 「2回戦進んで全員野球」かなわず 集団感染の県岐阜商 夏の甲子園” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月9日閲覧。
  29. ^ 社、夏の甲子園初勝利に喜び控えめ 集団感染の県岐阜商に配慮か” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]