全国高等学校野球選手権大会 (愛媛県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権大会における愛媛県勢の成績について記す。

大会結果[編集]

太字は優勝校

四国代表[編集]

中等学校野球時代は四国四県による四国大会優勝校が四国代表として全国大会に出場していた。愛媛県勢として初の全国大会出場は第4回大会の今治中(現:今治西)であったが、米騒動で中止になったため試合はしていない。第21回大会で松山商が県勢初優勝を達成。

大会(年度) 代表校 試合結果
第4回大会(1918年) 今治中(初出場[1] (中止)
第5回大会(1919年) 松山商(初出場) 1回戦 ○ 12 - 4 竜ヶ崎中
準々決勝 ● 0 - 1 盛岡中
第6回大会(1920年) 松山商(2年連続2回目) 1回戦 ○ 10 - 1 鴻城中
準々決勝 ○ 19 - 0 明星商
準決勝 ● 3 - 4x 慶応普通部(延長16回)
第7回大会(1921年) 松山商(3年連続3回目) 2回戦 ○ 5 - 4 明倫中
準々決勝 ● 1 - 7 京都一商
第8回大会(1922年) 松山商(4年連続4回目) 1回戦 ○ 8 - 5 市岡中
準々決勝 ○ 3 - 0 広島商
準決勝 ● 1 - 2x 神戸商
第9回大会(1923年) 松山商(5年連続5回目) 2回戦 ● 2 - 3 甲陽中
第10回大会(1924年) 松山商(6年連続6回目) 2回戦 ○ 13 - 1 秋田中
準々決勝 ● 2 - 5 松本商
第16回大会(1930年) 松山商(6年ぶり7回目) 1回戦 ○ 8 - 1 甲陽中
2回戦 ○ 4 - 2 大邱商
準々決勝 ● 2 - 4 諏訪蚕糸
第17回大会(1931年) 松山商(2年連続8回目) 2回戦 ○ 3 - 0 第一神港商
準々決勝 ○ 3 - 0 桐生中
準決勝 ● 1 - 3 中京商
第18回大会(1932年) 松山商(3年連続9回目) 2回戦 ○ 2x - 1 静岡中
準々決勝 ○ 8 - 0 早稲田実
準決勝 ○ 3 - 0 明石中
決勝 ● 3 - 4x 中京商(延長11回)
第19回大会(1933年) 松山中(初出場) 2回戦 ○ 10 - 1 嘉義農林
準々決勝 ○ 3x - 2 栃木中
準決勝 ● 0 - 4 平安中
第21回大会(1935年) 松山商(4年ぶり10回目) 2回戦 ○ 3 - 0 海草中
準々決勝 ○ 5 - 4 嘉義農林(延長10回)
準決勝 ○ 4 - 0 愛知商
決勝 ○ 6 - 1 育英商
第22回大会(1936年) 松山商(2年連続11回目) 1回戦 ● 4 - 5x 京阪商

北四国代表[編集]

第30回大会(1948年)からは香川と愛媛の両県による北四国大会優勝校が北四国代表として全国大会に出場した。第32回大会では松山商と統合していた松山東が県勢として戦後初の優勝。第51回大会では松山商が決勝戦で北奥羽代表の三沢高校(青森)との延長18回引き分け再試合を戦い優勝。選手権大会に強いことから「夏将軍」の異名が定着していく。

大会(年度) 代表校 試合結果
第32回大会(1950年) 松山東[2](14年ぶり12回目) 2回戦 ○ 4 - 3 長良
準々決勝 ○ 7 - 0 呉阿賀
準決勝 ○ 5 - 0 宇都宮工
決勝 ○ 12 - 8 鳴門
第34回大会(1952年) 松山商(2年ぶり13回目) 1回戦 ○ 10 - 4 津久見
2回戦 ○ 3 - 1 鳴門
準々決勝 ● 0 - 4 八尾
第35回大会(1953年) 松山商(2年連続14回目) 2回戦 ○ 2 - 0 秋田
準々決勝 ○ 4 - 0 御所実
準決勝 ○ 2 - 0 明治
決勝 ○ 3 - 2 土佐(延長13回)
第38回大会(1956年) 西条(初出場) 1回戦 ○ 1 - 0 県尼崎
2回戦 ○ 3x - 2 伊那北
準々決勝 ○ 2 - 0 仙台二
準決勝 ● 0 - 1 平安
第40回大会(1958年) 八幡浜(初出場) 1回戦 ● 0 - 3 清水東
第41回大会(1959年) 西条(3年ぶり2回目) 1回戦 ○ 6 - 0 法政二
2回戦 ○ 5x - 3 松商学園(延長10回)
準々決勝 ○ 2 - 1 平安
準決勝 ○ 5 - 1 八尾
決勝 ○ 8 - 2 宇都宮工(延長15回)
第42回大会(1960年) 西条(2年連続3回目) 1回戦 ● 2 - 3 浪商
第43回大会(1961年) 松山商(8年ぶり15回目) 1回戦 ○ 6 - 5 甲府一
2回戦 ● 0 - 3 報徳学園
第44回大会(1962年) 西条(2年ぶり4回目) 1回戦 ○ 2 - 1 平安
2回戦 ○ 4 - 0 山口鴻城
準々決勝 ○ 6 - 4 日大三
準決勝 ● 0 - 3 久留米商
第45回大会(1963年) 今治西(45年ぶり2回目) 2回戦 ○ 9 - 4 仙台育英
3回戦 ○ 3 - 1 東奥義塾
準々決勝 ○ 3 - 0 銚子商
準決勝 ● 2 - 3x 下関商
第46回大会(1964年) 今治南(初出場) 1回戦 ● 1 - 3 熊谷商工(延長12回)
第48回大会(1966年) 松山商(5年ぶり16回目) 1回戦 ○ 1x - 0 塚原(延長11回)
2回戦 ○ 5 - 1 静岡商
準々決勝 ○ 4 - 2 横浜一商
準決勝 ○ 1 - 0 小倉工
決勝 ● 1 - 3 中京商
第49回大会(1967年) 今治南(3年ぶり2回目) 1回戦 ○ 3 - 0 鹿沼農商
2回戦 ● 3 - 4x 市和歌山商(延長11回)
第50回大会(1968年) 松山商(2年ぶり17回目) 1回戦 ○ 4 - 2 取手一
2回戦 ○ 3 - 1 佐賀工
3回戦 ● 3 - 6 三重
第51回大会(1969年) 松山商(2年連続18回目) 1回戦 ○ 10 - 0 高知商
2回戦 ○ 1 - 0 鹿児島商
準々決勝 ○ 4 - 1 静岡商
準決勝 ○ 5 - 0 若狭
決勝 △ 0 - 0 三沢(延長18回)
○ 4 - 2 三沢(再試合)
第53回大会(1971年) 今治西(8年ぶり3回目) 1回戦 ○ 4x - 3 須坂商
2回戦 ● 4 - 6 鹿児島玉龍
第55回大会(1973年) 今治西(2年ぶり4回目) 1回戦 ○ 7 - 1 日大一
2回戦 ○ 5 - 0 丸子実
3回戦 ○ 3x - 0 旭川竜谷(延長10回)
準々決勝 ○ 6 - 2 北陽
準決勝 ● 0 - 6 静岡
第57回大会(1975年) 新居浜商(初出場) 2回戦 ○ 3 - 1 九州学院
3回戦 ○ 1 - 0 三国
準々決勝 ○ 5 - 1 天理
準決勝 ○ 6 - 5 上尾
決勝 ● 4 - 5x 習志野

愛媛代表[編集]

第58回大会より愛媛県単独で代表校を全国大会に送ることができるようになった。第68回大会の準決勝で松山商は11連続安打(大会最多記録)を記録。第78回大会決勝戦で松山商は熊本工と戦い、延長10回裏のサヨナラ負けの危機をライトから捕手へのダイレクト返球で阻止し、11回表に勝ち越して優勝を果たした(奇跡のバックホーム)。

大会(年度) 代表校 試合結果
第58回大会(1976年) 今治西(3年ぶり5回目) 2回戦 ○ 2 - 1 熊本工(延長11回)
3回戦 ● 0 - 6 東北
第59回大会(1977年) 今治西(2年連続6回目) 2回戦 ○ 8 - 1 釧路江南
3回戦 ○ 4 - 0 智弁学園
準々決勝 ○ 11 - 1 早稲田実
準決勝 ● 0 - 1 東洋大姫路(延長10回)
第60回大会(1978年) 松山商(9年ぶり19回目) 1回戦 ● 1 - 2 郡山北工
第61回大会(1979年) 新居浜商(4年ぶり2回目) 1回戦 ● 4 - 5 日大山形
第62回大会(1980年) 南宇和(初出場) 1回戦 ○ 10 - 0 日川
2回戦 ● 2 - 3 旭川大高
第63回大会(1981年) 今治西(4年ぶり7回目) 2回戦 ○ 3 - 2 国学院久我山
3回戦 ○ 9 - 1 新発田農
準々決勝 ● 1 - 3 報徳学園
第64回大会(1982年) 川之江(初出場) 1回戦 ● 2 - 7 東農大二
第65回大会(1983年) 川之江(2年連続2回目) 1回戦 ○ 3 - 0 日大山形
2回戦 ● 5 - 6 岐阜第一
第66回大会(1984年) 松山商(6年ぶり20回目) 1回戦 ○ 13 - 0 高岡商
2回戦 ○ 4 - 0 浜松商
3回戦 ○ 12 - 5 東海大甲府
準々決勝 ● 1 - 2 PL学園
第67回大会(1985年) 川之江(2年ぶり3回目) 2回戦 ○ 3 - 0 八戸
3回戦 ● 2 - 3x 高知商(延長11回)
第68回大会(1986年) 松山商(2年ぶり21回目) 1回戦 ○ 12 - 2 清水市商
2回戦 ○ 5 - 2 土浦日大
3回戦 ○ 8 - 5 明野
準々決勝 ○ 4x - 3 沖縄水産
準決勝 ○ 14 - 3 浦和学院
決勝 ● 2 - 3 天理
第69回大会(1987年) 宇和島東(初出場) 2回戦 ● 0 - 3 一関商工
第70回大会(1988年) 松山商(2年ぶり22回目) 2回戦 ● 1 - 10 拓大紅陵
第71回大会(1989年) 宇和島東(2年ぶり2回目) 1回戦 ○ 3 - 0 東海大山形
2回戦 ● 1 - 3 尽誠学園
第72回大会(1990年) 松山商(2年ぶり23回目) 1回戦 ○ 4 - 2 海星
2回戦 ○ 3 - 1 竜ヶ崎一
3回戦 ● 2 - 4 鹿児島実
第73回大会(1991年) 川之江(6年ぶり4回目) 1回戦 ● 2 - 6 弘前実
第74回大会(1992年) 西条(30年ぶり5回目) 1回戦 ● 1 - 8 三重
第75回大会(1993年) 宇和島東(4年ぶり3回目) 1回戦 ○ 5 - 1 海星
2回戦 ● 2 - 7 桐生第一
第76回大会(1994年) 宇和島東(2年連続4回目) 1回戦 ● 2 - 6 北海
第77回大会(1995年) 松山商(5年ぶり24回目) 1回戦 ● 4 - 5 旭川実
第78回大会(1996年) 松山商(2年連続25回目) 1回戦 ○ 8 - 0 東海大三
2回戦 ○ 6 - 5 東海大菅生
3回戦 ○ 8 - 2 新野
準々決勝 ○ 5 - 2 鹿児島実
準決勝 ○ 5 - 2 福井商
決勝 ○ 6 - 3 熊本工(延長11回)
第79回大会(1997年) 宇和島東(3年ぶり5回目) 1回戦 ● 1 - 4 函館大有斗
第80回大会(1998年) 宇和島東(2年連続6回目) 2回戦 ○ 5x - 4 佐野日大
3回戦 ● 2 - 4 常総学院
第81回大会(1999年) 宇和島東(3年連続7回目) 1回戦 ● 5 - 10 新潟明訓
第82回大会(2000年) 丹原(初出場) 2回戦 ● 8 - 10 光星学院
第83回大会(2001年) 松山商(5年ぶり26回目) 1回戦 ○ 7 - 6 駒大苫小牧
2回戦 ○ 8 - 6 九産大九州
3回戦 ○ 4 - 3 智弁学園
準々決勝 ○ 4 - 3 平安
準決勝 ● 4 - 5 近江
第84回大会(2002年) 川之江(11年ぶり5回目) 1回戦 ○ 5 - 1 仙台西
2回戦 ○ 6x - 5 浦和学院
3回戦 ○ 4 - 3 桐光学園
準々決勝 ○ 3 - 2 遊学館
準決勝 ● 1 - 10 明徳義塾
第85回大会(2003年) 今治西(22年ぶり8回目) 1回戦 ○ 6 - 0 日大東北
2回戦 ● 3 - 4 倉敷工
第86回大会(2004年) 済美(初出場) 2回戦 ○ 11 - 8 秋田商
3回戦 ○ 6 - 0 岩国
準々決勝 ○ 2x - 1 中京大中京
準決勝 ○ 5 - 2 千葉経大付
決勝 ● 10 - 13 駒大苫小牧
第87回大会(2005年) 済美(2年連続2回目) 1回戦 ○ 6 - 0 旭川工
2回戦 ● 4 - 9 清峰
第88回大会(2006年) 今治西(3年ぶり9回目) 1回戦 ○ 11 - 8 常総学院
2回戦 ○ 12 - 3 文星芸大付
3回戦 ● 10 - 11x 日大山形(延長13回)
第89回大会(2007年) 今治西(2年連続10回目) 1回戦 ○ 12 - 1 八代東
2回戦 ○ 1 - 0 近江
3回戦 ○ 6 - 2 文星芸大付
準々決勝 ● 1 - 7 広陵
第90回大会(2008年) 済美(3年ぶり3回目) 1回戦 ● 0 - 3 智弁和歌山
第91回大会(2009年) 西条(17年ぶり6回目) 1回戦 ○ 3 - 2 八千代東
2回戦 ● 0 - 4 明豊
第92回大会(2010年) 宇和島東(11年ぶり8回目) 1回戦 ● 0 - 3 前橋商
第93回大会(2011年) 今治西(4年ぶり11回目) 1回戦 ● 6 - 7 健大高崎
第94回大会(2012年) 今治西(2年連続12回目) 1回戦 ● 0 - 7 桐光学園
第95回大会(2013年) 済美(5年ぶり4回目) 2回戦 ○ 9 - 7 三重
3回戦 ● 6 - 7 花巻東(延長10回)
第96回大会(2014年) 小松(初出場) 1回戦 ● 8 - 9 山形中央
第97回大会(2015年) 今治西(3年ぶり13回目) 1回戦 ● 0 - 6 早稲田実
第98回大会(2016年) 松山聖陵(初出場) 2回戦 ● 1 - 2x 北海
第99回大会(2017年) 済美(4年ぶり5回目) 1回戦 ○ 10 - 4 東筑
2回戦 ○ 7 - 1 津田学園
3回戦 ● 7 - 12 盛岡大付(延長10回)
第100回大会(2018年) 済美(2年連続6回目) 1回戦 ○ 5 - 4 中央学院
2回戦 ○ 13x - 11 星稜(延長13回 TB
3回戦 ○ 3 - 1 高知商
準々決勝 ○ 3 - 2 報徳学園
準決勝 ● 2 - 5 大阪桐蔭

通算成績[編集]

校名 出場 勝敗 勝率 最高成績
松山商 26回 60勝21敗1分 .741 優勝5回
今治西 13回 20勝12敗 .625 ベスト4
宇和島東 8回 3勝8敗 .273 3回戦
西条 6回 12勝5敗 .706 優勝1回
済美 6回 12勝6敗 .667 準優勝
川之江 5回 6勝5敗 .545 ベスト4
新居浜商 2回 4勝2敗 .667 準優勝
今治南 2回 1勝2敗 .333 2回戦
松山東 1回 2勝1敗 .667 ベスト4
南宇和 1回 1勝1敗 .500 2回戦
八幡浜 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
丹原 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
小松 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
松山聖陵 1回 0勝1敗 .000 初戦敗退
通算 74回 121勝67敗1分 .644 優勝6回

参考図書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出場回数はカウントされている
  2. ^ 松山東と松山商との統合時代
  3. ^ 選手権出場回数ランキング

関連項目[編集]

外部リンク[編集]