全国高等学校野球選手権大会 (鳥取県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権大会における鳥取県勢の成績について記す。

全国中等学校優勝野球大会[編集]

  • 1915年の第1回大会に、県内からは鳥取中(現・鳥取西)、倉吉中(現・倉吉東)、米子中(現・米子東)、鳥取師範の4校が予選に出場している。山陰代表となった鳥取中は開会式直後の第1試合で広島中(現・国泰寺)を破っている。
  • 鳥取中は第4回大会から第6回大会にかけての3年連続出場、第12回大会から第15回大会にかけての4年連続出場など、中等学校時代だけで15回の出場を数える。その間、ベスト4に4回、ベスト8に3回進出した。
  • 鳥取中の後塵を拝した形になっていた県西部のライバル・米子中も、第11回大会を皮切りに5回の出場を果たしている。
年度(大会) 代表校 全国大会成績
1915年(第1回大会 鳥取中(初出場、山陰代表) 1回戦 ○ 14 - 7 広島中
準々決勝 ● 1 - 7 和歌山中
1916年(第2回大会 鳥取中(2年連続2回目、山陰代表) 1回戦 ● 1 - 2 和歌山中
敗者復活戦 ○ 9 - 6 中学明善
準決勝 ● 4 - 5 市岡中
1918年(第4回大会 鳥取中(2年ぶり3回目、山陰代表) 米騒動のため中止)
1919年(第5回大会 鳥取中(2年連続4回目、山陰代表) 1回戦 ○ 4 - 3 愛知一中
準々決勝 ● 2 - 4 小倉中(延長15回)
1920年(第6回大会 鳥取中(3年連続5回目、山陰代表) 1回戦 ○ 6 - 2 豊国中
準々決勝 ○ 2 - 0 京都一商
準決勝 ● 3 - 14 関西学院中
1924年(第10回大会 鳥取一中(4年ぶり6回目、山陰代表) 1回戦 ○ 10 - 0 京城中
2回戦 ○ 15 - 2 同志社中
準々決勝 ○ 5 - 4 宇都宮中
準決勝 ● 3 - 9 松本商
1925年(第11回大会 米子中(初出場、山陰代表) 1回戦 ○ 2 - 0 前橋中
2回戦 ● 4 - 10 第一神港商
1926年(第12回大会 鳥取一中(2年ぶり7回目、山陰代表) 1回戦 ○ 4 - 2 長崎商
2回戦 ○ 4 - 1 盛岡中
準々決勝 ● 3 - 9 和歌山中
1927年(第13回大会 鳥取一中(2年連続8回目、山陰代表) 1回戦 ○ 9 - 1 茨城商
2回戦 ● 3 - 7 鹿児島商
1928年(第14回大会 鳥取一中(3年連続9回目、山陰代表) 2回戦 ● 2 - 8 高松中
1929年(第15回大会 鳥取一中(4年連続10回目、山陰代表) 1回戦 ○ 12 - 0 秋田師範
2回戦 ○ 2 - 1 敦賀商
準々決勝 ○ 1 - 0 市岡中
準決勝 ● 1 - 5 広島商
1930年(第16回大会 米子中(5年ぶり2回目、山陰代表) 1回戦 ● 0 - 4 大邱商
1932年(第18回大会 米子中(2年ぶり3回目、山陰代表) 2回戦 ● 1 - 3 石川師範
1933年(第19回大会 鳥取一中(4年ぶり11回目、山陰代表) 1回戦 ● 0 - 3 敦賀商
1934年(第20回大会 鳥取一中(2年連続12回目、山陰代表) 1回戦 ○ 3 - 1 京都商
2回戦 ● 1 - 8 熊本工
1935年(第21回大会 米子中(3年ぶり4回目、山陰代表) 1回戦 ● 4 - 5 育英商
1936年(第22回大会 鳥取一中(2年ぶり13回目、山陰代表) 1回戦 ○ 3 - 2 鹿児島商
2回戦 ● 1 - 4 岐阜商
1938年(第24回大会 鳥取一中(2年ぶり14回目、山陰代表) 2回戦 ○ 3 - 0 青森師範
準々決勝 ● 0 - 3 甲陽中
1939年(第25回大会 米子中(4年ぶり5回目、山陰代表) 2回戦 ○ 12 - 7 高岡商
準々決勝 ● 0 - 3 海草中
1947年(第29回大会 鳥取一中(9年ぶり15回目、山陰代表) 2回戦 ● 4 - 10 志度商

全国高等学校野球選手権大会(1県1代表以前)[編集]

  • 新制高校になってからの地区割りの変更により、県勢は岡山県勢と代表を争う東中国大会に組み込まれた。この時代は岡本利之木下勇らに率いられた米子東が、長島康夫や宮本洋二郎といった好投手を擁して全国大会に出場した。
  • 1960年代に入ると県勢は力を付けてきた岡山県勢の前に全国大会出場が減少。東中国大会は1948年から1974年まで記念大会4回を除き22回行われたが、県勢が岡山県勢を破って全国大会に出場したのは8回しかない。この時代は選抜では米子東が強かったが、夏の大会では米子南が出場している。
  • 1975年から1977年までは、島根県勢と代表を争う山陰大会に組み込まれたが、この3年間はすべて島根県勢が代表校となっている。
年度(大会) 代表校 全国大会成績
1950年(第32回大会 米子東(11年ぶり6回目、東中国代表) 2回戦 ○ 3 - 2 盛岡
準々決勝 ● 7 - 8 鳴門
1952年(第34回大会 (初出場、東中国代表) 2回戦 ● 0 - 4 日大三
1953年(第35回大会 鳥取西(6年ぶり16回目、東中国代表) 1回戦 ○ 4 - 1 松商学園
2回戦 ● 4 - 6 宇都宮工
1954年(第36回大会 米子東(4年ぶり7回目、東中国代表) 1回戦 ○ 2 - 1 滝川(延長11回)
2回戦 ● 1 - 3 早稲田実
1956年(第38回大会 米子東(2年ぶり8回目、東中国代表) 2回戦 ○ 1 - 0 別府鶴見丘
準々決勝 ○ 3 - 0 中京商
準決勝 ● 1 - 2x 岐阜商
1958年(第40回大会 鳥取西(5年ぶり17回目、鳥取代表) 1回戦 ○ 2x - 1 新潟商
2回戦 ● 0 - 1 柳井
1960年(第42回大会 米子東(4年ぶり9回目、東中国代表) 1回戦 ○ 8 - 0 盈進商
2回戦 ● 5 - 12 徳島商
1963年(第45回大会 米子南(初出場、鳥取代表) 1回戦 ● 0 - 1 桐生
1964年(第46回大会 米子南(2年連続2回目、東中国代表) 1回戦 ● 1 - 4 岐阜商
1968年(第50回大会 米子南(4年ぶり3回目、鳥取代表) 1回戦 ● 2 - 15 岐阜南
1972年(第54回大会 米子工(初出場、東中国代表) 1回戦 ● 0 - 3 秋田市立
1973年(第55回大会 鳥取西(15年ぶり18回目、鳥取代表) 2回戦 ○ 3 - 0 仙台育英
3回戦 ● 0 - 1 富山商

全国高等学校野球選手権大会(1県1代表後)[編集]

  • 1県1代表となった1978年に県中部から初めて、また私学としても初めて倉吉北が代表となった。同校は初戦で早稲田実を破り「山陰の暴れん坊」として一躍注目を集めた。鳥取県は予選参加19校(当時)で「最も甲子園に出やすい県」としても注目され、京阪神からのいわゆる野球留学生が増加した。
  • 昭和時代では鳥取西と米子東の両伝統・古豪校に加え、ほかや倉吉北、さらに1987年に郡部からの初出場を果たした八頭、米子商(現・米子松蔭)らが台頭。平成時代に入ってからは倉吉東鳥取商鳥取城北がそれぞれ初出場を果たしている。
  • 平成以降の県勢は1995~2002年と2004年~2011年にかけて、初戦8連敗を2度も喫しているなど弱体化が著しい。その間は2003年と2014年の八頭(2回)と、2012年の鳥取城北が初戦突破による各1勝をあげたのみである(なお選抜では1996年米子東と2008年八頭が1勝を挙げている)。さらに平成以降の選手権大会でベスト8入り・及び2勝以上が無いのは、2017年現在で鳥取県勢のみとなった。
年度(大会) 代表校 全国大会成績
1978年(第60回大会 倉吉北(初出場) 1回戦 ○ 3 - 2 早稲田実
2回戦 ● 6 - 14 高知商
1979年(第61回大会 境(27年ぶり2回目) 1回戦 ● 6 - 13 中京
1980年(第62回大会 倉吉北(2年ぶり2回目) 1回戦 ● 1 - 2x 習志野(延長10回)
1981年(第63回大会 鳥取西(8年ぶり19回目) 1回戦 ○ 5 - 0 東奥義塾
2回戦 ● 0 - 5 早稲田実
1982年(第64回大会 境(3年ぶり3回目) 1回戦 ● 3 - 9 東海大甲府
1983年(第65回大会 米子東(23年ぶり10回目) 1回戦 ● 1 - 2 学法石川(延長10回)
1984年(第66回大会 境(2年ぶり4回目) 1回戦 ● 0 - 1x 法政一(延長10回)
1985年(第67回大会 鳥取西(4年ぶり20回目) 1回戦 ○ 7 - 4 日大三
2回戦 ● 0 - 8 宇部商
1986年(第68回大会 米子東(3年ぶり11回目) 2回戦 ○ 3 - 1 東亜学園
3回戦 ● 2 - 7 天理
1987年(第69回大会 八頭(初出場) 1回戦 ● 2 - 3 金沢
1988年(第70回大会 米子商(初出場) 2回戦 ○ 4 - 0 鹿児島商
3回戦 ● 2 - 3x 福岡第一
1989年(第71回大会 米子東(3年ぶり12回目) 2回戦 ● 0 - 3 帝京
1990年(第72回大会 境(6年ぶり5回目) 1回戦 ○ 3x - 2 八戸工大一
2回戦 ● 0 - 5 平安
1991年(第73回大会 米子東(2年ぶり13回目) 1回戦 ● 0 - 5 我孫子
1992年(第74回大会 倉吉北(12年ぶり3回目) 2回戦 ● 0 - 6 東海大甲府
1993年(第75回大会 鳥取西(8年ぶり21回目) 2回戦 ○ 11 - 1 不二越工
3回戦 ● 1 - 2 京都西
1994年(第76回大会 八頭(7年ぶり2回目) 2回戦 ○ 5 - 4 鶴岡工
3回戦 ● 1 - 3 水戸商
1995年(第77回大会 倉吉東(初出場) 1回戦 ● 4 - 11 金足農
1996年(第78回大会 八頭(2年ぶり3回目) 2回戦 ● 0 - 11 福井商
1997年(第79回大会 八頭(2年連続4回目) 1回戦 ● 0 - 9 甲府工
1998年(第80回大会 境(8年ぶり6回目) 1回戦 ● 6 - 7 滑川
1999年(第81回大会 倉吉北(7年ぶり4回目) 1回戦 ● 0 - 8 静岡
2000年(第82回大会 米子商(12年ぶり2回目) 1回戦 ● 1 - 7 仙台育英
2001年(第83回大会 八頭(4年ぶり5回目) 2回戦 ● 7 - 8 塚原青雲
2002年(第84回大会 倉吉北(3年ぶり5回目) 1回戦 ● 1 - 6 桜美林
2003年(第85回大会 八頭(2年ぶり6回目) 1回戦 ○ 3 - 2 小山
2回戦 ● 2 - 3 静岡
2004年(第86回大会 鳥取商(初出場) 1回戦 ● 0 - 6 聖光学院
2005年(第87回大会 鳥取西(12年ぶり22回目) 2回戦 ● 1 - 7 銚子商
2006年(第88回大会 倉吉北(4年ぶり6回目) 1回戦 ● 6 - 7x 松代(延長11回)
2007年(第89回大会 境(9年ぶり7回目) 1回戦 ● 1 - 14 甲府商
2008年(第90回大会 鳥取西(3年ぶり23回目) 1回戦 ● 1 - 6 木更津総合
2009年(第91回大会 鳥取城北(初出場) 1回戦 ● 3 - 6 札幌第一
2010年(第92回大会 八頭(7年ぶり7回目) 2回戦 ● 2 - 15 土岐商
2011年(第93回大会 鳥取商(7年ぶり2回目) 1回戦 ● 2 - 3 白樺学園(延長11回)
2012年(第94回大会 鳥取城北(3年ぶり2回目) 1回戦 ○ 3 - 1 香川西
2回戦 ● 2 - 6 天理
2013年(第95回大会 鳥取城北(2年連続3回目) 1回戦 ● 2 - 3 熊本工
2014年(第96回大会 八頭(4年ぶり8回目) 2回戦 ○ 6 - 1 角館
3回戦 ● 0 - 10 大阪桐蔭
2015年(第97回大会 鳥取城北(2年ぶり4回目) 2回戦 ● 6 - 9 鶴岡東
2016年(第98回大会 境(9年ぶり8回目) 2回戦 ● 2 - 7 明徳義塾
2017年(第99回大会 米子松蔭(17年ぶり3回目) 1回戦 ● 1 - 8 大阪桐蔭
2018年(第100回大会 鳥取城北(3年ぶり5回目) 1回戦 ● 2 - 3x 龍谷大平安

通算成績[編集]

校名 出場 勝敗 最高成績
鳥取西 23回 23勝23敗 ベスト4
米子東 13回 8勝13敗 ベスト4
八頭 8回 3勝8敗 3回戦
8回 1勝8敗 2回戦
倉吉北 6回 1勝6敗 2回戦
鳥取城北 5回 1勝5敗 2回戦
米子松蔭 3回 1勝3敗 3回戦
米子南 3回 0勝3敗 初戦敗退
鳥取商 2回 0勝2敗 初戦敗退
倉吉東 1回 0勝1敗 初戦敗退
米子工 1回 0勝1敗 初戦敗退
通算 73回 38勝73敗 ベスト4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]