大分県立大分舞鶴高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大分県立大分舞鶴高等学校
OitamaiduruHS.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗大分県
設立年月日 1951年(昭和26年)
創立記念日 10月6日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
高校コード 44113K
所在地 870-0938
大分県大分市今津留1丁目19番1号
北緯33度14分40秒東経131度37分23秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立大分舞鶴高等学校(おおいたけんりつおおいたまいづるこうとうがっこう)は、大分県大分市にある公立高等学校。通称「舞鶴(まいづる)」、「舞高(まいこう)」。

設置学科[編集]

概要[編集]

1951年(昭和26年)4月1日に創立[1]。普通科に加えて、1997年度(平成9年度)に設置された県下唯一の理数科を有する[2]

2005年度(平成17年度)から3期にわたり文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けている[3]。指定当時は大分県では唯一の指定校であった。2010年度(平成22年度)からはコアSSHにも指定され、2012年度(平成24年度)からは科学技術人材育成重点枠でのSSHの指定を受けている[1]

制服[編集]

男子は典型的な詰襟の学生服、女子は冬服の場合、紺色の生地に青いリボンが付いたセーラー服、夏服の場合は白地に薄青色のセーラー服である。ちなみに舞鶴高校の隣にある大分商業高校(大商)の冬服は舞鶴のそれと似ているが、大商のリボンの色は赤色である。[要出典]

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 大分市立王子中学校を仮校舎として大分県立大分舞鶴高等学校を創立。
  • 1951年(昭和26年)10月6日 - 大分市今津留の本校舎起工式(開校記念日とする) 。
  • 1960年(昭和35年)10月7日 - 創立10周年記念式典挙行。
  • 1978年(昭和53年)12月13日 - 新校舎(現校舎)に全面移転完了。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 理数科設置。
  • 2000年(平成12年)10月6日 - 創立50周年記念式典挙行。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに指定。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに再指定。同時にコアSSHに指定。
  • 2010年(平成22年)10月6日 - 創立60周年記念式典挙行[1]

教育[編集]

教育方針[編集]

教育基本法の精神に則り、国家及び社会の有為な形成者として、豊かな人間性を養い、高い人格と識見を具えた心身ともに逞しい人間の育成に努める[4]

校是[編集]

舞鶴魂 - しまれがんばれねばれおしきれ[5]

  • しまれ - 事に臨んで本気を出すこと
  • がんばれ - 常にプラス志向で元気を出すこと
  • ねばれ - 試練に耐える根気をもつこと
  • おしきれ - 一歩踏み出す勇気をもつこと[2]

校風[編集]

校風は自由であり、文武両道を掲げている。[要出典]

時間割[編集]

朝講座があり、全学年が7時40分から開始されていた[6][7]が、2018年度から廃止された。内容は日替わりで各教科の演習を行っていた。平日の授業は7時間目まであり、下校できるのは16時35分である。また3年次からは、7限終了後に放課後講座が1~2コマ行われる。[要出典]

進学実績[編集]

2016年度の国公立大学現役合格率は72.8%。11年連続で70%を超えている[8]

主な行事[編集]

修学旅行

2000年度から、それまで行われていたスキー研修は廃止され、東京への修学旅行は、英語圏のニュージーランドへの海外修学旅行に変更となった。また、49回生、51回生、及び58回生以降の目的地はオーストラリアとなった。[要出典]2016年度(65回生)はベトナムカンボジア[9]、2017年度(66回生)はベトナムのみ[10]への修学旅行へなった。

クラスマッチ

7月、12月、3月(1・2年のみ)の年3回[11]。学校のすぐ隣を流れる大分川ドラゴンボートレースを行ったり、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどの競技を行う[12][13]

屋久島研修旅行(理数科)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)としての活動の一環で、理数科1年生を対象に毎年世界遺産屋久島での研修を行っている[3]大学の教授や研究所の研究員の協力を得て現地ではさまざまな研究を行うことができる。2005年度(平成17年度)には屋久島の隣の種子島の種子島宇宙センターへの見学が行われたが、2006年度(平成18年度)は取りやめられた。この研究の成果は、11月の理数科中間発表会でポスターセッションの形で発表される。[要出典]

イエローストーン研修(理数科)[要出典]

2005年度(平成17年度)にスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されたことにより、理数科2年生に対して2006年度(平成18年度)からゴールデンウィークを利用してアメリカイエローストーン国立公園への8泊10日の研修を行う。理数科内で参加希望者を募り、イエローストーンについての小論文の試験と国際情報の授業の評点の合計の上位7名が参加となる(2006年度(平成18年度))。参加者はGWを利用して行くため連休の間の授業の日は公欠となる。現地では主な活動としてフィールドワーク、モンタナ州立大学訪問、現地の高校生との交流会などが行われる。また、宿泊はホテルなどは利用せずすべてロッジを利用し、食事などは自分たちでつくることとなる。これらの研修の発表も11月の理数科中間発表会で行われる。[要出典]

部活動[編集]

文武両道を校是としており、[要出典]2017年度(平成29年度)の部活動への加入率は89%である[5]

体育部[編集]

  • バスケットボール部(男女)
  • ラグビー部
  • バレーボール部(男女)
  • 野球部
  • ソフトテニス部(男女)
  • 陸上部
  • 剣道部
  • 水泳部
  • 卓球部
  • テニス部(男女)
  • サッカー部
  • カヌー部
  • ハンドボール部
  • 弓道部[14]

カヌー部(男女)、陸上部(男女)、バスケットボール部(男子)、テニス部(男子)、ラグビー部が、大分県体育協会の強化指定を受けている[15]

ラグビー部は、全国高校ラグビー大会において、第54回大会1975年)で優勝したほか、第53回1974年)・第63回1984年)・第83回2004年)の3大会で準優勝するなど全国でも名立たる強豪校である。松任谷由実の楽曲「ノーサイド」は、1984年(昭和59年)1月7日に行われた第63回大会決勝戦で、天理高校に敗れた大分舞鶴高校をモデルとして作られたとされている[16]

カヌー部は数多くの選手を国体に送り込み、さらには高校生の日本代表選手も輩出している。[要出典]また、アテネ五輪カヌー競技の足立美穂は当校出身である。

文化部[編集]

  • 文芸部
  • 英語部
  • 茶道部
  • 華道部
  • 音楽部
  • 美術部
  • 新聞部
  • 放送部
  • 書道部
  • 吹奏楽部
  • 家庭部
  • 科学部(生物班/地学班/物理班/化学班/数学班)
  • インターアクト同好会
  • 将棋同好会[17]

吹奏楽部は近年、数多くの大会において大分県代表として九州大会や全国大会へと出場している。また放送部、書道部も例年大分県代表となっている。[要出典]

科学部生物班が、2012年度の第36回全国高等学校総合文化祭の自然科学部門(ポスター発表)において、文部科学大臣賞を受賞している[18]

施設[編集]

グラウンドにあるテニスコート横には、同窓会付設の而立会館[19]、同窓会館[20]がある。同窓会館の学習室には冷暖房設備が備わっており、日曜日・休日等を含む年中無休で開放されている[20]

また、多目的競技場には太陽光発電機が設置してあり、モニターで発電量を見ることができる。なお、近年は稼働していない。[要出典]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

学術[編集]

文化[編集]

アナウンサー[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

交通[編集]

  • 大分バス大分交通バス(共同運行)、「大分バス本社前6番のりば」停留所より、「舞鶴高校前」停留所にて下車

脚注[編集]

  1. ^ a b c 沿革”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2014年1月22日). 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ a b 学校長あいさつ”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2014年4月1日). 2018年4月4日閲覧。
  3. ^ a b SSHに関するお知らせ”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2018年3月24日). 2018年4月4日閲覧。
  4. ^ 教育目標・方針”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2013年4月1日). 2018年4月4日閲覧。
  5. ^ a b 平成29年度 校長挨拶”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年4月18日). 2018年4月4日閲覧。
  6. ^ “県立高校 ゼロ時限補習 見直しへ 学力向上 保護者に懸念の声も”. 大分合同新聞. (2018年2月26日). https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/02/26/130627476 2018年4月4日閲覧。 
  7. ^ 朝講座 個人面談の様子”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年4月25日). 2018年4月4日閲覧。
  8. ^ 平成28年度 64回生 進路実績”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年4月11日). 2018年4月4日閲覧。
  9. ^ 65回生 修学旅行日程と写真掲載のお知らせ”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2016年11月17日). 2018年4月4日閲覧。
  10. ^ 66回生 第1班 修学旅行へ出発!”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年11月13日). 2018年4月4日閲覧。
  11. ^ 学校行事”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2011年9月21日). 2018年4月4日閲覧。
  12. ^ 2年生クラスマッチ”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年7月12日). 2018年4月4日閲覧。
  13. ^ 1年生クラスマッチ”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年7月13日). 2018年4月4日閲覧。
  14. ^ 平成29年度部活動紹介 体育部”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年5月8日). 2018年4月4日閲覧。
  15. ^ 平成29年度平 強化指定競技激励訪問”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年4月21日). 2018年4月4日閲覧。
  16. ^ “ユーミン「ノーサイド」の名勝負再び 高校ラグビー天理-大分舞鶴OB、30年ぶり再戦”. 産経WEST. (2014年4月24日). http://www.sankei.com/west/news/140424/wst1404240055-n1.html 2018年4月4日閲覧。 
  17. ^ 平成29年度部活動紹介 文化部”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2017年5月8日). 2018年4月4日閲覧。
  18. ^ 科学部(生物班)”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2014年5月7日). 2018年4月4日閲覧。
  19. ^ 而立会館”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2012年1月4日). 2018年4月4日閲覧。
  20. ^ a b 同窓会館”. 大分県立大分舞鶴高等学校 (2012年1月4日). 2018年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]