第63回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第63回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1981年8月8日 - 8月21日
出場校 49校
参加校数 3,394校
優勝校 報徳学園兵庫、初優勝)
試合数 48試合
選手宣誓 三浦淳一(鶴商学園
始球式 田中龍夫文部大臣
大会本塁打 20本塁打
 < 19801982 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第63回全国高等学校野球選手権大会(だい63かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1981年8月8日から8月21日まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

代表校[編集]

東日本
地方大会 代表校 出場回数
北北海道 帯広工 初出場
南北海道 函館有斗 7年ぶり2回目
青森 東奥義塾 14年ぶり4回目
岩手 盛岡工 初出場
秋田 秋田経大付 初出場
山形 鶴商学園 3年ぶり2回目
宮城 仙台育英 3年ぶり7回目
福島 福島商 4年ぶり7回目
茨城 取手二 3年ぶり3回目
栃木 宇都宮学園 4年ぶり4回目
群馬 前橋工 3年連続6回目
埼玉 熊谷商 2年連続5回目
千葉 銚子西 初出場
東東京 早稲田実 2年連続24回目
西東京 国学院久我山 初出場
神奈川 横浜 2年連続4回目
山梨 東海大甲府 初出場
静岡 浜松西 初出場
愛知 名古屋電気 7年ぶり2回目
岐阜 岐阜南 13年ぶり2回目
三重 海星 4年ぶり4回目
新潟 新発田農 2年連続3回目
長野 岡谷工 13年ぶり4回目
富山 高岡第一 初出場
石川 星稜 2年ぶり5回目
西日本
地方大会 代表校 出場回数
福井 福井商 3年ぶり5回目
滋賀 近江 初出場
京都 京都商 3年ぶり10回目
大阪 北陽 2年連続4回目
兵庫 報徳学園 3年ぶり7回目
奈良 智弁学園 4年ぶり3回目
和歌山 和歌山工 初出場
岡山 岡山南 初出場
広島 広島商 2年ぶり16回目
鳥取 鳥取西 8年ぶり19回目
島根 浜田 3年連続7回目
山口 下関商 18年ぶり7回目
香川 志度商 34年ぶり2回目
徳島 徳島商 3年ぶり12回目
愛媛 今治西 4年ぶり7回目
高知 高知 2年ぶり9回目
福岡 福岡大大濠 初出場
佐賀 佐賀学園 初出場
長崎 長崎西 30年ぶり2回目[1]
熊本 鎮西 13年ぶり3回目
大分 津久見 4年ぶり9回目
宮崎 都城商 初出場
鹿児島 鹿児島実 2年ぶり8回目
沖縄 興南 2年連続4回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

8月8日

  • 岐阜南 6 - 1 智弁学園
  • 鹿児島実 3 - 2 仙台育英
  • 志度商 8 - 0 高岡第一

8月9日

  • 浜松西 1 - 0 佐賀学園
  • 福島商 7 - 3 浜田(延長10回)
  • 鳥取西 5 - 0 東奥義塾
  • 横浜 3 - 1 徳島商(延長13回)

8月10日

  • 和歌山工 4 - 0 星稜
  • 報徳学園 9 - 0 盛岡工
  • 新発田農 3 - 1 広島商(延長10回)
  • 福井商 5 - 1 銚子西

8月11日

  • 早稲田実 4 - 0 高知
  • 宇都宮学園 4 - 0 岡山南
  • 秋田経大付 5 - 1 興南
  • 鎮西 2x - 1 取手二

8月12日

  • 北陽 7 - 3 海星
  • 近江 4 - 3 鶴商学園

2回戦[編集]

  • 岡谷工 5 - 2 津久見
  • 今治西 3 - 2 国学院久我山

8月13日

  • 京都商 5x - 4 前橋工
  • 名古屋電気 4 - 0 長崎西(名古屋電気の工藤公康無安打無得点試合
  • 福岡大大濠 3 -2 函館有斗
  • 都城商 6 - 1 帯広工

8月14日

  • 熊谷商 12x - 11 下関商
  • 新発田農 4 - 3 東海大甲府
  • 秋田経大付 5 - 1 福島商
  • 鎮西 6 - 4 鹿児島実

8月15日

  • 宇都宮学園 6 - 2 岐阜南
  • 志度商 3 - 1 福井商
  • 北陽 2 - 1 浜松西
  • 報徳学園 4 - 1 横浜

8月16日

  • 和歌山工 2 - 0 近江
  • 早稲田実 5 - 0 鳥取西

3回戦[編集]

  • 志度商 2x - 1 秋田経大付(延長10回)
  • 名古屋電気 2x - 1 北陽(延長12回)

8月17日

  • 京都商 1x - 0 宇都宮学園(延長11回)
  • 今治西 9 - 1 新発田農
  • 都城商 2x - 1 岡谷工(延長12回)

8月18日

  • 鎮西 3 - 1 福岡大大濠
  • 報徳学園 5x - 4 早稲田実(延長10回)
  • 和歌山工 4 - 0 熊谷商

準々決勝[編集]

8月19日

  • 鎮西 7 - 0 都城商
  • 報徳学園 3 - 1 今治西
  • 名古屋電気 3 - 0 志度商
  • 京都商 2 - 0 和歌山工

準決勝[編集]

8月20日

  • 報徳学園 3 - 1 名古屋電気
  • 京都商 1 - 0 鎮西

決勝戦[編集]

8月21日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
京都商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
報徳学園 0 0 0 0 0 0 1 1 X 2 7 0
  1. (京) : 井口 - 辻
  2. (報) : 金村 - 石田
  3. 審判:球審…元橋、塁審…郷司・清沢・山川
  4. 試合時間:1時間38分

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:清水雅治(浜田)
  • 第2号:岡部道明(報徳学園)
  • 第3号:森本哲男(福井商)
  • 第4号:宮明浩(宇都宮学園)
  • 第5号:田中宏明(海星)
2回戦
  • 第6号:鳩貝順一(国学院久我山)
  • 第7号:山本幸二(名古屋電気)
  • 第8号:加藤誉昭(都城商)
  • 第9号:管一昭(下関商)
  • 第10号:奥村寿文(鎮西)
  • 第11号:阿久根幸晴(鹿児島実)
  • 第12号:棚橋祐司(岐阜南)
  • 第13号:半田浩範(宇都宮学園)
  • 第14号:金村義明(報徳学園)
  • 第15号:金村義明(報徳学園)
3回戦
  • 第16号:中村稔(名古屋電気)
  • 第17号:加藤誉昭(都城商)
  • 第18号:加藤誉昭(都城商)
準々決勝
  • 第19号:宮守義照(鎮西)
  • 第20号:工藤公康(名古屋電気)

脚注[編集]

  1. ^ 前身の長崎中を含めると3回目。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]