富山県立氷見高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富山県立氷見高等学校
HIMI-HIGH-SCHOOL.JPG
過去の名称 富山県立氷見中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 富山県の旗 富山県
学区 (普通科) 高岡学区
(普通科以外) 全県学区
併合学校 富山県立有磯高等学校
校訓 自ら究め 未来を拓く
設立年月日 1927年(昭和2年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
農業科学科
海洋科学科
ビジネス科
生活福祉科
高校コード 16132C
所在地 935-0021
富山県氷見市幸町17-1

北緯36度51分13.6秒 東経136度58分47.2秒 / 北緯36.853778度 東経136.979778度 / 36.853778; 136.979778座標: 北緯36度51分13.6秒 東経136度58分47.2秒 / 北緯36.853778度 東経136.979778度 / 36.853778; 136.979778
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

富山県立氷見高等学校(とやまけんりつ ひみこうとうがっこう)は、富山県氷見市幸町に所在する県立高等学校西日本旅客鉄道(JR西日本)氷見線氷見駅から路線バス約8分・徒歩約20分。

概要[編集]

富山県の北西部、富山湾に接し石川県境にある氷見市(人口約4万9千人)に所在する。

進学校であり新潟大学・富山大学・富山県立大学・金沢大学・福井大学などの国公立大学に進学する生徒が多い。富山国際大学・金沢学院大学・金沢工業大学・金沢星稜大学・福井工業大学などの私立大学に進学する生徒も多い。 

1926年に創立、戦後は総合制高校となり、農業・水産の学科がのちに富山県立有磯高等学校として独立するも、2010年に富山県立有磯高等学校と再統合している。

沿革[編集]

  • 1927年
    • 3月 - 富山県立氷見中学校設立認可
    • 4月 - 氷見郡氷見町仕切、元氷見郡役所庁舎を仮校舎として開校
  • 1928年12月 - 現在地に校舎新築移転
  • 1948年
    • 4月 - 県立氷見中学校を廃し、県立氷見高等学校を設立、普通科を置く
    • 9月 - 県立氷見高等学校、氷見女子高等学校、氷見農業水産高等学校を併合
  • 1951年4月 - 農業、水産、家庭の各科は富山県立有磯高等学校として独立
  • 1956年4月 - 全日制商業科を併設
  • 1986年10月 - 創立60周年記念式典挙行
  • 1995年4月 - 普通科に自然科学コース設置
  • 1996年
    • 3月 - 生徒会海外研修開始(アメリカ合衆国オーチャードパーク・ハイスクール)
    • 9月 - 創立70周年記念式典挙行
  • 1997年11月 - 新第一体育館竣工
  • 2006年9月 - 創立80周年記念式典挙行
  • 2010年4月 - 富山県立有磯高等学校と統合、農業科学科・海洋科学科・生活福祉科を設置

部活動[編集]

運動部[編集]

8度の全国制覇の経験を持つ男子ハンドボール部(競技人口は日本でわずか8万人と言われている。ちなみに、サッカーは118万人・バスケは71万人・野球は59万人である)は強豪校として知られ、2018年には全国高等学校ハンドボール選抜大会インターハイ2018福井国体少年男子(氷見高校単独チーム)のすべてで優勝し富山県初の高校3冠を達成した[1]

文化部[編集]

著名な出身者[編集]

  • 江田島TV(ジャグラーYouTuber)
  • 森優稀(ハンドボール選手、大阪ラヴィッツ)
  • 安平光佑(ハンドボール選手、日本体育大学)
  • 安平拓馬(ハンドボール選手、大崎電気)
  • 海道衛秀(元ハンドボール選手、氷見高校ハンドボール部コーチ、元日本代表)
  • 金森正晃 (映画監督)
  • 鞍田朝夫(北日本放送常務・元アナウンサー)
  • 西山清(元ハンドボール選手、元日本代表、ムササビシュート)
  • 早船愛子(ハンドボール選手)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『氷見高ハンド3冠 福井国体 少年男子V 地元北陸高破る 選抜・総体に続く快挙』北日本新聞 2018年9月18日1面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]