第26回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第26回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1940年8月12日 - 8月19日
出場校 22校
参加校数 617校
優勝校 海草中和歌山、2年連続2回目)
試合数 21試合
大会本塁打 2本塁打
 < 19391941 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第26回全国中等学校優勝野球大会(だい26かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1940年8月12日から8月19日まで甲子園球場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。この年は「紀元二千六百年奉祝・全日本中等学校体育競技総力大会」が開催され、会場は甲子園一帯の競技施設で行われた。第26回大会はこの大会の野球部門として開催された。また日本統治下にあった朝鮮満州台湾が最後に出場した大会でもあった(予選大会としては翌1941年が最後の出場大会である)。

出場校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 北海中 2年ぶり14回目
奥羽 福岡中岩手 9年ぶり5回目
東北 仙台一中宮城 17年ぶり2回目
北関東 高崎商群馬 2年ぶり4回目
南関東 千葉商千葉 2年連続2回目
東京 日大三中 2年ぶり2回目
北陸 富山商富山 初出場
信越 松本商長野 2年ぶり8回目
山静 島田商静岡 2年連続4回目
東海 東邦商愛知 2年連続2回目
京津 京都商京都 2年連続3回目
地方大会 代表校 出場回数
大阪 市岡中 6年ぶり10回目
兵庫 北神商 初出場
紀和 海草中和歌山 4年連続6回目
山陰 松江商島根 18年ぶり2回目
山陽 下関商山口 3年連続3回目
四国 徳島商徳島 3年ぶり2回目
北九州 福岡工福岡 4年連続4回目
南九州 大分商大分 2年ぶり5回目
朝鮮 平壌一中 8年ぶり3回目
満州 奉天商 初出場
台湾 台北一中 2年ぶり5回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 松江商 3x - 2 北海中(延長14回)
  • 下関商 13 - 1 奉天商
  • 松本商 3 - 2 徳島商
  • 日大三中 3 - 1 大分商(延長18回)
  • 東邦商 4 - 3 福岡工(延長11回)
  • 高崎商 6 - 0 福岡中

2回戦[編集]

  • 島田商 2 - 1 北神商(延長10回)
  • 海草中 12 - 1 平壌一中
  • 千葉商 7 - 0 仙台一中
  • 京都商 3 - 1 台北一中
  • 市岡中 7 - 1 富山商
  • 日大三中 3 - 1 高崎商
  • 東邦商 3 - 1 松江商(延長10回)
  • 松本商 2 - 0 下関商

準々決勝[編集]

  • 島田商 9 - 4 千葉商
  • 松本商 7 - 3 日大三中
  • 海草中 4 - 3 京都商(延長12回)
  • 市岡中 4 - 0 東邦商

準決勝[編集]

  • 海草中 3 - 1 松本商
  • 島田商 6 - 2 市岡中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
島田商 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 1
海草中 0 0 1 0 0 0 1 0 X 2 5 1
  1. (島) : 一言 - 松下
  2. (海) : 真田 - 志水
  3. 審判:球審…天知、塁審…町田・村井・藤田

大会本塁打[編集]

  • 第1号:諏訪裕良(下関商)
  • 第2号:木村三郎(日大三中)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]