全国中等学校優勝野球台湾大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国中等学校優勝野球大会台湾大会(ぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかいたいわんたいかい)は1923年から1941年まで行われていた全国中等学校優勝野球大会(夏の甲子園)の台湾地区予選である。

概要[編集]

使用されていた球場[編集]

沿革[編集]

  • 1923年 初開催。
  • 1941年 嘉義中が優勝するも戦争激化のため全国大会は中止。
  • 1942年~1945年 開催されず。その後、日本の敗戦により大会廃止。

歴代代表校[編集]

年度 参加校 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
1923年(第9回大会 4校 台北一中(初出場) 12-7 台南一中 1回戦
1924年(第10回大会 4校 台北商(初出場) 7-6 台北一中 2回戦
1925年(第11回大会 4校 台北工(初出場) 10-4 台南一中 1回戦
1926年(第12回大会 6校 台北商(2年ぶり2度目) 6-5 台北一中 2回戦(初戦)
1927年(第13回大会 6校 台北商(2年連続3度目) 11-4 台南一中 2回戦(初戦)
1928年(第14回大会 7校 台北工(3年ぶり2度目) 10-3 台北一中 ベスト8
1929年(第15回大会 7校 台北一中(6年ぶり2度目) 7-1 台北工 ベスト4
1930年(第16回大会 8校 台北一中(2年連続3度目) 8-1 台北商 2回戦(初戦)
1931年(第17回大会 11校 嘉義農林(初出場) 11-10 台北商 準優勝
1932年(第18回大会 12校 台北工(4年ぶり3度目) 10-0
5-4
高雄中 2回戦(初戦)
1933年(第19回大会 11校 嘉義農林(2年ぶり2度目) 9-1 台南一中 2回戦(初戦)
1934年(第20回大会 12校 台北商(7年ぶり2度目) リーグ戦 嘉義農林 1回戦
1935年(第21回大会 12校 嘉義農林(2年ぶり3度目) リーグ戦 台北商 ベスト8
1936年(第22回大会 12校 嘉義農林(2年連続4度目) リーグ戦 台北一中 2回戦
1937年(第23回大会 10校 嘉義中(初出場) 7-6 台北商 ベスト8
1938年(第24回大会 11校 台北一中(8年ぶり4度目) 5-2 嘉義農林 1回戦
1939年(第25回大会 13校 嘉義中(2年ぶり2度目) 4-0 嘉義農林 1回戦
1940年(第26回大会 13校 台北一中(2年ぶり5度目) 2-1 嘉義中 2回戦(初戦)
1941年(第27回大会 12校 嘉義中(出場なし) 8-0 台北二師範 (中止)

台湾代表による甲子園決勝進出記録[編集]

関連項目[編集]