第16回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第16回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1930年8月13日 - 8月20日
出場校 22校
参加校数 541校
優勝校 広島商山陽広島、2年連続3回目)
試合数 21試合
選手宣誓 杉田栄(広島商
大会本塁打 3本塁打
 < 19291931 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第16回全国中等学校優勝野球大会は、1930年昭和5年)8月13日から8月20日まで甲子園球場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

広島商が和歌山中に続き2校目の大会連覇を達成した。

代表校[編集]

地方大会 代表校 出場回数
北海道 北海中 北海道 3年連続7回目
奥羽 八戸中 青森 2年ぶり3回目
東北 東北中 宮城 初出場
北関東 桐生中 群馬 3年ぶり2回目
南関東 水戸中 茨城 2年連続2回目
東京 慶応普通部 東京 9年ぶり7回目
神静 静岡中 静岡 2年連続6回目
東海 愛知商 愛知 2年ぶり4回目
甲信越 諏訪蚕糸 長野 2年連続2回目
北陸 敦賀商 福井 6年連続6回目
京津 平安中 京都 4年連続4回目
大阪 浪華商 大阪 4年ぶり2回目
兵庫 甲陽中 兵庫 2年ぶり3回目
紀和 和歌山中 和歌山 2年ぶり15回目
山陽 広島商 広島 2年連続7回目
山陰 米子中 鳥取 5年ぶり2回目
四国 松山商 愛媛 6年ぶり7回目
北九州 小倉工 福岡 初出場
南九州 鹿児島二中 鹿児島 初出場
朝鮮 大邱商 朝鮮 初出場
満州 大連商 満州 2年ぶり8回目
台湾 台北一中 台湾 2年連続3回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 松山商 8 - 1 甲陽中
  • 小倉工 4 - 2 鹿児島二中
  • 大邱商 4 - 0 米子中
  • 敦賀商 4x - 3 慶応普通部(延長13回)
  • 和歌山中 24 - 2 北海中
  • 広島商 14 - 4 浪華商

2回戦[編集]

  • 平安中 2x - 1 桐生中
  • 諏訪蚕糸 6 - 1 八戸中
  • 静岡中 5 - 4 愛知商
  • 大連商 6 - 4 台北一中
  • 東北中 3 - 2 水戸中
  • 和歌山中 4 - 2 敦賀商
  • 松山商 4 - 2 大邱商
  • 広島商 2x - 1 小倉工

準々決勝[編集]

  • 平安中 15 - 0 東北中
  • 和歌山中 4 - 3 静岡中
  • 広島商 3 - 1 大連商
  • 諏訪蚕糸 4 - 2 松山商

準決勝[編集]

  • 諏訪蚕糸 3 - 0 平安中
  • 広島商 4 - 1 和歌山中

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島商 0 0 2 0 0 0 0 0 6 8 7 2
諏訪蚕糸 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 4 4
  1. (広) : 田島、谷口 - 大川
  2. (諏) : 沢 - 三輪
  3. 審判:球審…浅沼、塁審…横沢・天知・池田

広島商は3回表に5番杉田の二塁打で2点先制、灰山が好投して広島商優勢のまま終盤に入った。8回裏、諏訪蚕糸は失策出塁から長短打で同点に追いついた。しかし、諏訪蚕糸には悪夢が待っていた。9回表、広島商が一死一、三塁の好機を迎え、諏訪蚕糸バッテリーは当然スクイズを警戒して高めのボール球で様子を見た。ところがこれが捕逸となって追加点を奪われ、さらに野選、四球、失策と信じられないほどミスが続く。結局打者一巡の上適時打が出て広島商に決定的な6点が入った。

大会本塁打[編集]

  • 第1号:山下好一(和歌山中)
  • 第2号:稲田照夫(平安中)
  • 第3号:稲田照夫(平安中)

主な出場選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]