全国高等学校野球選手権北陸大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権北陸大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんほくりくたいかい)は、1916年の第2回大会から1978年の第60回記念大会まで行われた全国中等学校優勝野球大会→全国高等学校野球選手権大会の北陸地区大会で第29回大会までは「北陸優勝野球大会」と称し第30回大会から第60回記念大会までは「全国高等学校野球選手権北陸大会」と称した。

概要[編集]

長野県新潟県富山県石川県福井県の北信越地方では明治の後半頃から中等学校野球が盛んで春季・秋季の大会が組まれていたほどであるが、1915年に第1回の全国中等学校優勝野球大会が行われた際はすでに秋季北信越大会の日程が迫っていたため予選大会を組めず、結果として第1回に参加した学校はいないということになった。そこで5県の中等学校野球関係者は秋季大会をこれまでより2ヶ月遅らせ、翌年の第2回大会から北陸大会として予選が行われ、代表が送り出されることとなった。

第4回が行われた1918年に長野県が離脱し、山梨県と甲信大会を創設。第9回が行われた1923年に新潟県が離脱し長野県・山梨県と甲信越大会を編成する(第16回が行われた1930年限りで消滅)と、第40回記念大会の行われた1958年までは北陸三県の大会となった。第40回記念大会は一県一代表ということから行われず第41回が行われた1959年から信越大会を編成していた長野県がこの年から正式に一県一代表参加となったため同大会が消滅し、新潟県と富山県による北越大会を編成する事となったため石川県・福井県の大会となった。1974年の第56回大会からは富山県が復帰する。これは同年に新潟県に一県一代表参加となり北越大会が消滅したことと、福井県が同年から京都府が一府一代表参加となって消滅した京滋大会の編成県滋賀県と組んで福滋大会を編成する事となったためである。

1979年の第61回から富山県・石川県が一県一代表となったのに伴い同年正式に消滅した。5県の中で第2回から第60回記念大会まで途中離脱せず参加したのは石川県だけである。

大会結果[編集]

年度(大会) 優勝校(代表校) 決勝スコア 準優勝校 参加県
1916年(第2回 長野師範(長野) 13 - 1 金沢二中(石川) 新潟・富山・石川・長野
1917年(第3回 長野師範(長野) 2 - 0 長岡中(新潟)
1918年(第4回 長岡中(新潟) 7 - 1 富山中(富山) 新潟・富山・石川・福井
1919年(第5回 長岡中(新潟) 9 - 4 石川師範(石川)
1920年(第6回 長岡中(新潟) 27 - 4 石川師範(石川)
1921年(第7回 長岡中(新潟) 4 - 1 新潟中(新潟)
1922年(第8回 新潟商(新潟) 4 - 3 長岡中(新潟)
1923年(第9回 金沢商(石川) 9 - 5 魚津中(富山) 富山・石川・福井
1924年(第10回 金沢一中(石川) 7 - 1 金沢商(石川)
1925年(第11回 敦賀商(福井) 4 - 1 富山師範(富山)
1926年(第12回 敦賀商(福井) 6 - 0 神通中(富山)
1927年(第13回 敦賀商(福井) 14 - 5 小浜中(福井)
1928年(第14回 敦賀商(福井) 17 - 0 福井商(福井)
1929年(第15回 敦賀商(福井) 11 - 1 石川師範(石川)
1930年(第16回 敦賀商(福井) 15 - 3 武生中(福井)
1931年(第17回 敦賀商(福井) 9 - 1 福井商(福井)
1932年(第18回 石川師範(石川) 4 - 3 敦賀商(福井)
1933年(第19回 敦賀商(福井) 12 - 0 富山商(富山)
1934年(第20回 敦賀商(福井) 11 - 3 金沢一中(石川)
1935年(第21回 石川工(石川) 3 - 2 富山商(富山)
1936年(第22回 福井商(福井) 3 - 2 高岡商(富山)
1937年(第23回 高岡商(富山) 7 - 3 敦賀商(福井)
1938年(第24回 敦賀商(福井) 16 - 7 高岡商(富山)
1939年(第25回 高岡商(富山) 8 - 6 敦賀商(福井)
1940年(第26回 富山商(富山) 13 - 1 高岡商(富山)
1941年(第27回 (中止)
1946年(第28回 敦賀商(福井) 8 - 5 富山商(富山)
1947年(第29回 高岡商(富山) 3 - 2 金沢三中(石川)
1948年(第30回 金沢一(石川) 4 - 3 武生(福井)
1949年(第31回 武生(福井) 7 - 6 金沢二水(石川)
1950年(第32回 若狭(福井) 6 - 2 富山西部(富山)
1951年(第33回 敦賀(福井) 1 - 0 高岡西部(富山)
1952年(第34回 敦賀(福井) 5 - 1 高岡西部(富山)
1953年(第35回 金沢泉丘(石川) 7 - 5 高岡西部(富山)
1954年(第36回 武生(福井) 6 - 1 勝山精華(福井)
1955年(第37回 若狭(福井) 5 - 2 武生(福井)
1956年(第38回 滑川(富山) 7 - 0 金沢市工(石川)
1957年(第39回 三国(福井) 1 - 0 高岡(富山)
1959年(第41回 若狭(福井) 9 - 0 金沢泉丘(石川) 石川・福井
1960年(第42回 金沢市工(石川) 5 - 3 敦賀(福井)
1961年(第43回 武生(福井) 4 - 2 若狭(福井)
1962年(第44回 金沢(石川) 4 - 3 金沢泉丘(石川)
1964年(第46回 小松実(石川) 8 - 5 金沢桜丘(石川)
1965年(第47回 武生(福井) 11 - 9 北陸(福井)
1966年(第48回 金沢商(石川) 4 - 2 金沢(石川)
1967年(第49回 若狭(福井) 6 - 1 羽咋(石川)
1969年(第51回 若狭(福井) 5 - 2 三国(福井)
1970年(第52回 金沢桜丘(石川) 9 - 0 星稜(石川)
1971年(第53回 美方(福井) 3 - 1 星稜(石川)
1972年(第54回 星稜(石川) 6 - 2 金沢市工(石川)
1974年(第56回 高岡商(富山) 4 - 1 富山商(富山) 富山・石川
1975年(第57回 金沢桜丘(石川) 5 - 4 星稜(石川)
1976年(第58回 星稜(石川) 3 - 1 桜井(富山)
1977年(第59回 星稜(石川) 10 - 0 高岡第一(富山)

関連項目[編集]