中村三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中村 三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 1912年7月3日
没年月日 没年不明
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
プロ入り 1937年
初出場 1937年3月28日[1]
最終出場 1940年11月29日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 三郎(なかむら さぶろう、1912年7月3日[3] - 没年不明)は、長野県出身のプロ野球選手。ポジションは投手内野手

来歴・人物[編集]

諏訪蚕糸学校(現・長野県岡谷工業高等学校)在学中に、甲子園に2回出場(春1回〔1930年〕、夏1回〔1930年〕)。1930年春の大会では、優秀選手賞を受賞。そして、最後の出場となった1930年夏の大会では準優勝投手に輝いた[4]。長野県きってのNo.1投手との誉れ高く[5]、その後明治大学やノンプロの諏訪紡績でも活躍した。

1937年大東京へ入団。プロ野球入団後は内野手に転向し、「三振か長打か」の荒削りなバッティングで人気を博した。同年春季シーズンで喫した46三振は、リーグ最多三振記録(1939年佐藤武夫東京セネタース〉が56三振をマークするまではプロ野球記録でもあった[6])。春季シーズン終了後、1度目の応召。チーム名がライオンに変更した1938年に帰還し、秋季シーズンより復帰した。大東京~ライオン時代、親会社の共同印刷の専務だった大橋松雄は、地方遠征などでヒット1本打つごとに50銭の賞金を出していて、中村はよくこの賞金(通称ゲッポー【月俸】)を稼いでいたので、ゲッポーとあだ名がついた逸話も残っている[7]

1939年名古屋軍へ移籍。「投手三本柱」と呼ばれた、松尾幸造,村松幸雄,西沢道夫が相次いで故障し、先発ローテーションでは繁里栄しか残っていなかったため、大沢清と共に野手から投手へ急遽登板する事になった。実は前年の従軍時に 北京の陣内で開かれた軍隊対抗野球試合で投手として登板し、4試合連続勝利で優勝した事があり[5]、その実績を買われて投手に立つ事になった。全盛期の球威は無くなっていたが、9試合登板し、3完投、2勝3敗、防御率4.40の記録を残した。また、名古屋では内野のユーティリティプレイヤーとしても活躍した。

1940年11月28日に2度目の応召。翌日の金鯱戦(後楽園球場)が最後の出場になった[2]。この試合で本塁打を放ち、有終の美を飾った。鈴木龍二は自著[8]で当時の事をこう記している。「中村が召集令を知らされたのは。長野の旅館であった。犀北館という旅館で夕食をとっているとき「中村さん電話です」と呼び出された。その電話が赤紙、つまり召集令状が来たという知らせであった。その夜は送別会になった。翌日、名古屋との試合に出場した中村は、ホームランを打った。中村はホームランを打つバッターではなかった。その中村がホームランを打って大活躍をした。そうして郷里の諏訪へ帰っていった。」と。

その後プロ野球界に復帰する事はかなわず、ノモンハン(ノムンハーネイ・ブルド・オボーのこと。ノモンハン事件とは無関係[9]。)で戦死した[4](没年月日は不明)。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 大東京
ライオン
55 227 207 14 43 7 4 3 67 26 3 -- 2 -- 17 -- 1 46 -- .208 .271 .324 .595
1938 31 112 91 11 18 2 0 2 26 10 1 -- 1 -- 18 -- 2 18 -- .198 .342 .286 .628
1939 名古屋 89 321 283 21 55 13 1 4 82 27 5 -- 3 1 33 -- 1 53 -- .194 .280 .290 .570
1940 101 394 346 36 66 7 9 2 97 33 4 -- 4 4 39 -- 1 68 -- .191 .272 .280 .552
通算:4年 276 1054 927 82 182 29 14 11 272 96 13 -- 10 5 107 -- 5 185 -- .196 .282 .293 .575
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京軍は、1937年秋にライオン軍に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1939 名古屋 9 4 3 0 0 2 3 -- -- .400 219 47.0 57 0 26 -- 2 15 0 1 29 23 4.40 1.77
通算:1年 9 4 3 0 0 2 3 -- -- .400 219 47.0 57 0 26 -- 2 15 0 1 29 23 4.40 1.77

背番号[編集]

  • 7 (1937年春)[10]
  • 4 (1938年秋)[11]
  • 16 (1939年 - 1940年)[12]

脚注[編集]

  1. ^ 1937年大東京スタメンアーカイブ
  2. ^ a b 1940年名古屋スタメンアーカイブ
  3. ^ 鎮魂の碑(野球殿堂博物館)
  4. ^ a b 戦没野球選手慰霊(沢村栄治記念館)
  5. ^ a b 職業野球!実況中継 投手・中村三郎
  6. ^ 打撃各部門最高記録の推移3(塁打・犠打・三振・四死球・併殺打)-MS-DATABASE SPORTS DATA INDEXのページ
  7. ^ 坪内道典著『風雪の中の野球半世紀』、ベースボール・マガジン社、1987年より抜粋。
  8. ^ 鈴木龍二著『鈴木龍二回顧録』、1980年
  9. ^ ノモンハン事件が起きたのは1939年5月~9月であり、中村が出征した1940年12月以降とは時期的に符合しない。
  10. ^ 松竹ロビンス 背番号7 - 背番号Maniax -
  11. ^ 松竹ロビンス 背番号4 - 背番号Maniax -
  12. ^ 中日ドラゴンズ 背番号16 - 背番号Maniax -

外部リンク[編集]

関連項目[編集]