全国高等学校野球選手権北関東大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国高等学校野球選手権北関東大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんきたかんとうたいかい)は、1926年の第12回大会から1977年の第59回大会まで行われた全国高等学校野球選手権大会の北関東地区予選大会である。また1926年から1947年までの全国中等学校優勝野球大会北関東大会もこの項に含める。

概要・歴史[編集]

1926年より、それまで茨城栃木群馬埼玉千葉の5県から構成されていた関東大会が北関東(栃木、群馬、埼玉)と南関東(茨城、千葉)に分割され、北関東大会が開催される事となった。

1926年から1935年は上記の3県だった。1936年には埼玉が南関東大会に、茨城が北関東大会に移籍し、この構図は1957年まで続く。1959年に茨城が東関東大会に移籍し、1974年まで栃木・群馬2県の大会になる。1975年には栃木が1県1代表制になり、埼玉の1県1代表制によって消滅した西関東大会に参加していた山梨が北関東大会に参加し、群馬と山梨の対決となった。なお、1930年までは各県の参加校数が少なかったため県予選は実施されず、全参加校は直接北関東大会へ出場していたが翌1931年からは各県下で1次予選を行い北関東大会進出校を決定するようになった。そして1978年、47都道府県全てに代表校が認められた事で北関東大会は消滅した。

北関東代表としての出場回数は群馬県勢25回、栃木県勢12回、茨城県勢4回、山梨県勢2回。

歴代代表校[編集]

年度 参加県 大会方式 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
1926年(第12回大会 栃木・群馬・埼玉 21校参加 前橋中(2年連続2回目) 5(棄権)3 宇都宮中 ベスト8
1927年(第13回大会 24校参加 桐生中(初出場) 2x-1 高崎中 2回戦(初戦)
1928年(第14回大会 28校参加 前橋中(2年ぶり3回目) 6-3 桐生中 2回戦(初戦)
1929年(第15回大会 30校参加 前橋商(初出場) 4-1 前橋中 1回戦
1930年(第16回大会 37校参加 桐生中(3年ぶり2回目) 5-3 高崎商 2回戦(初戦)
1931年(第17回大会 8校出場
(各県2校・
開催県4校)
桐生中(2年連続3回目) 17-4 烏山中 ベスト8
1932年(第18回大会 高崎商(初出場) 4-2 高崎中 2回戦(初戦)
1933年(第19回大会 栃木中(初出場) 2-0 桐生中 ベスト8
1934年(第20回大会 桐生中(3年ぶり4回目) 16-8 前橋中 2回戦
1935年(第21回大会 桐生中(2年連続5回目) 6-0 前橋中 2回戦(初戦)
1936年(第22回大会 茨城・栃木・群馬 桐生中(3年連続6回目) 10-1 高崎中 ベスト4
1937年(第23回大会 高崎商(5年ぶり2回目) 2-0 栃木商 1回戦
1938年(第24回大会 高崎商(2年連続3回目) 7-3 茨城工 ベスト4
1939年(第25回大会 桐生中(3年ぶり7回目) 11-1 桐生工 1回戦
1940年(第26回大会 高崎商(2年ぶり4回目) 1-0 足利工 2回戦
1946年(第28回大会 4校出場
(各県1校・
開催県2校)
桐生工(初出場) 5-2 桐生中 2回戦(初戦)
1947年(第29回大会 桐生中(8年ぶり8回目) 5-0 鹿沼農商 2回戦(初戦)
1948年(第30回大会 8校出場
(各県2校・
開催県4校)
前橋(20年ぶり4回目) 4-1 水戸商 1回戦
1949年(第31回大会 水戸商(16年ぶり3回目) 2-1 桐生工 2回戦
1950年(第32回大会 宇都宮工(初出場) 3-0 水戸一 ベスト4
1951年(第33回大会 桐生(4年ぶり9回目) 3-2 宇都宮工 1回戦
1952年(第34回大会 水戸商(3年ぶり4回目) 5-3 桐生 2回戦
1953年(第35回大会 宇都宮工(3年ぶり2回目) 2x-1 宇都宮商 ベスト8
1954年(第36回大会 水戸一(24年ぶり3回目) 4-1 桐生 1回戦
1955年(第37回大会 桐生(4年ぶり10回目) 5-0 水海道一 2回戦
1956年(第38回大会 足利工(初出場) 2-1 藤岡 1回戦
1957年(第39回大会 土浦一(初出場) 6-1 高崎 2回戦
1959年(第41回大会 栃木・群馬 2校出場
(各県1校)
宇都宮工(6年ぶり3回目) 1x-0 前橋 準優勝
1960年(第42回大会 4校出場
(各県2校)
桐生工(14年ぶり2回目) 2-1 桐生 1回戦
1961年(第43回大会 宇都宮学園(初出場) 2-1 作新学院 1回戦
1962年(第44回大会 作新学院(4年ぶり2回目) 10-1 鹿沼農商 優勝
1964年(第46回大会 作新学院(2年ぶり3回目) 5-3 桐生 2回戦
1965年(第47回大会 鹿沼農商(初出場) 4-1 東農大二 1回戦
1966年(第48回大会 桐生(3年ぶり13回目) 4-2 宇都宮学園 ベスト8
1967年(第49回大会 鹿沼農商(2年ぶり2回目) 1-0 東農大二 1回戦
1969年(第51回大会 宇都宮学園(8年ぶり2回目) 1-0 高崎商 1回戦
1970年(第52回大会 高崎商(30年ぶり5回目) 4-1 作新学院 1回戦
1971年(第53回大会 高崎商(2年連続6回目) 8-5 上武大一 1回戦
1972年(第54回大会 足利工(9年ぶり3回目) 3x-2 小山 2回戦
1974年(第56回大会 前橋工(2年連続3回目) 8-1 高崎 ベスト4
1975年(第57回大会 群馬・山梨 巨摩(初出場) 8-4 樹徳 2回戦(初戦)
1976年(第58回大会 塩山商(初出場) 4-2 高崎商 1回戦
1977年(第59回大会 高崎商(6年ぶり7回目) 5-0 甲府商 2回戦

※1941年は中止、1958年・1963年・1968年・1973年は記念大会により全県1代表制のため記載せず。

関連項目[編集]