三浦敏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三浦 敏一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 1916年5月18日
没年月日 1997年(83歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1941年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三浦 敏一(みうら としかず、1916年5月18日 - 1997年[1])は、長野県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手一塁手

来歴・人物[編集]

諏訪蚕糸学校では1930年春のセンバツ夏の選手権に出場。

1937年名古屋軍へ入団。前年大活躍した正捕手のバッキー・ハリスイーグルスへ移籍し、捕手不足の中で頭角を現した。強肩でキャッチングが上手く、また俊足でもあったためレギュラーを張っていた。ただ打撃に難があり、1939年服部受弘が入団すると一塁手に回る機会も多かった。中日球団でエースの象徴とされる背番号20を、初めて付けた人物として知られる。

1941年に軍に応召され、退団。戦後はプロ野球に復帰せず、社会人野球の小口製作所でプレイングマネージャーとして活躍した。当時の教え子に宮崎仁郎手塚明治近藤正雄熊耳武彦らがいる。

1997年に死去。数え83歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 名古屋 48 172 143 18 22 2 2 0 28 7 5 -- 6 -- 22 -- 1 27 -- .154 .271 .196 .467
1937 44 170 159 9 33 3 2 0 40 4 5 -- 3 -- 8 -- 0 13 -- .208 .246 .252 .497
1938 33 134 109 11 19 3 0 2 28 15 3 -- 2 -- 23 -- 0 15 -- .174 .318 .257 .575
1938 39 153 131 13 16 3 0 1 22 7 7 -- 6 -- 16 -- 0 21 -- .122 .218 .168 .386
1939 83 321 279 16 52 5 4 1 68 23 20 -- 3 1 38 -- 0 35 -- .186 .284 .244 .528
1940 94 366 310 26 53 7 2 1 67 30 13 -- 1 4 50 -- 1 40 -- .171 .288 .216 .504
1941 42 115 89 4 13 2 0 0 15 12 4 -- 1 -- 25 -- 0 14 -- .146 .333 .169 .502
通算:5年 383 1431 1220 97 208 25 10 5 268 98 57 -- 22 5 182 -- 2 165 -- .170 .279 .220 .499

背番号[編集]

  • 20 (1937年)
  • 9 (1938年 - 1941年)

脚注[編集]

関連項目[編集]